Ya-Ya-yah - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

Ya-Ya-yah

Ya-Ya-yah(ヤー・ヤー・ヤー)とは、ジャニーズJr.内で結成された男性アイドルグループである。 愛称:ヤー。 活動期間は2001年12月 〜 2007年10月。
兄貴分グループは「KAT-TUN」、弟分グループは「J.J.Express」。


目次



メンバー

生年月日順

  • 山下翔央 (やました しょおん、1988年12月20日生) イメージカラーは緑
  • 薮宏太 (やぶ こうた、1990年1月31日生) リーダー、イメージカラーは赤
  • 八乙女光 (やおとめ ひかる、1990年12月2日生) イメージカラーは青
  • 鮎川太陽 (あゆかわ たいよう、1991年1月18日生) イメージカラーはオレンジ

脱退メンバー

  • 星野正樹 (ほしの まさき、1987年10月10日生) イメージカラーは紫
  • 赤間直哉 (あかま なおや、1991年4月5日生) イメージカラーはピンク
  • 吉田雄基 (よしだ ひろき、1987年11月16日生)
  • 安藤靖浩 (あんどう やすひろ、1987年1月21日生)


改名歴

YA-YA」 → 「YA-YA-Yah」 → 「Ya-Ya-Yah」 → 「Ya-Ya-yah


グループ名の由来

  • 結成時のメンバーである、薮宏太、赤間直哉、山下翔央、鮎川太陽の4名の頭文字をアルファベット表記して「YA-YA (ヤー・ヤー)」の名で結成。

  • その後、吉田雄基、安藤靖浩、星野正樹の3名が加入し、同じく頭文字を採って「YA-YA-Yah」となった(その後、一部小文字に変更)。

  • しかし、脱退メンバーが生じて頭文字とグループ名が合わなくなったため、「ビートルズの曲名から引用した」という由来に変更された。


来歴

  • 2001年12月、薮宏太、赤間直哉、山下翔央、鮎川太陽の4人で「YA-YA」を結成。
    その後、吉田雄基と安藤靖浩が加入。すぐ直後に星野正樹も加入し、2002年2月に7人組の「YA-YA-Yah」となる。
  • 2002年3月9日、日本テレビ『THE夜もヒッパレ』の「今井翼 & 赤西仁 & 亀梨和也 スーパーステージ」にてテレビ初登場。 “ジャニーズJr.の中で、特にダンスの上手いメンバーを集めたスペシャルダンスユニット”と紹介される。
  • 同年3月10日には、NHK-BS2『ザ少年倶楽部』にも初登場し、『世界がひとつになるまで』を披露。 この曲でCDデビューすることも発表された。
  • しかし同じ3月、当時7人で12.7歳だった平均年齢を「更に下げるため」との理由で、吉田、安藤、星野の3名がすぐに外されてしまう。
  • 同年4月、『ザ少年倶楽部』で薮、赤間を紹介した際、残った4名(薮、赤間、山下、鮎川)で「Ya-Ya-Yah」として4人でCDデビューすることを発表したが、その翌週の放送では、星野が再びメンバーに復帰し、5人組となった。
  • 同年5月15日、グループ名表記も新たに「Ya-Ya-yah」として、両A面シングル『勇気100% c/w 世界がひとつになるまで』をポニーキャニオンからCDリリース。
    この頃は薮 & 赤間がリードボーカルを担当していた。
  • 2003年1月5日から、テレビ東京系列のバラエティ番組『Ya-Ya-yah』(通称:ヤー番)が始まり、番組内にて新メンバーオーディションを行なった結果、八乙女光が新たに加入し、6人組となる。
    そして、リードボーカルも薮&八乙女になる。
  • 2004年8月頃に、赤間と星野が脱退して4人組に落ち着く。
  • 2005年1月、横浜アリーナにて初の単独コンサートを行った。
  • 2007年9月21日に結成された新グループ「Hey! Say! JUMP」に、薮と八乙女が参加。 これにより、テレビ東京でのレギュラー番組も同年10月で終了し、「Ya-Ya-yah」の活動は無くなった。
    更にはメンバーの鮎川の芸能活動も、同年11月から見られなくなった。


出演

各メンバーのソロ出演作は除く。

バラエティ番組

  ※ レギュラー出演作のみ記載。

  • ポンキッキーズ21 (2002年4月 - 2004年3月、フジテレビ)
  • Ya-Ya-yah (2003年1月5日 - 2007年10月27日、テレビ東京)
  • ザ少年倶楽部 (2002年1月 - 2007年10月、NHK-BS2、BShi)

CM

  • 不二家 「ファイブスターチョコレート」 - 薮、赤間、鮎川、山下、星野
  • ピザーラ 「スーパービンゴ篇」 - 薮、八乙女、鮎川、山下
  • 進研ゼミ高校講座 (2007年) - 山下、鮎川

舞台

  • SHOW劇・SHOCK(2002年6月4日 - 6月28日、帝国劇場)
  • Stand by Me
      (2003年7月25日 - 8月10日:東京芸術劇場、2004年7月16日 - 8月1日:東京グローブ座) Ya-Ya-yahの主演作
  • SHOCK is Real Shock (2003年1月8日 - 2月25日、帝国劇場)
  • One! 〜the history of Tackey〜 (2006年9月15日 - 28日、日生劇場)

コンサート

ジャニーズJr.総出演での公演のみ記載。
  Ya-Ya-yahの「単独コンサート」については下記の節を参照。

  • お客様は神サマーConcert 55万人愛のリクエストに応えて ! !
        (2002年8月10日 - 8月28日) - 薮、赤間、山下、鮎川、吉田、安藤、星野
  • A Happy “NEWS” year 2004新春 (2004年) - 薮、八乙女、鮎川、山下
  • SUMMARY (2004年) - 薮、八乙女、鮎川、山下、星野
  • SUMMARY Ya-Ya-yah show time (2005年) - 薮、八乙女、鮎川、山下(以降4人)
  • ジャニーズJr.の大冒険! (2006年8月15日 - 8月25日)
  • you達の音楽大運動会 (2006年9月30日、10月1日)
  • 2007 謹賀新年 あけましておめでとう ジャニーズJr.大集合 (2007年1月2日 - 1月7日)
  • ジャニーズJr.の大冒険!@メリディアン ’07 (2007年8月15日 - 8月24日)
  • JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA
       (2007年9月23日、9月24日〔第1部のみ〕)

単独コンサート

公演年 公演名 公演日程 公演箇所、公演数 公演会場 備考
2005年 新年so-soh 金八トリオ Ya-Ya-yah コンサート 1月2日 1ヶ所・1公演 横浜アリーナ 初の単独コンサート。
ジャニーズJr.のグループが単独コンサートを行うのは、先輩グループKAT-TUNに続き2組目。
2005年 Ya-Ya-yah 春休み横浜アリーナコンサート 3月26日 1ヶ所・2公演 横浜アリーナ 2度目の単独コンサート。
2005年 Johnnys Theater “SUMMARY 2005” 7月29日 - 7月31日、8月29日 1ヶ所・15公演 品川アクアスタジアム ジャニーズの歴史を各楽曲によって紹介していくコンサート。
尚、NEWSも同会場で同名の公演を行った。


イベント

  • KICK! ODAIBA 2002
      (2002年4月27日 - 29日に3日間連続で単独ミニライブを敢行。 尚、イベント自体は4月27日から5月6日までの開催。お台場・フジテレビ) - 薮、赤間、鮎川、山下、星野
  • 忍たま乱太郎 10周年記念イベント (3回に分けてのミニライブ&握手会、2002年5月12日、Zepp TOKYO) - 薮、赤間、鮎川、山下、星野
  • 忍たま乱太郎 公開イベント (2002年6月22日、Zepp TOKYO) - 薮、赤間、鮎川、山下、星野
  • パタヤミュージックフェスティバル(2003年3月19日 - 24日、タイ王国) - 薮、山下、八乙女


ディスコグラフィ

シングル

  1. 勇気100% c/w 世界がひとつになるまで (2002年5月15日)


未CD化のオリジナル曲

2002年

  • LOVE together 2002(作詞:堂本光一)
       ※ 原曲は「☆☆I★N★G★進行形」のオリジナル曲。
  • 合言葉はYa-Ya-yah! (作詞:YUKAKO、作曲:馬飼野康二)
  • Maybe your love ※ KAT-TUNと合体しての“合同オリジナル曲”。

2003年

  • Sining' for you (作詞:TAKESHI、作曲:ha-j/J)
  • Just wanna lovin' you (作詞:平田純子、作曲:清水達也)
  • Stompin’ (作詞:Satomi、作曲:Steve Gorsby Berry Uptan Mike Stevens)
  • Up Down Ya-Ya-yah (作詞・作曲:永井真人)
  • HA・RU・NA・TSU・A・KI・FU・YU (作詞:酒井ミキオ、作曲:鈴木Daichi秀行)

2005年

  • START! (作詞・作曲:酒井ミキオ)
  • Never Stop the Music (作詞・作曲:飯田建彦)
  • 2 of Us (作詞:821R・飯田建彦、作曲:飯田建彦)
  • 風に乗って (作詞・作曲:岩崎貴文)
  • ひまわりのメロディ (作詞:相田毅、作曲:谷本新)

2006年

  • Ikujinashi (作詞・作曲:宮崎歩)
  • Jewel Star (作詞:B21R / 漆野淳哉、作曲:清水昭男)
  • サマー×サマー×サマー! (作詞:日比野裕史・821R、作曲:日比野裕史)
  • to the Freedom (作詞・作曲:Gajin)
  • 愛しのプレイガール (作詞:Zopp、作曲:熊谷憲康)
  • 手をつないでゆこう (作詞:Ya-Ya-yah・酒井ミキオ、作曲:酒井ミキオ)

2007年

  • いま進もう (作詞:八乙女光、作曲:磯崎建史)
  • Baby Babe (作詞:白井裕紀、作曲:JOVETTE RIVERA AND JOEY CARBONE)


Ya-Ya-yahがやってくる!

『Ya-Ya-yahがやってくる!』とは、集英社発行の漫画雑誌『りぼん』にて、2005年8月号から2006年5月号まで連載された、北沢薫による少女漫画である。  Ya-Ya-yahと架空のキャラクターとの交流が描かれた。

  • りぼんマスコットコミックス刊より、2006年5月、6月に2ヶ月連続で単行本が発売された。

    • 『Ya-Ya-yahがやってくる!』 第1巻 (2006年5月15日)
    • 『Ya-Ya-yahがやってくる!』 第2巻 (2006年6月15日)







出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system