渡辺茂樹 - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

渡辺茂樹



渡辺 茂樹(わたなべ しげき、1951年2月10日 - 2014年3月15日)は、神奈川県川崎市中原区生まれのキーボード奏者、音楽プロデューサー。 愛称:チャッピー(ワイルドワンズ加入後に雑誌の公募で決定)。
川崎市立住吉幼稚園(2003年に閉園) → 私立大西学園小学校 → 小学5年の2学期より川崎市立の小学校 → 同市立住吉中学校卒業。 私立東洋音楽大学付属高等学校(後の東京音楽大学付属高等学校)中退。 身長:172cm。 体重:54kg。  ザ・ドリフターズの加藤茶とは、いとこ関係。


目次



ジャニーズ時代の参加ユニット


その後の参加バンド

  • ザ・ワイルド・ワンズ
  • オレンジ
  • フレンズ → ロックンロールサーカス
  • ビート・オブ・パワー
  • MMP (ミュージック・メイツ・プレイヤーズ)
  • タイガース・メモリアル・クラブ・バンド
  • SUPER GROUP SOUNDS (「渡辺茂樹バンド」を率いて参加)


来歴

  • 母方の祖父はジャズピアニストで、川田晴久のバンドのアレンジャーでもあった平茂夫(1903年12月27日生まれ)、 祖父の弟がジャズギタリストの平八郎(1915年 - 1955年、息子が加藤茶)、 母親はピアノ教師でもあり、1954年に『東京ワルツ』がヒットした歌手の千代田照子、 弟は「スペクトラム」や「AB ’S」のベース&ヴォーカルとなる渡辺直樹(1956年10月13日生まれ)、 妹は1984年に歌手デビューする南翔子(本名:渡辺晴美、1966年1月19日、埼玉県生まれ)、といった音楽一家で生まれ育つ。(この他にもう一人、1961年生まれの妹・大竹美歌がいる)

  • 中学2年の時、友人たちと6人組のアマチュアバンド「ザ・ディメンション・ジュニア」を結成し、音楽活動を開始。

  • 1965年〜1966年頃、ジャニーズJr.だった友人(イニシャルはE)に誘われ、ジャニーズ事務所のレッスンに参加するようになる。

  • 高校2年生だった1967年6月〜7月、大阪フェスティバルホールで公演されたジャニーズ主演のミュージカル『いつか何処かで 〜 フォーリーブス物語』にて、後に「フォーリーブス」となるメンバーたちと共に、「ジャニーズ・ジュニア」名義で出演。 同ミュージカルのパンフレットにも掲載された。

  • ミュージカル終了後に、ジャニーズ事務所を退社して渡辺プロダクションに移籍。
    17歳になる直前の1968年1月、「第34回 新春日劇ウエスタン・カーニバル」のステージから、「ザ・ワイルド・ワンズ」の5人目のメンバー、ボーカル & エレクトーン & フルートとして加入。 「チャッピー」の愛称で人気が急上昇した。  尚、エレクトーン、フルート以外にも、当時からドラム、ギター、ベースまで演奏が出来、譜面も読めるマルチプレーヤーであった。

       

  • 1971年秋、神田共立講堂での公演にてワイルド・ワンズ解散。 その後は陳信輝(ギター)、大口広司(ドラム)とのトリオバンド「オレンジ」を結成するが短命に終わる。
       
    (陳が後に結成したバンド「スピード・グルー&シンキ」の2ndアルバム『スピード・グルー&シンキ』にて、オレンジが唯一残した演奏音源『Don't Say No』が聴ける。 また、「ハイ・ソサエティー」出身の横内健亨が在籍したバンド「オレンジ」は同名異バンド)

  • 1972年、渡辺直樹(茂樹の実弟。ベース。当時15歳)、新田一郎(トランペット。当時17歳)、 そして後にジャニーズ事務所入りすることとなる辻野リューベン(ドラム)らと共に、伊丹幸雄のバックバンド「フレンズ」を結成。渡辺茂樹がリーダーを務める。
    しかし、当時「フレンズ」という同じ名前を持ったアイドルバンドが別に存在したため(水無月しげる、田宮アキラ、鮎川賢、萩健之)、混同を避けるため、同年にバンド名を「ロックンロールサーカス (略称:RRC)」に改名。
    また、この1972年にリリースされた伊丹のライヴアルバム『サチオ・ベスト・オン・ステージ』に収録された沢田研二のカバー曲『許されない愛』の冒頭部分では、渡辺と伊丹のコント風の掛け合いも聴ける。
       
         (写真は1973年時)

  • 1974年、やはり後にジャニーズ事務所入りすることとなる辻野デビット(ギター。辻野リューベンの兄)も「ロックンロールサーカス」に加入。

  • 1974年、「ロックンロールサーカス」を解散し、あいざき進也のバックバンド「ビート・オブ・パワー」を結成。やはり渡辺茂樹がリーダー。 メンバーには新田一郎(トランペット)、兼崎順一(トランペット。愛称:ドンペイ。当時24歳)、片山鉱二(サックス)らも居り、ホーンセクションが充実していた。

  • 同年、あいざき進也の全国縦断ツアーのためにメンバーを多数入れ替え、新バックバンド「M M P (ミュージック・メイツ・プレイヤーズ)」を結成。 引き続き渡辺茂樹がリーダーを務める。
       
         (写真は初期メンバー)

  • 翌1975年、キャンディーズのマネージャー・大里洋吉氏(後のアミューズ会長)が、キャンディーズのステージを充実させるためにMMPをスカウトしたことがきっかけで、キャンディーズのバックバンド、作曲、編曲も務めるようになる。 そしてMMPは、当時「藤丸バンド」で活動していた弟の渡辺直樹も新たに参加するなど、何度かメンバーチェンジを繰り返しながら、1978年4月4日、キャンディーズと共に解散。 渡辺茂樹以外のメンバーは、同年8月25日に新バンド「スペクトラム」としてレコードデビューした。

  • GS時代に活躍したグループからピックアップされたメンバーで結成された「タイガース・メモリアル・クラブ・バンド」に、1990年よりザ・ワイルド・ワンズ5人で参加。 更に1990年代には、アミューズの大所帯ボーカルグループ「エンジェルス」のプロデュースも担当した。  また、これらミュージシャンとしての活動の傍らで、若手のライブミュージシャンやヴォーカリストの育成も行なうようになった。

  • 2006年、アイ高野、岡本信と共に「SUPER GROUP SOUNDS」を結成。自分のバンド「渡辺茂樹バンド」を率いて活動した。

  • 2006年11月2日、ザ・ワイルド・ワンズにとっては初となる日本武道館ライブを、結成40周年記念として開催。 渡辺も久々にワイルド・ワンズのライブに参加した(翌年DVD化)。

  • 2011年2月28日付のあいざき進也のGREEブログにて、ちゃんちゃんこを模した赤い衣装に身を包む、還暦祝いの時の渡辺の写真が公開された。

  • 2014年3月15日に逝去。 63歳没。 死因については諸事情により伏せられたまま。
    通夜は同月20日、葬儀・告別式は翌21日に品川区荏原の霊源寺にて営まれ、 ワイルドワンズのドラマー・植田芳暁、かつてコンサートをプロデュースした縁があるBEGINの3名、 そしてファンら、約150名が参列した。 供花の中には、キャンディーズの伊藤蘭や藤村美樹の名前もあった。  喪主は妹の一人・大竹美歌が務め、弔辞は植田芳暁が読み、かつて渡辺のマネジメントに関わっていた芸能事務所「アミューズ」の大里洋吉会長もあいさつをした。  そして出棺の際には、渡辺が作曲・編曲したキャンディーズの曲『つばさ』が流され、 駆けつけた50人のファンから、紙テープと共に「チャッピー!」と別れを惜しむ声が上がった。
    今回、その死因が隠されているだけでなく、訃報自体も死亡日から4日も経過した3月19日だったり、 お悔やみのコメントも、ワイルド・ワンズのメンバーと桑野信義のみで、 キャンディーズの伊藤蘭や親戚の加藤茶、兄弟の渡辺直樹、南翔子らのコメントが無かったりなど、色々と謎が多い。  更に、渡辺と同じ釜の飯を食い、夜の池袋の街を2人で連日のように遊び歩いていたかつての親友・北公次が、「63年と34日」の生涯だったのに対し、 渡辺も「63年と34日」という全く同じ長さで生涯の幕を閉じており、非常に因縁めいたものを感じさせる結果となっている。


人物

  • 好きな色 - ベージュ

  • 好きな食べ物 - シュークリーム


主な出演作品

バラエティ番組

  • ヤングポップスエキサイト (1968年10月07日 - 1969年3月31日、テレビ朝日)
       ザ・ワイルド・ワンズとして準レギュラー出演
  • 新春スター・かくし芸大会 (1970年1月1日、フジテレビ)
      ザ・ワイルド・ワンズ、ザ・ドリフターズ、クレージーキャッツが競演したドラマにて、いとこの加藤茶と白塗りの女装をして、奥女中役で共演。
  • 紅白対抗ドレミファ大作戦 (1970年10月30日 - 1971年4月16日、日本テレビ)
       同じくザ・ワイルド・ワンズとしてレギュラー出演
  • ドレミファ学園 (1971年4月23日 - 10月15日、日本テレビ)
       同じくザ・ワイルド・ワンズとしてレギュラー出演

映画

  • 愛するあした (1969年5月、日活)

ミュージカル

  • いつか何処かで 〜 フォーリーブス物語
      (1967年6月〜7月に10日間、大阪フェスティバルホール、脚本:ジャニー喜多川、演出&振付:山田卓、舞台監督:金一浩司、主催:民音)

ラジオ

  • 電撃わいどウルトラ放送局 (1977年10月25日、ラジオ関東)
       キャンディーズがパーソナリティの回にゲスト出演。

CM

  • コカ・コーラ (1968年 - 1969年) ザ・ワイルド・ワンズとして出演


ディスコグラフィ

ソロ名義

アルバム

  • Super Trick -O- (1979年)

ザ・ワイルド・ワンズ在籍時

シングル

  • バラの恋人 c/w マーシー・マイ・ラヴ (1968年4月10日)
      オリコン最高6位。 ワイルド・ワンズの歴代シングルの中で最も有名な曲はデビュー曲の『想い出の渚』だが、最もヒットした曲は、この『バラの恋人』であった。
      2012年4月、宮崎あおいが出演する「サントリー 烏龍茶」のCMソングとして『バラの恋人』が突如使用された。
  • 花のヤング・タウン c/w あの雲と一緒に (1968年7月10日) オリコン最高18位
  • 青い果実 c/w 貝殻の夏 (1968年10月10日) 21位
  • 赤い靴のマリア c/w すべてをささげて (1969年2月1日) 65位
  • 昨日に逢いたい c/w 今日からの世界 (1969年5月1日) 80位
  • あの頃 c/w この街のどこかに (1969年10月10日) 100位
  • 想い出は心の友 c/w あとは知らない (1969年12月1日)
  • 若草萌える頃 c/w 見知らぬ船 (1970年4月5日)
  • いいのかな c/w 小犬をつれた女の子 (1970年7月5日) 93位
  • オー・ビューティフル・ディ! c/w 幻の夏 (1970年12月1日)
  • 霧の中の少女 c/w 孤独な人生 (1971年5月5日)
  • 想い出の渚 ’71 c/w ジャスト・ワンモア・タイム (1971年8月5日)
  • 美しすぎた夏 c/w レイニー・デイ (再結成後の作品。1979年11月20日)

アルバム

  • バラの恋人 / ザ・ワイルド・ワンズ・アルバム第3集 (1968年8月1日)
  • リサイタル ’68 (1968年12月20日)
      東京サンケイホールでのリサイタルを収録。 このLPのA面では、当時7歳の渡辺の妹・美歌(1961年生まれ)も登場している。
  • ワイルド・ワンズの世界 (1969年6月1日)
  • ファイブ / ワイルド・ワンズ 愛をうたう (1969年10月10日)
  • 想い出の渚 / ザ・ワイルド・ワンズのすべて (ベスト盤。1969年12月1日)
  • リサイタル ’69 (1970年2月5日)
  • きかなくてもいいのかな (1970年8月5日)
  • ザ・ワイルド・ワンズ・ストーリー (二枚組ベストアルバム。1970年11月5日)
  • アンコール (再結成後の作品。1979年11月)

その他のCD

  • サヨナラ日劇ウエスタン・カーニバル

DVD

  • 加瀬邦彦&ザ・ワイルド・ワンズ in 武道館 (2007年3月7日)

タイガース・メモリアル・クラブ・バンド在籍時

シングル

  • 君よ女神のままに c/w NEVER SEE YOU AGAIN (1990年9月25日)
       A面曲は東映映画『ぼくと、ぼくらの夏』テーマソング。
  • ブルーシャトウを君だけに(メドレー) c/w G・Sが好きさ好きさ好きさ(メドレー) c/w 懐かしきラブソング (1992年6月25日)
  • OH OH OH 〜We are the Winners〜 (1995年2月25日)
      日本女子サッカーリーグ公式テーマソング。リン・リンゼイ、酒井法子、キッス・イン・ザ・ダークら3組との競作。

アルバム

  • タイガース・メモリアル・クラブ・バンド U 「ぼくと、ぼくらの夏」 (1990年9月25日)

ビデオ

  • 懐かしきラブソング

SUPER GROUP SOUNDS

4曲入りCD

  • Hello Everybody (2006年7月7日)
      アイ高野追悼作品。4曲とも渡辺が作詞作曲。渡辺のレコードレーベル「Chappy Label」からのリリース。

主な提供楽曲

  • ザ・ワイルド・ワンズ 「この街のどこかに」(作曲。1969年10月10日)
  • サリー&シロー 「愛の意識」(作編曲)
  • 石川ひとみ 「秋が燃える」、「夢番地一丁目」(編曲)
  • 尾崎紀世彦 「365回目の恋」(編曲)
  • キャンディーズ 「つばさ」、「いけない人」(作編曲)
  • レイジー 「ベイビー・アイ・メイク・ア・モーション」(編曲)
  • ザ・ワイルド・ワンズ ’91 「風に吹かれて」(編曲)
  • トライアングル 「冬が近い」(編曲)
  • シブがき隊 「YMF COME TOGETHER」(作曲)
  • 他多数・・・


モデルとなった作品

  • 漫画 「チャッピー物語 虹色の涙」 (一条ゆかり 著、『りぼんコミック』 1969年1月号、集英社)







出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system