たのきんトリオ - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

たのきんトリオ

たのきんトリオとは、ジャニーズ事務所に所属していた田原俊彦(トシちゃん)、近藤真彦(マッチ)、野村義男(ヨッちゃん)の3名のソロタレントに対する総称で、1980年代前半に大活躍した。 正式なユニットではない。
名称の由来は、田原の「田 ()」、野村の「野 ()」、近藤の「近 (きん)」のそれぞれの文字を抜粋したもの。


目次



グループ名変遷

  1. たのしいトリオ) (「たのきん」のネーミングの元ネタとなったグループ構想)
  2. 金八トリオ (俗称)
  3. 悪ガキトリオ
  4. たのきんトリオ


メンバー

  • た  - 田原俊彦 (1961年2月28日、横須賀市生まれ、甲府市育ち、B型、愛称:トシちゃん、イメージカラー:赤) リーダー

  • の  - 野村義男 (1964年10月26日生まれ、中野区出身、A型、愛称:ヨッちゃん、イメージカラー:青)

  • きん - 近藤真彦 (1964年7月19日生まれ、神奈川県大和市出身、O型、愛称:マッチ、イメージカラー:黄)


概要

  • 1979年10月、TBSテレビ『3年B組金八先生』の生徒役で3名揃ってドラマデビュー。 やがて、「金八トリオ」の俗称で呼ばれるようになる。

  • 翌1980年4月1日、当時ジャニーズ事務所が2Fにあった六本木のフォンティーヌビルの地下の劇場「アトリエ・フォンテーヌ」にて、3人の初イベント『金八トリオ・ファンの集い』を開催する予定だったが、会場から六本木の駅までファンで埋め尽くされるほどの、予想をはるかに上回るファンが来場したため、パトカーが何台も出動し、公演は中止となった。

  • 続いて、フジテレビのドラマ『ただいま放課後』の撮影がスタート。 このドラマの中で、「悪ガキトリオ」というグループ名を命名される。 人気はますます加熱していき、放映回数も当初の予定より延長された。 また、雑誌『週刊セブンティーン』にも毎週登場するようになる。

  • 1980年5月5日、虎ノ門の久保講堂にて改めてファンの集いを開催。 1日5回公演で1万5,000人を集客した。

  • 同年5月11日、神奈川県厚木市の東京工芸大学・厚木キャンパスにて、テレビドラマ『ただいま放課後』の公開ロケが行われる。 ここで、“たのきんトリオ”のネーミングが1万2,000人のファンの前で初めて発表された。 このトリオ名は、ジャニー喜多川が考案。 しかし、実際にこのネーミングが使われ出したのは、同年10月にTBSでバラエティ番組『たのきん全力投球!』が始まってから。 それまではどの雑誌でも「悪ガキトリオ」のままだった。
    (雑誌『プチセブン』の公募で「たのきんトリオ」の名前が決まったとか、プチセブンによってたのきんのネーミングが広められたなどの説がネット上に散乱しているが、それらは全て誤報。 プチセブンも、『たのきん全力投球!』が始まるまでは「悪ガキトリオ」名義を使用していた)
    なお、集英社の雑誌『週刊セブンティーン』では、他誌との差別化を図るために、“たのきん”の文字は使わず、最後まで「悪ガキトリオ」の呼称を通し続けた。 週刊セブンティーンは特別編集のムック本を3冊も発売したが、そこでも一切「たのきん」の文字は使われていない。

  • 1980年7月24日発売の『月刊明星』(1980年9月号)にて、3人で初めて雑誌の表紙を飾る。

  • 1980年7月27日、日比谷野外音楽堂にて1stコンサート「YOUNG COMMUNICATION ’80 SUMMER 若衆魂」(通称:ヤンコン)を開催。 4日も前から徹夜組が出るほどの大盛況だった。

  • 1983年8月28日の大阪球場コンサートをもって解散。


エピソード

  • 当初ジャニー喜多川の中では、近藤真彦ではなく、金八先生のエキストラ出演者で田原俊彦とも親しかった児童劇団所属の椎野孝之(東京都豊島区東長崎出身、後にバイク事故で死去)を入れ、『たのしいトリオ』にするという案があった。  「たのきん」というヘンテコなネーミングが生まれたのは、先にこの「たのしい」の構想があったからだとされている。 (出典:『二丁目のジャニーズ 最終戦争篇』 原吾一 著、1996年7月、鹿砦社刊)

  • 「たのきんトリオ」として正式な音楽ユニットを編成していた訳ではない。 3人揃ってレコーディングに参加した楽曲は、田原俊彦の『哀愁でいと』のB面曲『君に贈る言葉 (アフター・スクール)』と、映画「グッドラックLOVE」の挿入歌『ときめきはテレパシー』の2曲のみである。

  • たのきんの3人それぞれが、デビューした年の各音楽賞レースで最優秀新人賞を受賞している。

  • 1970年代のアイドル「新御三家」に例えると、田原俊彦が郷ひろみ、近藤真彦が西城秀樹、野村義男が野口五郎の路線をそれぞれ受け継いだ。(郷ひろみもジャニーズ事務所出身)

  • 日本でたのきんトリオが人気絶頂だった頃、某番組の企画で当時の日本でも人気のあったフランス女優のソフィー・マルソーに3人の写真を見せて好みを選ばせようとしたが、彼女は「こんな醜い男たちの中からでは、選びようがないわ」と言い放った。 そのVTRが流れた後で3人と対面し、番組には気まずい雰囲気が漂った。

  • ファンによるステージ用の応援コールも、それぞれに作られた。
    • 田原 - 「T・O・S・H・I スーパーアイドルLOVE俊ちゃん」
    • 近藤 - 「G・U・T・Sこんどーまさひこアダルトタッチのセクシーボーイ ま〜っさひ〜こ〜」
    • 野村(THE GOOD-BYE) - 「T・H・E・G・O・O・D・B・Y・E 只今グッバイ絶好調〜!」

  • 音楽番組でロケが行われた鉄道駅
    • 田原駅 (国鉄北条線 / 現:北条鉄道北条線 / 兵庫県加西市田原町)
    • 野村駅 (国鉄加古川線 / 現:JR西日本加古川線西脇市駅 / 兵庫県西脇市野村町)


受賞歴

  • 第18回 ゴールデン・アロー賞 話題賞 (1980年度、日本雑誌協会主催)
  • 第20回 ゴールデン・アロー賞 20周年記念特別表彰 スーパーアイドル賞 (1982年度、日本雑誌協会主催)


主な出演作品

バラエティ番組

  • たのきん全力投球! (1980年10月9日 - 1983年3月27日、TBS)
  • スター千一夜 (1980年12月26日、フジテレビ) ゲスト出演
  • たのきんコンサート (1981年5月4日、NHK総合)
      同年4月3日&4日にNHKホールで開催された「たのきんHOT LIVE」の模様を1時間番組で放送。
  • ピンキーパンチ大逆転 第1回 「前夜祭だよ!たのきんも全力で投球」 (1982年4月1日、TBS)
  • 桜中学大音楽会 〜 金八新八仙八貫八と138名の卒業生達 (1983年4月1日、TBS)
  • 突撃HOTスタジオ! (1983年4月20日 - 6月29日、TBS)
  • 笑ってポン! (1983年7月6日 - 9月28日、TBS)

テレビドラマ

連続ドラマ
  • 3年B組金八先生 (第1シリーズ) (1979年10月26日 - 1980年3月28日、全23話、TBS)
  • 3年B組金八先生 (第2シリーズ)
       (1980年12月26日、TBS) 第13話「同窓会・贈る言葉」にゲスト出演
  • ただいま放課後 (1980年5月26日 - 1981年3月23日、フジテレビ)
      田原俊彦(北川豪史役、15話まで出演)、野村義男(杉原忠雄役、15話まで出演)、
      近藤真彦(岡田達也役、28話まで出演)、松原秀樹(15話から出演)
  • 太閤記 (1983年4月20日 - 6月29日、TBS『突撃HOTスタジオ!』内ドラマ)
単発ドラマ
  • 爆笑ヤンヤン時代劇 「幕末 花の美剣士たち」 (1981年1月4日 テレビ東京)
  • 3年B組金八先生スペシャル (1982年10月8日、TBS)
  • 3年B組金八先生スペシャルV (1984年10月5日、TBS)

映画

  • 東宝映画 たのきんスーパーヒットシリーズ (全6作)

    1. 青春グラフィティ スニーカーぶる〜す (シリーズ第1弾、1981年2月11日) 主演:近藤真彦
    2. ブルージーンズ メモリー (シリーズ第2弾、1981年7月11日) 主演:近藤真彦
        監督:河崎義祐、出演:小松政夫、ミヤコ蝶々、司葉子、宍戸錠、ラビット関根(後の関根勤)、なべおさみ、三木のり平、ジャPAニーズ、他

    3. グッドラックLOVE (シリーズ第3弾、1981年12月20日) 主演:田原俊彦
        監督:河崎義祐、出演:真野響子、寺泉哲章、松尾嘉代、高橋幸治、桜井センリ、柳家小さん、ヒューマン・ラブ・スニーカー、他

        ※ 以上の三作はコバルト文庫にてノベライズもされた。

    4. ハイティーン・ブギ (シリーズ第4弾、1982年8月7日) 主演:近藤真彦
    5. ウィーン物語 ジェミニ・YとS (シリーズ第5弾、1982年12月18日) 主演:田原俊彦
        監督:河崎義祐、出演:ヒロコ・グレース、生田智子、津島恵子、檀ふみ、長谷直美、山村聡、他

        【同時上映】 「三等高校生」 (主演:野村義男
        監督:渡邊祐介、出演:田中邦衛、岡田奈々、樹木希林、川ア麻世、早見優、シブがき隊、鈴木ヒロミツ、荒井注、西村晃、他 (田原と近藤の出演は無し)

    6. 嵐を呼ぶ男 (シリーズ第6弾、1983年8月4日) 主演:近藤真彦
        監督:井上梅次、出演:坂口良子、相田寿美緒、白川由美、植草克秀、おりも政夫、あおい輝彦、中尾彬、フランキー堺、曽我泰久、中村成幸、村田勝美、伊藤真視、実川しげる、脇山剛、山本雅史、他
        ※ 石原裕次郎主演の同名映画を近藤主演でリメイク。

        【同時上映】 「TOSHI in TAKARAZUKA Love Forever」 (主演:田原俊彦
        監督:井上梅次、出演:近藤真彦、野村義男、少年隊イーグルス、曽我泰久、松原秀樹、村田勝美&クエスチョンズ、乃生佳之、ジャニーズ・ジュニア
  • エル・オー・ヴィ・愛・N・G (1983年12月24日、東宝) 主演:田原俊彦

ラジオ

  • たのきんコンサート (1981年5月3日、NHK-FM)
      同年4月3日&4日にNHKホールで開催された「たのきんHOT LIVE」の模様を放送。

コンサート

  • 金八トリオ・ファンの集い
    1. 1980年4月1日 - 六本木 アトリエ・フォンテーヌ。 ファンが集まり過ぎたために公演中止。
    2. 同年5月5日 - 虎ノ門・久保講堂。 1日5回公演で1万5,000人を集客。
  • YOUNG COMMUNICATION ’80 SUMMER 若衆魂 (ANKH、川ア麻世も出演)
    1. 1980年7月27日 - 日比谷野外音楽堂
    2. 同年8月8日 - 大阪厚生年金会館 大ホール
    3. 同年8月9日 - 名古屋市民会館
    4. 同年8月25日 - 東京厚生年金会館 (後に『たのきんHOTライブ』のタイトルでビデオ化)
  • サヨナラ日劇FESTIVAL 〜 あゝ栄光の半世紀 (1981年2月11日、日本劇場)
      日替わりゲストとして、ジャPAニーズとジャニーズJr.を従えて出演。  当日は映画『青春グラフィティ スニーカーぶる〜す』の封切り日でもあったため、映画も特別上映された。
  • (たのきんHOT LIVE IN 桜島)
      1981年3月17日から20日まで、鹿児島県指宿市にて合宿してリハーサルを行い、3月21日に桜島でコンサートを開催する予定だったが、風速20メートルを超す暴風雨に見舞われ、音響機材が破壊されてしまい、当日の朝6時に中止が決定。 泊まっていたホテルの屋上で、たのきんの3人によって中止の記者会見が開かれた。 また、中止を納得できないファンたちがホテルを取り囲む騒動も起こった。
      なお、この暴風雨を「台風1号」と表現している媒体があるが、それは誤り。台風ではなく、あくまでも一般の暴風雨だった。
  • たのきんHOT LIVE
      (1981年4月3日&4日、各2回公演、NHKホール。バックバンドはANKH
      後に『たのきんライブ ’81』のタイトルでカセット化。 また、NHK総合でテレビ放送、NHK-FMでラジオ放送もされた。
       【1981年5月3日にNHK-FMで放送された際の曲目】
      1. 贈る言葉
      2. ブラック・イズ・ブラック
      3. コール・ミー
      4. 哀愁メドレー (哀愁でいと 〜 レッツゴー・ダンシング 〜 ファンキー・モンキー・ベイビー 〜 ルイジアナママ 〜 哀愁トゥナイト 〜 哀愁でいと)
      5. スニーカーぶる〜す
      6. (MC)
      7. ??? (野村のソロ曲)
      8. ストリートレーサー
      9. ハットして! Good
      10. ブギ浮ぎI LOVE YOU
      11. ヨコハマチーク
      12. 恋=Do!
  • たのきん3球コンサート ヤング・コミュニケーション ’81
    1. 1981年8月6日 - 後楽園球場。 後に日本テレビ系で放送。
    2. 同年8月9日 - 大阪球場
    3. 同年8月12日 - ナゴヤ球場
  • たのきん3球コンサート ヤング・コミュニケーション ’83
    1. 1983年8月7日 - 後楽園球場。公演中止。
    2. 同年8月14日 - ナゴヤ球場
    3. 同年8月28日 - 大阪球場。 後にビデオ化。


オリジナル曲

  1. 君に贈る言葉 (アフター・スクール)
      1980年6月21日。 田原俊彦のデビューシングル『哀愁でいと』のB面曲。 作詞:小林和子、作曲:宮下智、編曲:飛澤宏元。 企画:近藤真彦。
  2. ときめきはテレパシー
      1981年11月29日。 映画『グッドラックLOVE』の挿入歌で、サントラアルバムに収録。 作詞:宮下智、作曲:小田裕一郎、編曲:船山基紀。
  3. あ・ら・しのLong run
      映画『ハイティーン・ブギ』の挿入歌。 たのきん映画の中で田原俊彦が歌った曲を集めたサントラカセットアルバム『TOSHI THE MOVIE』(1983年10月5日発売)に収録。 歌っているのは田原俊彦と近藤真彦の2名のみ。 作詞:恩田久義、作曲:長沢ヒロ、編曲:大谷和夫。


ソノシート

  • たのきんフォノシート
      雑誌『ティーンアイドル』(1982年1月号)の付録として制作されたソノシート。 映画『グッドラックLOVE』のサントラを収録。


カセット

  • たのきんライブ ’81 (1981年7月3日、集英社)
      同年4月3日&4日にNHKホールで行われたコンサートを収録。 写真集付き。

      Side-A
      1. 哀愁メドレー (哀愁でいと 〜 レッツゴー・ダンシング 〜 ファンキー・モンキー・ベイビー 〜 ルイジアナママ 〜 哀愁トゥナイト 〜 哀愁でいと)
      2. スニーカーぶる〜す (近藤ソロ)
      3. 月の灯り (野村ソロ)
      4. ある日曜日の出来事
      5. Rock'n Rollメドレー (恋のゴーカート 〜 悲しき雨音 〜 ハッピーバースデースウィート16 〜 ダイアナ)
      Side-B
      1. コール・ミー
      2. 雨が降ってきた
      3. ラストダンスは私と
      4. しらけちまうぜ (野村ソロ)
      5. ハッとして! Good
      6. ヨコハマ・チーク
      7. 恋=Do!
      8. 君にこのうたを


ビデオ

  • たのきんHOTライブ (1980年11月5日、ポニーキャニオン)
       同年8月25日に東京厚生年金会館大ホールで行われたコンサートを収録。
  • ヤングコミュニケーション’83 「3球コンサート 1983・8・28 大阪球場」


書籍

ムック、写真集

  • スーパーアイドルスペシャル (1980年8月、集英社、週刊セブンティーン特別編集)
  • スーパーアイドルの365日 (1981年1月、集英社、週刊セブンティーン特別編集)
  • たのきんライブ ’81 (1981年7月8日、集英社)
      同年4月3日&4日にNHKホールで行われたコンサートの模様を収録。 カセットテープ付き。
  • オリジナル・スペシャル写真集 (1982年4月、集英社、週刊セブンティーン特別編集)
  • THANK YOU PHOTO GRAFFITI (1984年3月9日、ニッポン放送出版)
  • JUMP ’84 (たのきんのファンクラブ「Communication Super 3」の会員に、スペシャルイシューとして送付された壁掛け写真集)

たのきんトリオをモデルにした少女漫画

※ メンバー個人をモデルにした漫画はそれぞれのページ([1][2][3])を参照。
  • たのきん友情物語 (如月亜依 著。『小学五年生』1981年9月号。小学館)
  • たのきん友情物語 (著者未詳。『小学二年生』1981年12月号。小学館)
  • たのきん友情物語 (鈴賀レニ 著。『小学二年生』1982年4月号。小学館)
  • スターまんが マッチの映画 ハイティーンブギ 全力投球物語 (きさらぎ亜衣 著。『小学五年生』1982年9月号。小学館)
  • “ウィーン物語 ジェミニ・YとS”にかける たのきん友情物語 (奈知未佐子 著。『小学五年生』1983年1月号。小学館)
  • 嵐を呼ぶ男 (高橋京子 著。『小学六年生』1983年7月号。小学館)


カレンダー

  • たのきん BIG CALENDAR 1981 (小学館)
  • たのきんカレンダー ’83 (講談社、KUN KUN。全14枚。フィルムポスター付き)


カードゲーム

  • たのきんのゲームDEデート
      (バンダイ「カードゲームジョイファミリー」シリーズ。対象年齢:8歳〜大人。プレイ人数:1〜4人)


パロディ

いずれもジャニーズ事務所とは無関係。

  • イモ欽トリオ
      (後藤正、山口良一、西山浩司。 途中から後藤と長江健次が交替。 なお、「イモ欽」というネーミングは「たのきん」と「萩本欽一」からだけでなく、 坂本龍一率いる「YMO」からも引用されている。「YMO」が「イモ」と読めるため。曲の振り付けもYMOの真似をしていた。 そしてリリースした3枚のシングルの作曲者も、全てYMOの細野晴臣であった)
  • よめきんトリオ (正式名:いいとも婦人隊。 松金よね子、渡辺めぐみ、KINYA)
  • おさつトリオ
      (大村波彦、斉藤康彦、堤大二郎。 テレビドラマ『ただいま放課後』の第3部に生徒役で出演していた3名)
  • みわかんトリオ
      (テレビドラマ『太陽にほえろ!』の若手刑事役だった三田村邦彦、渡辺徹、神田正輝の3名)
  • ホトきんトリオ
      「イモ欽トリオ」の更なるパロディ。2011年にテレビ神奈川の歴史バラエティ番組『戦国鍋TV 〜なんとなく歴史が学べる映像〜』にて登場。 メンバーは、平方元基 (織田信長役)、滝口幸広 (豊臣秀吉役)、寿里 (徳川家康役)の3名。 オリジナル曲は、『ボクに取られてみまTENCA?』
      ホトきんトリオの「ホト」は、戦国時代の三英傑の性格を風刺した狂歌「ホトトギスの句」にちなみ、ホトトギスから引用。 「きん」は、平方元基がキンモクセイの匂い大好きだったことから。
  • 田之木彦彦 (たのき ひこひこ。 漫画『ドラえもん』に3回登場したキャラクター)
    1. てんとう虫コミックス・第28巻 第7話 「しずちゃんの心の秘密」
    2. てんとう虫コミックス・第30巻 第2話 「人気スターまっ黒け」
    3. てんとう虫コミックス・カラー作品集・第2巻 第10話 「シャシンシャベール」
  • 頼金鳥雄
      たのきん とりお。 愛称:トリ坊。 漫画『3年奇面組』、『ハイスクール!奇面組』、『フラッシュ!奇面組』に登場するキャラクター。 イケメン集団「色男組」のメンバー。







出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system