田中聖 - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

田中聖

                 


田中 聖(たなか こうき、1985年11月5日 - )は、千葉県八千代市生まれ、柏市育ちのミュージシャン。 「KAT-TUN」の元メンバー。 前所属事務所はジャニーズ事務所。  身長:171cm、体重:58kg、靴:27cm。 血液型:B型。 2級小型船舶操縦士免許保有。
愛称:コーキ、コウくん、コウちゃん、殿、チャンプ、アニキ。  また、KAT-TUNではラップを担当し、MCネームは「JOKER」だった。
兄弟は兄1人、弟3人の男5人兄弟。 兄は10歳上、弟が6歳下、10歳下、14歳下。  四男の弟・田中樹(じゅり)と、従兄弟の塚本翔人がジャニーズJr.。  三男の弟・田中彪(ひょうが)は歌手、俳優。  五男の弟・(すばる)は、二松學舍大学附属高校のピッチャーとして2017年に「第99回 全国高校野球選手権」へ出場した。


目次



所属事務所

  1. ジャニーズ事務所
  2. G-PRO (GACKTの個人事務所。レコードレーベルは「ナチュラルエース」)

ジャニーズ時代の参加ユニット


学歴

  1. はなしま幼稚園 (八千代市。「村上ひかり幼稚園」説は誤り)
  2. 八千代市立村上小学校
  3. 柏市立(当時は沼南町立)風早北部小学校 (6年生から)
  4. 柏市立(当時は沼南町立)大津ケ丘中学校
  5. 私立堀越高等学校
  6. 城西国際大学メディア学部 (休学を経て2008年3月に中退)


来歴

  • 1998年6月20日、ジャニーズ事務所へ入所。 同期は上田竜也、五関晃一、辰巳雄大、松崎祐介ら。  オーディションへの参加経緯は、「自分が知らない内に母が履歴書を送り、訳が分からないままオーディションへ行った」というもの。  また、「いとこが受けるからついてきてと言われて一緒に受けたのに、いとこは落ちて自分だけが受かった」とも語っている。(※ この時の従兄弟は、後にJr.入りする塚本翔人とは別人)

  • 2001年3月に「KAT-TUN」を結成。 2006年3月22日にシングル『Real Face』でメジャーデビュー。

  • その後、連続ドラマに主演するなどの活躍もしていたが、
    • 事務所を通さずに別名義のユニットを組んでLIVEを開催。
    • 事務所を通さずにクラブイベントを主催してDJ出演。
    • 副業の発覚。
        市川海老蔵殴打事件があった西麻布のバルビゾンビルの7階にて、会員制ラウンジバー「CROSS ROAD」を2013年1月上旬より事務所に無断でオーナーとして経営。 田中の兄・一成 (かずなる。[1] [2][3]) が店長、弟・彪が副店長。田中の元彼女(通称:バービー)も勤務していた。
        しかしすぐにジャニーズ事務所に発覚して厳重注意を受け、同年春には閉店したものの、バーテンの所作を学ぶためのアルバイトを事務所に無断で行い、同年夏には再び事務所に内緒で六本木にバーをオープンする。 以降、事務所にバレないようにと何度も移転を繰り返すようになる(最後は再び西麻布に落ち着く)。
    • 陰茎にシリコンボール & コックリングを装着。そして勃起した状態の陰茎を自ら撮影し、その画像をAV女優の倖田梨紗らに送りつけ、流出。(2013年9月30日発売の雑誌『実話ナックルズ』2013年11月号に掲載)
    • タトゥー写真の流出。(同じく2013年9月30日発売の雑誌『実話ナックルズ』2013年11月号に掲載)
    • 数々の女性問題。
    • 過去にプライベートでボクシングジムに通っていたことはあったが、2013年には総合格闘家としてのデビューを画策し、“闘うフリーター”でおなじみの格闘家・所英男が経営するジム「リバーサルジム武蔵小杉 所プラス」に通ってトレーニングを開始。
    • 事務所には無断のユニットの結成も画策。 2013年7月当時、1年半の謹慎(黒木メイサとの無断結婚によるペナルティ)を終えて芸能活動を再開したばかりの赤西仁と、「仁聖 〜JINSEI〜」という音楽ユニットを組んで活動するつもりでいると、取り巻きやスタッフに吹聴。
    など、度重なるルール違反行為、もしくはそれに準ずる行為があったとして、ジャニーズ事務所から2013年9月30日付で解雇される。 同時にKAT-TUNからも脱退した。

  • 同年11月5日の28歳の誕生日よりTwitterを開始。 同11月、元「HIGH and MIGHTY COLOR」のメンバーらと共に、5人組のロックバンド「INKT (インク)」を結成。 田中は「KOKI」の名でボーカルを担当。  GACKTの個人事務所「株式会社 G-PRO」に所属し、INKTの個人レーベル「株式会社 ナチュラルエース」も立ち上げられた。

  • 2014年9月、経営していた西麻布のバーを閉店。

  • 同年10月1日、バンド「INKT」を本格始動。

  • 同年11月8日、1stアルバム『INKT』をリリース。 翌2015年1月18日に渋谷・TSUTAYA O-WEST、そして2月21日に大阪・BIG CATにて、INKT 1st Live『the birth of INKT』を開催した。

  • 2016年末、ファッションブランド「Black by VANQUISH」の2017シーズンのイメージモデルに「INKT」が起用される。

  • 2017年5月24日午後7時前、友人と会うために渋谷区円山町のラブホテル街に車で訪れた際、田中はパトカーとすれ違った瞬間に急にスピードを上げてしまい、その動きを不審に思った警官がすぐにUターンして追いかけ、円山町と道玄坂2丁目の間の道路(通称:ランブリングストリート)で田中の運転する黒のワンボックスカーを止めて職務質問した所、助手席と運転席の間の床から乾燥大麻片(大麻の花穂 (かすい)。通称:バッズ)と、使用済みの吸引用巻き紙が数枚見つかり、大麻取締法違反(所持)の疑いで警視庁渋谷署に現行犯逮捕される。 車内に居たのは田中1人だけだった。  田中は発見された大麻は「自分のものではない」と否定したものの、同署で採尿検査した結果、田中の尿からは大麻の陽性反応が出た。
    フジテレビの報道で現場をリポートしたのは、奇しくもかつての同僚・生田斗真の弟である生田竜聖アナウンサーだった。  当事件に伴い、田中のバンド「INKT」は全国ライブツアーの真っ最中だったが、オフィシャルサイトにて活動休止を発表。 既に売れていたチケット代金も返金することとなった。
    5月26日には田中の自宅マンション(世田谷区の2LDKの賃貸。家賃約15万)に家宅捜索が入り、元タレントで振付師の女性と同棲していたことも発覚した。
    そして『週刊文春』(2017年6月8日号)や『FRIDAY』(同年6月16日号)では、大麻だけでなくコカインを使用していたことも報じられた。
    6月7日、大麻の「使用」を罰する法律が無いことと、大麻が見つかった乗用車が親族名義で、乗降者の絞り込みが難しく、大麻が田中のものという確証が得られなかったことで、警視庁渋谷署から処分保留で釈放。
    6月30日、東京地方検察庁は証拠不十分で不起訴処分とした。

  • 2017年9月1日、バンド「INKT」が解散。


人物

  • 趣味は洋服やスニーカーのリメイク、何かを作るなど。 ニードルワーク(針仕事)が得意で、常に裁縫セットを持っている。
    なお、奇遇にも、テレビドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』で演じた真鍋和弥役も裁縫が得意という設定になっていた。  また、テレビドラマ『必殺仕事人 2009』で演じた仕立て屋の匳役も、表家業は裁縫などを使い生計を立てる設定となっていた。

  • 好きな食べ物 − 肉、ラーメン

  • 嫌いな食べ物 − ピーマン

  • 好きなお笑い番組 − 『爆笑オンエアバトル』

  • 聖が産まれる際、親は女の子だろうと思って「聖 (まりあ)」と名付けようとしていたが、出産後に男の子と分かり、字はそのままで読み方だけを変えた。(『はなまるマーケット』にて)

  • 幼稚園の時にサッカーチームに入り、ゴールキーパーを担当していた。  その後、兄が空手をやっていた影響で空手も習い始めた。 また、母親が泳げなかったため、田中兄弟は5人全員が水泳を習わされていた。

  • 祖父は東武線の元駅長。 母親は田口淳之介のファン。

  • 獣医師を目指していたほどの動物好き。 犬(名前:さくら〔メス〕、雷〔らい・オス〕)、ピグミースローロリス(名前:モモ、2013年4月に他界)、フェレット(名前:小梅)、インコ(名前:トリッピー)、プレーリードッグ(名前:プーさん)、ネザーランドドワーフ(名前:ピーター)、フェネック(名前:杏)、マンチカン(名前:姫)、熱帯魚を飼育している(2013年3月時)。 過去にはモモンガも飼育していた。 「あと2匹動物が増えれば動物園を開園したい」とも発言していた。  そして2013年6月には捨て猫(名前:クロ、レン)も飼い始めた。(携帯公式サイト「KAT-TUN'S MANUAL」での本人連載より)

  • 高校生の頃、電話をしていて相手にムカつくと携帯電話を衝動的にぶん投げてしまう癖があり、この行動は学校内でも有名だった。

  • 一時期、坊主頭をトレードマークにしていたことがあった。 元々は長めの髪型だったが、2005年の後半頃から急に坊主頭にした。 最初に坊主になる際に聖の髪を刈ったのは、関ジャニ∞の渋谷すばる。
    ジャニーズのアイドルが、ドラマなどの役作り以外で坊主にするという事は非常に珍しくて目立ったため、バラエティ番組『はねるのトびら』の1コーナー「おじいちゃんといっしょ」では、ロバートの秋山竜次が演ずるコントキャラクター・秋山森乃進の「KAT-TUNメンバー覚え歌」にて、聖の坊主頭が毎回ネタにされていた。
    • 「10年後はジダン」
    • 「二等兵みたい」
    • 「悪いことしたのかな」
    • 「カルロス・ゴーンより短い」
    • 「田中も坊主、亀田も坊主」など。
    その後、秋山とはテレビドラマ『特急田中3号』で共演を果たしている。
    なお、突然髪を刈った理由として、表向きには「長い髪は邪魔くさいから」と述べていたが、実際はHIP HOPに深く傾倒してのことであった。  アイドルらしからぬ男くさい風貌になったことで、KAT-TUNだけでなく、ジャニーズ全体の中でも明らかに異色の存在となり、離れてしまうファンもいれば、逆に新たにファンになる者もいた。

  • アイドル活動の傍ら、福祉関係にプライベートで積極的に参加していた。
    • 2006年に『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』の企画で訪れて交流した宮城県多賀城市の難病の少年に、その後もプライベートで訪問。
    • 2007年初頭より、埼玉県川口市の知的障害者通所授産施設「社会福祉法人 あかぼり福祉会 ゆりヶ丘学園」のオリジナルアパレルブランド「LILYHILL (リリーヒル)」にデザインをボランティアで提供するようになり、CAP、Tシャツ、パーカー、ジャケット、タオル、トートバッグなどにプリントして販売。 田中自身も「LILYHILL」のTシャツを着てテレビに出演したり、ゆりヶ丘学園の文化祭「ゆり祭」にお忍びで出演し、歌を披露したりもしていた。
    • 2011年3月11日の東日本大震災発生後、上記の多賀城市の難病の少年の安否確認と激励、そして、被災者たちに救援物資を輸送するため、米や水、缶詰、レトルトカレーなどを車にを詰め込み、2011年3月26日〜27日にプライベートで同市の避難所を訪れた。  なお、マスコミの報道では田中がたった1人で宮城に乗り込んだとされていたが、実際は「LILYHILL」を立ち上げた友人と2人での訪問だった。  また、田中は震災発生後、「被災した人に申し訳ない」とし、大好きだった夜遊びや飲酒を自粛した。
      これに対し、山下智久、錦戸亮、城田優らは、震災から数日後に放射能被害を恐れて京都や神戸に一時疎開旅行。 山下が当時交際していた外国人の恋人と、山下の家族も同行しての疎開旅行だった。 同年4月にも、同じく山下智久、そして生田斗真、山田優ら数名で、福島県から更に遠く離れた地、石垣島に旅行。 日本各地で自粛ムードが起きている中、ダイビングや酒宴に興じ、カラオケスナックとキャバクラをハシゴして泥酔状態でドンチャン騒ぎをしている姿が『週刊文春』で報じられた。 手越祐也も、震災直後に福岡・中洲のキャバクラで豪遊していたことが、キャバ嬢による3月25日付のブログで判明。 これらのことから、田中が取った正反対の行動は、「男を上げた」として称賛された。

  • 多数の女性との浮き名を流している。 あびる優、牧野田彩(後のAV女優・AYA)、倖田梨紗(AV女優。2000年4月)、木下優樹菜(2003〜2004年)、黒木メイサ(2007年1月)、木口亜矢(2007年)、藤井リナ(2008年)、小澤マリア(AV女優。2008年9月)、戸田恵梨香(2013年5月)など。
    2013年2月に交際報道が出た板野友美に関しては、田中本人が否定している。

  • 体の至る所にタトゥーを入れている。 ヘソから10cmくらい下の部分には、「NO ROCK NO LIFE」の文字と、その両脇で蛇が睨み合っている絵のタトゥーを入れている。 尻には、大きな仮面の絵と、「M」のイニシャルのタトゥーを入れている。


主な出演作品

バラエティ番組

  • ザ少年倶楽部 (NHK)
  • KAT-TUN×3 (日本テレビ)
  • 歌笑HOTヒット10 (日本テレビ)
  • ウタワラ (日本テレビ)
  • YOUたち! (日本テレビ)
  • カートゥンKAT-TUN (日本テレビ)
  • KAT-TUNの絶対マネたくなるTV (日本テレビ)
  • KAT-TUNの世界一ダメな夜! (TBS)
  • はなまるマーケット (TBS) ゲスト出演
  • 爆笑 大日本アカン警察 (フジテレビ) 準レギュラーとして不定期出演
  • 宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE!
       (日本テレビ) 上田竜也と共にゲスト出演
  • 関ジャニ∞のジャニ勉 (関西テレビ) ゲスト出演
  • わざわざ言うテレビ (2016年1月1日、テレビ大阪)
  • 田村淳の地上波ではダメ!絶対! (2016年7月21日、BSスカパー!)

テレビドラマ

連続ドラマ

  • 熱血恋愛道 (1999年2月、日本テレビ) CASE 5.「乙女座のAB型BOY」にてセイジ役
  • 熱血恋愛道 (1999年4月、日本テレビ) CASE 15.「魚座のA型BOY」にてトシヤ役
  • 怖い日曜日 〜新章〜 (1999年12月、日本テレビ)
       最終話「ドッペルゲンガー」にて、山下智久とのW主演。
  • 天使が消えた街 (2000年4月12日 - 6月29日、日本テレビ) 川島聖役
  • 怖い日曜日2000 (2000年11月、日本テレビ)
       「ボクの親友 〜奇跡の愛犬物語〜」にて主演
  • 史上最悪のデート (2001年3月、日本テレビ)
      「猫アレルギー少年と猫好き少女」にて憲一役(主演)
  • ネバーランド (2001年7月6日 - 9月14日、TBS) 心臓病の高校1年生・岩槻茂久役
  • マイ☆ボス マイ☆ヒーロー (2006年7月8日 - 9月16日、日本テレビ) 真鍋和弥役
  • たったひとつの恋 (2006年10月14日 - 12月16日、日本テレビ) 草野甲役
  • 特急田中3号 (2007年4月13日 - 6月22日、TBS)
       主演・田中一郎役。 四男の弟・樹(じゅり)、五男の弟・彗(すばる)も出演。
  • 必殺仕事人 2009 (2009年1月9日 - 6月26日、テレビ朝日) 仕立て屋の匳役
  • 大奥 〜 誕生 [有功・家光篇] (2012年10月12日 - 12月14日、TBS)
      玉栄(ぎょくえい)役。 すね毛を剃り、体重を7kg落として役に挑んだ。

単発ドラマ

  • マッハブイロク big大作戦! (2000年6月29日、フジテレビ)
  • エイジ (2000年7月20日、NHK総合) 主演・高橋栄司役
  • 金田一少年の事件簿 〜吸血鬼伝説殺人事件〜
       (2005年9月24日、日本テレビ) 陸上部員の高橋役
  • たくさんの愛をありがとう (2006年4月4日、日本テレビ) 吉村良太役
  • 白虎隊 (2007年1月6日&7日、テレビ朝日) 篠田儀三郎役
  • 必殺仕事人 2009 (2009年1月4日、テレビ朝日) 仕立て屋の匳役
  • 離婚シンドローム 〜妻に今すぐ出て行って!と言われたら〜
       (2010年6月30日、日本テレビ) 小林明役
  • 必殺仕事人 2010 (2010年7月10日、テレビ朝日) 仕立て屋の匳役
  • 必殺仕事人 2012 (2012年2月19日、テレビ朝日) 仕立て屋の匳役
  • 必殺仕事人 2013 (2013年2月17日、テレビ朝日) 仕立て屋の匳役

映画

  • カラフル (2000年10月7日、NHKエンタープライズ) 主演・小林真役
       三男の弟・田中彪も、聖の少年時代役で出演。
  • 大奥 〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇] (2012年12月22日、松竹=アスミック・エース)
       玉栄役。 セリフは無く、子猫を殺すワンシーンのみの出演。
  • サンブンノイチ (2014年4月1日、角川映画、監督・脚本:品川ヒロシ) コジこと小島一徳役

舞台

  • PLAYZONE 1999 Goodbye & Hello
       (1999年7月11日 - 8月4日:青山劇場、12日 - 15日:大阪フェスティバルホール)
  • big 〜夢はかなう〜 (2000年8月2日 - 26日、東京国際フォーラム)
      ビリー・コペッキ役。 風間俊介とのWキャスト(風間の出演は8月1日 - 27日)。 主演:赤坂晃
  • くるみ割り人形
      (2001年12月25日 - 2002年1月14日、赤坂ACTシアター、演出:宮本亜門) フリッツ役
  • DREAM BOY (2004年1月8日 - 31日:帝国劇場、4月30日 - 5月23日:梅田コマ劇場)
  • Hey! Say! Dream Boy (2005年4月27日 - 5月15日、梅田芸術劇場)
  • DREAM BOYS
      (2006年1月3日 - 29日:帝国劇場、2007年9月5日 - 30日:帝国劇場、2008年3月4日 - 30日:帝国劇場、4月4日 - 16日:梅田芸術劇場メインホール、2011年9月3日 - 25日:帝国劇場) コウキ役

ラジオ

  • KAT-TUNスタイル (ニッポン放送)
  • KAT-TUNのがつーん (文化放送『レコメン!』内)

CM

  • ロッテ 「クランキー」(2002年)、「プラスX」(2003年)
  • ロート製薬 「もぎたて果実」(2005年、2007年)、「ロートCキューブ」(2005年)、「OXY」(2006年 - 2009年)
  • スカイパーフェクト・コミュニケーションズ 「SKY PerfecTV!」(2006年)
  • NTTドコモ 「new 9 シリーズ」(2006年)、「FOMA 903i」(2006年)


楽曲

オリジナルソロ曲

  • REAL 7
  • King of HipHop road.R-16 〜to baby〜
  • SHORTY
  • Make U Wet (KAT-TUN 2ndアルバム『cartoon KAT-TUN U You』に収録)
  • PARASITE (KAT-TUN 7thシングル『DON'T U EVER STOP』初回限定盤2に収録)
  • I DON'T MISS U (KAT-TUN 12thシングル『Going!』初回限定盤2に収録)
  • PIERROT (KAT-TUN 4thアルバム『Break the Records 〜by you & for you〜』に収録)
  • MAKE U WET 〜CHAPTER2〜 (KAT-TUN 5thアルバム『NO MORE PAIИ』に収録)
  • ANARCHIST
  • DANGEROUS CAT 〜MAKE ME WET〜 (KAT-TUN 6thアルバム『CHAIN』に収録)
  • BLACK OR WHITE
      (KAT-TUN 19thシングル『不滅のスクラム』初回プレス仕様の方の通常盤に収録)

作詞担当

  • SIX SENSES (KAT-TUN 3rdアルバム『KAT-TUN V 〜QUEEN OF PIRATES〜』に収録)
  • Rockin'
  • KISSで伝えて (歌:ジャニーズJr.。RAP詞部分の作詞を担当)

      ※ この他、KAT-TUNのほとんどの曲にはラップが入っており、そのラップ部分の全ての作詞も田中が担当した(KAT-TUN在籍時)。



INKT

インク。 2014年10月1日結成、2017年9月1日解散のロックバンド。

メンバー

  • KOKI (ボーカル)
  • Kei (ギター)
  • mACKAz (マッカツ。ベース。元「HIGH and MIGHTY COLOR」のメンバー)
  • SASSY (ドラム。元「HIGH and MIGHTY COLOR」のメンバー)

脱退メンバー

  • kissy (キーボード。本名:岸田勇気。 2016年1月4日に脱退)

サポートメンバー

 Keiが転倒によって腕を負傷したために2016年12月にサポート参加した3名。
  • SIN (「LOKA」のメンバー。ギター)
  • SUNAO (「abingdon boys school」のメンバー。ギター)
  • 佑聖 (元「THE KIDDIE」のメンバー。ギター)

配信シングル

  1. ずっと (2014年11月8日)
  2. Nobody Knows (2014年11月8日)

ミニアルバム

  1. サイサリス (2015年4月25日) オリコン最高位:48位
  2. Life's Color (2016年9月21日) オリコン最高位:32位

アルバム

  1. INKT (2014年11月8日) オリコン最高位:17位
  2. square (2017年5月3日) オリコン最高位:25位

ライブ

※ FC限定ライブと、メンバー単独での出演は含めない。
  • INKT 1st Live 『the birth of INKT』 (2015年1月18日:渋谷・TSUTAYA O-WEST、2月21日:大阪・BIG CAT)
  • INKTワンマンLIVE 『Painting with INKT』 (2015年5月5日、六本木)
  • ライブハウスTour 『サイサリスTour 2015』 (2015年7月19日:柏 - 8月7日:恵比寿)
  • ライブハウスTour 『Re:birth of INKT TOUR 2015 - 2016』
      (2015年12月5日:Heaven's Rockさいたま新都心VJ-3 - 2016年1月4日:SHIBUYA CLUB QUATTRO。全国8都市8公演)
  • 2MAN TOUR 『INKT 2MAN TOUR 2016』
      (2016年4月2日:渋谷チェルシーホテルでGacharic Spinと対バン。 9日:Heaven's Rockさいたま新都心VJ-3でBenthamと対バン。 17日:名古屋Electric Lady Gardenで神聖かまってちゃんと対バン。 23日:横浜BAYSISでBULL ZEICHEN 88と対バン)
  • ライブハウスTour 『INKT LIVE HOUSE TOUR 2016』 (2016年10月1日:高知 - 11月19日:渋谷)
  • ライブハウスTour 『INKT LIVE HOUSE TOUR 2016 FINAL 〜Xmas Night〜』 (追加公演)(2016年12月24日、柏)
  • 47都道府県ライブハウスTour 『INKT LIVE HOUSE TOUR 2017』 (2017年3月4日:渋谷 - 7月23日:渋谷)



外部リンク








出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system