高橋和也 - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

高橋和也

   


高橋 和也(たかはし かずや、本名&旧芸名:高橋 一也〔読み同じ〕、1969年5月20日 - )は、東京都中野区生まれ、世田谷区千歳烏山育ちの俳優、歌手、声優、ベーシスト。 身長:170cm、血液型:O型。
世田谷区立烏山中学校卒業、明治大学付属中野高等学校夜間部中退。 6児の父


目次



所属事務所

  1. ジャニーズ事務所
  2. アルファーエージェンシー


ジャニーズ時代の参加ユニット


その後の参加バンド



来歴

  • 中学1年生の時にジャニーズ事務所に入所。
  • アイドルグループ「男闘呼組」のメンバーとしてデビュー。
  • 1988年、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。 翌1989年には、日本武道館での男闘呼組単独コンサートも行なった。
  • 初めてサインをしたファンの女性と、1993年に出来ちゃった結婚。
  • 1993年6月にメンバー4人で出演した舞台『スラブ・ボーイズ』の終了後に、事務所に対して反抗的な態度を取ったため、副社長であり実質的な経営権を握っているメリー喜多川を激怒させてしまった。 その結果、事務所から解雇され、同時に「男闘呼組」も解散となった。
      以後、解雇の経緯とメリー喜多川の意向から、ジャニーズ事務所のタレントと共演することを許されていなかったが、1997年4月3日に放送された日本テレビの単発ドラマ『院内感染』にて、実に4年ぶりとなるジャニーズタレント(岡本健一)との共演が実現した。
  • 1993年の「男闘呼組」解散後、約半年間のアメリカ放浪を経て、同年12月にバンド「KAZUYA AND ROCK FOLK」を率い、新宿ルミネホールACT(後の「ルミネ the よしもと」)で開催した初ソロコンサートで芸能界復帰。 翌1994年2月には、自主制作CDアルバム『高橋和也の如く』も発売した。
    以降、数々のバンドを結成して音楽活動を継続。 一方で、俳優専門事務所「アルファーエージェンシー」に新しく所属したことで、1994年に舞台『NEVER SAY DRAEM』、Vシネマ『KAMIKAZE TAXI』にて俳優活動も本格的に開始した。 ジャニーズ事務所を解雇されたタレントとしては異例の、メディア露出の多さが目立つ。
    また、俳優以外にも声優として、韓国俳優のイ・ビョンホンの吹き替えなどをしている。
  • 40歳頃から、父親の影響でカントリーミュージックに傾倒し、俳優業の傍らでカントリー歌手としての活動も開始。


人物

  • 子供の頃に好きだったアニメは『侍ジャイアンツ』。

  • 中学2年生の時、地元の千歳烏山で300軒への新聞配達のアルバイトを1年間続けた。
  • 本名の「一也」の由来は、ウエスタン好きの父・高橋三千男(1946年11月30日生まれ、東京都出身)が小坂一也のファンだったため。  尚、父・三千男はウエスタン好きが興じ、新宿3丁目でカントリーウエスタンバー「バーボンハウス マローネ」を営んでいる。 オープンは1969年で、当時は「洋菓子喫茶マローネ」という店名だった。 この店はライブバーなので、和也自身も何度もライブを開催している。 また、数多くの芸能人が客として来店することでも知られている。(「男闘呼組」メンバー、前田耕陽の父親、佐藤寛之、木村拓哉、 稲垣吾郎、佐野瑞樹、そのまんま東、つまみ枝豆、ミッキー・カーチス、浅丘ルリ子、役所広司、松村雄基、田中健、萩原聖人、吉岡秀隆、加藤晴彦、クリスタル・ケイ、 クリスタル・ケイの母のshunkay〔旧芸名:シンシア〕、三木さつき、某有名映画監督の息子、等々)
    また、木村拓哉が同棲も含めて9年間も付き合っていた元彼女、カオリンこと伊藤香里(当時スターダストプロモーション所属のモデル)は、この店でウェイトレスとして働いていた際に木村と出会った。
  • 「爆風スランプ」から江川ほーじんが脱退した際、日本テレビ『歌のトップテン』にて高橋が代役でベースを演奏したことがある。
  • 2006年に、フジテレビのバラエティ番組『ライオンのごきげんよう』にて、高橋のトークがその年の一番面白かった話に選ばれ、「2006年 ごきげんよう大賞」を受賞した(番組開始当初は1年に2人、2003年以降は1年に1人しか貰えない賞)。  受賞したネタは、「夫婦げんかに子どもの仲裁」。
  • 6児の父。 上から、耕太郎(こうたろう。前田耕陽の名前から引用。都立永山高校卒)、 愛子(あいこ。O型)、友太(ゆうた)、海斗(かいと)、飛鳥(あすか)、桃子(ももこ)、以上、全てメディアで公表。 この内、長男以外の5人が、揃って新日本石油の「エネオス エネゴリ エネファーム」のCMに出演している。 また、長女の高橋愛子はモデルとしても活動している。


主な出演作品

バラエティ番組

  • コント山口君と竹田君のおじゃまします (1985年9月17日 - 11月1日、TBS)
      新宿東南口に在った「コメディシアター」からの生放送。制作:東阪企画、演出:澤田隆治。
      低視聴率のため、わずか1ヶ月半という超短命で早々に打ち切りとなり、最終回では演出の澤田が視聴者に、番組打ち切りの旨を謝罪発表した。(コメディシアターはその後、成人向け映画館「新宿国際劇場」に)
  • 森田一義アワー 笑っていいとも! 「テレフォンショッキング」ゲスト
      (1987年9月16日、1988年11月14日、1989年8月30日、1991年1月15日、1993年3月18日、フジテレビ)
  • ライオンのごきげんよう (2006年9月14日、15日、18日、2016年1月8日、フジテレビ)
  • はなまるマーケット (2007年10月30日、2009年12月17日、TBS)
       「はなまるカフェ」のコーナーにゲスト出演
  • パパザウルス (2007年11月19日、NHK総合)
       「パパむすび」のコーナーにて「高橋家の定番!シャケむすび」を披露。
  • なるトモ! (2009年2月5日、よみうりテレビ) ゲスト出演
      この番組の木曜レギュラーである前田耕陽との共演となった。
  • 大型ドキュメンタリー 砂漠は生きている 第1話 「そこは緑の大地だった」 (2007年、BS-i) ナレーター
  • 大型ドキュメンタリー 砂漠は生きている 第2話 「そこは文明の十字路だった」 (2007年、BS-i) ナレーター
  • 徹子の部屋 (2007年8月7日、2010年5月24日、2016年1月22日、テレビ朝日)
  • おはなしのくに (2011年1月14日、NHK教育)
       ギリシャ神話『トロイの木馬』。 朗読劇番組。
  • 時代をプロデュースした者たち (2015年4月26日、NHK-BS1)
      第3回「半歩だけ先を行け 芸能プロデューサー・渡邊晋」 にてナビゲーター。 番組内の再現ドラマでは主演・渡辺晋役。

テレビドラマ

連続ドラマ

  • 東中学3年5組 (1984年10月12日 - 12月21日、TBS) パチンコ命で賑やか少年の寺川政夫役
       
  • 毎度おさわがせします 第1シリーズ (1985年1月8日 - 3月26日、TBS) 森祐介役
  • 徳川風雲録 御三家の野望 (1986年、全13回、テレビ東京) 天一坊役
      ※ 同年正月に放送された12時間超ワイドドラマを全13話に分割した再放送。
  • 『ヤンヤン歌うスタジオ』内の5分枠ドラマ (テレビ東京)
    • 野性誕生 (1986年10月 - )
    • Be!Boys 〜 未完成青春曲
  • 野性登場 (テレビ東京『ここんちプラネッと!』内のドラマ)
  • やったぜベイビー! (1986年8月30日 - 9月27日、全5回、日本テレビ)
      主演・竹村アキラ役。 原作:ビートたけし『あの人』。
      高橋はオーディションを受けて、数十人の中から主演の座を射とめた。
  • ボクの姉キはパイロット! (1987年8月18日 - 9月22日、TBS) 霧谷文彦役
  • オトコだろッ! (1988年7月21日 - 9月22日、フジテレビ) 松木成二役
  • ゴメンドーかけます (1989年8月3日 - 9月28日、フジテレビ)
       主演・石橋一男役。 遠藤直人、城島茂と共演。
  • ウッチャンナンチャンのコンビニエンス物語 (1990年、テレビ東京) ゲスト出演
  • 世にも奇妙な物語 「プリズナー」 (1991年1月31日、フジテレビ) 主演・野中秀夫役
  • デイビッツ・マザー (アメリカCBS) ウェイター役
  • ひとり暮らし (1996年、TBS) 小川千勝役
  • 寺子屋ゆめ指南 (1997年9月5日 - 1998年3月20日、NHK) 主演・桂木正二郎役
  • やんちゃくれ (1998年、NHK・連続テレビ小説) 大庭高志役
  • 葵 徳川三代 (2000年、NHK・大河ドラマ) 大野治房役
  • 恋する日曜日 (TBS)
    • 第1シリーズ・第17話「終章(エピローグ) A面」 (2003年7月27日) 島本宏務役
    • 第1シリーズ・第18話「終章(エピローグ) B面」 (2003年8月3日) 島本宏務役
  • ショコラ (2003年、TBS) 加藤市吾役。 関ジャニ∞の安田章大と共演。
  • 京都迷宮案内 5 (2003年1月30日、テレビ朝日) 第4話「泥棒の息子と呼ばれた男」にゲスト出演
  • 純情きらり (2006年、NHK・連続テレビ小説) 鈴村浩樹役
  • 相棒 (2006年3月15日、テレビ朝日) シーズン4最終回SPにて一ツ橋明男役
  • 名奉行!大岡越前 (2006年、テレビ朝日) 第6話「辻斬り浪人の賭け!せつない恋とおしどりの秘密…」
  • 風林火山 (2007年、NHK・大河ドラマ) (教来石景政 → 馬場信春役)
  • 幻十郎必殺剣 (2008年2月22日、テレビ東京) 第5話「白い数珠の殺人者」ゲスト
  • 東京少女水沢エレナ (2008年5月31日、BS-i) 第5話「マイ・フェア・エレナ」にて橘役<
  • おみやさん (2009年2月12日、テレビ朝日) 第6シリーズ・第11話「冬の京に消えた証人 ! !」ゲスト
  • 妄想姉妹 〜文學という名のもとに〜 (2009年2月28日、日本テレビ)
       第7話・江戸川乱歩作「お勢登場」にて格太郎役
  • 古代少女ドグちゃん (2009年11月18日、毎日放送) 第7話にて田辺栄太郎役
  • 赤かぶ検事 京都篇 (2010年2月24日、TBS) 第7話「不遜なアリバイ」
  • 警部補 矢部謙三 (2010年4月30日、テレビ朝日)
       episode4「リークされた捜査情報 追跡せよ!警察内部の密告者」にて七隈五郎役
  • 水戸黄門 (2011年1月17日、TBS)
       第42部・第13話「美人絵師が描いた復讐 -鳥取-」にて佐吉役
  • フェイク 京都美術事件絵巻 (2011年2月1日、NHK総合) 第5話・水島健之役
  • ホンボシ 〜心理特捜事件簿〜 (2011年2月17日、テレビ朝日) 第5話・細川一樹役
  • テンペスト (2011年7月 - 9月、NHK-BSプレミアム) 尚育王役
  • 薄桜記 (2012年7月 - 9月、NHK-BSプレミアム) 堀部安兵衛役
  • 遺留捜査 第2シリーズ (2012年7月26日、テレビ朝日) 第2話・青柳大介役
  • 負けて、勝つ 〜戦後を創った男・吉田茂〜 (2012年9月 - 10月、NHK総合) 佐藤栄作役
  • 天の方舟 (2012年12月 - 2013年1月、WOWOW・ドラマW) 塩田夕介役
  • とんび (2013年1月13日 - 3月17日、TBS) 営業部課長 → 常務・萩本役
  • 刑事110キロ (2013年5月30日、テレビ朝日)
       第6話にて進学塾「京都 俊英スクール」の塾長・上杉慶一役
  • あさきゆめみし 〜 八百屋お七異聞 (2013年9月 - 、NHK総合) 青田源之丞役
  • 雲霧仁左衛門 (2013年10月4日 - 、NHK総合) 山猫の三次役
  • 科捜研の女 (2013年12月12日、テレビ朝日) 第13シリーズ・第8話にて速水伸也役
  • ルーズヴェルト・ゲーム (2014年4月 - 6月、TBS) 古賀哲役
  • ラスト・ドクター 〜監察医アキタの検死報告〜 (2014年8月8日、テレビ東京) 第5話にて沼田伸治役
  • ドクターX 〜外科医・大門未知子〜 (2014年10月 - 12月、テレビ朝日) 足柄信太郎役
  • 風の峠 〜銀漢の賦〜 (2015年1月 - 、NHK総合) 十蔵役
  • 神谷玄次郎捕物控 2 (2015年4月3日 - 5月22日、NHK BSプレミアム)
       元・岡っ引きで浅草の小料理屋「よし野」の板前の弥助役
  • 64 (ロクヨン) (2015年4月18日 - 5月16日、NHK総合) 柿沼丈治役
  • 海に降る (2015年10月10日 - 、WOWOW) しんかい6500運航チーム 整備長・近藤恒哉役
  • 撃てない警官 (2016年1月10日 - 2月7日、WOWOW) 石岡稔役
  • 真田丸 (2016年、NHK総合・大河ドラマ) 宇喜多秀家役

単発ドラマ

  • 徳川風雲録 御三家の野望
      (1986年1月2日、テレビ東京・12時間超ワイドドラマ) 天一坊役
       ※ 同年に、12時間分を全13話に分けて連続ドラマとして再放送された。
  • スター・バラエティ 「南青山ハッピー通り」 (1987年1月2日、NHK総合)
       44分番組。 収録日は1986年12月10日。
  • 不倫の構図を追え! 写激狩人フォトハンターU 〜 秘湯にけむる家元夫人醜聞の現場
       (1987年4月6日、テレビ東京・ドラマ 女の手記)
  • ナイン (1987年、フジテレビ・月曜ドラマランド) 主演・新見克也役
  • 世にも奇妙な物語 冬の特別編 「王将」
       (1991年12月26日、フジテレビ) 丹波哲郎とのW主演・龍ヶ崎役
  • 花のひと (1993年2月28日、TBS・東芝日曜劇場)
  • 院内感染 (1997年4月3日、日本テレビ) 岡本健一と共演
  • 次郎長三国志 (2000年1月2日、テレビ東京) 小政役
  • 夢の浮橋殺人事件 〜あんみつ検事の捜査ファイル〜 (2001年4月20日、フジテレビ)
  • どうぞ安らかに (2001年6月5日、日本テレビ) 大森貴志役
  • 碧空のタンゴ (2001年8月10日、NHK)
  • だます女だまされる女 4 (2002年5月21日、日本テレビ) 井沢健吾役
  • アドベンチャー探偵の事件簿 2 〜 米沢牛しゃぶしゃぶ食べ放題殺人事件
       (2002年5月20日、TBS) 幸町豊役
  • 松本清張没後10周年特別企画 「疑惑」 (2003年3月22日、テレビ朝日)
       沢木登役。 大沢樹生と共演。
  • 花の罠 奈良・大和路殺人事件 (2003年4月9日、テレビ東京) 5段の棋士・水無瀬翔役
  • 松本清張特別企画 「喪失の儀礼」 (2003年11月30日、テレビ東京) 田村刑事役
  • 女と男と物語 PARTU 「結婚願望」 (2003年10月11日、テレビ朝日) 松山裕輔役
  • 竜馬がゆく (2004年1月2日、テレビ東京) 長州藩士・久坂玄瑞役
  • 炎の警備隊長・五十嵐杜夫 2 (2004年3月20日、テレビ朝日) 浅野一馬役
  • 男たちの宿題 (2004年8月13日、フジテレビ)
  • 樋口警部補 2 リオ・水曜日の殺人者 (2004年9月12日、テレビ東京)
  • 外科医 鳩村周五郎 闇のカルテ (2004年11月19日、フジテレビ)
  • 警部補・佃次郎 20 「望郷」 (2005年1月18日、日本テレビ)
  • ラーメン刑事 VS さぬきうどん (2005年3月19日、テレビ朝日)
  • 炎の警備隊長・五十嵐杜夫 3 (2005年7月16日、テレビ朝日) 浅野一馬役
  • ドクターヘリ 緊急外科医 若月灯子 (2005年8月9日、日本テレビ)
  • 逃亡者 木島丈一郎 (2005年12月10日、フジテレビ) 立て篭もり犯・坂上隆司役
  • 父とわたしの秘密 (2006年7月7日、BS-i) 千秋の父役
  • 西村京太郎サスペンス・十津川警部シリーズ 37 特急あずさ殺人事件 (2006年10月2日、TBS)
  • 獣医・いかり七緒の殺人診断 (2007年10月27日、テレビ朝日) 濱田幸作役
  • 税務調査官・窓際太郎の事件簿 17 (2008年9月8日、TBS) 池端雄冶役
  • 青春カムバック!? メタボリック☆ばんど! (2008年9月23日、テレビ愛知) 金田満役
  • 柳生一族の陰謀 (2008年9月28日、テレビ朝日) 徳川家光役
  • 兄帰る (2009年2月14日、WOWOW・ドラマW) 野田功一役
  • 二重裁判 (2009年6月1日、TBS)
  • 松本清張ドラマスペシャル 「顔」 (2009年12月29日、NHK総合) 石岡貞三郎役
  • ANJIN 〜按針〜 イングリッシュサムライ (2010年5月15日:NHK BSハイビジョン、23日:NHK BS-2)
       2009年12月〜2010年1月の舞台作品を映像化したもの。 同年6月には映画館でも公開。
  • 戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち (2011年1月2日、テレビ東京) 明智光秀役
  • 濃姫 (2012年3月17日、テレビ朝日) 斎藤義龍役
  • 森村誠一の終着駅シリーズ 殺意の奔流 (2012年10月27日、テレビ朝日) 千葉竜吾役
  • 松本清張没後20年特別企画 「留守宅の事件」 (2013年4月24日、テレビ東京) 田中徳則役
  • 黒い十人の黒木瞳 V 「黒い主演女優」 (2013年6月30日、NHK・BSプレミアム) 加藤役
  • 医療捜査官 財前一二三 4 (2013年11月8日、フジテレビ) 堀田亮一役
  • LEADERS リーダーズ (2014年3月22日&23日、TBS) 三宅光男役
  • 北海道警事件ファイル 警部補 五条聖子 2 〜 函館殺人迷宮
      (2014年5月21日、テレビ東京) 下島泰輔役。 川野直輝と共演。
  • ドキュメンタリードラマ 走れ、三輪トラック (2015年2月14日、NHK総合)
  • 世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP 〜映画監督編〜 「事故物件」
       (2015年11月28日、フジテレビ) 早瀬真一役
  • 女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘  第一話 「ムーンストーン」
       (2016年1月4日、フジテレビ、原作:湊かなえ) 桶本中学校二年の国語教師役

映画

  • ロックよ、静かに流れよ (1988年2月20日、東宝) 戸田務〔愛称:トンダ〕役
  • 少年武道館 (1988年2月20日、東宝)
  • フライング 飛翔 (1988年5月14日、東映) 能登一佳役。 北公次と共演。
  • SAFE PASSAGE
      (1994年の洋画。 邦題:『運命の絆』。監督:ロバート・アラン・アッカーマン。日本では劇場未公開作品だが、1997年3月28日にビデオで発売)
  • ターチ・トリップ (1994年10月1日、16ミリ映画)
  • 激安王 通天の角 (1994年10月15日、単館上映) 岩下春男役
  • 平成無責任一家 東京デラックス (1995年1月28日、東宝) 三男の飴屋進役
  • KAMIKAZE TAXI
      1995年4月29日に1日だけの単館上映として公開。 1994年のVシネマ『復讐の天使 〜 KAMIKAZE TAXI』のPART1(11月18日発売)とPART2(12月16日発売)を併せた作品。 破天荒なチンピラ・南達男役。
  • 100年前 (1995年。お蔵入り作品)
  • 螢U 赤い傷痕 (1995年7月15日) 秀夫役
  • 田崎真珠映画スペシャル 「南の島に雪が降る」 (1995年12月2日)
       役者出身の兵士・須藤軍曹役(主演)
  • YES presents MOVIE 「渚のシンドバッド」
      (米国:1995年4月4日、日本:12月16日。映画音楽と主題歌『うしろむきの私』を担当。出演は無し)
  • ぼくは勉強ができない (1996年6月8日) 未ソフト化作品
  • 目を閉じて抱いて CLOSE YOUR EYES AND HOLD ME (1996年7月13日)
  • 八つ墓村 (1996年10月26日) 寺田辰弥役
  • マルタイの女 (1997年9月27日、東宝) 大木珠男役
  • 異常暮色 (1998年、16ミリ映画)
       「ゆうばり国際冒険ファンタスティック 映画祭 ’98」参加作品。
  • おしまいの日。 (2000年1月15日)
  • ハッシュ! (2001年11月24日、「第54回カンヌ国際映画監督週間」招待作品) 主演・ペットショップ店員の長谷直也役
  • ひとりね (2002年3月16日) 若い男役
  • 突入せよ!「あさま山荘」事件 (2002年5月11日)
  • 星に願いを。 (2003年4月12日) 葉月優役
  • 魔界転生 (2003年4月26日)
  • Run 2 U 〜 コリアン・コネクション (韓国映画。2003年5月30日に韓国で封切) 主演・ヒロシ役。 大沢樹生と共演。
  • 出口のない海 (2006年)
  • 怪談新耳袋 ノブヒロさん (2006年7月22日) 精神科医・藤村明彦役
  • ありがとう (2006年)
  • 日本の青空 (2007年) 主演
  • 幽霊 vs 宇宙人 第2話 「略奪愛」 (2008年3月8日、全2話) 作曲家・森村宇宙雄 (うつお) 役(主演)
  • 夕映え少女 〜 イタリアの歌 (2008年1月26日)
  • デーアフターつもろー (2008年、短篇作品) お父さん役
  • 歩いても 歩いても (2008年、シネカノン) 片岡信夫役
  • ボディ・ジャック (2008年10月25日、太秦) 主演・澤井テツ役
  • 必死剣鳥刺し (2010年)
  • ANJIN 〜按針〜 イングリッシュサムライ (2010年6月5日)
       2009年12月〜2010年1月の舞台作品を映像化したもの。
  • EDEN (2012年11月17日) エルメス役
  • 藁の楯 (2013年4月26日) 西野役
  • そして父になる (2013年9月28日) 野々宮大輔役
  • ジンクス ! ! ! (2013年11月16日、ティ・ジョイ) 佐藤清治役
  • そこのみにて光輝く (2014年4月19日) 中島役
       高橋はこの役で、高崎映画祭 最優秀助演男優賞を受賞。
  • きみはいい子 (2015年6月27日) 大宮拓也役

Vシネマ

  • 復讐の天使 〜 KAMIKAZE TAXI PART 1 (1994年11月18日) 南達男役
  • 復讐の天使 〜 KAMIKAZE TAXI PART 2 (1994年12月16日) 南達男役
  • 尻を撫でまわしつづけた男 痴漢日記 2 (1995年11月10日) 医大生の如月遼役
  • 尻を撫でまわしつづけた男 痴漢日記 4 (1996年10月11日)

声優

吹き替え
  • イ・ビョンホンの吹き替え (西暦は吹き替えをした年)
    • 美しき日々 (2003年 - 2004年、テレビドラマ) イ・ミンチョル役
    • オールイン 運命の愛 (2004年、テレビドラマ) キム・イナ役
    • 純愛中毒 (2004年、映画) ファン・テジン役
    • 我が心のオルガン (2004年、映画) カン・スハ役
    • 誰にでも秘密がある (2004年、映画) スヒョン役
    • 甘い人生 (2005年、映画) キム・ソヌ役
    • ひまわり (2006年11月13日、NHK-BS2、テレビドラマ) テソン役
    • 夏物語 (2007年、映画) ユン・ソギョン役
    • グッド・バッド・ウィアード (2010年、映画) パク・チャンイ役
    • 悪魔を見た (2011年、映画) キム・スヒョン役
    • 誰が俺を狂わせるか (映画) イ・ジョンドゥ役
    • 彼らだけの世界 (映画) ラブ役
    • バンジージャンプする (映画) ソ・インウ役
    • 王になった男 (2012年、映画。2014年12月26日放送のBSジャパン版) 光海君/ハソン役
  • 映画 『トランスポーター』 (2004年9月26日、テレビ朝日・日曜洋画劇場)
       マット・シュルツ演じるウォール・ストリート役

劇場版アニメ
  • 8月のシンフォニー 渋谷2002 〜 2003 (2009年8月22日、アニメ映画) 秋葉社長役

舞台

  • ミュージカル・アドベンチャー 『ザ・サスケ』 / ヒット・パレード
      (1985年4月27日 - 5月6日、梅田コマ劇場)
       5月1日だけ欠場し、その際は中村繁之が高橋の代役を務めた。
  • ペール・ギュント (1990年5月11日 - 6月28日、青山劇場、演出:蜷川幸雄、音楽:宇崎竜童)
      ペール・ギュント、花婿、コックの3役。 岡本健一とのWキャスト。
  • 蜷川カンパニー公演 『1992・待つ』 (1992年1月、ベニサン・ピット、演出:蜷川幸雄)
  • R・U・Pプロデュース公演 『恋と革命 〜学習院大学の校舎裏〜』
      (1992年6月2日 - 10日、新宿シアターサンモール) 純平役。 モデルとなったのは大久保武道。
  • スラブ・ボーイズ (1993年6月5日 - 30日、PARCO劇場、演出:ロバート・アラン・アッカーマン) スパンキー役
  • NEVER SAY DREAM (1994年4月6日 - 17日、Bunkamuraシアターコクーン) テロール役
  • LOVE LETTERS (1994年6月1日、4日:PARCOスペース3。 1995年8月28日:PARCO劇場)
       朗読劇。 アンディ役。 3回とも相手役は河合美智子。
  • エンジェルス・イン・アメリカ
    • 第一部 「至福千年紀が近づく」
    • 第二部 「ペレストロイカ」
       (1994年11月24日 - 12月23日、1995年12月9日 - 1996年1月15日、銀座セゾン劇場、演出:ロバート・アッカーマン) プライアー・ウォルター役
  • ジェミニ 〜 裏庭は大騒ぎ (1995年2月4日 - 19日、三越劇場) フランシス・ジェミニアーニ役
  • 椿姫 (1995年6月5日 - 30日:PARCO劇場、7月:大阪近鉄劇場) 青年貴族のアルマン・デュヴァル役
  • ホームレス・ハート (1998年4月2日 - 7日:紀伊國屋サザンシアター、9日:かめありリリオホール) 主演
  • 娘に祈りを
      (1998年5月7日 - 31日、ベニサン・ピット、演出:ロバート・アラン・アッカーマン) 強盗殺人容疑者の青年ジミー役
  • 橋からの眺め
      (1999年4月30日 - 5月30日:ベニサン・ピット、6月3日 - 6日:愛知県芸術劇場 小ホール、8日:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、演出:ロバート・アラン・アッカーマン) ロドルフォ役
  • 劇団ひまわり公演 「少年H」
      (1999年8月4日- 16日:新国立劇場 中劇場、21日 - 29日:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、原作・美術:妹尾河童) 鈴木康男の父、林五和夫の2役
  • こまつ座公演 「連鎖街のひとびと」 (2000年6月19日 - 7月2日、紀伊國屋ホール)
  • 蜘蛛女のキス
      (2000年12月29日 - 2001年1月28日、ベニサン・ピット、演出:ロバート・アラン・アッカーマン) 若き活動家のヴァレンティン役
  • こまつ座公演 「泣き虫なまいき石川啄木」 (2001年3月1日 - 23日、紀伊國屋ホール) 主演・石川一役
  • 浅草・花岡写真館
      (2002年6月5日 - 16日、紀伊國屋サザンシアター、作:山田太一) 本橋広樹、兵士・上村健二、越後の侍・黒川弥三郎の3役
  • Japes 〜 記憶の凄む家
      (2002年7月26日 - 年8月4日:PARCO劇場、24日&25日:兵庫県川西市みつなかホール、27日 - 9月3日:新神戸オリエンタル劇場)
  • スリーデイズ・オブ・レイン (2003年7月24日 - 31日:俳優座劇場、8月9日&10日:近鉄小劇場)
  • 三人吉三東青春 (さんにんきちざえどのあかつき)
      (2003年11月3日 - 24日、明治座、脚本・演出:松村武) 旗本の息子・御坊修三郎吉光役
  • 椿組公演 「一天地六 〜幕末新宿遊侠伝〜」 (2004年7月15日 - 25日、新宿花園神社境内 野外ステージ)
  • 地人会公演 「怒りをこめてふり返れ」 (2004年11月2日 - 13日、紀伊國屋ホール) 主演・ジミイ役
  • 花咲く港 (2005年3月14日 - 31日、新国立劇場 小劇場)
  • シアター21公演 「グリマー・アンド・シャイン」
      (2005年5月13日 - 22日:紀伊國屋ホール、28日&29日:新神戸オリエンタル劇場) 主演・ジョーダン、エディの2役
  • 写楽考 (2005年8月30日 - 9月10日、シアター1010) 主演・伊之(写楽)役
  • 紀尾井朗読スペシャル ドラマ・リーディング いのちをともにした女たち 〜近代日本女性史〜 「中也が愛した女 〜いかに泰子いまこそは〜」 (2005年9月20日&21日、紀尾井ホール 小ホール) 主演
  • サムワン 〜Someone who'll watch over me〜 (2006年1月12日 - 22日、俳優座劇場) 主演・アダム役
  • 獅童流 森の石松 (2006年10月2日 - 26日、新橋演舞場)
  • 眉山 〜びざん〜
      (2007年12月2日 - 23日、2009年8月1日 - 18日、明治座、原作・テーマ音楽:さだまさし) 医師・寺澤大介役
  • 風林火山 〜晴信燃ゆ〜(2008年4月5日 - 27日、日生劇場)
  • 1945 (2008年10月25日 - 11月3日、世田谷パブリックシアター、演出:ロバート・アラン・アッカーマン)
  • 真心一座 身も心も 公演 「流れ姉妹 たつことかつこ 〜獣たちの夜〜」
      (2009年2月18日 - 22日:本多劇場、 26日 - 28日:札幌・道新ホール、 3月8日:名古屋・テレピアホール、 14日&15日:大阪・なんでもアリーナ。 演出:河原雅彦)
  • 蜘蛛の巣
      (原作:アガサ・クリスティ。2009年5月22日 - 30日:ル テアトル銀座、 6月2日:神奈川県立県民ホール、 4日:藤沢市民会館、 5日:岩手・一関文化センター、 6日:東京エレクトロンホール宮城、 8日&9日:札幌市教育文化会館、 14日:大分・ビーコンプラザ、 15日:福岡サンパレス、 16日:長崎市公会堂) 犯人のジェレミー・ウォリンダー役
  • ANJIN 〜按針〜 イングリッシュサムライ
      (2009年12月10日 - 2010年1月18日:天王洲 銀河劇場、22日 - 31日:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ) 2010年にテレビ放送&映画館公開
  • モリー先生との火曜日 (2010年6月3日 - 15日、本多劇場)
  • イリアス 〜 怒りと戦争と運命についての叙事詩 (2010年9月4日 - 23日、ル・テアトル銀座、他)
  • 血の婚礼
      (2011年6月24日 - 7月30日、にしすがも創造舎体育館 特設劇場、 8月6日&7日:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場、 18日 - 21日:大阪・森ノ宮ピロティホール、 27日&28日:北九州芸術劇場 大ホール。 演出:蜷川幸雄)
  • ピアフ (2011年10月13日 - 11月6日、シアタークリエ) ルイ・バリエ役
  • テキサス 〜TEXAS〜
      (2012年3月17日 - 4月8日:PARCO劇場、 14日&15日:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、 17日&18日:名鉄ホール。 作:長塚圭史、演出:河原雅彦)
  • 家康と按針
      (2012年12月1日&2日:神奈川芸術劇場、 2012年12月8日 - 16日:青山劇場、 2013年1月31日 - 2月9日:ロンドン公演、演出:グレゴリー・ドーラン)
  • 嵐が丘 (2015年5月6日 - 26日、日生劇場。同年10月3日にWOWOWにて放送)
  • orphans 〜 オーファンズ
      (2016年2月10日 - 21日:東京芸術劇場シアターウエスト、2月27日&28日:新神戸オリエンタル劇場)

CM

  • オリックス生命保険 「ダイレクト定期保険」 (朝の歓び篇、フィットダブル大地の恵みの篇、2005年)

PV

  • お父さんみたいに (株式会社三共の企業イメージムービー。2014年10月1日公開。6分半の作品) 主演

ラジオ

  • ラジオドラマ 「青春アドベンチャー」 (NHK-FM)
    • 赤と黒
        (第一部:2004年2月9日 - 27日、第二部:6月28日 - 7月16日、作:スタンダール) 主演、ジュリアン・ソレル役
    • 家守綺譚 (2005年2月28日 - 3月11日、全10回、作:梨木香歩) 主演、売れない文士の綿貫征四郎役
    • プラハの春 (2006年4月3日 - 21日、全15回、作:春江一也)
         チェコスロバキアのプラハの日本大使館の二等書記官・堀江亮介役(主演)
    • ベルリンの秋 (2006年10月2日 - 20日、全15回、作:春江一也)
         在東ドイツ日本大使館勤務の堀江亮介役(主演)。 「プラハの春」の続編。
    • ラジオ・キラー (2008年9月15日 - 10月3日、作:セバスチャン・フィツェック) 主演、ヤン役
    • ゼンダ城の虜 〜完結編〜 ヘンツィオ伯爵 (2010年11月2日 - 12月3日) 語り
  • ラジオドラマ 「FMシアター」 (NHK-FM)
    • これが私の歌う道 (2009年4月25日)
    • 人らしく、生きられるように (2010年5月29日)
    • 裁きの朝 (2010年9月4日)
    • 飛ばせハイウェイ、飛ばせ人生 (2011年4月16日) 比嘉役
  • 特集オーディオドラマ 「服部良一のモモタロウ」 (2007年8月15日、NHK-FM)
  • 親父のカントリー (2012年7月11日 - 、鎌倉エフエム)
      毎月第2水曜日に「高橋和也とハンク・ウィリアムス」のコーナータイトルで月一レギュラー出演。 毎回、カントリーソングを生唄演奏で披露。
  • 劇ラヂ!ライブ2015 「あさはかな魂よ、慈悲の雨となれ」
       (2015年11月1日、NHKラジオ第1、作・演出:櫻井智也)

CD-ROMドラマ

  • 12 twelve 〜天願大介の12幕〜 (1996年)
    ※ CD-ROM作品(アスキー発行のパソコン雑誌『TECH Win』の付録CD-ROMにて連載されたドラマ)。原作・脚本・監督:天願大介。 高橋は第6幕の 「まぼろしのブルース」に出演。 共演は三上寛、余貴美子。

朗読作品

  • 文学のしずく (全30話。CD付きブック:2007年、中経出版。 CD-ROM:2010年4月2日、ロゴヴィスタ)
      太宰治の「人間失格」、「斜陽」、「富岳百景」、芥川龍之介の「藪の中」、「地獄変」、「奉教人の死」の計6作品に出演。
  • ききみみ名作文庫シリーズ 宮澤賢治全集 BOX -I- (CD8枚組BOX、2007年12月1日)
       「カイロ団長」、「月夜のけだもの」、「貝の火」、「ざしき童子のはなし」に出演。
  • 作家が綴る心の手紙 〜 愛を想う 死を想う (2009年、平凡の友、CD12枚組セット)


ディスコグラフィ

シングル

  • かかし c/w Singer Song Writing Stripper (1994年10月。インディーズ)
  • 東京デラックス (1995年1月21日)
      同名映画の主題歌。「東京スカパラダイスオーケストラ & 岸谷五朗 featuring. 東京デラックスシンガーズ」名義。
  • まるで点のような一瞬 c/w Once Again (1996年12月)
       「DEAD MAN WALKERS」名義。 インディーズ。
  • 君に会いたい c/w Alone Wolf c/w ラストヒロー (2000年8月23日)
  • 東京ブギーライフ c/w 気まぐれ本気ブルース (2011年10月26日。インディーズ)
      当初は、BIGBANGのD-LITEの韓国語曲『Look at me, Gwi Soon!』をカバーした『いつでも俺をみてくれよ!(Look at me, Gwi Soon!)』も一緒に収録される予定だった。

アルバム

  • 高橋和也の如く (「KAZUYA AND ROCK FOLK」名義。1994年2月。インディーズ)
       同年9月に『BRANDNEW ROAD TO THE ORIGIN』に改題して再プレス。
  • 映画『渚のシンドバッド』 オリジナルサウンドトラック
       (「KAZUYA AND ROCK FOLK」のメンバーで参加。1995年12月1日)
  • Nervous Circus (「高橋和也 with Nervous Circus」名義。2000年9月21日)
       2000年4月23日に吉祥寺「MANDALAU」で行なわれたLIVEを収録。
  • ナーバスサーカス危機一髪 (「Nervous Circus」名義。2006年2月24日。インディーズ)


外部リンク








出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system