鈴木則行 - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

鈴木則行

鈴木 則行(すずき のりゆき、1965年7月24日 - )とは、1980年代にジャニーズ事務所に所属していた元・ジャニーズJr.である。 東京都中央区出身。 血液型:AB型。 愛称:ノリくん。 中央区立第四中学校卒業。 ピンク・レディー未唯の個人事務所「モーアーティスト」の代表取締役。


目次



ジャニーズ時代の参加ユニット



来歴

  • 1980年、ジャニーズ事務所に入所。

  • 翌1981年、小西六写真工業「サクラカラー カラーフィルム」のCM(マンガスキッパー篇。田原俊彦のバック)や、ひかる一平のデビュー曲『青空オンリー・ユー』のバックにて、東山紀之とシンメトリーの位置で最前列で踊る。

  • 1981年5月からのバラエティ番組『日曜お笑い劇場』(日本テレビ)の出演者オーディションに合格。近藤真彦とのレギュラー共演を果たす。
    更に同年9月、「ジャニーズ少年隊」のメンバーとして、映画『胸さわぎの放課後』に出演。 また、1982年の近藤真彦のコンサートツアーでも、少年隊の3人と共に4人でバックダンサーを務めた。 しかし、鈴木はアクロバットが苦手だったことに加え、メンバーとも馴染むことが出来ず、これを最後にジャニーズ少年隊から外された。

  • 1982年、田原俊彦のバックダンスグループ「ジャPAニーズ・ジュニア」のリーダーとなる。

  • 1984年5月26日〜6月3日に行われたロックミュージカル『時代はサーカスの象にのって ’84』にて、ピンク・レディー未唯と共演。 更に同年9月2日、渋谷公会堂で行われたピンク・レディーの再結成コンサートにもジャニーズJr.としてバックダンサー出演したことで、次第に未唯と親しい間柄になり、交際を開始。

  • 1987年、ジャニーズ事務所を退社。 その後は演出家に転身し、様々な小劇場演劇の演出を手がける。 また、一時別れていた未唯とも復縁し、未唯の個人事務所「モーアーティスト」に入社して、ピンク・レディーのコンサートツアーの演出も務めるようになった。  尚、未唯との熱愛は2004年にマスコミに発覚している。

  • 2002年、フォーリーブスの再結成コンサートにスタッフとして尽力。


人物

  • ジャニーズJr.の中では一匹狼のような存在で、行動する時も単独派だった。

  • AKB48のファン。

  • 2014年5月20日、A.B.C-Zの主演ミュージカル『ABC座 2014 ジャニーズ伝説』(日生劇場)を、未唯と2人で観劇した。


主な出演作品

バラエティ番組

  • 日曜お笑い劇場 (1981年5月3日 - 9月20日、日本テレビ)
      レギュラー出演。 近藤真彦や、結成したばかりのお笑いコンビ「ブッチャーブラザーズ」と共演。 以後、ブッチャーブラザーズのぶっちゃあとは長きに渡って交友関係が続くこととなる。
  • 日曜8時!ドパンチ放送 ! ! (1981年10月11日 - 11月29日、日本テレビ) 近藤真彦、郷ひろみと共演。
  • ザ・ヤングベストテン (テレビ東京)
  • レッツGOアイドル (1982年10月16日 - 、テレビ東京)
  • 第10回記念 オールスター寒中水泳大会 (1983年初頭、フジテレビ。ロケ日は1982年初秋)
  • 第9回 ABCヤングアイドルスター野球大会 (1984年7月、ABCテレビ)
      Jr.枠の出場者は、鈴木、柳沢超、田中寛規、前田直樹、塩入訓の計5名。 『月刊明星』(1984年9月号)に写真が掲載。
        
  • 第12回 オールスター寒中水泳大会 (1985年2月12日、フジテレビ)
  • 他…

テレビドラマ

連続ドラマ
  • 噂のポテトボーイ ( - 1984年1月12日の第13話、TBS)
      ドラマの途中で降板した柳沢超の代役として出演。 河田文夫役。
単発ドラマ

映画

  • 胸さわぎの放課後 (1982年4月17日、東映)
      「ジャニーズ少年隊」のメンバーとして出演。 『月刊明星』(1981年12月号)のひかる一平のページに、鈴木が含まれた「ジャニーズ少年隊」の貴重な集合写真が掲載されている。
          
      (左から、松原、錦織、ひかる、植草、鈴木)

CM

  • 小西六写真工業 「サクラカラー カラーフィルム」 (マンガスキッパー篇。1981年)
      田原俊彦のバックで、植草克秀、東山紀之、松原康行、浜中隆らと共にジャニーズJr.6名で出演。

舞台

  • ロック・ミュージカル 「時代はサーカスの象にのって ’84」
      1984年5月26日 - 6月3日、PARCO劇場・PART3。 作:寺山修司、美術:日比野克彦、振付:ボビー吉野。  MIE、柳沢超武口明木暮毅と共演。 公演パンフレットの制作・販売は無し。
      後に6月2日の公演分がビデオ化された。長らく非売品だったが、1997年7月27日に青森県三沢市にオープンした「寺山修司記念館」にて、4,800円で販売開始(収録時間:87分)。 また、2008年5月13日にスカパー!・262ch「シアター・テレビジョン」でも当作品が放映された。
  • This is トモ子
      1984年8月3日 - 5日、新宿紀伊国屋ホール。 松島トモ子の主演舞台。 ジャニーズJr.5名(武口明、前田直樹、木暮毅、田中寛規、塩入訓)と共演。 タップダンス振り付け:中野ブラザーズ。 公演パンフレットの制作・販売は無し。

ステージ

  • FOREVER PINK LADY 〜 ピンク・レディー・アゲイン (1984年9月2日、渋谷公会堂)
      ピンク・レディーの最初の再結成コンサート。 ジャニーズJr.(全17名)として出演し、バックダンサーを務めた(鈴木は最前列のセンターを担当)。 公演パンフレットの制作・販売は無し。
      このコンサートは、同年9月9日の16時からTBSテレビの1時間枠で『Forever ’84 Pink Lady 〜お元気でした?〜』のタイトルで放映。  更に1991年には、『PINK LADY AGAIN & LAST』のタイトルでレーザーディスクとしても発売された。

        



演出を手がけた舞台

  • ブッチャーブラザーズ」のぶっちゃあ、「たけし軍団」のダンカングレート義太夫らが主宰する劇団「東京サギまがい」の公演 (以下の6作品は、演出と振付の2つを担当)
    • 第1回公演 『上野発カーネギーホール行き 〜望郷篇〜』
         (1997年5月27日 - 29日、全4回公演、なかの芸能小劇場)
    • 第2回公演 『神風のレクイエム』
         (1998年2月3日 - 5日、全5回公演、野方WIZ)
    • 第3回公演 『ラブピース』
         (1998年12月12日 - 15日、全6回公演、下落合・TACCS 1179)
    • 第4回公演 『生きない ’99』
         (1999年3月4日 - 6日、全4回公演、野方WIZ) ダンカンと共に演出
    • 第5回公演 『リトル シネマ ストーリー』
         (2000年11月24日 - 26日、全5回公演、野方WIZ)
    • 第6回公演 『ジャイアント馬場のフォークギター』
         (2001年3月23日 - 25日、全5回公演 、新宿・シアターブラッツ)

  • ブッチャーブラザーズ」のぶっちゃあがプロデュースするサンミュージック企画の劇団「笑主義!?(わらいしゅぎ)」の公演
    • 『メラメラ★メランコリー』 (2001年6月26日、なかの芸術小劇場)
    • 『笑い茶筅 (ちゃせん)』 (2002年7月30日、しもきた空間リバティ、脚本:故林広志)
        演目は「ほめほめ講座」、「音効」、「火災通報」、「北沢・看護婦と高井」、「エレベーター」、「父と子」、「衛星中継」、「普通ライダー」の8本。
    • 『TURN OVER THE NIGHT 〜夜はドキドキ〜』 (2001年9月6日 - 8日、野方WIZ)
    • 『サイレン!ナイトフィーバー 〜フォーリン内藤一家〜』 (2001年12月19日 - 21日、野方WIZ)
    • 『愛ターン。』 (2002年4月24日 - 28日、新宿シアターモリエール)
    • 『アゲイン 〜死球を越えて〜』 (2002年10月18日 - 20日、下落合・TACCS 1179)

  • シアターD+故林広志合同企画のミニ単独ライブ集 『絹 〜練り笑い・人間交差点〜』
       (2002年10月26日、渋谷シアターD。作:故林広志。故林広志との共同演出)
  • ピンク・レディーの未唯の初の一人芝居 『ディスタンス・ブルー』
      (2008年2月22日 - 24日、シアターVアカサカ、作:故林広志)
  • 未唯主演 『ひと星のエチュード』
      (2009年10月10日 - 12日、恵比寿・エコー劇場、作:オオタスセリ)
  • B collection 〜 ラブコメだと思ったのに!
      (2014年1月15日 - 19日、下落合・TACCS 1179、プロデュース:ぶっちゃあ、脚本:故林広志)
  • オムニバスショートコメディ 「B collection 2」
      (2014年10月9日 - 13日、下北沢・シアター711、プロデュース:ぶっちゃあ、脚本:オオタスセリ、故林広志、岩崎う大)
  • オムニバスショートコメディ 「B collection 3」
      (2015年1月14日 - 18日、下落合・TACCS 1179、プロデュース:ぶっちゃあ、脚本:オオタスセリ、故林広志、岩崎う大)
  • オムニバスショートコメディ 「B collection 4」
      (2016年1月13日 - 17日、下落合・TACCS 1179、プロデュース:ぶっちゃあ、脚本:内田春菊、オオタスセリ、故林広志、岩崎う大)







出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system