修二と彰 - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

修二と彰

修二と彰(しゅうじとあきら)とは、2005年にジャニーズ事務所からCDデビューした男性アイドルデュオである。 所属レコード会社はジャニーズ・エンタテイメント。
なお、亀梨&山下コンビは、11年半後にも「亀と山P」として再びコンビを組んでいる (所属レコード会社はジェイ・ストーム)。


目次



メンバー

  • 桐谷修二 - 亀梨和也 (KAT-TUN)
  • 草野彰 - 山下智久 (NEWS)


概要

  • 2005年に、テレビドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)での共演をきっかけに、亀梨和也(KAT-TUN)と山下智久(NEWS)によって結成された、所属グループの枠を超えた期間限定ユニット。
  • ユニット名は、劇中で亀梨が演じた「桐谷修二」と、山下が演じた「草野彰」から取り、ジャニー喜多川が名付けた。
  • 2005年11月2日に発売したシングル『青春アミーゴ』は、発売一週目から様々な記録を打ち立て、同年では邦楽界で唯一のミリオンセラーとなった。  スウェーデンの作曲家チームによって製作された本作は幅広い世代に支持され、非常に大きな反響を呼んだ。 そのため、翌2006年にはスウェーデンでも発売されることとなった。
  • 当初は、2005年末までの活動予定だったが、人気が高かったため、2006年に入ってからもテレビ番組への出演が続いた。


エピソード

  • 2人の関係性
      2人はジャニーズJr.時代から仲が悪く(一時期は仲良しだったが、ある時のケンカが原因で不仲になった)、テレビドラマの撮影に入ってからも関係は変わらなかった。
      しかし、このままではいけないと思った山下が話し合いの場を設け、互いの思いをぶつけ合ったことによって関係を修復し、親しくなった。
      ドラマ『野ブタ。をプロデュース』終了後は、2人で温泉旅行に行く約束もしていた。ただし、互いの都合が合わず、実行には至っていない。
      「修二と彰」としての活動を終えた後も、雑誌『Wink Up』誌上などでメッセージをやり取りしたりと、親交が続いた。
  • 「青春アミーゴ」を発売した時、亀梨はまだKAT-TUNとしてCDデビューしていなかったため、本作が初のCDとなった。
  • 山下は「修二と彰」の人気について、「7割はカメ(亀梨)だと思った」と述べている。
  • 「青春アミーゴ」というタイトルが決まる前は、「タオルミナの綺麗な空」という仮タイトルだった。
  • 『ミュージックステーション』で「青春アミーゴ」の歌詞を間違った亀梨は、後に山下がソロ『抱いてセニョリータ』を同番組で初披露して歌詞を間違えた際、「これでやっと2人で一つだね」というメールを送っている。
  • 両者共に、『とんねるずのみなさんのおかげでした』内のコーナー「新・食わず嫌い王決定戦」に出演した際に負けてしまい、罰ゲームとしてそれぞれソロで「青春アミーゴ」を歌わされている。
    なお、山下が歌う際は、以前に放送された亀梨のシーンを画面上に合成し、あたかも2人で踊っているかのような演出がなされた。
  • SMAPの香取慎吾は、「修二と彰」のことを、「ヒロシとアツシ」と間違って発言している(『うたばん』にて)。
  • スウェーデンの作曲家チームによって製作された本作がきっかけの一つとなり、山下と同じく「NEWS」に所属するメンバーからなるユニット「テゴマス」が、後にシングル『Miso Soup』でスウェーデン先行デビューしている。


主なテレビ出演

2005年

  • ズームイン!!サタデー (ドラマ放送期間中) - 毎週土曜にVTR出演し、番組とのコラボレーション企画などを行った。
  • 歌笑HOTヒット10 (10月23日、11月20日)
  • うたばん (10月27日)
  • ミュージックステーション
    • 10月28日、後藤泰観によるバイオリン演奏から始まるスペシャルバージョンを披露する。亀梨が歌詞を間違え、歌が終わったあとに頭を下げた。
    • 11月4日、円形ステージでファン200人に囲まれてのライブ形式で出演する。
    • 11月11日、2週連続出演の予定であったが視聴者の要望により3週連続での出演となる。
    • 12月23日、『ミュージックステーションスーパーライブ』に出演し、テレビ番組上では初となる「青春アミーゴ」のフルコーラスを披露、2番ではアドリブを入れた。修二と彰としてだけではなく、亀梨はKAT-TUNとして、山下はNEWSとしてもパフォーマンスを披露した。
  • HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP (10月31日)
  • 音楽戦士 MUSIC FIGHTER (11月4日)
  • 1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト (11月30日)
  • 見なきゃソンSONG「PRIDEかけてジャニーズ歌合戦」 at TOKYO DOME since 1998 (12月31日)

2006年

  • 家族で選ぶにっぽんの歌 (3月18日)
  • 24時間テレビ「愛は地球を救う」 (8月27日) - 番組枠内で「日本中が修二と彰! 1億3000万人の青春アミーゴ ! !」というテーマで日本武道館と全国各地の募金中継会場を結んで歌った。

2007年、2008年



ディスコグラフィ

シングル

  • 青春アミーゴ c/w カラフル c/w 絆
      (2005年11月2日:日本、2005年11月16日:台湾、2006年6月21日:スウェーデン。 台湾・スウェーデンでは「通常盤」のみの発売)

     通 常 盤

    1. 青春アミーゴ (歌:修二と彰)
      • 作詞:zopp、作曲・編曲:Shusui, Fredrik Hult, Jonas Engstrand, Ola Larsson
      • テレビドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)主題歌。 第78回選抜高等学校野球大会入場行進曲。
        デモの段階でのタイトルは「タオルミナの綺麗な空」で、イタリア・シチリア島にある町、タオルミーナを舞台にした歌詞だったが、後に日本の田舎を舞台にした内容に改められた[1]
        二人が所属するグループの楽曲とは一線を画しており[2]、歌謡曲を髣髴とさせる曲調は幅広い年代に支持されている[3]
        同曲のPVには、テレビドラマの中で亀梨の弟役を演じた中島裕翔がバックダンサーとして出演している。
    2. カラフル (歌:山下智久)
      • 作詞:山下智久、作曲:森元康介、編曲:十川知司
      • テレビドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)挿入歌。ドラマを制作したTBS側からオファーを受け、劇中で演じた役柄からヒントを得て歌詞を書いた楽曲[4]
        ドラマ放送時はCD化は未定となっていたが、本作に収録されることとなった。
    3. 絆 (歌:亀梨和也)
      • 作詞:亀梨和也、作曲・編曲:馬飼野康二
      • テレビドラマ『ごくせん 第2シリーズ』(日本テレビ系)挿入歌。
    4. 青春アミーゴ (オリジナル・カラオケ)
    5. カラフル (オリジナル・カラオケ)
    6. 絆 (オリジナル・カラオケ)

     初回生産限定盤

     12ページのスペシャルブックレット付き。

    1. 青春アミーゴ
    2. カラフル

    各種データ

      青春アミーゴ
      「修二と彰」のシングル
      ジャンル J-POP
      時間 13分15秒 (初回生産限定盤)
      26分28秒 (通常盤)
      レーベル ジャニーズ・エンタテイメント
      プロデュース 周水
      チャート最高順位
      • 最高位1位 (オリコン)
      • 最高位1位 (Five Music)
      • 最高位41位 (hitlistan.se)
      • 2005年度年間順位1位 (オリコン)
      • 2006年度年間順位3位 (オリコン)
      ゴールド等認定
      • ミリオン(日本レコード協会)
      • ソング・オブ・ザ・イヤー(第20回日本ゴールドディスク大賞)

    • オリコン初登場1位を記録。 2005年度の初動売上としてはMr.Children『四次元 Four Dimensions』に続き第2位。  テレビドラマのキャラクターの首位獲得としては、浅香唯、大西結花、中村由真による風間三姉妹の『Remember』、長瀬智也による桜庭裕一郎の『ひとりぼっちのハブラシ』に続き史上3組目。

    • 発売から4日で出荷枚数が100万枚を突破。 発売3週目にして2005年度年間順位1位の座を獲得。発売4週目でオリコンでのミリオンセラーとなる。

    • 2006年1月16日付のオリコンで再び1位に返り咲いた。 中8週あけてのオリコン1位返り咲きはSMAP『世界に一つだけの花』(39週)、松田聖子『ガラスの林檎/SWEET MEMORIES』(10週)に次ぐ歴代3位。

    • 2005年、2006年のオリコン年間シングルランキングで2年連続の年間TOP3入り。

    • 「M-ON! Countdown 100」にて、2005年、2006年年間ランキング第1位。 同ランキングでの2年連続同一楽曲の首位は史上初。

      オリコン週間シングルチャート第1位
      2005年11月14日付 〜 2005年11月21日付 (2週連続)
      前作:
      平井堅
      『POP STAR』
      修二と彰
      青春アミーゴ
      次作:

      『WISH』

      オリコン週間シングルチャート第1位
      2006年1月9日付 〜 2006年1月16日付 (2週連続:合算週、通算4週)
      前作:
      KinKi Kids
      『SNOW! SNOW! SNOW!』
      修二と彰
      青春アミーゴ
      次作:
      倖田來未
      『feel』

      オリコン週間シングルチャート第1位
      2005年11月度 〜 12月付 (2ヶ月連続)
      前作:
      大塚愛
      『プラネタリウム』
      修二と彰
      青春アミーゴ
      次作:
      KinKi Kids
      『SNOW! SNOW! SNOW!』

      オリコン年間シングルチャート第1位
      2005年付
      前作:
      平井堅
      『瞳をとじて』
      修二と彰
      青春アミーゴ
      次作:
      KAT-TUN
      『Real Face』

      オリコン年間カラオケチャート第1位
      2006年付
      前作:
      ORANGE RANGE
      『花』
      修二と彰
      青春アミーゴ
      次作:
      絢香
      『三日月』

      日本テレビ土曜ドラマ主題歌
      先代
      女王の教室
      EXILE
      『EXIT』
      野ブタ。をプロデュース
      修二と彰
      『青春アミーゴ』
      次代
      喰いタン
      B'z
      『結晶』

      選抜高等学校野球大会入場行進曲
      先代
      2005年 第77回
      サザンオールスターズ
      『君こそスターだ』
      2006年 第78回
      修二と彰
      『青春アミーゴ』
      次代
      2007年 第79回
      TOKIO
      『宙船 (そらふね)』


出典・脚注

  1. ^ 作詞者・zoppのブログ「音楽業界綱渡り」 (2006年8月25日)
  2. ^ 「亀梨&山下グループ超えユニット結成」 スポーツニッポン (2005年9月23日)
  3. ^「青春アミーゴ」の真相!なぜ、修二と彰はこんなに売れたのか!?」 ORICON STYLE (2005年12月2日)
  4. ^ 「「NEWS」山下 ドラマで“ソロ歌手”」 スポーツニッポン (2005年7月7日)


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system