佐藤寛之 - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

佐藤寛之

       

佐藤 寛之(さとう ひろゆき、1970年11月2日 - )は千葉県鎌ヶ谷市初富地区出身の歌手。名前は父親の好きな作家・五木寛之から引用して命名。 元・ジャニーズ事務所所属。 愛称:ヒロくん、ひろべ。(「ひろべ」の方は諸星和己が命名)
学校法人皆川学園 鎌ヶ谷ふじ第2幼稚園、鎌ヶ谷市立南部小学校、同市立第四中学校(部活はバスケ部)卒業。 私立秀明八千代高等学校(部活はバスケ部)を2年の最初で中退。 同高校の2年先輩には松崎優、1年先輩に山崎正人、2年後輩に小林直行が居た。(尚、佐藤は18歳で通信制の高校にも入学したが、そちらも中退)


目次



所属事務所

  1. ジャニーズ事務所
  2. ディー・キュー・アイ
  3. ケイアールジー (渡辺プロダクションの傘下)
  4. Genji-Guruma (父親が代表を務める個人事務所。2006年7月設立。ファンクラブ名「HPGIRL COMMUNICATIONS.」)


ジャニーズ時代の参加ユニット



来歴

  • 中学1年の1983年5月1日(日曜日)にジャニーズ事務所に入所。 初仕事は、1984年4月5日、東京・芝「郵便貯金ホール」で行われた少年隊の1日5回公演のコンサートだった。

  • 光GENJIのメンバーとして1987年8月19日にレコードデビュー。 光GENJI時代のイメージカラーは水色だった。

  • 1994年8月31日、大沢樹生の脱退意思を知り、「光GENJIは7人でなければ意味がない」と思い自らも脱退を決意。大沢への相談等は一切なく、 独断により、大沢と共に光GENJI及びジャニーズ事務所を脱退。その後はソロでCDデビューし、ライブ活動やイベントを中心に活動。

  • 2000年にバンド「P.O.E」を結成し、ボーカル、ギター、キーボードを担当。

  • 2006年7月、個人事務所「株式会社 Genji-Guruma」を設立。 代表は佐藤の父親で、社名の由来は、光GENJIの「GENJI」と、佐藤家の家紋「源氏車」から。
    (尚、2012年1月22日放送のTBSのバラエティ番組『クイズ☆タレント名鑑』に佐藤が出演した際、「現在はロックバンド『ゲンジグルマ』のヴォーカルとして活動中」というテロップが出たが、これは誤り。 あくまでも所属事務所の社名であって、バンド名ではない)

  • 2011年6月、諸星和己、山本淳一と共に、TUBEの東日本大震災復興応援歌『RESTART』に参加した。

  • 2013年、正木慎也とのユニット「DUO」を結成。 2014年9月23日、シングル『ふたつのライン』をリリース。


人物

  • 高校に入学してすぐの頃、船橋の東武デパート6Fのファミリーレストランにて、友人と一緒にウェイター、皿洗いのアルバイトをしていたが、ハード過ぎて、1ヶ月で辞めてしまった。

  • 光GENJIのメンバーの中では年齢が上下どちらから数えてもちょうど4番目という中間の立ち位置で、更に温厚な人柄を思わせる外見などから、「秀才」、「優等生」的なキャラクターを強調されることが多く、ソロ曲にもそれを裏付けるかのようなバラード曲が多い。
    しかし、実際のトークでは毒舌が目立つ。 自伝の中でも毒舌ぶりを窺わせる記事があり、光GENJI時代も「これが嫌だった、あれが嫌だった」と冗談交じりに言うことが多かった。

  • 正反対なキャラクターの諸星和己とは仲が良く、諸星のソロライブにゲスト出演したりしている。その影響か、一時期は諸星のイメージカラーであるピンクの服を好んで着ていた。
    また、光GENJI時代には佐藤敦啓とも非常に仲が良く、コンサートで2人一緒に男闘呼組の曲をカバーしたり、寛之のバスケットボールチーム「NICE」にも、敦啓が所属したりしていた。
    SMAPのメンバーの中では、やはり正反対なキャラクターである中居正広と仲が良かった。プライベートでよく2人で遊んでいた。

  • 「セクシー・メイツ」の星野かおりとの交際が週刊誌で報じられた。  その後も、元「ポピンズ」の芳賀絵己子(山本淳一の元恋人)との交際が噂された時期がある。

  • 音楽性については、マイケル・ジャクソンやMr.Childrenのライブに行ったり、徳永英明やASKAにも影響を強く受けていたが、その後は1970年代の英ポップスに傾倒している。 また、インターネットラジオに出演するなどの精力的な活動もしている。

  • 2003年にテレビ朝日『決定!これが日本のベスト』の「あの人は今」編で山本淳一と共演した際に、「光GENJI時代はテレビで何にも喋らなかった日が何日か続いた」、「自分が光GENJIのメンバーだったなんて誰も信じてくれないだろう」などと語った。


主な出演作品

バラエティ番組

  • ライオンのごきげんよう (1996年10月9日、11日、14日、フジテレビ)
  • クイズ☆タレント名鑑 「ギリギリ有名人が逃走中」 (2012年1月22日、TBS)
  • クイズ☆スター名鑑 (2016年11月27日、TBS)
      大沢樹生、諸星和己、山本淳一と共にローラースケートスピード対決をした。

テレビドラマ

連続ドラマ

  • あぶない少年 1、2 (1987年 - 1988年、テレビ東京)
  • 世にも奇妙な物語 『愛車物語』 (1991年4月18日、フジテレビ)
  • 映画みたいな恋したい 『トップガン』 (1992年12月19日、テレビ東京)
  • ネオドラマ 『素敵な人!』 (1993年6月14日 - 17日、全4話、テレビ朝日)

単発ドラマ

  • スターライト・キッズ 〜新・北斗七星伝説〜
       (1988年10月11日、TBS・火曜ロードショー特別企画 光GENJIドラマスペシャル)
  • 光GENJI殺人事件 (1991年3月30日、日本テレビ)
      バラエティ番組『大マジカル頭脳パワー ! ! スペシャル』の推理クイズコーナー「マジカルミステリー劇場」のドラマ。
  • 非行少年たち (1992年10月15日、日本テレビ・ドラマシティ92)

映画

  • ロックよ、静かに流れよ (1988年2月20日、東宝)
  • 少年武道館 (1988年2月20日、東宝)
  • ふ・し・ぎ・なBABY (1988年12月18日、東宝)

ラジオ

  • カウントダウンラジオ (CBL)

ネットラジオ

  • 佐藤寛之 SUGAR ROCK (401ch モバHO!)

舞台

  • 英國少年園 〜美しき少年たちの鎮魂歌(レクイエム)〜
      (2002年12月17日 - 25日、新宿シアターサンモール) 特別出演。 大坂俊介と共演。 翌年にビデオ化。
  • シンドバッドの大冒険2003 〜魔神島の決戦〜
      (2003年8月13日 - 20日、府中の森芸術劇場) 魔人ベールゼブブ役。 原知宏、古屋暢一、浜田一男(浅倉一男)と共演。


ディスコグラフィ

シングル

  • Na Na Na c/w 恋をいつから休んでますか (1996年9月21日、バンダイ・ミュージック)
      オリコン最高54位。 売上数:約1.4万枚。
  • Cloudy Sky c/w Best Friends (1997年3月21日、バンダイ・ミュージック)
      オリコン最高64位。 売上数:約1.1万枚。
  • Feel So High c/w Love me (1997年11月27日、バンダイ・ミュージック)
      オリコン最高83位。 売上数:約0.3万枚。
  • 降水確率30% c/w シナモン (1998年6月5日、バンダイ・ミュージック)
  • TENA-CIOUS (2002年6月25日、自主制作)
  • WITHOUT YOU (2002年10月14日、自主制作)
  • Look for it and go. (2003年12月31日、自主制作)
  • WHAT GLORIOUS DAYS c/w MISS YOUR BABE (2004年7月28日、HPGIRL MUSIC ENTERTAINMENT.)
  • 闇夜を突き抜けろ (2007年11月23日、HPGIRL MUSIC ENTERTAINMENT.)
  • 過大な期待 (2007年11月23日、HPGIRL MUSIC ENTERTAINMENT.)
  • 甘い罠とルージュ (2007年11月23日、HPGIRL MUSIC ENTERTAINMENT.)
  • ふたつのライン c/w Love song to You (2014年9月23日、Go! Go! Records)
       正木慎也とのユニット「DUO」名義。
  • what are the colours of your life? (4曲入り、2015年8月26日、Go! Go! Records)
  • I shall mix them on my palette. (4曲入り、2015年10月21日、Go! Go! Records)
  • You & Me, Life goes on c/w 最高のYeah ! ! “DUO Mix” (2016年11月9日、Go! Go! Records) 「DUO」名義

アルバム

  • calm (1995年4月16日、自主制作)
  • Naturalism (1996年11月3日、バンダイ・ミュージック)
  • GARDEN (1997年4月21日、バンダイ・ミュージック)
  • Can you hear me now? (1998年7月1日、バンダイ・ミュージック)

ビデオ

  • 佐藤寛之 FIRST SOLO CONCERT 1994 (1994年6月17日)
  • WITHOUT YOU (2002年10月)
  • 英國少年園 〜美しき少年たちの鎮魂歌(レクイエム)〜 (2003年。舞台公演のビデオ)
  • mashumaroday live 04313. (2004年3月13日に「六本木・morph-tokyo」で行われたLIVEを収録。2004年7月2日)

DVD

  • h (1st DVD、2003年2月11日)
  • FIRST SOLO CONCERT 1994 佐藤寛之・山本淳一・赤坂晃・佐藤敦啓 (2004年3月3日)


著書

  • 勇気 (1990年11月、集英社)

雑誌

  • 週刊文春 (2017年1月5日・12日合併号、文藝春秋)
      「夢の国のノスタルジア 元メンバーが語る秘話 あのころ僕らは輝いていた」
       江木俊夫、布川敏和、中村繁之と共にインタビュー掲載。


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system