おりも政夫 - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

おりも政夫

   


おりも 政夫(おりも まさお、1953年7月4日 - )は、日本のタレント、歌手、俳優。 1970年代を代表した男性アイドルグループ「フォーリーブス」のメンバー。
本名:織茂政男。 旧芸名:織茂政夫。 愛称:マー坊(娘からは「とりっぴー」)。
東京都江東区亀戸出身(中学卒業以降に文京区 → 杉並区方南町へと転居)。
身長:177cm、体重:67kg、足:26cm。 江東区立亀戸中学校、堀越高等学校卒業。 兄弟は兄と、年の離れた弟。
妻は元女優の松岡かおり(旧姓での本名&旧芸名:松岡加緒里。ミヤコ蝶々の元・内弟子、付き人)。 娘は女優のおりも りお (織茂璃穏)。


目次



所属事務所

  1. 劇団若草
  2. ジャニーズ事務所 (1994年まで所属)
  3. アオイコーポレーション
       (ジャニーズの後輩である葵てるよしが経営するプロダクション)
  4. ベースアドベンチャー
      (フォーリーブス時代のマネージャー・野木勉が渋谷で経営していた芸能プロ。おりもは専務取締役も務めていた。 元・男闘呼組成田昭次も一緒に所属していた
  5. エフエンタープライズ (再結成後のフォーリーブス活動時の事務所)
  6. タツブレーン (エフエンタープライズの子会社)
  7. 個人事務所 「おりもカンパニー」 (2011年9月1日設立。タツブレーンとの掛け持ち)


来歴

  • 1960年、小学校1年生の時、学芸会で熱演したのを機に、7歳で「劇団若草」に入団。 以降、雑誌モデル、CM、舞台に出演。

    (『主婦の友』 1965年8月号の付録冊子より)

  • 小学生の時、劇団の仲間だった永田英二に誘われてジャニーズ事務所に遊びに行った際、ジャニー喜多川にスカウトされる。 そして1967年(中学1年)の1月に、後に「フォーリーブス」となるグループのメンバーに選ばれる。

  • フォーリーブス前期はあまり目立たない存在であったが、後期は巧みな話術を活かし、フジテレビ系『君こそスターだ!』など単独での司会業などでも活躍した。

  • フォーリーブス解散後も、タレント・俳優として元メンバーの中では最も安定した芸能活動を続けた。 特にフジテレビ系列のアイドル水泳大会での司会が有名で、Mr.Childrenの楽曲『デルモ』でも、「♪水泳大会のおりも政夫♪」というフレーズが登場している。
    また、グルメ番組や旅番組のレポーターとしても活路を見出し、『ごちそうさま』(日本テレビ)内の「さすらいの食いしん坊」や、『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ)等でも精力的な活躍を見せた。

  • 1988年10月、青山孝(後の青山孝史)と共同で、静岡県浜松市中区肴町316-38 イキシアビル3Fにてショーパブ『ステージバー・グリッター』を開店(雑誌『FOCUS』1988年11月4日号にも掲載)。  更に翌1989年初頭には、同ビル4Fに音楽学校『タレント・ミュージック・スクール』も開いた。 出資者はいずれもジャニーズ事務所。 なお、音楽学校の方だけはすぐに閉校してしまった。

  • 1989年に結婚。

  • 2002年1月にフォーリーブスを再結成。 2009年8月31日、再解散。

  • 2009年9月、青山孝史とのオフィシャルファンクラブ「YG Club」が開設 (運営はエフエンタープライズ)。

  • 2011年、芸能生活50周年を記念してCDアルバムをリリース。 更に個人事務所「おりもカンパニー」の開設や、ジュエリーの製作販売も行った。

  • 2013年より、昭和歌謡を合唱する全員参加型のコンサートイベント「うたごえ時代」をプロデュース。

  • 2016年9月25日の午前、舞台『歌手生活30周年 坂本冬美 特別公演 「新版 女の花道」』の稽古中に腹痛を訴え、都内の病院に緊急搬送された。 診察の結果、急性虫垂炎と診断され、開腹手術を受けた。


人物

  • 身長:177cm、体重:68kg、B:99cm、W:80cm、H:99cm(以上、1998年6月時)、靴:25.5cm。

  • 血液型:B型

  • 視力:右 1.2、左 0.8

  • 資格:普通自動車第一種免許、スクーバダイビング

  • 趣味:ドライブ、ゴルフ、アウトドアスポーツ、サウナ、旅行、サイクリング、食べ歩き、釣り、スポーツ観戦、料理

  • コレクション:ピンバッチ、サングラス、入浴剤

  • 好きな食べ物:味噌汁、肉、フルーツ

  • 好きな酒:ビール、麦焼酎、ウイスキー

  • 好きな場所:ニューカレドニア

  • 好きな色:黒、黄、白

  • 座右の銘:「明るく楽しく」、「誠心誠意」

  • 高校受験は、日本大学附属鶴ヶ丘高校と堀越高校の2校に合格していたが、芸能の仕事に理解のある堀越高校の方を選んだ。

  • 歌手の水木一郎に似ているとよく言われる。

  • 行きつけの洋服店は銀座の「J.FERRY」。

  • おりもの父親・織茂三治(おりも さんじ。1925年6月15日 - 2015年7月5日。90歳没)は、「小織 治」(さおり おさむ)の芸名でアマチュアの歌手として活動していた人物。 約140曲のレパートリーを持ち、晩年も、ギターを持って月に何度か江東区内の老人ホームや施設を訪問し、ボランティアで歌を披露していた。
    2010年5月29日には、舞浜のクラブ イクスピアリにて、おりもと父親の親子共演ライブ「薫風特別公演 さんちゃんとまーちゃんの昭和歌謡Show」も開催した。


その他

  • 元女優でもある妻・松岡かおり(旧姓での本名&旧芸名:松岡加緒里)は、『新・必殺仕事人』の第21話(1981年10月9日、テレビ朝日、小女役)や、単発ドラマ『十三階の女』(1983年5月21日、テレビ朝日)、『初婚・再婚・二人三脚 − 後妻いびりに負けてたまるか』(1986年12月25日、日本テレビ)や、『泣きもせず、ン! 〜 居残り母さんとカムバック娘』(1988年4月7日、日本テレビ)などに出演していた人物。
    なお、おりもはフォーリーブス時代に「ゴールデンハーフ」の森マリアとの熱愛も話題になっている。  また、女優の片平なぎさが18歳当時に結婚したい程に思いつめていた相手が、おりものことだと言われている。

  • 娘は璃穏(りお。どちらから読んでも「おりもりお」ということで命名。1991年8月8日生まれ)、息子は拓椰(たくや。愛称:たっくん。1993年生まれ)。 一家4人揃って旅番組にも出演している。


主な出演作品

バラエティ番組

  • ベスト30歌謡曲 (1975年4月9日 - 9月、テレビ朝日)
  • ヒット ’75 (1975年4月13日 - 9月28日、日本テレビ)
       歌謡番組。 フォーリーブスの4人で司会。
  • ヒット ’76 ショッキング!ドッキング! (1976年4月3日 - 9月、日本テレビ)
      恋愛バラエティ番組。当時局アナの福留功男と共に男性出場者へのインタビュアーを担当。半年で降板。
  • 「オールスター紅白水泳大会」シリーズ (フジテレビ) 司会
  • 「オールスター寒中水泳大会」シリーズ (フジテレビ) 司会
  • 象印クイズ ヒントでピント (テレビ朝日) レギュラー解答者
       江木と青山がゲスト出演したこともある。
  • ごちそうさま 「さすらいの食いしん坊」 (日本テレビ) 準レギュラー
  • とびだせ!つり仲間 (テレビ東京)
  • 君こそスターだ! (1977年5月 - 1980年3月30日、フジテレビ) 3代目司会者
      このオーディション番組からは新田純一が生まれている。 また、審査員には穂口雄右も居た。
  • アップルシティ500 (ファイブオーオー) (1982年10月 - 1983年5月、TBS)
  • 森田一義アワー 笑っていいとも! (1982年11月9日、フジテレビ)
       「テレフォンショッキング」ゲスト
  • 春蝶・ざこばのおこしやす! (1988年暮れ、毎日放送) 青山孝と共に出演
  • ライオンのごきげんよう (フジテレビ) 歌のゲスト
  • 渓谷と温泉グルメ 奥多摩 親子で山歩き (妻・娘・息子と4人で出演)
  • ぶらり途中下車の旅 (日本テレビ) 準レギュラー
    • 1999年11月6日 - JR根岸線の旅
    • 2000年8月5日 - JR総武線の旅
    • 2001年6月2日 - JR武蔵野線の旅
    • 2001年9月15日 - 京王線の旅
    • 2001年12月1日 - JR総武線の旅
    • 2002年3月2日 - JR山手線の旅
    • 2002年6月15日 - 都営地下鉄大江戸線の旅
    • 2002年9月14日 - 西武新宿線の旅
    • 2002年12月7日 - 東急東横線の旅
    • 2003年3月15日 - 京成線の旅
    • 他多数
  • 午後は○○おもいッきりテレビ (日本テレビ) 準レギュラー
  • 田舎に泊まろう! (2006年8月13日、テレビ東京)
      「健康的な食べ物がある田舎」で北海道厚真町を訪問
  • ぐるぐるナインティナイン (2007年 - 、日本テレビ) 「恋人選びの旅」シリーズなどで司会
  • 痛快!買い物ランドSHOPJIMA (2007年 - 、テレビ東京・ほか)
       江木俊夫とのレギュラー共演
  • いい旅・夢気分 (テレビ東京)
    • 2007年3月7日 - 妻・娘・息子と4人で伊豆を訪問
    • 2008年7月30日 - 妻・息子と3人で信州・蓼科 〜 別所温泉を訪問
  • 快傑えみちゃんねる (関西テレビ)
    • 2007年7月 - 青山孝史と共に出演。
    • 2009年3月9日 - 「アイドル水泳大会の裏側」
  • レディス4 「夫は54歳現役アイドル ! ! おりも政夫&織茂加緒里夫婦」
       (2008年5月8日、テレビ東京) 妻と共に出演
  • 超お得!ユニーク割引プランの宿 「全員半額!名湯の宿 修善寺 親孝行プラン」
      (2008年5月24日、テレビ東京・土曜スペシャル) 当時83歳の父、78歳の母と共に出演
  • 愛の修羅バラ! (2009年6月21日、読売テレビ・中京テレビ・他) 妻と共に出演
  • 徹子の部屋 (2012年5月17日、テレビ朝日) 江木俊夫と共に出演
  • 大人の極上ゆるり旅 (テレビ東京) 全て妻と共に出演
    • 2011年12月8日 - 箱根・強羅を訪問
    • 2011年12月22日 - 湯河原を訪問
    • 2012年2月2日 - 加賀・山代温泉を訪問
    • 2012年2月10日 - 加賀・山中温泉を訪問
    • 2012年6月7日 - 秋川渓谷を訪問
    • 2012年6月14日 - 高尾を訪問
    • 2012年8月16日 - 相模湖を訪問
    • 2012年8月23日 - 町田を訪問
    • 2012年10月11日 - 箱根湯本を訪問
    • 2013年3月22日&29日 - 箱根を訪問
  • ハモネプ (2013年4月2日、フジテレビ)
  • 解決!ナイナイアンサー (2013年9月24日、日本テレビ)
  • 私の何がイケないの? 妻の不満爆発!幸せ家族の裏側SP (2013年11月25日、TBS)
      妻、娘、そして元・ジャニーズJr.の原嶋秀行と共演。
  • 私の何がイケないの? 芸能人の激安生活 & 小金沢昇司が更年期障害!?SP (2014年4月21日、TBS)
      「ワケあって割安 房総半島 人気スポットBEST3」のコーナーに妻、娘と共に出演。
  • おはよう朝日です (2016年1月8日、ABCテレビ) 江木俊夫と共にゲスト出演
  • 私の何がイケないの? ニュースになった芸能人 ワケあり家族 2時間SP (2016年1月25日、TBS)
      妻、娘、大沢樹生、川アカイヤと共演。

テレビドラマ

連続ドラマ

  • おれは男だ! (1971年2月21日&28日、日本テレビ)
       第1話と2話にフォーリーブスの4人でゲスト出演
  • 青春をつっ走れ (1972年5月1日、フジテレビ)
       第5話にフォーリーブスの4人でゲスト出演
  • とことんやれ大奮戦 (1973年、日本テレビ、演出:澤田隆治)
       フォーリーブスの4人での出演
  • ぼくは叔父さん (1973年10月 - 1974年3月、日本テレビ)
       フォーリーブスの4人での出演
  • ボクは女学生 (1973年10月5日 - 1974年3月29日、フジテレビ)
       フォーリーブスのメンバーとゲスト出演
  • お姉ちゃん (1973年12月14日、TBS) 第2話で大学受験生の安斉まさし役
       フォーリーブスの他の3人も、板前見習い役で同時にゲスト出演している。
  • ほおずきの唄 (1975年4月5日 - 9月27日、日本テレビ) 料亭「江島」の板前・五郎役
  • 刑事くん (1975年10月13日、TBS)
       第4部・第49話「二人の学生刑事」の回に北公次と共にゲスト出演
  • 小さなスーパーマン ガンバロン (1977年4月3日、日本テレビ)
       第1話にフォーリーブスの4人でゲスト出演
  • コメディー公園通り 〜 第2シリーズ 「愛は一つ恋は五つ」
       (1978年6月3日 - 7月29日の全9回。10月14日にもゲスト出演。NHK総合)
  • 心 (1980年4月24日 - 1981年1月29日、TBS) 宮寺恵一役。 田原俊彦と共演。
  • 猿飛佐助 (1980年5月11日 - 10月5日、日本テレビ)
       真田十勇士の由利鎌之助役。 川ア麻世と共演。
  • はまなすの花が咲いたら (1981年11月10日 - 1982年4月20日、TBS) 片山力也役。 ひかる一平の兄役。
  • おまかせください (1982年10月11日 - 12月20日、フジテレビ) 多々野万作役。 ひかる一平と共演。
  • おまかせください、オレの女房どの (1983年1月10日 - 3月21日、フジテレビ) 多々野万作役。 ひかる一平と共演。
  • 源さん (1983年5月16日 - 9月26日、日本テレビ) シブがき隊と共演
  • 新・なにわの源蔵事件帳 (1983年11月2日 - 1984年3月28日、NHK総合) 新之丞役
  • あぶない少年V (1988年10月12日 - 1989年3月29日、テレビ東京)
  • 半熟卵 (1994年12月2日、フジテレビ)
       当初の仮題「若草物語」。 第7話ゲスト。 田原俊彦、森田剛、水谷あつしと共演。
  • 八丁堀の七人
      (2000年1月13日 - 2006年3月6日までの全7シリーズ、テレビ朝日) 花田孫右衛門役

単発ドラマ

  • ヒヤヒヤ一泊旅行 (1971年7月16日、TBS)
      フォーリーブスの4人での出演。 「矢兵そば屋」の店員・たかし役。
  • 女たちの忠臣蔵 〜 いのち燃ゆる時
      (1979年12月9日、TBS・東芝日曜劇場1200回記念番組、脚本:橋田壽賀子、ナレーション:森光子) 奥田貞右衛門役
      視聴率は42.6%(ビデオリサーチ関東地区調べ)で、日曜劇場史上、最高視聴率を記録している。
  • 京都殺人案内 2 呪われた婚約 (1980年2月2日、テレビ朝日)
  • およめちゃん (1) (1980年5月25日、TBS・東芝日曜劇場)
  • およめちゃん (2) (1981年4月5日、TBS・東芝日曜劇場)
  • 日本のおんなシリーズ2「春の島の女」 (1981年4月8日、フジ)
  • 傑作推理劇場 「ガラスの階段」 (1981年8月24日、テレビ朝日) 井原幸夫(ゆきお)
  • およめちゃん (3) (1981年10月11日、TBS・東芝日曜劇場)
  • 嫁・姑・大姑 (1) (1985年4月11日、日本テレビ)
  • ごちゃまぜ同居行進曲・その三 〜 右手を出して握手 (1986年11月23日、TBS)
  • “現代に甦った”闇の死置人 あなたの怨み晴らします 第3話「少年犯罪」
       (2007年1月16日、日本テレビ、全3話のオムニバスドラマ)

映画

  • 急げ!若者 TOMORROW NEVER WAITS (1974年7月20日、東宝 / ジャック・プロ、監督:小谷承靖)
       昌夫役。 公開前のタイトルは『僕たちの明日』。
  • 青春グラフィティ スニーカーぶる〜す (1981年2月、東宝) 石崎明役
  • 嵐を呼ぶ男 (1983年8月、東宝/ジャニーズ事務所) 国分洋一郎役
  • 零戦燃ゆ (1984年8月、東宝) 森崎中尉役。 あおい輝彦と共演。
  • 姉妹坂 (1985年12月、東宝、監督:大林宣彦) バーのマスター・桜木役 [1]
  • 雪のコンチェルト (1991年10月、バンダイ)
  • 鷲と鷹 (2014年、大沢樹生の初監督作品)
       大沢樹生と諸星和己のW主演映画。

舞台

  • 「劇団若草」時代 (本名「織茂政男」名義)
    • 蒼き狼 (1963年9月5日 - 29日、読売ホール、原作:井上靖、脚本&演出:菊田一夫)
    • 奇跡の人 (1964年8月29日 - 9月30日:芸術座、1965年8月7日 - 22日:名鉄ホール、演出:菊田一夫、主演:有馬稲子)
    • 女紋 (おんなもん) (1966年3月4日 - 4月17日、芸術座、演出:菊田一夫、主演:山田五十鈴)
    • 風と共に去りぬ 第1部 (1966年11月3日 - 1967年4月2日、帝国劇場、脚本&演出:菊田一夫、主演:有馬稲子、宝田明)
    • 太宰治の生涯 (1967年4月29日 - 6月26日、芸術座、演出:菊田一夫、主演:中村吉右衛門) 太宰治の弟の息子役
  • 東宝ミュージカル6月特別公演 「南太平洋」 (1979年6月3日 - 28日、東京宝塚劇場)
       海兵隊のジョセフ・ケイブル中尉役
  • 松竹現代劇 「三銃士 2」(1980年12月4日 - 27日、日生劇場) ポルトス役
      当舞台は、1978年12月の「三銃士」の続編に当たる(再演ではなくあくまで続編)。 1978年版では、おりもの役をあおい輝彦が演じていた。
  • 新・なにわの源蔵事件帳 (1984年7月1日 - 27日、名鉄ホール、主演:芦屋雁之助) 新之丞役
  • ドラキュラ その愛 (1984年12月4日 - 26日、日生劇場)
  • とんぼり相合橋 / なべ (1985年8月3日 - 26日、名鉄ホール)
  • おっちゃん / 怪猫屋敷 (1987年8月1日 - 25日、名鉄ホール、主演:芦屋雁之助)
  • 裸の大将 (1990年、中日劇場、主演:芦屋雁之助)
  • なべ / 幕末爆笑隊 珍選組 (1993年、御園座)
  • 芦屋雁之助 特別公演 (1995年、道頓堀・中座)
  • おんなの家 (1996年5月4日 - 6月30日、芸術座) 不動産屋役
  • 劇団スイセイ・ミュージカル 「プリマ・ドンナ」
      (1996年7月28日 - 9月1日:全国19ヶ所公演。その内、8月3日 - 6日は東京芸術劇場中ホール。1998年に全国14ヶ所で再演)
  • 芦屋雁之助 特別公演 「@娘よ / A雁之助・人生のぬくもりを唄う」 (1996年、全国31ヶ所公演)
  • 幸福 (1997年、静岡県内16ヶ所公演)
  • 劇団スイセイ・ミュージカル 「ピアニスト 〜 クララ・シューマン物語」 (1997年10月22日 - 12月14日、全国14ヶ所公演)
  • 劇団スイセイ・ミュージカルのファミリーミュージカル 「夢のタイムリミット ’98」
       (1998年、全国12ヶ所公演) 特別出演・プリズム役
  • 劇団スイセイ・ミュージカルのファミリーミュージカル 「夢のタイムリミット 2000」
       (2000年、東京芸術劇場) 特別出演・プリズム役
  • ハウ・トゥ・サクシード (2000年、梅田コマ劇場)
  • ミュージカル 「カーネギーの日本人」
      (2004年9月16日 - 19日、東京芸術劇場 中ホール。第16回池袋演劇祭参加) カーネギーの歯科医役
      (2007年2月10日 - 13日、東京芸術劇場 中ホール。井上純一と共演) カーネギーの歯科医役
  • 海流座 「新・裸の大将放浪記」 (2008年 - 、全国公演、主演:芦屋小雁) 学園の馬宮先生役
  • 加トちゃん一座旗揚げ公演 (2011年10月7日 - 26日、中日劇場)
  • あるジーサンに線香を 〜あなたは若返りたいですか〜
      (2012年4月20日 - 26日:三越劇場、28日:中日劇場。原作:東野圭吾) 医者役
  • 中村美津子 新春公演 「人情喜劇 ちんドン」 (2013年1月9日 - 20日:中日劇場)
  • 島津亜矢 特別公演 「獅子の女房」 (2013年2月15日 - 3月4日、大阪・新歌舞伎座)
  • 美川憲一のおだまり!劇場 「岬倫太郎事件簿 黒い未亡人」
      (2013年5月9日 - 16日:中日劇場、2014年11月14日 - 16日:北千住・シアター1010、18日:宮城・イズミティ21 大ホール、21日 - 24日:中日劇場)
  • 藤あや子 特別公演 「滝の白糸」 (2013年8月2日 - 24日、中日劇場)
  • あるジーサンに線香を 〜若返ったら、あなたはもう一度恋をしてみますか〜
      (2013年11月3日:亀戸文化センター・カメリアホール、8日:福島・南相馬市民文化会館 大ホール、17日:京都芸術劇場 春秋座、19日:金沢・北國新聞赤羽ホール、29日 - 12月8日:銀座博品館劇場。原作:東野圭吾) 医者役
  • コロッケ 新春特別公演 「しあわせ地蔵」 (2014年1月4日 - 29日、中日劇場)
  • 坂本冬美 特別公演 「新版 女の花道」 (2014年5月9日 - 31日、大阪・新歌舞伎座)
  • 小松政夫一座 旗揚げ公演 「喜劇 しあわせのコンドル食堂」
       (2014年6月11日 - 15日、北千住・シアター1010)
  • だいこん (2014年8月4日 - 17日、中日劇場)
  • 劇団絵生 (えき) 公演 「友情 〜秋桜のバラード〜 / 昭和歌謡ショー」
       (2014年9月3日 - 10月30日、12月3日、全国公演) 英語教師・大場秀男役
  • 島津亜矢 特別公演 「お紋の風 〜江戸っ子人情物語〜」
      (2016年6月4日 - 23日:大阪・新歌舞伎座、7月8日 - 26日:明治座、原作:山本周五郎『野分』) 新庄藩の留守役の武士・脇谷五郎兵衛役
  • 歌手生活30周年 坂本冬美 特別公演 「新版 女の花道」 (2016年10月1日 - 26日、明治座)

イベント

  • サテライトプラスLIVE! (2011年9月2日、浜松町・文化放送1F)
       大沢樹生と共に出演したミニライブ。
  • K-POP Selection in Chunichi-Theatre / The first night with SM☆SH
       (2011年12月1日、中日劇場) 大沢樹生と共に司会を担当
  • おりも政夫プロデュース 「うたごえ時代」
      (2013年4月:渋谷東京メインダイニング(SHIDAX本社)、浅草コシダカシアター、 5月:東京プリンスホテル(ライオンズクラブ)、 6月&7月:浅草コシダカシアター、 8月:台東区ミレニアムホール、 9月:帝国ホテル(慶応大三田倶楽部)、 10月:東松山ディアナマリエール、
      2014年2月:北越谷ギャザホール、 3月:熊谷ホール、目黒雅叙園、 4月:仙台・ライオンズクラブ(東北復興チャリティ)、 5月:愛媛県愛南町、 7月:岡山県長船町、 9月:大阪・ノートルダムセンティア、 10月:足立区公演、
      2015年2月:東大阪市民会館)

ラジオ

  • ロッテ 集まれ!ヤンヤン 熱気でムンムン!
       (1975年8月 - 、ニッポン放送、公開録音番組)
  • ロッテ ヤンスタNo.1 ( - 1982年9月、ニッポン放送)
  • シブがき隊 ホット!ヒット ! ! はっと!? (ニッポン放送) シブがき隊との共演番組
  • おりも政夫の感度良好 (1987年頃、アール・エフ・ラジオ日本) 安川有里がアシスタント
  • くにまるジャパン (2012年5月21日 - 25日、文化放送) ゲスト出演
  • 江木俊夫 君にこの歌を (2014年9月23日、ニッポン放送) 初回ゲストとして出演
  • 高岡美樹のべっぴんラジオ (2016年1月7日、ラジオ大阪) 江木俊夫と共にゲスト出演

CM

  • ニッケビクター毛糸 (1983年、スチル広告のみ)
  • Victoria (江木俊夫からの依頼で出演)

その他

  • NMB48のシングル『オーマイガー!』の付属DVD
      2011年10月19日。 通常盤Type-A、Type-BのDVDに収録されている「第一回 NMB48紅白対抗水泳大会」(Type-A:前編、Type-B:後編)の司会として出演。


ディスコグラフィ

  • めぐりあう時に c/w 風向きが変ったら (1977年5月21日、シングル)
      A面曲の「めぐりあう時に」は、日本テレビのドラマ『たんぽぽ (4)』の主題歌。
  • 死神は爪をとぐ (1980年)
      作詞:寒太郎、作曲:ケーシー・ランキン、編曲:大谷和夫。 テレビドラマ『猿飛佐助』の2枚組サントラLP『ROCK OPERA JUMPING MONKEY』に収録。
  • 50th ANNIVERSARY ...living by your side... (2011年1月16日、CDアルバム)


書籍

  • タモリの笑っていいとも! 〜 世界にひろげよう友だちの輪ッ! part 1
       (サンケイ出版、1983年7月)

雑誌

  • 週刊朝日 (2012年3月9日号、朝日新聞出版)
       死去した北公次について語ったインタビューが掲載。
  • 週刊女性 (2015年5月26日号、主婦と生活社) インタビュー掲載


カレンダー

  • YG Club オリジナル 2011 カレンダー
      (ファンクラブ限定販売。青山孝史とのカレンダー。ハガキサイズでの13枚セット)


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system