ジャニーズ関連OBユニット - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

ジャニーズ関連OBユニット

当項目では、過去にジャニーズ事務所に所属したタレントが、事務所を“退社後”に結成、参加した主なユニット、バンドを取り上げる。


注 : グループ結成順(参加順)。 「マーク」が付いている者のみジャニーズ事務所と関係のあった人物。


目次



安達明とザ・フェニックス

初代ジャニーズ」のメンバーだった安達明(本名:長田晴夫)が率いた5人組の音楽グループ。 シングルレコード『蒼いカシオペア c/w 仲間に会うまで』(1966年9月)をリリースした。
    


ナナとおさみ

元「初代ジャニーズ」の飯野おさみが、木の実ナナと組んだデュオ。 シングルレコード『最高なのさ c/w サマー・アフタヌーン』(1968年)、『メケメケ波止場 c/w ピロピロ天国』(1969年9月)をリリースした。


ハニー・ビー

元・ジャニーズJr.の中村正善が参加したバンドで、1971年頃にデビュー。 なお、1975年3月28日〜31日に日本劇場で行われた『第53回 日劇ウエスタン・カーニバル 〜 ばらとみかんとバイオリンと』では、 アイドルグループ「フレンズ」のバックバンドを担当している。 その他の詳細は一切不明だが、ギター、ベース、キーボード、ドラムという構成の4人組だと思われる。


メッツ

1975年結成。 詳細はメッツを参照。


ドルフィン (旧名:ブルーシャーク)


池田ひろ子との競作曲『友達から恋人に』で、1976年6月1日にレコードデビューしたバンドグループ。 キャッチフレーズは「お日さまとパッピーな仲間たち」。 所属事務所はホリプロ。 小川と小野寺の2名がジャニーズJr.の出身。 [1]

デビュー前はホリプロの先輩・荒川務のバックバンド「ブルーシャーク」(5人編成)として下積みをし、アメリカの5人組バンド『オズモンズ』を目標としていた。

(ブルーシャーク時代)

メンバー

  • 小川浩 (ベース) ※
  • 小野寺伸定 (ギター) ※
  • 高橋真一(キーボード)
  • 小原秀信(ギター)

脱退メンバー

  • ミッキーみつる (ドラム)
       「ブルーシャーク」時代にのみ参加。後に「紺野大輔」の名で歌手デビュー。

シングル

  • 友達から恋人に c/w Oh!ベイビー (1976年6月1日)
  • 二人だけの奇蹟 c/w 僕のハートはキャンドル (1976年)
  • レモン・ツイスト c/w レモンの初恋 (1976年)


ロス・プリモス

元「ハイ・ソサエティー」の峯井貴史と、元「アニメーション」の徳永じゅんが1977年より参加。


CLAIR

クレア。 北公次がボーカルを務めた男性5人組のロックバンド。 1980年頃に新宿西口のパブレストランでライブ活動をしていた。
自作のオリジナル曲も持っていた。 『生きる』、『TOMORROW』、『ジョアンナ』、『ただひたすら』の4曲。


東京コンジョレス

永田英二がボーカルを務めた男性5人組の企画ロックバンド。 1980年2月にビクターレコードよりシングル『コンジョレス東京』をリリース。 続いて同年にアルバム『はやりことば白書 ’80』もリリースした。
ちなみに「コンジョレス」とは、当時の流行り言葉で「根性なし」の意味。


ABブラザーズ

エービーブラザーズ。 元・ゲスト参加者中山秀征が参加したお笑いコンビ。 1985年結成。 1992年に自然消滅。 当時の所属事務所は渡辺プロダクション。
ユニット名は、血液型がA型(松野)とB型(中山)ということでABブラザーズになった。(しかし後に松野もB型だったと判明)

メンバー

  • 中山秀征 ※  松野大介


美少年倶楽部 / Peanut Boy

美少年倶楽部」とは、約3,000通の応募の中からオーディションで選ばれた10人組の男性アイドルグループで、男闘呼組の前身「東京」の候補メンバーだった元ジャニーズJr.の重盛雄一が参加していた。 重盛はグループの中で最年少だった。
1986年7月5日、10人それぞれのソロ曲も収めた全11曲入りのコンピレーションアルバム『美少年 (BI・SHONEN)』をビクターレコードよりリリース。 重盛が担当したソロ曲は『悲しきスタンド・プレイ』。

更に重盛は、美少年倶楽部から抜粋された5人組「Peanut Boy (ピーナッツ・ボーイ)」にも参加し、同じく7月5日に、シングル『八月のナイアガラ c/w Peanut Boyのテーマ』をリリースした。  A面曲の作詞は秋元康、作曲は野村義男、編曲は「THE GOOD-BYE」の3代目キーボーディスト・小野澤篤。 B面曲は作詞・作曲とも野村で、編曲は同じく小野澤。  当グループは、秋元康がプロデュースした原宿の同名店「Peanut Boy」とのタイアップによる結成だった。

なお、美少年倶楽部と連動して、「美少女倶楽部」という10人組の女性アイドルグループも、一足早い1985年10月5日に同じくビクターよりコンピレーションアルバム『美少女 (BISYOJO)』でデビューしている。
この美少女倶楽部は、翌1986年にバラエティ番組『ごきげん月曜7時半』(日本テレビ)内の企画ユニット「B・C・G」(美少女か・ら・ふ・るギャングの略)に進化。  1986年2月5日にシングル『いつも両親からイレられる200のCheck c/w 顔も成績も好きな歌手も関係なく女の子が待ちわびるカラフルな危険』をリリースした。


「美少年倶楽部」メンバー

  • 重盛雄一 (1970年7月17日生まれ。品川区出身。A型。当時高校1年)※
  • 山中秀之 (リーダー。1967年4月18日生まれ。練馬区出身。O型。当時18歳)
  • 小泉真澄 (1967年10月21日生まれ。愛知県瀬戸市出身。O型。当時18歳)
  • 山崎聡 (1967年11月17日生まれ。板橋区出身。O型。当時18歳)
  • 藤田英之 (1967年12月23日生まれ。世田谷区出身。B型。当時高校4年)
  • 西野太郎 (1968年5月5日生まれ。江戸川区出身。O型。当時明大中野高校3年で野球部)
  • 日向理 (当時高校3年)
      ひなた おさむ。1968年8月26日生まれ。墨田区出身。A型。 小学校3年生の時に「ビクター少年合唱隊(現:東京FM少年合唱団)」に入隊。
      「美少年倶楽部」での活動後は、東京芸術大学音楽学部声学科に進学したり、「劇団四季」にスカウトされて入団したりした。  1990年には「第3回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」にもエントリーされた。
      2001年秋、長年の夢であった“うたのおにいさん”のオーディションに合格。 「ひなた おさむ」の芸名で、2002年4月からNHK-BS2『BS おかあさんといっしょ』の“初代 歌のお兄さん”になった。 姉は声楽家の日向由子(ひなた よしこ。メゾソプラノ)。同じく東京芸術大学音楽学部声楽科卒。 姉弟でのジョイントコンサートも度々行っている。
  • 三浦武史 (1968年9月10日生まれ。松戸市出身。A型。当時高校3年。兄の三浦浩史は当時俳優)
  • 長島忠盛 (1969年11月4日生まれ。世田谷区出身。B型。愛称:たんちゃん。当時高校2年)
  • 佐藤力
      さとう つとむ。1970年2月22日生まれ。愛知県瀬戸市出身。O型。当時高校2年。後に「佐藤つとむ」の芸名で「THE BLACK」のメンバーに。

「Peanut Boy」メンバー

  • 重盛雄一 ※
  • 三浦武史 藤田英之 山中秀之 山崎聡

「美少女倶楽部」メンバー

  • 斉藤史奈 石田みゆき 古本雅子 井上明美 阿部輝美 榎本貴美江 丸山恵 大羽由紀 比嘉ひとみ 林優子

「B・C・G」メンバー

  • 斉藤史奈 古本雅子 井上明美 阿部輝美 丸山恵 大羽由紀 比嘉ひとみ 木村亜希(新メンバー) 菊池久美(新メンバー) 岡村亜矢子(新メンバー。レコード発売時にはまだ不参加)

      新メンバーの木村亜希は、工藤静香も所属した元「セブンティーンクラブ」のメンバー。  2000年にプロ野球選手の清原和博と結婚。「清原亜希」の名でモデルとなった。
      また、比嘉ひとみは後にセクシーモデル軍団「シーエックス」(フジテレビ『オールナイトフジ』の企画ユニット)のメンバーとして、1987年5月2日にシングル『KISS ME ON THE WEEKEND c/w 星を止めて』で再デビュー。 この「シーエックス」には、青田典子(当時は本名の森田典子)や、七瀬なつみも在籍した。 その他のメンバーは、福富かおる、望月知子、佐藤ゆかり、 岡部真美、速水麻里、清水由美子、池田好美、飯高真弓、湯浅けい子、松本南美(みなみ)、前田賀奈子(後の前田夏菜子)、守口文子(後の綾瀬早智子)、清水美奈子、星野かおりなど。


CLUB RUDE'S

クラブ・ルーズ。 元Jr.の岩崎富美雄が1980年代後半に結成したバンド。 1992年5月27日に東芝EMIより『Dear Robert 〜 親愛なるDr.ロバート様へ』でCDデビューした。 当時の所属事務所は「(株)バンザイ」(通称:BANZ。後の「(株)ミュータント」)。

メンバー

  • 岩崎富美雄 (ボーカル。1963年10月28日生まれ。東京都出身)※
  • チェリー (本名:大竹亨。ギター。1958年12月25日生まれ。東京都出身)
  • 小池正行 (ベース。1963年12月05日生まれ。兵庫県出身)
  • 沼井雅之 (キーボード。1961年10月20日生まれ。大阪府出身)
  • 武田俊彦 (ドラム。1960年04月30日生まれ。宮城県出身)

脱退メンバー

  • 綿引美和 (後のChara。キーボード。1968年1月13日生まれ。川口市出身。1年ほどで脱退)

シングル

  • Dear Robert 〜 親愛なるDr.ロバート様へ c/w LOVE+FREEDOM (1992年5月27日)
  • 嘘つきは踊れない c/w HAZAMA MAN (1992年8月26日)
       A面曲は加藤和彦プロデュース。

PSYCHO HYSTERICS

サイコ・ヒステリックス。 元「ジャPAニーズ」のデビッド・宮原が参加した、ダンスミュージック(ファンク歌謡)を演奏する4人組のバンド。
1988年結成。 1991年の映画『大誘拐』の主題歌「MESSAGE 〜 大誘拐のテーマ」、1992年のB級ホラー映画『地獄の警備員』の主題歌「THE GIRL FROM HEAVEN」など、1992年までの間に数枚のCDをリリースした。
その後、「Under the sky」という名の5人組のロックバンドへと進化していった。
当時の所属事務所は、元「ジャPAニーズ」の細野謙治が社長を務める「トミーズアーティストカンパニー」(ただし1991年からは音楽事務所「スノーベア」〔板橋区向原1-22-6 エヌティーコーポ向原 107号〕にも業務提携で所属していた)。

メンバー

  • DAVID F. MIYAHARA(ボーカル)※
  • JOY KATANO(サックス)  MAHO(ベース)  ENZO HONMA(ドラム)


北公次 & スカーフェイス

1988年11月結成。 1989年1月25日、渋谷・エッグマンにて初ステージ。その後も多数のライブ活動を行った(1989年3月3日:梅田・バーボンハウス、3月4日:インクスティック芝浦ファクトリー、4月9日:六本木ピットイン、6月14日&15日:インクスティック六本木、7月2日:名古屋・ZMA、9月17日:渋谷エピキュラス、10月29日:原宿ホコ天、11月3日:大阪芸術大学学園祭、etc.)。
当時、中野重夫のファンだった野村義男も、まだジャニーズ事務所所属だったにも関わらず密かに北のライブに客として訪れている。

メンバー

  • 北公次 (リーダー、ボーカル)※
  • 中野重夫(ギター、ボーカル、コーラス) 本多季之(としゆき)(ベース、コーラス)  平井英治尊(エジソン)(坂倉澄寿の兄。サックス、フルート、クラリネット etc.。元「ぴんふ でんでん」のメンバー)  坂倉澄寿(スミス)(平井英治尊の弟。ドラム、バンジョー、フルート etc.。元「ぴんふ でんでん」、「めるへん堂」のメンバー) 大森伸一(キーボード)

シングル

  • ダイヤルMを廻せ! c/w 想い出のツイスト&シャウト
      (1989年1月。データハウスレコード。インディーズ発売)

アルバム

  • FLOWER (1989年5月3日。VIS A VIS。インディーズ発売)
      ノイズバンド「ザ・ゲロゲリゲゲゲ」の山之内純太郎がプロデュース。
      発売元の「VIS A VIS (ビザビ)」は、ザ・ゲロゲリゲゲゲのインディーズレーベルで、山之内が社長だった。  なお、山之内は大槻ケンヂと東京国際大学の同級生で友人でもある人物。
      本作の歌詞カードでは、3曲目の『I'm Crying』の作詞者が「ジャニー喜多川」とクレジットされているが、 これは、フォーリーブス時代にジャニーが作詞したものを全て「作詞:北公次」と勝手に発表されていたことに対する仕返しであり、 実際に3曲目の『I'm Crying』を作詞したのは北公次である。 その歌詞の内容も、「白い悪魔の鎖が 俺の体をしめつける ホモのおもちゃにされながら 注射針に夢を見た いつか殺してやるんだと ナイフ片手に酔い潰れ」と過激なものになっている。

       

  • We're the JOHNNYS (オムニバスアルバム。1989年12月。FEIレコード。インディーズ発売)
       「北公次FAMILY」によるアルバム。

ビデオ

  • 北公次&スカーフェイス 『狂気のライブ! ソドムの市 〜 光GENJIへの挑戦状』
      (1989年、60分、4,800円、限定1,000本、データハウスビデオ)
       同年1月25日に渋谷・エッグマンで行われた初ライブを収録。
  • DEMO 001 (1989年、60分、3,400円、限定300本、VIDEODOROME)
      同年3月4日のインクスティック芝浦ファクトリーでのライブを収録。 現代美術家・森下泰輔がプロデュースした“ビデオアート作品”で、 ザ・ゲロゲリゲゲゲ、有頂天、非常階段、草間彌生などと共に収録されたオムニバスもの。
  • 北公次&スカーフェイス★スペシャル・ビデオ
      (1989年5月、110分、8,000円、限定1,000本、データハウスビデオ)
       同年3月4日のインクスティック芝浦ファクトリーでのライブを収録。
  • 光GENJIへ (1989年9月、パワースポーツ企画販売)
  • We're the JOHNNYS (1989年12月。54分。4,800円。FEIレコード)
       「北公次FAMILY」によるビデオ。
  • 北公次 スペシャルライブ ’90 vol.I (1990年、FEIレコード)


SHADOW

1989年4月結成。 別表記:「 (シャドー)」。 旧名:「新・フォーリーブス」 → 「新・光GENJI」。 詳細はSHADOWを参照。


北公次FAMILY (旧名:アコウロウシ)

1989年に、ジャニーズ事務所を批判・糾弾するために結成。 赤穂浪士の四十七士になぞらえ、メンバーも同じく47人で固められた。

メンバー

  • 北公次※ 中谷良※ 小谷純※  やなせかおる※ SHADOW※  THE BLACK※ 甲斐友一
  • SHIGEO ROLL OVER (中野重夫バンド)
    • 中野重夫(ギター、ボーカル) 本多季之(ベース、ボーカル、コーラス) 蔵沢ポパイ(本名:蔵沢俊哉 (としや)。ドラム)
  • エジソンバンド
    • 平井英治尊(サックス) 坂倉澄寿(ドラム) 大森伸一(キーボード)
  • 光GENJIファンの少女たち 他

ディスコグラフィ

  • We're the JOHNNYS (オムニバスアルバム。1989年12月。FEIレコード。インディーズ発売)
      CD版は全13曲、カセット版は全11曲入り。 河口湖のキャメロットスタジオにて、1989年10月10日〜12日の3日間でレコーディングされた。 ジャニー喜多川・メリー喜多川の両名を名指しで「ブチ殺せ!」と連呼する衝撃の問題作『ふざけるなベイビー』(作詞:北公次)を収録。 また、ジャケットのイラストも、怪獣がジャニー喜多川を今にも食べようとしており、その怪獣の上に北公次がまたがって刀を振りかざしているという過激なものだった。
  • We're the JOHNNYS (ビデオ。1989年12月。54分。4,800円。FEIレコード。インディーズ発売)


牛若丸

1990年結成。 詳細は牛若丸を参照。


ESCAPE

1990年結成。元Jr.の甲斐友一小林篤志が参加。 詳細はESCAPEを参照。


AMBIENCE

アンビエンス。 1990年結成。元Jr.の倉田順一が参加したバンド。 詳細はAMBIENCEを参照。


KIDS

1990年12月結成。元ジャニーズJr.の武口明が参加した3人組のコントグループで、「石井光三オフィス」からデビューした。
渋谷のLIVE HOUSE「La.mama」にて、渡辺正行プロデュースの「ラ・ママ新人コント大会」に多数出演。 1992年9月には、深夜のお笑い番組『爆笑王誕生』(日本テレビ)にて、第四代目の“5週勝ち抜きチャンピオン”に輝いた他、『クイズ!年の差なんて』(フジテレビ)に出演したり、M.C.コミヤ(小宮孝泰)のバックダンサーなどでも活動した。 1993年7月解散。
なお、当時の公式プロフィールで武口は「1967年生まれ」として活動していたが、実際は1965年生まれ。

メンバー

  • 武口明 (リーダー。1965年1月11日、大田区生まれ。川崎市宮前区野川育ち)※
  • 酒井寛典(1969年生まれ。長野県出身) 作田幸正(1970年生まれ。千葉県出身)


JABBAとマニファクチャー / シュガー・B

両グループは、村田順子の描いた少女マンガ『キャーッ ! ! (おっかけ立志編)』のイメージCDアルバム(1991年5月24日発売)のために結成。 「JABBAとマニファクチャー」がバンドで、「シュガー・B (シュガー・ボーイズ)」はコーラスグループ。 「THE GOOD-BYE」のアレンジャーやサポートキーボーディストをしていた野口久和(愛称:JABBA)を始め、野村義男衛藤浩一も参加した。 特に衛藤は、アルバム内のサウンドムービーにて、伽羅丸役として声優出演もしている。  同年7月26日には、シングル『Angelがいっぱい c/w モザイクの騎士』を発売。 また、シュガー・B単体でも、同年9月27日に4曲入りミニアルバム『シュガー・B ボーカルセレクション』をリリースしている。  ちなみに「シュガー・B」という名前は、マンガ『キャーッ ! !』の中に登場する男性アイドルグループの名前でもある。

「JABBAとマニファクチャー」メンバー

  • 野口久和(キーボード、愛称:JABBA)※  野村義男(ギター)※
    衛藤浩一(ドラム)※  渡辺英樹(ベース)

「シュガー・B」メンバー

  • 衛藤浩一(ボーカル)※  野口久和(ボーカル)※  渡辺ハジメ(ボーカル)


Revolution Dance Performance (通称:REVO)

1991年に結成されたダンスパフォーマンスチーム。 元Jr.の中本雅俊が1993年から参加している。 2009年の公演『パラダイス』(2009年2月18日 - 22日、新国立小劇場)には、 元Jr.の萩原幸人(大野幸人に改名)も参加し、中本と共演した。 [1]


THE C-C-BYE

ザ・シーシーバイ。 「THE GOOD-BYE」出身の2人と、「C-C-B」出身の2人が合体したスペシャルバンド。
1993年から1994年にかけて、女性アイドルグループ「ribbon」のバックバンドを担当していた。
なお、田口も元々はジャニーズ事務所の出身で、近藤真彦のバックバンド「ダブルス」のメンバーだった。

メンバー

  • 野村義男(ギター)※  衛藤浩一(ドラム)※  渡辺英樹(ベース)  田口智治(キーボード)※


維新組

1994年結成。 元Jr.の平本淳也、元・桜隊の中岡真一郎が参加。 詳細は維新組を参照。


the FIELD OF VIEW

1994年 - 2002年12月に活動したバンド。 旧名「view」→「FIELD OF VIEW」。 元Jr.の小橋琢人がドラムで参加。  なお、小橋は2004年にソウルバンド「Soul Watt!」を結成している。


KAZUYA AND ROCK FOLK

1993年から1996年まで活動。

メンバー

  • 高橋和也(ボーカル、アコギ)※  田中厚(キーボード)※  平山牧伸(ドラム)※
    石坂和弘(ギター) 岩田浩史(ひろし。ギター) 斉藤巌(いわお。ベース)


東京デラックスシンガーズ

高橋和也が参加。「東京スカパラダイスオーケストラ & 岸谷五朗 featuring. 東京デラックスシンガーズ」名義で、1995年1月21日にCDシングル『東京デラックス』(同名映画の主題歌)をリリース。 この曲でフジテレビ『HEY!HEY!HEY!』にも出演した。

メンバー

  • 高橋和也 ※  絵沢朋子 デーブ・久手堅 石井ひとみ 仲野茂 麿赤児 國村隼 塩見三省 岸部一徳


一本道

高橋和也が結成した2人組バンド。

メンバー

  • 高橋和也 ※  遠藤ミチロウ


D-run

デュラン。 元「忍者」の志賀泰伸が1995年に結成したバンド。 詳細はD-runを参照。


DEAD MAN WALKERS

1996年結成の2人組バンド。

メンバー

  • 高橋和也 ※  SHIME (本名:中嶋栄男

ディスコグラフィ

  • まるで点の様な一瞬 c/w ONCE AGAIN (CDシングル、1996年12月、インディーズ発売)


ツーカーズ

1996年、ツーカーセルラー東京のCMにて、4人組バンドの設定で作られた。 1996年には『ツーカーズのテーマ』、1997年には『ハロー!ハロー!ツーカーズ』という曲を東芝EMIから非売品CDシングルとして発表した。グループのキャッチコピーは「史上初の販売促進ロックバンド」。

メンバー

  • 本木雅弘 ※  大浦龍宇一  山口忍  原秀樹(ネロリーズのツアードラマー)


LOVE LOVE ALL STARS

1996年10月に、フジテレビの音楽バラエティ番組『LOVE LOVE あいしてる』内にて結成されたバックバンド。  ジャニーズOBからは、野村義男曾我泰久の2名が参加した。


WANDS

元「平家派」の隊長(リーダー)・松元治郎が「和久二郎」に改名し、第3期ボーカリストとして参加。
1997年9月3日に『錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう』でCDデビューした。[1]


エアロ奈美恵

1998年に日本テレビ『とんねるずの生でダラダラいかせて ! !』内で結成されたエアロビクスダンスチーム。その後しばらくして「ニュー・エアロ奈美恵」として再登場した。

メンバー

  • 諸星和己 ※  宍戸開  デビット伊東  福澤朗アナウンサー


play grand

1998年結成。 結成時のバンド名は「新幹線のぞみ・ひかり」。 川野の地元である千葉県茂原市で活動を開始。
2000年4月9日のライブをもって解散。

メンバー

  • 川野直輝(ドラム)※  金坂征広(サックス、キーボード) 中村真也(ギター、ベース)


前田耕陽BAND

前田耕陽がソロLIVEを行う際に、 サポートメンバーを募って活動していたセッションバンド。 1998年前後に様々なLIVEハウスで演奏していた。 メンバーは流動的。 「GODDESS」の前身。

メンバー

  • 前田耕陽 (ボーカル&キーボード)※
  • SHIME (ギター&コーラス)
  • 金武功 (ドラム)


the Jaguar

ザ・ジャギュア。 1998年に、元ジャニーズJr.の喜多見英明が結成したバンド。
同年6月7日に「天王洲アイル・スフィアメックス」にてワンマンライブを敢行。当時はまだバンド名が無く、喜多見英明のソロ名義でのライブ開催だった。  翌1999年に正式に「the Jaguar」というバンド名が付き、 同年4月4日に下北沢「CLUB 251」、同年5月22日には横浜アリーナ1Fに内設されたライヴハウス「横浜アリーナサウンドホール」(後の「SUNPHONIX HALL in YOKOHAMA ARENA」)でそれぞれワンマンライブを行った。  また、インディーズのマキシCDシングル『the Jaguar』もライブ会場限定で販売。「空回り」、「XXリズム」、「ヘラヘラ」の3曲入り。いずれも作詞:喜多見英明、作曲:龍田伸輔。

メンバー

  • 喜多見英明 (ボーカル、ギター)※
  • 龍田伸輔 (ギター)
  • YOICHI
      読み方は「よいち」(時代劇俳優の「林与一」が由来)。ベース。本名:林かずなり。1971年7月15日生。A型。
  • ROKKIE (ドラム)
       ロッキー。本名:室木かずたか。1969年6月24日生。O型。息子はタレントの室木零衣。


Nervous Circus

1999年結成のバンド。

メンバー

  • 高橋和也 (ボーカル、ギター)※
  • 田中厚 (ピアノ)(途中から遅れて参加。元「男闘呼組」)※
  • 西村ヒロ(ブルースハープ)  ナポレオン山岸(ギター) 近藤洋史(ベース) 石田一郎(ドラム)

ディスコグラフィ

  • Nervous Circus (CDアルバム、2000年9月21日)
  • ナーバス・サーカス危機一髪 (CDアルバム、2006年2月24日、インディーズ発売)


JAVELIN HEAD

ジャブリン・ヘッド。愛称:JAV。 元関西Jr.の3名を中心に、1999年に「JAVeLiN END (ジャブリン・エンド)」の名で結成されたインディーズバンド。 同年、京都府・文化パルク城陽プラムホールにて1,300人ソールドアウトを達成するなど、京都でのワンマンライブを中心に活動した。
2001年1月12日にバンド名を「JAVELIN HEAD」に改名。 2002年8月14日の原宿ルイードでのLIVE(2回公演)を最後に解散。 持ち歌には『神雷櫻花』などがあった。  田中の実兄がスタッフとして支えていたバンドで、活動当時は公式HPなどもあった。

  • 田中純弥(ボーカル&サックス&ギター)※  北山純一(ギター)※  野中和久(ベース)※
  • 徳光秀則 (ドラム。1981年12月12日生まれ、京都府出身)

あばれヌンチャク

元ジャニーズJr.の斎藤恭央(後の桜塚やっくん)が、1999年10月に結成したお笑いコンビ。 当時の所属事務所は石井光三オフィス。 2005年4月に解散したが、2011年11月6日に松濤アクターズギムナジウム荻窪本校内のOMEGA TOKYOで行われた「ケッケフェスタ2011」にて、一日だけ復活した。

メンバー

  • 斎藤恭央 (ツッコミ & 絵描き & ネタ作成担当。 愛称:やっくん)※
  • 竹内幸輔 (ボケ & 絵の説明担当。 愛称:お兄さん)


GODDESS

ガディス。 前身のセッションバンド「前田耕陽BAND」に、 当時前田耕陽の妻だった中村由真が新たに加わる事で誕生した。 2000年1月に結成(「GODDESS」という名前が付いたのは同年秋になってから)。 そして全国(札幌、東京、横浜、群馬、宇都宮、名古屋、京都、滋賀、大阪、神戸、福岡など)でライブを開催し、 同年12月に1stアルバムを発表した。  2003年2月に前田・中村夫妻が離婚したことにより自然消滅。

メンバー

  • 前田耕陽(キーボード&コーラス)※  中村由真(ボーカル) SHIME(ギター&コーラス)

ディスコグラフィ

  • GODDESS (CDアルバム、2000年12月1日)
  • Fastable... (CDアルバム、2003年4月30日、離婚&解散後に発表)


GAYME

ゲイム。 「TOKIO」のサポートドラムもしていた元Jr.の西原成守(にしはら せいす)が、ボーカル“SEISU”として5年に渡り活動したビジュアル系バンド。
2000年4月、ボーカル・SEISUとギター・ZAKIの2名だけで結成。
2001年4月、ギター・YUUJI、ベース・NORIが加入。
2002年7月、ドラム・AKIRAが加入。
2004年11月3日の「大塚・RED ZONE」でのLIVEをもって、YUUJIとNORIが脱退。
2005年7月24日の「浦和・ナルシス」でのLIVEをもって、ZAKIが脱退。同時にバンドも活動休止に。
同年11月1日より、西原はドラムのAKIRAと共に、新バンド「原色少年 (げんしょくアトム)」を始動。 更に2006年4月1日付けで、「原色少年」を正式に「GAYME」の後身バンドと決めて一つにまとめたことで、GAYMEの活動休止は解除とした。 [1][2]

メンバー

  • SEISU - 西原成守(ボーカル)※  ZAKI(ギター) AKIRA(ドラム)

サポートメンバー

  • 南智浩 (ベース。 バンド「DELMODEL」、「FEIN10TRAP (フェイントラップ)」のメンバー)

脱退メンバー

  • YUUJI(ギター) NORI(ベース)


AUЯA

オーラ。 2000年に、テレビ東京のストリートダンス番組『RAVE 2001』に出演し、「Dance&Vocal Unitオーディション」に合格したメンバーで結成された、ダンサー5名、ボーカル1名のダンスボーカルユニット。元・関西Jr.の塩田修が参加。 プロデュースはTRFSAM。 なお、ダンス部門の応募総数は1,269名で、塩田と同じく元・関西Jr.の犀川紘平も、最終候補の11名までは残っていた。。 同年8月28日に六本木・ヴェルファーレにてお披露目ライブ。 テレビでは9月22日の放送で初お披露目された。 しかし、番組自体が翌週29日で終了してしまい、CDデビューには至らずに消滅してしまった。

メンバー

  • Shio - 塩田修 ※
  • Katsumi - 五十嵐勝己 (リーダー。「PYRO」のメンバー)
  • Nao
  • Ohse - 大勢待桂一 (「電撃チョモランマ隊」のOH-SE)
  • Naho - 根津奈穂子
  • 庄子 (当時17歳の女性ボーカル)


NGups.

2000年7月に、関西ジャニーズJr.出身の2人によって結成された音楽ユニット。
「ウィルハード」という事務所に所属し、CDデビューを果たした。

メンバー

  • 友井雄亮(愛称:モイスケ、元:牧山雄亮)※  久永輝明(元:魚谷輝明)※


P.O.E

2000年に、元・光GENJIの佐藤寛之が結成したバンド。 佐藤はボーカル、ギター、キーボードを担当した。


アイロンワークスバンド

2000年結成。 通称「IWB」。 川野以外のメンバーは30〜40歳代の人たちで構成され、川野の地元である茂原市にて活動した。川野はこのバンド活動開始を期に、当時ずっと金髪にしていた髪の毛を黒色に戻した。

メンバー

  • NK - 川野直輝 (ドラム)※  他数名…


Cradle

2000年結成のバンド。 元Jr.の及川雄介が参加。

メンバー

  • yusuke - 及川雄介(ボーカル)※ diesuke(ギター) ken(ドラム)


    Primitive Kool

    2000年結成のバンド。

    メンバー

    • 高橋和也(ボーカル)※  小関純匡(ドラム、元「男闘呼組」)※
      西村ヒロ(ブルースハープ)  ナポレオン山岸(ギター)  五十嵐博史(ベース)


    D'sey kaz

    ディセイ・ケイズ。 元Jr.の高木尾身が2000年11月に結成したバンド。 ユニット名の由来は、D=ダンス、ダブル、ドリーム、sey=誠一郎、kaz=和樹。 2001年2月21日にミニアルバム『ZERO』でCDデビューした。
    なお、尾身はその後、元「ZIGGY」の戸城憲夫プロデュースの下、ソロ名義での5曲入りミニアルバム『regeneration』(2002年3月21日、プライエイド) をリリース。当作に収録された曲『Be Alive』では、 高木もフィーチャリング参加している。

    メンバー

    • 高木誠一郎(キーボード)※  尾身和樹(ボーカル)※

    ディスコグラフィ

      シングル
      • Just my way (2001年8月22日、FATEレーベル)
      ミニアルバム
      • ZERO (2001年2月21日、FATEレーベル)
      ビデオ
      • D☆S☆K LIVE & CLIP (2001年11月7日)


    ALFANTASIA

    2001年2月、川野直輝とNanacoが出会い、同年4月に結成したバンド。 ホームページも開設されたが、具体的な活動が何も無いままで自然消滅した。

    • 川野直輝 (ドラム)※
    • Nanaco (ボーカル。元「Ashbury」のボーカル。2001年7月に1stソロマキシシングルをリリース)

    グランドキャニオン

    元・ジャニーズJr.数名(田村悠ら)を含んだアイドルユニットで、2001年頃に活動していた。 詳細は不明。  なお、田村の当ユニットでの芸名は「蒼澤悠」だった。


    RUN & GUN

    2001年、よみうりテレビのオーディション番組『スタパー!!』にて結成されたアイドルユニット。 愛称:ランガン。 元・関西Jr.の米原幸佑が参加。 所属事務所は「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」。 [1]

    メンバー

    • 米原幸佑 ※
    • 上山竜司 宮下雄也 永田彬


    FUTURE KING (旧名:G5)

    元・関西Jr.の田中大樹が地元の仲間たちと2002年初頭に結成したダンスユニット。  同年2月15日に大阪中津・ミノヤホールで行われたダンスライブで初お披露目。  結成当初は5人組で「G5 (ジーファイブ)」というユニット名だったが、 同年8月22日のライブより嵜村と大野が加入し、「FUTURE KING (略称:FK)」に改名した。  2002年4月6日、6月8日、7月7日、8月22日、12月14日にライブイベントを行い、結成から1年後の2003年2月16日のライブをもって解散した。
    その後は、田中と藤原の2人だけで活動し、2003年3月11日にラジオ収録に参加。 同年9月28日:難波ロケッツと、10月15日:梅田アムホールのライブでは、女性ボーカリスト・由佳を迎え、バックダンサーを務めた。 [1]

    メンバー

    • 田中大樹 (1983年12月25日生まれ。愛称:大樹くん)※
    • 木戸浩太 (1983年6月28日生まれ。A型。愛称:木戸くん、きどっち、どき)
    • 中嶋達也 (なかしま たつや。1984年2月14日生まれ。愛称:たっちゃん)
    • 藤原広大 (1984年3月9日生まれ。愛称:ふじやん)
    • 伊藤信也 (1984年11月23日生まれ。愛称:伊藤ちゃん、伊藤くん)
    • 嵜村一郎 (1983年5月3日生まれ。愛称:一郎くん)
    • 大野智之 (1983年12月4日生まれ。愛称:大野くん)

    STARS

    昔から仲の良かった4人が集い、2002年5月に気まぐれで結成したミクスチャー・バンド。
    インディーズからのシングルを経て、 2003年5月5日に8曲入りアルバム『Let’s make ★★★★ ! ! 〜男も女もジイちゃんバアちゃんガキもみんなで〜』(インディーズ時代のシングル曲も収録)でメジャーデビューした。
    そして2003年11月5日に亀田誠治プロデュースの下、メジャーデビューシングル『SUPER ROCK SHOW』を、 2004年4月7日にも同じく亀田プロデュースによる2ndシングル『チェリーブラッサム』を発表した。
    2004年解散。[1]

    メンバー

    • NAOKINGDAM - 川野直輝 (ドラム)※
    • U-TA★ROCK - 山崎裕太 (ボーカル)
    • T-FUNK - 鮫島巧 (ギター)
    • KenKen - 金子賢輔 (ベース。 金子マリとジョニー吉長の息子であり、金子統昭の弟でもある人物。 後に「RIZE」や「SC△LE」に参加)

    HERO730

    2002年に特撮番組出演者によって結成された期間限定ユニット。舞台出演などもした。

    メンバー

    • 友井雄亮(元・関西Jr.の牧山雄亮)※ 柴木丈瑠 ※  城戸裕次 浦井健治 吉岡毅志


    Lead

    リード。 2002年6月結成。元・関西Jr.の中土居宏宜が参加した男性ダンスボーカルユニット。 所属事務所は「ヴィジョンファクトリー」。 台湾でも人気がある。
    2002年4月からダンススクール「キャレス」大阪校に通っていた中土居、谷内、鍵本がユニット「Rhymix (リミックス)」を組んでストリートライブを行っていた。 その後、「flow (フロウ)」に改称して京橋駅付近などで路上パフォーマンスを始め、 同年6月に「九州・沖縄 スターライトオーディション2002」で審査員特別賞を受賞した古屋敬多が加わり、Leadが結成された。  ユニット名の由来は、「時代を“リード”できる存在になりたい」という意味を込めて自分たちで命名。  同年7月31日、シングル『真夏のMagic』でデビュー。 [1]

    メンバー

    • 谷内伸也(2代目リーダー) 古屋敬多 鍵本輝

    脱退メンバー

    • 中土居宏宜 ※ (初代リーダー。2013年3月31日をもって脱退し、同時に芸能界からも引退)


    浅倉一男 with Delivery Triad

    2002年夏に結成された、元Jr.の浜田一男(浅倉一男に改名)率いるバンド。

    メンバー

    • 浅倉一男 (ボーカル)※
      白濱タイイチロウ(ギター) 阪本貴志(ベース) 原田アツシ(キーボード) 佐治光雅(ドラム)


    DIAMOND☆DOGS

    2003年結成のドラマティック・ダンス・カンパニー。 元Jr.の大坂俊介が参加。
    同年4月、博品館劇場でのダンス公演『未完成』でデビュー。
    しかし、大坂が稽古不参加&失踪により、2006年5月末日付で脱退してしまった (なお、表向きの脱退理由は、「持病の脊髄神経圧迫若年性椎間板ヘルニアの悪化に伴い、治療に専念するため」というものだった)。  これにより、同じく元ジャニーズJr.だった原知宏が、同年5月24日から始まった公演『MIRACLEs』より、 替わりに加入した。しかし原も、2010年5月30日に大坂と同じく「持病の椎間板ヘルニアの悪化」という理由で脱退している。[1]

    メンバー

    • 東山義久(リーダー) 森新吾 中塚皓平 小寺利光 咲山類 TAKA 和田泰右

    脱退メンバー

    • 大坂俊介 ※ 原知宏 ※ MITSU


    CRESCENT MOON

    2003年前後に元Jr.の尾身和樹がボーカルを務め、ライブ活動をしていたバンド。


    heavy hydrogen

    2003年結成のバンド。元Jr.の及川雄介が参加。

    メンバー

    • uzuki - 及川雄介 (ボーカル)※
    • ma$ato (ギター)
    • odazy (ギター)

    脱退メンバー

    • isami (ギター)


    sucreamgoodman

    シュークリームグッドマン。 元・関西Jr.の塩田修が2003年に大阪で結成した3人組のHIP HOPダンスチーム。 2006年に「OSAKA DANCE DELIGHT vol.22」で優勝。 2008年に、Taichiが脱退してYoheiが加入した。
    なお、sucreamgoodmanは大阪のダンスチーム「GIDDAP」、「BLACK SWEETBACK」、HAJIME a.k.a 141(香川 のチーム「 R.U.S」のメンバー)との合同HIP HOP ダンスユニット「BNL (Buddy Buddy Northern Lightの略)」も2008年に結成している。 [1]

    メンバー

    • oSaam (旧名:OSAMU、本名:塩田修)※
    • Dy (本名:藤原大介)
    • yohei boobeeman (本名:陽平)

    脱退メンバー

    • TAICHI (本名:太一)
        脱退後は「下町ホルモンボーイズ」を経て「ジャスタブーブー」を結成。

    あのHUMPTY

    元・関西Jr.の田中純弥野中和久北山純一らによって結成されたパフォーマンスバンド。  2003年に「HUMPTY」の名で結成。  2005年1月10日、川崎CLUB CITTA'でのライブイベント「Nakiez SUPER LIVE ! ! vol.4」への出演を最後に、ベースの野中和久が脱退。 そして翌2月に松田貴志が加入した。
    2006年10月、バンド名を「あのHUMPTY」に改名。
    2007年1月26日、1stミニアルバム『チェリーダンス』をリリ−ス。 更に同年3月30日、友人関係にあるバンドやダンスグループを一挙に集め、「Ano nation」(エイベックスによる大型ライブイベント「a-nation」から引用)というライヴイベントを初敢行(表参道FAB。動員数:300人)。 当イベントは、以後数回に渡って開催された(DVDでも発売)。 2009年7月26日に1stアルバム『【あの】1stアルバムを作ってみた【HUMPTY】』、 2011年5月4日に2ndアルバム『LOVE』をリリースした。
    2012年8月11日に六本木・morph-tokyoで行われたワンマンライブ「ありがとう☆純一そして伝説へ☆ワンマン公演」(東京公演)をもって、北山が脱退。 [1]

    メンバー

    • 田中純弥(ボーカル。リーダー)※
      青山大輔(旧名:デスター。ギター) 松田貴志(ベース) 篠原弘嗣(ドラム) 参太(裸踊り担当)

    脱退メンバー

    • 野中和久 (ベース)※
    • 北山純一 (ギター)※


    道 (TAO)

    タオ。 2003年11月に結成された自主公演ダンスユニット。 メンバーは全員、東京ディズニーランドのダンサー(元か現役かは問わず)。 同年12月14日に上野のパフォーマンスクラブ「SHERPA (シェルパ)」で第1回公演を行った。 元ジャニーズJr.の河村直人が、2004年より「Naoto」名義で参加している。
    「道 (TAO)」というユニット名の由来は、ディズニーランドの“魔法使い”のイメージと、古代中国の“道士(タオシ)”とを重ね合わせ、更に「メンバーそれぞれの“道”を大切にしたい」という思いで命名。
    2015年11月29日のFINAL公演をもって解散。 [1]

    主要メンバー

    • Naoto - 河村直人
        まず2004年5月2日の第2回公演にゲスト参加。 そして同年11月28日の第3回公演より正式加入した。 [1][2][3]
    • 松園炎 (主宰者、リーダー)
        まつぞの えん(本来の漢字表記は火の字が3つ)。 旧芸名:臨在 瞬(りんざい しゅん。2003年2月まで)。 1976年2月4日生まれ。京都府出身。血液型:O型。元・板前。 所属事務所:東宝芸能。 [1]
    • 関沢圭司
        10月9日生まれ。東京都出身。身長:167cm、体重:55kg。 インラインスケート講師。 また、NHK『にこにこぷんがやってきた!』の体操のお兄さん。 元・ローラースケートパフォーマンスグループ「RED DOLPHINS」のメンバー。 2004年6月6日の第2回公演から参加。 [1]

    不定期参加メンバー

    • 杉山有大(すぎやま ありひろ)  種子田猛司(たねだ たけし)  鐘ヶ江一憲

    SHAPE CANVAS

    2004年4月に「KISHIN (鬼神)」の名で結成されたインディーズミクスチャーバンドで、 元Jr.の折口龍馬がギターを担当した。 福岡県北九州市を拠点に活動。ベースのSHINは2005年に遅れて加入。 2007年4月21日、西小倉WOW!で行った自主イベント「SHAPE CANVAS」より、バンド名をSHAPE CANVASに改名。 同年11月11日に解散。 ドラマーは最後まで居らず、打ち込みでのドラムだった。 [1]

    メンバー

    • ORI - 折口龍馬 (ギター)※
    • KEIZI (ボーカル。2009年に上京し「SHAPE」に改名して活動)
    • KOKI (ボーカル)
    • SHIN (ベース)


    Soul Watt!

    2004年結成のジャズソウルバンド。元・ジャニーズJr.であり、 元「the FIELD OF VIEW」の小橋琢人が参加。
    吉祥寺のLIVEハウス「スターパインズカフェ」で頻繁にライブ活動を行う。 2004年4月10日に発売されたコンピレーションアルバム『NEO GENERATION Vol.1』に参加。 その後、1stアルバム『four filaments』をリリースした。 2006年1月にギターのGyoが脱退した為、翌2月に正式に解散した。
    なお、2005年11月26日に「吉祥寺 SOMETIME」で行われたボーカル抜きのインストLIVEでは、バンド名を「Soul Watt!Vibes」と名乗った。

    メンバー

    • Takuto - 小橋琢人 (ドラム)※
    • Haruchi (ボーカル)
    • Shintaro (本名:晋太郎。サックス&フルート、コーラス)

    脱退メンバー

    • Gyo (本名:暁。ギター、コーラス)

    サポートメンバー

    • 金ちゃん (ベース)
    • おりはら (女性。キーボード)
    • 三上 (オルガン。「Soul Watt!Vibes」の時に参加)


    Circle

    元Jr.の榎本雄太が2004年に結成したバンド。


    D-BOYS

    2004年結成。 ワタナベエンターテインメントに所属する男性俳優集団。 元Jr.の中村優一(1987年生まれの方)が、 同年7月27日に開催された第1回「D-BOYSオーディション」でグランプリを獲得し加入。 更に2010年にD-BOYSの中から選抜されたスペシャルユニット「D☆DATE」にも参加。 同年12月1日にシングル『あと1cmのミライ』でCDデビューした。
    また、同事務所の若手男性俳優集団であった弟分グループの「D2」が、2013年10月にD-BOYSに吸収される。 これを機に、元Jr.の阿久津慎太郎白又敦大久保祥太郎もD-BOYSのメンバーとなった。


    CoM (Chivary of Music)

    元「NEWS」のメンバー・森内貴寛が、2004年末頃に友人2名と共に結成したバンド。
    森内はボーカルを担当した。 翌2005年に解散。


    generation

    2004年12月結成。同年12月28日、29日に渋谷eggmanにて初ライヴを行った。

    メンバー

    • 川野直輝(ドラム、コーラス)※  Shinji - 原田真二(ボーカル、ギター、キーボード)

    サポートメンバー

    • 田中昌志 (三代目ベース、コーラス)

    歴代サポートメンバー

    • yutaka(初代ベース、コーラス)  岡部雄介(二代目ベース、コーラス)


    ONE OK ROCK

    ワン・オク・ロック。 通称:ワンオク。 2005年4月に結成されたロックバンド。 元「NEWS」のメンバー・森内貴寛が参加。
    2005年4月に堀越高等学校に通う仲間たち4名で結成。 翌5月、Taka(森内)が、Toruに誘われてバンドに加入した。  バンド名の由来は、リハーサルの際にスタジオに入るのがいつも「午前1時(one o'clock)」だったため。 他には、「タクシーズ」というバンド名候補もあった。
    2005年12月21日、ライヴ会場で手売り用の自主制作CD『Do you know a Christmas?』を200枚限定で発売し、即完売。
    2006年、ドラムのTomoが俳優に転向する為に脱退。 その後、Toru、Ryotaの2名が元々、 少年ラップグループ「HEADS」(2005年5月解散)のメンバーとして大手芸能事務所「アミューズ」に所属していた事から、本バンドも2006年よりアミューズに所属。  同年7月26日、1stミニアルバム『ONE OK ROCK』にてインディーズデビュー。 更に同年8月、「THE 夢人島 Fes.2006」に出演した。
    ドラムのTomoの脱退以来、サポートドラマーを務めていたTomoyaが、2007年3月に正式に加入。  そして同年4月25日、シングル『内秘心書』にてメジャーデビュー。その後、非常に人気の高いバンドへと成長していった。
    メンバー全員で曲作りをするスタイルのバンドであったが、 2009年4月5日にAlexが不祥事を起こし、同年5月13日に脱退。4人組となった。 [1][2][3][4]

    メンバー

    • Taka - 森内貴寛 ※
        ボーカル。 Alexの脱退後はギターを持つようにもなった。
        2005年3月から2012年初頭までは、母親の姓である「森田」を名乗り、「森田貴寛」の名義を通名として使用していた(戸籍上は森内貴寛のまま)。
    • Toru - 山下亨
        バンドリーダー。 リズムギター → リードギター。 サブボーカル、ラップも担当。 「HEADS」の元メンバー。
    • Ryota - 小浜良太 (ベース。 「HEADS」の元メンバー)
    • Tomoya - 神吉智也 (ドラム)

    脱退メンバー

    • Alex (リードギター)
        本名:鬼澤アレクサンダー礼門、旧芸名:荘司アレク。元モデルで、 イケメン俳優集団「GUY-Z」のメンバーでもあった。
        2009年4月5日、東急田園都市線の電車内で、 酒に酔って21歳の女性の足を触ったとして神奈川県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕された。 不起訴処分となったが、同年5月13日に「ONE OK ROCK」からの脱退が発表された。
    • Tomo (ドラム)
        本名:小柳友(こやなぎ ゆう)。 俳優に転向する為に2006年に脱退。 父はバブルガム・ブラザーズのBro.TOM。兄は俳優の小柳心


    加賀屋エトランゼ

    2005年4月3日に江古田マーキーで行われた「三野姫」のライブ、同年7月3日に江古田マーキーで行われた「五野姫」のライブにゲストで登場したバンド。 更に翌2006年7月9日の江古田マーキー「三野姫」ライブにも再登場した。  バンド名の命名者は野村義男。

    メンバー

    • 加賀八郎(ボーカル、ギター)※ 衛藤浩一(ボーカル)※


    ヒデ屋モドランゼ

    2005年4月3日に江古田マーキーで行われた「三野姫」のライブにゲストで登場したバンド。

    メンバー

    • 衛藤浩一(ボーカル)※ 渡辺英樹(ボーカル、ベース)


    LOW-GUNS

    2005年4月3日に江古田マーキーで行われた「三野姫」のライブにゲストで登場したバンド。 バンド名の由来は、二人とも「老眼」になってきたから。  なお、「The Lowguns」は同名異バンド。

    メンバー

    • 加賀八郎(ボーカル、ギター)※ 渡辺英樹(ボーカル、ベース)


    ライトライブ

    ライトライブ(right live)は、千葉県を拠点に活動していたギターポップバンド。 元Jr.の森近政司が参加したバンド。 2005年7月に森近、岩松、松尾の3名で結成。 2006年にインディーズのフリースタジオレーベルよりミニアルバムをリリース。 そして2007年4月、ブロー・ウィンド・レコードよりメジャーデビュー。  同年12月10日に森近・松尾が脱退。 その後、岩松が新たなメンバーを集め、再始動した。  なお、新メンバーの小山、西間木、浅賀の3名は、2007年5月よりベンチャーズなどをカバーするエレキインストバンド「B.C.V. (Bing Conception with The Venturesの略)」としても活動している。

    メンバー

    • 岩松健一 (いわまつ けんいち、1981年5月19日生まれ。ボーカル&ギター)
    • 小山将平 (こやま しょうへい、1987年12月8日生まれ。ギター)
    • 西間木陽 (にしまき よう、1985年6月11日生まれ。ベース)
    • 浅賀光太 (あさが こうた、1985年12月14日生まれ。ドラム)

    脱退メンバー

    • 森近政司 (ドラム。2007年12月10日脱退)※
    • 松尾智史 (まつお さとし、1980年7月16日生まれ。ギター。2007年12月10日脱退)
    • 有田竜太郎 (ありた りゅうたろう、1980年9月15日生まれ。ベース)

    ディスコグラフィ

    • day break (ミニアルバム、2006年6月29日)
    • 1+1 (シングル、2007年4月18日)
    • 泣いちゃうくらい (シングル、2007年9月5日)


    加賀屋

    アコースティックギターユニット。 2005年8月20日に中目黒「楽屋」にてライブを行った。

    メンバー

    • 加賀八郎(ギター、ベース、ボーカル)※ 池沢理美(ボーカル。加賀の妻)  武直亮(ギター、ボーカル。愛称:タケちゃん。野村義男のローディー)


    C'est La Vie

    セラヴィ。 略称は「CLV」。 元関西Jr.の3名で2005年に結成したダンスボーカルユニット。
    2006年からKeyが参加、更に2008年にはKENが参加し、5人組となる。
    2012年4月25日の赤坂BLITZでのファイナルワンマンライブをもって解散。 [1][2]

    メンバー

    • HRK(ハル) - 大堀治樹 ※
    • Show - 曽根正太郎 ※
    • Rain(レイ) - 武藤雅博 ※
    • Key(ケイ)
    • KEN


    AAA

    トリプル・エー。 2005年4月結成。 元Jr.の日高光啓が参加。 max matsuura(松浦勝人)のプロデュースによる男女混合アイドルユニットで、所属事務所はavex trax。 ユニット名は「Attack All Around」の略。 2005年9月14日、max matsuuraによるプロデュースシングル『BLOOD on FIRE』でデビューした。

    メンバー

    • 日高光啓 ※
    • 西島隆弘 宇野実彩子 浦田直也(リーダー) 與真司郎 末吉秀太 伊藤千晃

    脱退メンバー

    • 後藤友香里 (機能性不正出血を患い、2007年6月11日に脱退)


    ギフィー特旋隊

    元・関西Jr.の塩屋順次が2005年に岐阜県で結成した、男性5人組のダンスチーム。 同年11月20日、岐阜経済大学の学園祭「岐経祭」に出場した。  チーム名「ギフィー特旋隊」の由来は、「岐阜」と、漫画『ドラゴンボール』に登場する「ギニュー特戦隊」とを掛け合わせたもの。


    the chords

    ザ・コーズ。 2005年初頭に結成するも、同年の5月で解散した。 川野直輝の参加バンド。

    メンバー

    • Naoki - 川野直輝(サポートドラム)※  Sean(ボーカル) Tetsuya(ギター) Yutaka(ベース)


    原色少年

    げんしょくアトム。 2005年結成。 元Jr.の西原成守が、「GAYME」に続いて結成したバンド。 キャッチフレーズ、コンセプトは「PARCO系デジポップシアター」で、 ライブのことを「バザール」、バンドメンバーのことは「キャスト」と称した。 2007年10月12日の浦和・ナルシスでのライブをもって、無期限活動休止。  なお、当バンドでの西原は、「西之原成守」のアーティスト名で活動していた。 [1][2]

    メンバー

    • 西之原成守 (ボーカル&ギター) ※
    • JOE⇒AKIRA
        読み方は「ジョー・アキラ」。ドラム。 西原と同じく元「GAYME」のメンバー。 原色少年の後はバンド「FEIN10TRAP (フェイントラップ)」のドラムに。
    • SHIGE (ギター)

    サポートメンバー

    • とし (ベース。 2007年9月11日に解散したバンド「ギロ」のメンバー)


    イジワルケイ★オールスターズ

    2002年に活動を開始した日本の音楽ユニット。ロックバンド「赤と黒」のボーカルであるTAKA-ROCK(岩口タカ)らが企画したアニメ『おれたちイジワルケイ』から派生された。
    2枚のシングル『おれたちイジワルケイ 〜天〜』(収録曲「WIRE」、2005年7月20日)と『Keep On Smile』(2005年8月24日)に、諸星和己が「Shake」名義で参加した。


    Hotch Potchi

    ハッチ・ポッチ。2005年12月結成。元Jr.の井澤勇貴白水萌生(後の越山凌太)が参加。


    FiANCHi

    フィアンキ。 2006年結成のバンド。元「ジューク・ボックス」の近藤昌が参加。  アレンジャーの新川博を中心に経験豊かなミュージシャンとスタイリストによって構成される。 コンセプトは『プロが作ったアマチュアバンド』。 2006年3月にバンド名をタイトルにしたカバーアルバムを発表し、続けて目黒「Blues Alley Japan」で記念ライブも行った。 その後も継続的に活動。 [1]

    メンバー

    • 近藤昌 (ボーカル、スタイリスト担当)※
      新川博(キーボード)  市川祥治(ギター)  田中章弘(ベース)  濱田尚哉(ドラム)  SHIME(ボーカル。2006年秋に加入)  今井マサキ(ボーカル。2007年春に加入)  玉木正昭(パーカッション。2007年春に加入)  石井一孝(ボーカル。非常勤メンバー。2007年春より参加)

    脱退メンバー

    • 河内淳一 (ボーカル、ギター。2006年夏に脱退)


    光SHINJI

    バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(2006年2月11日、フジテレビ)内での一日限定ユニット。 全6名でローラースケートを履いて『パラダイス銀河2006』を披露した。 当日の同番組には、野村義男と布川敏和も出演した。

    メンバー

    • 諸星和己 (ボーカル担当)※
    • 武田真治 (サックス担当)
    • 「東京ボンバーズ / ムラサキ」のメンバー4名

    VOXPOP

    2006年結成、2007年3月16日解散。 元「DOGGY BAG」の2人兄弟から成るバンドで、川野直輝がサポートドラとして参加した。


    シャバダバンド

    2006年結成のバンド。 結成のきっかけは、野田と小西の二人が飲み屋で思い付いた気まぐれからだった。
    2006年12月29日に新宿「ライブミュージックイン」で初ライブを行い、ゲストとして曾我泰久率いる「THE APOLLO BOYZ」も登場した。

    メンバー

    • 衛藤浩一 (ドラム)※
      野田順子(ボーカル) 小西康久(サックス) 田ノ岡三郎(アコーディオン)
      斉藤まこと(ベース) 花島英三郎(トロンボーン)


    Mother Ninja

    2005年結成のラップ&ボーカルユニット。 結成当初は「MOUNT POSITION」という名称だったが、2006年11月に元Jr.の日高光啓を迎え、「Mother Ninja」に改名した。 2007年8月22日にアルバム『スポンテイニアス』をリリースするも、2010年3月31日に活動休止となり、そのまま消滅した。

    メンバー

    • Geeny (ジーニー。本名:日高光啓。MC。「AAA」のメンバー)※
    • Aboo (ボーカル。 元「Amasia Landscape」のメンバーのAkico)
    • motsu (MC。「m.o.v.e」のメンバー)


    DUSTZ

    ダスツ。 俳優の藤田玲が、フランス人インターナショナルスクール小学校時代の同級生2人(KenT、Gus)と2005年10月に結成したバンド。 そこに川野直輝がドラムとして2007年から参加した。 2009年5月27日に、TBSアニメ『戦国BASARA』のエンディングタイアップ曲「Break & Peace」でメジャーデビュー。 しかし川野は翌2010年6月7日に脱退した。 [1][2]

    川野在籍時のメンバー

    • Naoki - 川野直輝 (ドラム、コーラス、バンドリーダー)※
    • Ray(インディーズ時代はTakuto) - 藤田玲 (ボーカル)
    • KenT - 横山ミッシェル千裕 (ギター)
    • Gus - 興絽オースティン智也 (ベース)

    川野在籍時のサポートメンバー

    • 原田悠吾 (ギター)


    To-Da FIVE

    トゥー・ダ・ファイブ。 再結成後のフォーリーブスのバックバンド

    メンバー

    • 村田勝美 (初代ドラム)※
    • 長沢悟 (二代目ドラム。元「アニメーション」)※
    • 杉征夫 (すぎ ゆきお。ベース。元「ハイ・ソサエティー」)※
    • 中野新哉 (ギター)
        5月17日、札幌市生まれ。東京育ち。  1996年の豊川誕のバックバンド「シャロン」に参加したり、2006年以降の近藤真彦のバックなども担当。 また、高円寺のライブハウス「楽や」のスタッフ&専属ギタリストでもあった。 [1]
    • 遠山裕 (とおやま ゆたか。キーボード。元「リューベン&カンパニー」)
    • 片岡英昭 (キーボード)


    One's Father

    スーパーエイジス星克己が2007年に結成したバンド。 東京、大阪などでライブを行い、レパートリーはオリジナル曲を中心に、1960年代から1980年代の洋楽カバー。
    2009年2月1日に大阪RUIDOで行われたライブには、殿ゆたかがゲスト出演している。
    オリジナル曲には、「One's Father」、「彼女」、「SAKURA」、 「チャイニーズストーリー」、「ひとりきりのクリスマス」、「親友へ」、 「酔いどれ人生」、「ジングルベルナイト」などがある。 [1][2][3]

    メンバー

    • 星克己(ボーカル、ギター)※
      徳永佳正(ギター) 齋藤満(キーボード) 吉成勝行(ドラム、ボーカル)  KUMIKO(ボーカル) 今村豊和(二代目ベース。元「RAINY LADY」のメンバー)

    脱退メンバー

    • トミー太田(初代ベース)


    Apaloosa

    2007年結成のバンド。元Jr.の矢代徳久が参加。
    同年8月21日、両国・FOUR VALLEYにて初LIVE。 しかし、僅か一年後の2008年9月に解散。
    その後矢代は、2009年6月より新宿のホストクラブ兼ショーパブに勤務。

    メンバー

    • Nori - 矢代徳久(ボーカル)※  JK(ギター) syun(ベース) HiDeKi(ドラム)


    JB5

    2007年結成。 元Jr.の久保翔が参加。 「JUNON BOY 5」の略で、男性5人のユニット。
    「第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」のファイナリストたちで結成され、
    アイドル雑誌『JUNON』のみで活動。 2007年12月20日をもって解散(卒業)した。


    Midnight Angel

    2007年結成のバンド。 1988年に公開された男闘呼組主演の映画『ロックよ、静かに流れよ』の中で登場したバンドと同名の、オマージュ的なバンド。 ライブでも男闘呼組時代の曲を中心に演奏。

    メンバー

    • 高橋和也 (ボーカル&アコギ&ベース)※  前田耕陽 (ボーカル&ピアノ)※
      小関純匡 (愛称:コセやん。ドラム&コーラス。元「男闘呼組」)※

    サポートメンバー

    • 石坂和弘 (ギター&コーラス。2010年7月のLIVEツアー「THE 80's ROCKIN' NIGHT」にゲスト参加。バンド「Blue Caps」や「The Driving Wheels」のメンバー)


    純烈

    2007年結成の歌謡コーラス・グループ。 G.P.R所属。 6名中4名が特撮番組でレギュラー出演経験のある俳優で構成されている。 グループ名は「純情烈将伝」の略で、「純粋であり、かつ強く正しく節操や分別がある」、「志を変えずに最後まで貫く」といった意味が込められている。 3年に及ぶ下積みを経て、2010年6月23日に『涙の銀座線』でCDデビューを果たした。

    メンバー

    • 友井雄亮 ※
    • 酒井一圭(リーダー) 白川裕二郎 小田井涼平 林田達也 後上翔太


    「音楽食堂 夢弦(MUGEN)」関連バンド

    元「ハイ・ソサエティー」の杉征夫と、元「メッツ」の砂野誠一が2007年3月12日にオープンした三軒茶屋のライブハウス「音楽食堂 夢弦 (MUGEN)」を母体として活動するバンド。
    「音楽食堂 夢弦(MUGEN)」 - Facebookコミュニティ
    「杉征夫 オフィシャルウェブサイト」
    砂野誠一のブログ 「メッツ・JET・Be-BopsでGOGO!」 (2010年5月26日 - )


    The Lowguns

    2006年に結成されたカントリー・ロックバンド。 バンド名の由来は、メンバーたちが「老眼」になってきた事から。 なお、「LOW-GUNS」は同名異バンド。 [1]

    メンバー

    • 杉征夫(ボーカル&ギター&ベース)※  市村知子(ボーカル)[1]

    初代サポートメンバー

    • 法田勇虫(ほうだ いさむ。ギター) 谷川史郎(ギター) 小山英樹(キーボード) 板倉淳(ドラム)

    二代目サポートメンバー (2010年 - )

    • 細川雅史(まさし。ギター) 小山英樹(キーボード)  早川誠一郎(ドラム。バンド「Needless Lyrics」のドラマー。6月13日生。A型)

    クリスマスライブのスペシャルゲスト (2010年12月26日)

    • 城下一正 (青山孝史の息子。ボーカル&ギター)
    • Takapy


    JU T'AIME

    ジュテーム。2007年5月結成のバンド。 元「ハイ・ソサエティー」の杉征夫と、元「メッツ」の柏木孝夫が参加。 ジュテームのロゴデザインも、アパレルデザイナーである柏木が手がけた。
    このバンドは主に六本木のライブハウス「アビーロード」にて活動していた。
    なお、2008年2月10日に行われたアビーロードでのライブには、元「メッツ」の山縣孝良鈴木寛と、元「JJS」の板野俊雄の3人がサプライズゲストとして登場している。  当バンドは後に、新バンド「J.S.&T.」へと進化した。 また、花岡・黒岩・いさお・チャー坊は、ベースに小山説自(愛称:コンQ。 ザ・ワイルド・ワンズの植田芳暁のバックバンドとして1982年に結成された「レイアウト」や、2003年結成の「永Q家五臓六腑(えいきゅうやごぞうろっぷ)」のメンバー)を迎えて、「BLACK LIGHT」というバンドを新たに結成した。

    メンバー

    • 柏木孝夫 (愛称:孝ちゃん。ボーカル&ベース。元「メッツ」)※
    • 杉征夫 (すぎ ゆきお。ボーカル&ギター&ベース。元「ハイ・ソサエティー」)※
    • 花岡光二 (リーダー、愛称:光二。メインボーカル&ベース。元「レモンパイ」)
    • 砂野誠一 (いさの せいいち。ボーカル&ドラム。元「メッツ(第二期)」)
    • 黒岩典英
      7月12日生まれ。三重県出身。 愛称:黒ちゃん、ボーカル&キーボード。ビートルズのコピーバンド「The Firegrows」のメンバー。 過去には「クールス」にも参加。 また、豊川誕のバンド「MESSIAH」のメンバーだった新村直行と共に、 「森川沙織&スーパーバンド」や「桜井りこ&57’s」にも参加していたことがある。
    • 上村功
        愛称:いさお。ギター。1959年3月17日生。上田哲男と交替で加入。 元々は、アイドルバンド「フレンズ」の弟分に当たるロックバンド「ロッキーズ」のメンバーで、1978年にエキスプレスレコードから『砂漠のファンタジー c/w 夏のラブ・ソング』でデビューしている。
    • 高木貴司
        愛称:チャー坊。ドラム。1956年6月15日生。あい雅幸と交替で加入し、時々の参加。 上記の上村功と同じく、元「ロッキーズ」のメンバー。

    脱退メンバー

    • あい雅幸
        愛称:あいちゃん。ボーカル&ドラム。元「レモンパイ」のリーダー。 その後は、バンド「ジェットストリーム」を結成し、 ヤマハ・ポプコン全国大会で2位を受賞。 引退後は大手旅客輸送会社の安全管理の講師に転身していた。
    • 上田哲男
        愛称:チャーリー。ボーカル&ギター。ビートルズのコピーバンド「The Firegrows」のメンバー。


    N.N.&S.

    ポップ・ロックのバンド。 バンド名は、「長沢・中野&杉バンド」という意味。

    メンバー

    • 杉征夫(ベース&ボーカル)※  長沢悟(ドラム)※  中野新哉(ギター&ボーカル)


    JJS Brasil

    ブラジル音楽(サンバ,ボサノバ)のバンド。

    メンバー

    • 杉征夫(ベース)※  神代充史(トランペット) 梶塚潤(ギター)

    Blues Power

    メンバー

    • 杉征夫 ※  Yutaka JR Mami Seiya

    内海利勝 & JUKE JOINT

    メンバー

    • 杉征夫(ベース)※  内海利勝(元「キャロル」のメンバー。ボーカル&ギター) 西本孝(ドラム) 佐藤久仁夫(ピアノ)

    B.L.Y.

    J.S.&T.」の前身バンド。

    メンバー

    • 柏木孝夫(ボーカル&ベース)※  杉征夫(ボーカル&ギター)※
      砂野誠一(ボーカル&ドラム) 花岡光二(メインボーカル)

    Banbies

    メンバー

    • 杉征夫(ベース)※ 砂野誠一(ボーカル&ドラム&パーカッション)
      ダイヤ・ピアノ・サンタ(ボーカル&ピアノ&ハープ) ヒロ・イナオカ(ボーカル&ギター)

    さんちゃNOW!

    メンバー

    • 杉征夫(ボーカル&ベース)※  砂野誠一(ボーカル&ドラム) 黒川照家(ギター)

    Jackie & Seiichi

    J & S」と略されることもある。

    メンバー

    • 杉征夫(ボーカル&ギター)※  砂野誠一(ボーカル&ギター&パーカッション)

    GS Paradise

    メンバー

    • 杉征夫(ボーカル&ギター)※  細川雅史(ボーカル&ギター)

    BLACK MAX

    メンバー

    • 杉征夫(ベース)※  市村知子(ボーカル) 早瀬太嘉志(本名:早瀬孝志。ギター) 小山英樹(キーボード) 板倉淳(初代ドラム) 早川誠一郎(二代目ドラム)

    Gold Lobster

    メンバー

    • 海老沢雄一 遠山裕(とおやま ゆたか。ボーカル&ギター)

    サポートメンバー

    • 杉征夫(ベース)※ 砂野誠一(ドラム)

    J.S.&T.

    2010年夏に結成されたバンド。バンド名の由来は、「Jackie(杉征夫の愛称)、誠一、孝夫」のアルファベットの頭文字から。ちなみに結成当初のバンド名は「S.S.&T.」(杉、誠一、孝夫)だったが、2010年10月より「J.S.&T.」に改名された。  「JU T'AIME (ジュテーム)」、および「B.L.Y.」からの後身バンド。 [1]

    メンバー

    • Jackie (本名:杉征夫。ボーカル&ギター)※
    • 柏木孝夫 (ボーカル&ベース)※
    • 砂野誠一 (ボーカル&ドラム)

    ELECTRONIC JELLYFISH

    2010年夏に結成されたバンド。バンド名を和訳すると「電気クラゲ」。

    メンバー

    • Jackie Wong (本名:杉征夫。ベース)※
    • ぴょん (本名:砂野誠一。ドラム)
    • KAZU (本名:城下一正。1982年8月4日生まれ。ボーカル&ギター。青山孝史の息子)
    • DAISKE (本名:佐藤大介。ギター。バンド「Needless Lyrics」のギタリスト)

    J・K・P (ジャンケンポン)

    2010年夏に結成されたバンド。バンド名の由来は、「Jackie、Kazu、Pyon」のアルファベットの頭文字から。

    メンバー

    • Jackie (本名:杉征夫。ボーカル&ベース)※
    • Pyon (本名:砂野誠一。ボーカル&ドラム)
    • Kazu (本名:城下一正。ボーカル&ギター。青山孝史の息子)


    JUMPプリンス

    2007年10月、テレビ神奈川の音楽番組『ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!』内のコーナー「オグトシのプリンスファクトリー」にて結成された、 ヴィジョンファクトリー所属の新人タレント集団。
    ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身者が多数居たこのグループには、元関西Jr.の三谷怜央(第19回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」にノミネート)が参加していた。


    LIGHT BRINGER / まじかる☆にんじゃ / 他

    ライト・ブリンガー。 2005年4月に結成されたメタルバンド。 元Jr.の伊東和宏が、2007年11月にギタリスト&ボーカルとして加入。 2010年2月、日本テレビの連続ドラマ『左目探偵EYE』の第4話にゲスト出演し、デーモン小暮とのコラボレーションした劇中バンド「ブルーヘブン」のメンバー役を演じた。 同時に、当ドラマの主役であったジャニーズタレントの横山裕、山田涼介とも共演となった。
    Kazuは2011年8月20日をもって音楽活動を無期限休止したが、当バンドは同年11月23日にキングレコード・NEXUSレーベルより、シングル『noah』でメジャーデビューを果たした。 [1][2]

    「LIGHT BRINGER」メンバー

    • Kazu - 伊東和宏 (ギター&ボーカル)※
        1986年4月12日生まれ。愛称:いっちゃん。 ジャニーズを2002年に退社し、音楽専門学校「MI JAPAN 東京校」のギター科を卒業。 平田幸村とのインディーズメタルバンド「フルブラック」、 平田幸村、こ〜へ〜とのインディーズポップバンド「ヘブンズフィール」、 こ〜へ〜とのアニソン&ゲームソングコピーメタルバンド「Koco-cu!! (ココキュー)」、 アニソン&ゲームソングコピーメタルバンド「まじかる☆にんじゃ」を経て、「LIGHT BRINGER」に参加。
    • Fuki (ボーカル)
        愛称:ふきてん。本名:佐藤蕗子。6月9日生まれ。 バンド 兼 同人誌サークル「Unlucky Morpheus」のボーカル・天外冬黄(てんげ ふゆき)としても活動。
    • Seiya (ギター)
        Kazu(伊東和宏)とは、「MI JAPAN 東京校」ギター科、およびバンド「Koco-cu!!」時代からの仲間。
    • Hibiki (ベース。1987年1月3日生まれ。「アルハンブラ」のメンバー)
    • Mao(キーボード) Satoru(ドラム)

    「LIGHT BRINGER」のメンバーの内の半分(Kazu、Fuki、Hibiki)は、2007年夏に結成したアニソン&ゲームソングコピーメタルバンド「まじかる☆にんじゃ」としても並行活動していた。 2008年2月9日の秋葉原PAGODAのライブにて解散。 企画もののバンドだったこともあり、結成から解散までのライブ回数はわずか3回だった。 [1]

    「まじかる☆にんじゃ」メンバー

    • Fazz - 伊東和宏 (ギター&ボーカル)※
    • ふき (Fukiの別名。ボーカル)
    • yuki (ギター)
        別名:平田幸村。本名:平田直幸。3月10日生まれ。「スーパーストロングマシン」の平田淳嗣の甥。「フルブラック」、「Unlucky Morpheus」のメンバー。
    • ひびきたん (Hibikiの別名。ベース)
    • こ〜へ〜 (キーボード。「ヘブンズフィール」、「Koco-cu ! !」のメンバー)
    • ゆうき (ドラム。最年長の1983年9月7日生まれ)

    BAB

    バブ。 2008年結成のバンド。 2008年1月25日に渋谷のAcoustic Live Bar 「36°5」にてデビューライブを行った。 バンド名の命名者は野村義男。

    メンバー

    • 加賀八郎(ボーカル&ギター&ベース&ハープ)※  衛藤浩一(ボーカル&ドラム&カズー)※

    ミニアルバム

    • BAB (2008年6月8日)
    • 黄金色した憎いヤツ! (2009年4月30日)


    Centirental

    センチレンタル。 2007年〜2008年にかけて、「FiXe」に石垣大祐の代役として参加していたサポートキーボーディスト・佐藤友紀が、2008年7月12日に結成したバンド。 [1][2]

    メンバー

    • 佐藤友紀 (キーボード、コーラス)※
    • 野口晋作(ギター、ボーカル) 小宮暖(ベース、コーラス) 中野文悟(ドラム)

    Clat'z

    クラッツ。 元ジャニーズJr.の三浦勉が結成したバンド。 都内で定期的にライブを行った。 [1]

    メンバー

    • 三浦勉(ボーカル)※  真吾(ベース) 史明(ギター) 健太(ドラム)

    西風雲

    さいふーん。 男性15名のダンスボーカルユニットとして2009年に活動。元Jr.の日高光啓が参加した。 黒いフードを深くかぶった覆面ユニットのため、各メンバーは名前や正体を明かさず、コードネームで活動していた。 日高のコードネームは「西風雲No.3」。
    2009年2月2日、オリジナル曲『Break your name』がフジテレビ『HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP』の2009年2月・3月のエンディングテーマとしてオンエア開始。 同時に公式サイトも公開。
    同年7月29日、『Break your name』を「AAA」とのスプリットシングルとしてリリース。 発売と同時にメンバーのうち5名がプロモーションビデオ内でベールを脱ぎ、「AAA」の男性メンバー5名であること明らかとなった。 [1]


    D2

    2009年6月結成。 ワタナベエンターテインメントに所属する若手男性俳優集団。 元Jr.の阿久津慎太郎が2010年4月、白又敦大久保祥太郎が同年12月に加入した。
    同事務所の男性俳優集団「D-BOYS」の弟的な存在にあたり、D-BOYSオーディションの参加者・受賞者も多い。 2013年10月、D-BOYSに吸収されて消滅。


    el'z

    エルズ。 旧名:LUV'Z(ラヴズ)。 2009年8月に結成された2ピースバンド。 同年12月23日、『感謝LIVE』と題する1st LIVEを、新宿のライブハウス「FUTURE NATURE VALVE」にて行った。
    2012年2月、バンド名を「LUV'Z」から「el'z」に改名。 それまでLUV'Zのファンたちは「LUV'ZER (ラヴザー)」と呼ばれていたが、バンド名が変わった為にファンも「el'zer (エルザー)」と呼ばれるようになった。
    2015年7月1日のライブをもって活動休止。 [1][2][3][4]

    メンバー

    • 高橋直気 ※  井上和英 ※

    cLover

    クラバー。 旧名:KKK with 勉。 2009年9月19日に、元ジャニーズJr.のメンバー4人で結成されたユニット。 日本各地でライブを開催。  2010年の春に「KKK with 勉」から「cLover」に改名。 読み方は「クローバー」ではなく「クラバー」。 「四葉のクローバーを見つけると幸せになる、そしてcloverの“c”を取ると“Lover”、つまり愛になる。ファンに幸せと愛を与えたい」との思いで命名された。  同年7月7日、インディーズCDアルバム『Love』をリリースした。 [1]

    メンバー

    • 浅倉一男 ※  尾身和樹 ※  鎌田淳 ※  三浦勉 ※

    セツナクルーズ

    2009年11月2日に結成されたバンド。 元「Question?」の米村大滋郎が参加。 2010年4月9日、ミニアルバム『初出勤』でデビュー。 [1][2]

    [3]

    メンバー

    • 米村大滋郎 (ボーカル)※
    • 大浦たすく(ギター) 岡本崇志(ベース) 竹内義晴(ドラム)

    美女♂men Z

    びじょメン・ゼット。 旧名:美女♂men Vlossom (びじょメン・ブロッサム)。 2010年に、TBSテレビの音楽番組『MusicBirth+』内のオーディションにて結成された女形ビジュアル系バンド(メンバーは全員男)。
    元Jr.の斎藤恭央(後の桜塚やっくん)が在籍。
    2013年2月14日より、「ももいろクローバーZ」にあやかって「美女♂men Z」に改名した。 [1][2][3][4]

    メンバー

    • 桜塚やっくん (ボーカル、リーダー)※
    • 如月なつき(ギター) 伊織(旧名:タイガ。ベース) 透ch(旧名:遊鳥透ch。シンセサイザー)

    サポートメンバー

    • Sakito (担当パート:All)

    脱退メンバー

    • RUI (ドラム)

    s4

    エスフォー。 2009年より始まった往年のアイドルたちが集まる全国ツアー『同窓会コンサート』の参加者4名で、“平均年齢52.5歳の史上最高齢の新人アイドルユニット”として2010年に結成。 同年8月15日に東京・銀座のケントスでお披露目ライブを開催。 同年8月15日に、作曲家の故・井上大輔の遺作『夢のつづき』を収録したデビューカバーアルバム『僕の歌は君の歌』を発売。 翌2011年4月10日にはセカンドカバーアルバム『僕の歌は君の歌 Vol.2』、12月7日にはメジャーデビューアルバム『夢のつづき』をリリースした。
    なお、s4の「s」には、スペシャリティー、サディスティック、サバイバル、シニア、昭和、などの意味が込められている。
    ※ 括弧内の年齢は結成当時のもの。

    メンバー

    • 江木俊夫 (58歳。リーダー。元:フォーリーブス)※
    • あいざき進也(53歳) 加藤高道(50歳。元:狩人) T.AKIRA(49歳。元:フィンガー5)

    ココア男。

    元・関西Jr.の米原幸佑が参加したバンド。  関西テレビのバラエティ番組『イケメンデルの法則』に「イケメンゲスト」として出演していたメンバーの中から、5名で結成。  2010年2月5日放送分で結成が発表され、3月15日に大阪・BIG CATにて『ドコモ presents イケメンデルの法則 恋のJUMP UP LIVE!』と題した1st LIVEを開催。 そして同年4月14日にシングル『甘い罠 苦い嘘、、、』でデビューした。 2012年3月31日をもって解散。 [1][2]

    メンバー

    • 米原幸佑 (ドラム)※
    • 鎌苅健太(ボーカル) 鈴木勝吾(ギター) 細貝圭(ベース) 井出卓也(キーボード)

    大久保商店

    2010年7月に結成されたエンターテインメントユニット。 同年8月21日に内神田「Free Style」で行われた、元・忍者の柳沢超のイベント『超STG 2』にて初お披露目。 元・関西Jr.の安達雅哉が参加。 ユニット名の由来は、所属事務所の「レア・グルーヴ」が新宿区大久保に在ることから。
    USTREAMにてトーク番組『大久保show店』を数回放送したが、安達の脱退を機にグループもそのまま終息。 [1]

    メンバー

    • マサ・サイトウ 高橋喜美雄(本名:高橋秀仁) 松清ふみのり  やびく直樹(本名&旧芸名:屋比久直樹) 井上賢吏

    脱退メンバー

    • 安達雅哉 (2011年8月一杯で脱退)※

    ガムガムブラザーズ2

    衛藤浩一が参加。
    かつて西新宿で活動していた前身バンド「ガムガムブラザーズ」が、 衛藤の古くからの親友である爆風スランプのドラム、ファンキー末吉が経営するLive Bar「X.Y.Z.→A」(エックス・ワイ・ズィー・トゥ・エー。八王子市)にて、2010年6月20日に「ガムガムブラザーズ2」の名で復活LIVEを行った。 その際、衛藤と半田はゲストとしての参加だったが、同年9月28日に同Live Barで「衛藤浩一君新メンバー決定記念ライブ」を開催し、衛藤も半田も正式メンバーとなった。  更にその後、ザ・グッバイの加賀八郎の妻・池沢理美も参加した。
    ジャニーズの「涙くんさよなら」を始め、キャロルの「ルイジアンナ」、ピーター・ポール&マリーや忌野清志郎の「500 Miles」など、 昭和の名曲の数々をLIVE演奏するバンドで、持ち歌の数は自称2,000曲。 「ガムガムブラザーズ2のテーマ」というオリジナル曲もある。

    メンバー

    • 衛藤浩一 (ドラム、ボーカル)※
    • 和佐田達彦(ベース、ボーカル) 寺内茂(トランペット、ギター、ボーカル)  半田すなお(キーボード、ボーカル)  池沢理美(ボーカル)

    EBiDAN (TR2Y2、超特急)

    エビダン。 スターダストプロモーションに所属する所属する男性俳優、タレントで構成された大人数ダンスユニット。 「恵比寿学園男子部」の略。  元Jr.の栃岡龍太船津稜雅が参加した。
    2010年5月1日にオーディション募集開始。 6月20日にオーディション開催。 8月12日よりブログ開始。更に同月17日よりムービー配信も開始した。
    船津はEBiDANの内部ユニット「TR2Y2」、「超特急☆-BULLET TRAIN-」にも参加。 そして「超特急☆-BULLET TRAIN-」は2012年に「超特急」に改名し、インディーズでCDデビューした。
    一方の栃岡は2011年1月31日付けでスターダストを退社し、同時にEBiDANからも脱退した。
    なお、「超特急」のメンバー・小笠原海は、2009年4月にバラエティ番組『スクール革命!』で行われたジャニーズJr.オーディションを受け、3次選考まで進んだものの落選した人物。


    Pumpkeyπ

    パンプキィ・パイ。 元・ジャニーズJr.の森近政司が2010年後半に結成した3ピースバンド。 「アニソン」をテーマに曲を作り、東京・千葉を中心に活動。 [1]

    メンバー

    • 森近政司(ドラム)
    • pon(女性。ボーカル) 内山翼(ギター)

    RTA

    2010年結成。 元・ジャニーズJr.の前田紘利 T.J.が「前田紘利」名義で加入した中国のダンスボーカルユニットで、名前は「Road To Asia」の略。 11人組で、中国人8名、マレーシア人1名、日本人2名。
    2010年初頭よりオーディションが開催され、2011年1月2日に湖南TVの3時間特番(生放送)で初お披露目された。


    AUTRIBE

    オートライブ。 元・ジャニーズJr.の良知真次が2011年初頭に結成した5人組のダンスボーカルグループ。 同年3月5日に新宿BLAZEにて初ライブを行った。 [1]

    メンバー

    • SHINJI (本名:良知真次)※
    • GO(本名:植木豪。「PaniCrew」のメンバー) HILOMU(元「RSP」のメンバー) TAKAHIRO DAISUKE

    -V.I.P-

    元・ジャニーズJr.の潮田竜也藤井勝成が2011年に結成した3人組メンズダンスボーカルユニット。 同年3月3日に渋谷DESEOにて初ライブを行った。しかし同月中に藤井が脱退した。

    メンバー

    • 潮田竜也(リーダー)※  播本昇平(愛称:はーくん、ハリ)

    脱退メンバー

    • 藤井勝成 (愛称:かっちゃん)※

    F:ma

    フィーマ。 2011年にイトーカンパニーグループの「ラッキーカムカム」に所属するタレント4名で結成された、大阪を拠点に活動するクリエイターダンスボーカルユニット。 元・ジャニーズJr.の白水萌生が参加。 [1][2]

    メンバー

    • 白水萌生 (ラップ担当)※
    • 辻本優人(リーダー) ALISA(リードボーカル) 三浦萌子

    MY FIRST STORY

    2011年8月に渋谷で結成されたロックバンド。元Jr.の森内寛樹森進一森昌子の息子。ロックバンド「ONE OK ROCK」の森田貴寛の弟)が参加。  2012年4月4日、アルバム『MY FIRST STORY』にてCDデビュー。 [1][2]

    メンバー

    • Hiro (本名:森内寛樹、ボーカル)※
    • Nob(ベース) Sho(ギター) Teru(ギター) Masack(ドラム)

    Dieu

    デュー。 元・関西Jr.の鮫島章洋が結成したヴィジュアル系ロックバンド。 2011年8月より活動開始。
    ベース担当・雫の体調不良を理由に、2013年7月3日、SHIBUYA-REXでのLIVEをもって解散。 [1][2]

    メンバー

    • Lily (ボーカル) - 鮫島章洋 ※
    • Sarah(セイラ。ギター) 雫(しずく。ベース)

    脱退メンバー

    • 奈緒(ギター) 悠(ドラム)

    Vimclip

    ヴィムクリップ。 2011年、「第2回 レコチョクオーディション」にて、 全国5,000名を超える応募者の中から選ばれた、男性6人組のボーカル・ラッパー&ダンサー&DJユニット。 元・関西Jr.の三谷怜央が「REO」名義でダンサーとして参加している。  同年9月2日に新木場・STUDIO COASTで行われたイベント「JAPANATION×HOUSE NATION」のアリーナステージで、新人としては異例のデビューパフォーマンスを行った。 そして9月14日に、JIN(GReeeeNのプロデューサー)とnishi-kenのプロデュースによるレコチョク独占配信シングル『恋心』で、avexよりメジャーデビュー。 更に翌2012年7月18日には、デビューCDミニアルバム『VIMCLIP』をリリースした。 [1][2]

    メンバー

    • REO (本名:三谷怜央、ダンサー)※
    • ボーカル - TOMO(本名:沼澤智之) EIKI(本名:久保永樹) KAZUKI(本名:野間一輝)
    • ダンサー - TAKE (本名:青木武憲)
    • DJ - DJ TAKURO (本名:和田拓郎)

    BLOW

    2011年10月に結成されたダンスボーカルユニット。 数回のライブ活動を経て解散。 [1]

    メンバー

    • 齊藤楓 ※ 浦野秀太 ※

    脱退メンバー

    • 工藤嘉誠 ※

    Cielbleu

    シエルブルー。2012年1月に結成したユニット。 同年2月24日に渋谷のライブハウス「チェルシーホテル」にて1st LIVEを開催。
    Cielbleuとは「青空」という意味。

    メンバー

    • 山下翔央 ※ 山下玲央(本名:山下莉央) ※  水野新太郎

    CD

    • Forever (2012年2月24日)

    DVD

    • Ciel bleu First Live 2012 (2012年5月18日)

    Plan-B

    プラン・ビー。 元「FiXe」の3名が2012年1月に結成したバンド。 [1][2][3]

    メンバー

    • 中江川力也(ギター、ボーカル)※ 上里亮太(ベース)※ 牧野紘二(ドラム)※

    TOKYO流星群

    日本の俳優によるパフォーマンスユニット。2012年3月結成。 元Jr.の制野峻右が3ヶ月程度参加した(2012年10月脱退)。


    タワーボーイズ

    東京タワーを応援する為に、イトーカンパニー所属の男性タレント3名によって2012年に結成された公式サポーターユニット。 元Jr.の植草裕太(樋口裕太)が参加。  同年5月15日に東京タワーで結成発表会が行われた。 [1]

    メンバー

    • 樋口裕太 ※  山崎大輝 育乃介

    S☆RUSH

    スラッシュ。 2012年6月より活動を開始したダンスボーカルユニット。 当初のユニット名は「Sweep」だったが、同年9月に「S☆RUSH」に改名した。 [1][2][3][4][5]

    メンバー

    • HRK(ハル) - 大堀治樹 ※
    • KEN


    Kaleido Knight

    略称:カレナイ。 2012年8月9日より活動を開始したダンスボーカルユニット。 2016年3月31日解散。 [1][2][3]

    メンバー

    • HRK(ハル) - 大堀治樹 ※
    • Jay-P(リーダー。元『あいのり』出演者の西村隼平)  草摩・O・そうすけ。(ソウマ・オスカル・ソウスケ)  TaKuRo


    F.A.M.E

    フェイム。 2012年に結成された音楽ユニット。 同年8月28日に、大阪・あべのキューズモールにて初ライブを開催。

    メンバー

    • 草野博紀 ※  竹本洋介(元・GiFTのメンバー)

    P'z boys

    ピーズ・ボーイズ。 結成当初の表記は「P'Z boyz」。 同学年の4名の元Jr.たちで2012年9月に発足した総称名。  芸能事務所「プランチャイム」に所属し、ダンスを中心に個々で活動するメンバーたちの総称名であり、正式なユニットではない。 [1]

    発足時メンバー

    • 福井大輔 ※ 大森隼 ※ 菅俣翔 ※ 稲見友剛 ※

    追加メンバー

    • 福野麗生馬 ※ 濱口秀太郎 三枝太一 櫻井高輝

    脱退メンバー

    • 稲見友剛 ※

    The LADYBIRD

    2013年3月1日に結成発表されたバンド。 [1][2]

    メンバー

    • ヨディー - 淀川由浩 (ドラム、ボーカル)※
    • 佑太
        (本名:白井佑太。ギター、ボーカル。1985年3月23日生まれの俳優。ミナクル・カンパニー所属)
    • エリック - エリックまたひら
        (本名:又平エリック康憲。キーボード、ボーカル。1985年1月5日生まれの俳優。父親が日本人で母親がオーストラリア人のハーフ。カレーラ所属)

    3arrows

    スリーアローズ。 2013年8月18日に亀戸・カメリアホールで行われたダンスイベント『ダンサー達の祭典 J・Dance東京Collection 〜Dancing〜』に出演するために結成された、一日限定のダンスユニット。

    メンバー

    • 武口明 ※
    • 内田和也(元・劇団四季) 小野沢文恵

    DUO

    デュオ。 2013年に結成されたユニット。 同年7月7日に大阪「club vijon」にてライブデビュー。 2014年9月23日にシングル『ふたつのライン』をリリースした。

    メンバー

    • 正木慎也 ※  佐藤寛之 ※

    WEBER

    ウェバー。 2013年6月に結成されたダンスボーカルユニット。 芸能事務所「プランチャイム」に所属。 [1][2][3]

    メンバー

    • Hayato - 大森隼 (ボーカル)※
    • J(リーダー。ダンサー)  Taka.(ボーカル)  little Skeet(ダンサー)

    porehead

    ポアヘッド。 2013年7月4日に結成されたバンド。 [1][2]

    メンバー

    • hiro - 草野博紀 (ボーカル)※
    • Takeshi(ギター) MattSun(ベース)

    SPiCYSOL

    スパイシーソル。 元ジャニーズJr.の伊郷アクンが2013年夏に結成したバンド。 バンド名の由来は、SPICY=刺激的な、SOL=太陽(ローマ神話の太陽神 etc)を合わせた造語。 [1][2][3][4][5][6]


    ブレイク☆スルー

    2013年12月23日に結成されたアイドルユニット。 2014年2月16日に1stライブ「俺たち原宿からブレイクするー!?」を開催。 同年8月13日にシングル『paradise dream』でインディーズデビュー。 所属事務所はトライクルーエンターテインメント。 そして事務所の社長は、元・関西ジャニーズJr.の鍋野幸大(なべの たかひろ)。 [1][2][3]

    メンバー

    • TAKANORI - 大咲貴徳 (本名:安藤貴徳)※
    • RYOYA - 吉田涼也 ※
    • YUTO - 新垣佑斗 ※
    • SHUNSUKE - 鯨井俊介 (本名:鯨井大介)※

    PUYO

    2014年1月より、ニコニコ動画にダンス動画の投稿を開始したダンサーコンビ。 [1][2][3]

    メンバー

    • TAKU - 亀井拓 ※
    • 池田由有子

    5IGNAL

    シグナル。 2014年初頭に結成されたダンスボーカルユニット。 同年4月29日に東京ディズニーリゾート内のショッピングモール「イクスピアリ」にてステージデビュー。 2015年5月27日にライブデジタルEP『5IGNAL 1st SHOW TIME INDEPENDENCE DAY at SHINJYUKU BLAZE』でiTunesにて配信デビュー(ライブ収録日は2014年7月27日)。 続いて2016年1月20日にアルバム『5IGNAL』でCDデビュー。 [1][2]

    メンバー

    • TJ - 前田紘利 T.J. ※
    • U3 (本名:前嶋祐賛。元「RTA」メンバー)  HIROKI  ENOYU  KAZ

    中村繁之 & THE JARI-TA

    2014年に結成されたバンド。 2016年5月25日に8曲入りのアルバム『再生 Return』を発売。

    メンバー

    • 中村繁之 (ボーカル、アコギ)※
    • 小暮 JARI 孝史(ギター)  香田俊太郎(ベース、愛称:Cody)  山崎拓(ドラム)

    The Best Time

    2014年12月に結成されたロックバンド。 略称:TBT。 [1][2][3][4][5]

    メンバー

    • MASAYA - 室将也 ※
    • syun (リーダー、ベース、コーラス)  HIRO(ギター)  ZEN(ドラム)

    脱退メンバー

    • Takahiro(ギター)

    ジジーズ・ジュニア

    元・光GENJIの佐藤寛之のライブで、2015年よりバックを務めるようになったオヤジダンサーズ。

    メンバー

    • 田代秀高 ※  大沼雄一郎 ※

    花吹雪歌激団

    2015年7月12日、元住吉・Powers2でのライブで初お披露目されたユニット。

    メンバー

    • 柏木孝夫 ※
    • 砂野誠一 今村良樹(元・ずうとるび)

    CLUSTAR.

    クラスター。 2015年10月に結成されたダンスボーカルユニット。 元ジャニーズJr.の松本拓朗、堀越大輝、堀越湧太の3名が参加。 双子の堀越兄弟は、2017年1月より当ユニットと並行して、ダンスボーカルデュオ「堀越ついんず」としても活動。 [1]


    ZERO

    2015年12月に4名で結成されたダンスボーカルユニット。 [1][2][3][4]

    メンバー

    • Ryu - 森本龍太郎 (メインボーカル、プロデューサー)※
    • Ryo

    追加メンバー

    • Ta2ya

    脱退メンバー

    • T_Y
    • KENTO (リーダー。2017年4月1日に脱退)

    G-EYE

    ゴッドアイ。 2016年1月に結成されたダンスボーカルユニット。 所属事務所はスターダストプロモーション。  元Jr.の田島将吾が「TASY (タジー)」の芸名、そしてヴァサイェガ光が「VASA (ヴァサ)」の芸名で参加。 [1][2]


    NEW→AGE

    2016年2月に結成されたダンスボーカルユニット。 所属事務所はスターダストプロモーション。  元Jr.の玉元風海人が「FUMITO」の芸名、そして森田真弥が「MAHIRO」の芸名で参加。 [1][2]


    G=AGE

    ジーエイジ。 2016年3月結成。上記の「G-EYE」と「NEW→AGE」が合体したダンスボーカルユニット。 所属事務所はスターダストプロモーション。 [1][2]


    JINTAKA

    2016年結成の音楽ユニット。 同年9月21日にシングル『Choo Choo SHITAIN』でCDデビュー。
    同年10月3日、豊洲PITでデビュー曲のリリース記念イベントを行い、1日2公演で計5,000人にデビュー曲を初披露したが、同時に方向性の違いで早くも解散する旨を宣言。
    同年10月8日、代々木第一体育館で開催されたファッション&音楽イベント『GirlsAward 2016 AUTUMN/WINTER』(観客数:約3万人)へのゲスト出演をラストステージにして解散した。

    メンバー

    • 赤西仁 ※  山田孝之

    ひょんた

    2016年夏結成のデュオユニット。
    同年10月28日に東京駅前のHIT STUDIO TOKYOにて初イベント『ひょんた vol.1』を開催。
    更に同年12月25日、初のオリジナルソング『Dance with me』をiTunes、レコチョク、LINEミュージックにて配信開始。 [1]

    メンバー

    • 田中彪 (田中聖の実弟)
    • 山碕薫太 (元・関西ジャニーズJr.)※

    堀越ついんず

    元ジャニーズJr.の双子、堀越大輝と堀越湧太によって、2017年1月に結成されたダンスボーカルデュオ。  2人は2015年10月に結成されたダンスボーカルユニット「CLUSTAR.」のメンバーとしても同時に活動。 [1]


    Red Rose

    2017年1月結成のダンスボーカルユニット。 ファインプロモーション所属。
    同年3月29日に渋谷・club asiaでLIVEデビュー。 [1]

    メンバー

    • KAZUO - 浅倉一男 ※
    • TAKAMI - 杭本隆海
    • YU - 梅原遊
    • REI (ダンスリーダー)
    • SAKAPI - 坂下悠希

    BLACK JACK

    2017年1月結成のダンスボーカルユニット。 2人とも「ZERO」のメンバー。 [1][2]

    メンバー

    • Ryu - 森本龍太郎 ※
    • Ryo



    劇団関係

    ※ 正式に劇団に所属した者のみを記す。 客演で参加しただけの者は除外。


    劇団四季

      これまでに、あおい輝彦飯野おさみ畠山昌久川ア麻世乃生佳之良知真次らが入団。  また、元「ジャPAニーズ・ジュニア」の中本雅俊は、劇団四季のダンス講師を務めた。
      この他、高田翔川島如恵留佐野晶哉が、ジャニーズ入所前に劇団四季の子役オーディションに受かり、『ライオン・キング』でヤング・シンバ役を演じていた。 川島の妹・川島想妃愛(かわしま そふぃあ)も、時期は後になるが同じく『ライオン・キング』に出演。
      また、海宝潤佐野晶哉が、やはりジャニーズ入所前に劇団四季の子役オーディションに受かり、『サウンド・オブ・ミュージック』に出演している。 なお、海宝潤の姉・海宝あかねは四季に正式に入団。兄・海宝直人も四季の子役オーディションに受かり、『美女と野獣』に出演している。

    東京キッドブラザース

      嶺のぼる(峰のぼる、峯のぼる)が1968年の創立時から参加。

    竜の会

      大衆演劇俳優・沢竜二が主宰していた劇団。 北公次が1979年〜1980年に所属。

    文学座


    演劇集団 アーイズ


    真田十勇士

      GENJI」の初期メンバー・田代秀高が1990年代に入団していた劇団。

    笑劇戦団

      GENJI」の初期メンバー・田代秀高が1990年代に入団していた劇団。 第1〜第4公演に出演した。

    流山児★事務所

      元・ジャニーズJr.の栗原茂が1992年に入団。

    劇団NLT

      元・ジャニーズJr.の猶場輝彦が「劇団NLT俳優教室」を卒業。 また、井上純一が当劇団の「映放部」に業務提携で所属。

    劇団飛行船

      着ぐるみ人形劇団。 元・ジャニーズJr.の甲斐友一が入団。 [1]

    劇団無現

      俳優・新藤栄作と映画監督・中田信一郎主宰の劇団。拠点は世田谷区野沢の「アトリエ無現」。 元・ジャニーズJr.の斎藤恭央(後の桜塚やっくん)が、19歳〜21歳の3年間入団していた。
      なお、当劇団の公演にはひかる一平も客演で参加している。

    劇団前方公演墳

      元「ジャPAニーズ」の細野謙治デビッド宮原が1996年に「劇団前方後円墳」の名で結成。 1998年10月10日に旗揚げ。 2000年に「劇団前方公演墳」へと改名した。 [1]

    Super Bū

      スーパー・ブー。 元・ジャニーズJr.の吉田奨が1997年から参加した劇団。

    劇団東京サギまがい

      1997年から2001年まで、元・ジャニーズJr.の鈴木則行が座付き演出家として所属していた劇団。

    劇団東京ヴォードヴィルショー

      元・ジャニーズJr.の京極圭が1997年より当劇団の養成所に入り、1999年から準劇団員、2000年から劇団員へと昇格した。

    うぇいぶぁ〜ず (WAVERS)

      元・ジャニーズJr.の前島龍太郎(後の龍太郎)が、「藤原神太」の芸名で主宰したパフォーマンス集団。
      主な公演は、『月光☆陽光』(2001年7月19日 - 21日、阿佐ヶ谷アルテ・パティオ)、3rd stage『月☆波に…』(2002年8月9日 - 11日、荻窪アール・コリン。藤丸は風間一平役)など。

    THE 東京ピチピチBOYS

      2002年11月に旗揚げ。 元・関西Jr.の魚谷輝明(後の久永輝明)が旗揚げ時から参加し、後に座長に就任した。 更に、元Jr.の原裕太も2005年に入団している。
      2005年から2009年までは、芸能プロダクション「Power M」が当劇団を業務提携、サポートしていた。(その「Power M」には、元・ジャニーズJr.の古屋暢一も2008年から所属している)

    ニナガワ・スタジオ

      別名:ニナガワ・カンパニー。 蜷川幸雄が1984年に設立した演劇集団。
      元・ジャニーズJr.の原田琢磨が、大学在学中だった2004年4月より入団。 『ロミオとジュリエット』、『KITCHEN』、『近代能楽集「卒塔婆小町」』、『さいたまゴールド・シアター』、『タンゴ・冬の終わりに』、『コリオレイナス』などに出演した。

    劇団プレステージ

      アミューズ」所属の若手俳優集団。 2005年1月より「Amuse-Prestage project-unit」の名で始動。 2010年春にユニットを劇団化し、「劇団プレステージ」の名で旗揚げ。
      元・ジャニーズJr.の小場賢がユニット始動当初から、2007年10月の第4回公演『MILD SEVEN EXTRA LIGHT 〜 おだやかな7つの余分だけど、特別な輝き』まで参加。 更に同じく元Jr.の平埜生成も、2009年9月の第8回公演『オレたちの高校白書 〜 偏差値27からの完全犯罪』から参加。 [1][2][3]

    見上げたボーイズ

      2005年に、元・ジャニーズJr.の福永吉洋が役者仲間4人と共に立ち上げたプロデュース集団。他のメンバーは幸村吉也、縄田晋、平野亙、川本昭彦。

    はなまる大作戦


    演劇集団 スプートニク

      2007年に結成された演劇集団。 元・関西Jr.の粟島瑞丸が、川岡大次郎、吉岡毅志、佐藤晴彦、福沢重文らと共に旗揚げ。 2012年6月に解散。

    イッパイアンテナ

      2007年11月に、同志社大学の学生劇団「同志社小劇場」のメンバーらによって旗揚げされた、京都を拠点に活動するコメディー演劇集団。 元・関西Jr.の小嶋海平が「同志社小劇場」時代から参加。 2015年6月22日で劇団の活動が停止。 [1][2]

    TEAM 54 PRODUCE

      チーム・コーヨー・プロデュース。 2009年に前田耕陽が結成した演劇ユニット。 [1]

    ai-kata

      2009年10月に『愛のかたまり』の名で結成された俳優集団。 元・関西Jr.の粟島瑞丸が旗揚げ時から参加。  2011年8月、ユニット名を『ai-kata』(あい-かた)に改名。  「(株)ブレークポイント」と業務提携。 2012年12月に解散。

    NAKED BOYZ

      2010年8月に始動した日本の俳優集団。 元・ジャニーズJr.の白水萌生が旗揚げ時から翌2011年8月まで参加。 元・名古屋Jr.の渡辺和貴も2012年2月から参加した。

    ☆北区AKT STAGE

      東京都北区を拠点に活動する、「☆北区つかこうへい劇団」の後身に当たる劇団。  元・ジャニーズJr.の高本広貴が、研究所の第1期生として2012年4月より稽古に参加。 しかし卒業公演を待たずにリタイアした。
      また、元Jr.の今井拓哉工藤嘉誠が、2012年9月より発足した「☆北区AKT STAGE 演劇部」に入部。 そして今井は翌年より、同部のダンス講師や、舞台公演の振り付けを任されるようになった。 [1][2]

    演劇ユニット ACTI☆N!

      アクション。 元・関西Jr.の山崎侑平(芸名:山本侑平)が、渡壁聡、谷佳樹と共に2012年に結成した演劇ユニット。 2013年3月に旗揚げ公演。 [1]

    演劇集団 Z-Lion

      ジーライオン。 2012年11月に元・関西Jr.の粟島瑞丸が旗揚げした演劇集団。 粟島は役者としての出演だけでなく、プロデュース、脚本、演出も全て手掛ける。
      Z-LionのZは、ZUIMAROのZ。 Lionは、LightやLine、Life、Likeなど、様々なLiで始まる単語をonにするという意味。 そして、百獣の王のライオンのように演劇界の王になるという意味。 [1][2]

    ツラヌキ怪賊団

      桜塚やっくんの「スケバン恐子」のキャラクターを発案した、お笑いプロデューサーのIKKANが主宰する劇団。
      2012年5月の旗揚げ公演『Beautiful Runner』(@ サンモールスタジオ)にも出演していた元・関西Jr.の松本一平が、同年10月1日付けで正式に入団した。 [1]

    天才劇団バカバッカ

      元・ジャニーズJr.の赤間直哉が2012年秋から参加(参加当初の芸名は「熊野直哉」)。
      また、当劇団のメンバー5名で、HIP HOPダンスユニット「New Japp Heroz」も結成し、 赤間は「HIGE (ハイジ)」名義で活動。 [1][2][3]

    丸福ボンバーズ


    いちの壱

      2017年夏結成。 芸能プロダクション「劇団ぶらぅに〜」所属の俳優による演劇チームで、元ジャニーズJr.の工藤嘉誠が参加。 [1]








    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
    Text is available under
    ブログパーツUL5

      

    We welcome links from other websites.
    Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

    inserted by FC2 system