野村義男 - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

野村義男

   


野村 義男(のむら よしお、1964年10月26日 - )は、東京都中野区弥生町出身のギタリスト、音楽プロデューサー。 元アイドルタレント。 身長:178cm。 血液型:A型。 妻は元AV女優の野坂なつみ
愛称:ヨッちゃん(最初期の愛称はヨシ)。 自らは「よちを」と呼ぶことが多い。 「RIDER CHIPS」のライブではメンバー紹介の際、Rickyに「野村義男! ワルオ!」と自分を紹介させている(ちなみに、Rickyのことは「リキオ」と呼んでいる)。 また、後輩からは「ヨッちゃんさん」と呼ばれたりもする。
中野区立中野富士見中学校(後の南中野中学校。1学年後輩に元力士の若翔洋がいた)、明治大学付属中野高校(定時制)卒業。
ギタリストとしての師匠はChar


目次



所属事務所

  1. ジャニーズ事務所
  2. ジャニーズ出版
  3. コンポジラ

ジャニーズ時代の参加ユニット

  • ジャニーズ少年団
  • たのきんトリオ
  • THE GOOD-BYE

  • 野村義男BAND
      1988年結成。 メンバーは、野村義男(ギター、キーボード、コーラス)、元「C-C-B」の渡辺英樹(ベース、コーラス)、「FENCE OF DEFENSE」の西村麻聡(ベース、コーラス)、元「ZELDA」の小澤亜子(ドラム、コーラス)、デーモン小暮(ボイス)。  小泉今日子のアルバム『ナツメロ』(1988年12月17日発売)でのバックバンド。

  • 三喜屋・野村モーター’S BAND
      みきや・のむらモーターズ・バンド。 結成当初の表記は「三喜屋 & 野村モータース」。
      小泉今日子のアルバム『ナツメロ』の製作のために集まった上記「野村義男BAND」から、同じ1988年に野村義男(ギター)、渡辺英樹(ベース)、小澤亜子(ドラム)の3名で結成。
      バンド名については、渡辺の実家が文京区根津の米屋『(有)三喜屋商店』(おにぎり、カレーも販売)、野村の実家が中野のバイク屋『野村モータース』だった事から、小泉今日子によって命名された。
      間もなくして小澤が脱退したため、熊丸久徳が2代目ドラムとして加入。
      小泉のバックバンドとして活動し、テレビの歌番組に頻繁に登場した。
      やがて小泉のバックから離れると、自らのバンドとしてのライヴ活動を開始し、全国を回るようになる。
      最強アマチュアバンド”をキャッチフレーズとし、オリジナル曲を一切持たない「完全コピーバンド」というのがコンセプトで、実際に1970年代のロックの名曲ばかりをコピーし続けていた。 3代目ドラムとしてTHE GOOD-BYE時代の盟友・衛藤浩一が新たに加入。 そして1994年5月7日にNHK-BS2『JA-POPS NOW』に出演し、「Smoke On The Water」など多数の洋楽カバーを披露した。
      その後、「三喜屋・野村モーター’S BAND」は一旦収束し、野村、渡辺の他にデーモン小暮をボーカルに、爆風スランプのファンキー末吉をドラムに招いて新たに4人でツアーを回ろうという計画が持ち上がるが、 デーモンのスケジュールが合わずに頓挫。 仕方なくデーモンを除いた3名でツアーを回り、やはりクラシックロックのカバーを演奏していた。
      その後、2004年8月より元「JUDY AND MARY」の五十嵐公太が新たにドラム(実質5代目)として参加し、再び「三喜屋・野村モーター'S BAND」を名乗るようになった。 そして活動17年目にして初のCDを制作し、邦楽フルカヴァーアルバム『WORKS』を2005年9月21日にリリースした。
      尚、正式メンバーは常に3名体制だが、ゲストミュージシャンとして、世良公則、鮎川誠、鮎貝健、唐丹MIKI(ボーカル。上海在住の中国人)なども参加している。

  • 三野姫
      みのひめ。 1992年に結成された渡辺英樹とのアコースティックデュオ。
      バンド名の由来は、三喜屋の「三」、野村モータースの「野」、そしてアコースティックな感じを出すために、フォークグループの“かぐや姫”から「姫」の字を採用して名付けられた。

その後の参加ユニット

  • BOYO-BOZO
      ボーヨー・ボーゾー。 宇都宮隆と石井妥師によるユニット。 1995年デビュー。 野村はバックギタリストとして参加。

  • Yoshio Band
      1996年2月21日に、かつての盟友・近藤真彦がシングル『ミッドナイト・シャッフル』を発表した際、野村がリーダーを務めたバックバンド。  近藤の1996年冬、夏のツアー、各歌番組、年末のNHK紅白歌合戦にてバックを務めた。  メンバーは野村義男(ギター、バンドリーダー)、渡辺英樹(ベース)、平石正樹(ドラム)、田口智治(キーボード)。  但し、番組によっては、当バンドではなく「ORANGE VOX」がバックを務める場合もあった。

  • LOVE LOVE ALL STARS (1996年から参加)

  • JARGON
      インストゥルメンタルバンド。1999年にアルバムを一枚リリース。 メンバーは、野村義男(ギター)、村上“ポンタ”秀一(ドラム)、水野正敏(ベース)。

  • 浜崎あゆみのバックバンド
      1998年から活動開始。 バンドメンバーの中で野村は最も浜崎と仲が良いことで知られている。  最初はテレビ出演時のみのバックバンドだったが、1999年の「secret live」からコンサートでもバックを担当するようになった。
      メンバーは、ギター:野村義男、キーボード:宮崎裕介・清水俊也、ドラム:元「男闘呼組」のサポートメンバー・江口信夫(愛称:エロリン)、ベース:元「BARBEE BOYS」のエンリケ、コーラス:濱田“peco”美和子・山崎“プリンセス”洋子。
      以前キーボード担当だった小林信吾は、途中からコンサートの音楽監修としてリーダー的な存在となったが、ピアノなどを演奏する場合もある。

  • Funk Rocket
      著名なアーティスト(松任谷由実やHisteric Blueなど)のツアーサポートやレコーディングをこなしていた強者を揃え、野村義男プロデュースによるSuper Projectとして1998年10月に結成。  バンド名は『FUNK』と『ROCK』と『etc...』をくっつけたもので、ロックとファンクを中心にした、何でもありのバンド。
      メンバーは、野村義男(ギター、バンドリーダー)、元「DTR」の竹内光雄(ボーカル)、ロジャー高橋(ドラム)、力石理江(キーボード)、「PINK SAPPHIRE」のTAKA(ギター。本名:鈴木孝子)、種子田健(ベース)、小野かほり(パーカッション)の計7名。
      1999年6月、500本限定の3曲入りカセットテープが手売りのみで完売。  2001年3月31日、CDミニアルバム『Turbulence-1』・『Turbulence-2』を同時発売。  そして2002年10月28日に、1曲入りCD『Turbulence-3“Re-construct Sessions”』(小山雄士によるRemix盤)を発売した。

  • RIDER CHIPS
      2000年結成。 「仮面ライダー」をテーマとした楽曲で活動するのがコンセプトの3人組バンド。  メンバーは野村がギター、寺沢功一がベース、元「ZIGGY」の宮脇“JOE”知史がドラム。  そして、ボーカルとしてROLLY(ローリー寺西)、寺田恵子、m.c.A・T(富樫明生)、元「DASEIN」のRiCKY、他多数を招聘し、実際に仮面ライダーシリーズの関連楽曲を発表。  2004年には映画『仮面ライダー剣 MISSING ACE』への出演も果たした。

  • GUILD9世良公則とのバンド)
      ギルドナイン。 2001年春結成。 世良公則(ボーカル&ギター)を中心にしたバンドで、野村はギタリストとしての参加。  他のメンバーは元「カシオペア」の櫻井哲夫(ベース)、元「ツイスト」の神本宗幸(キーボード)、横瀬卓哉(ドラム)。 百戦錬磨のメンバーによるタイトでヘヴィーな演奏が持ち味。  2007年8月にGUILD9名義のアルバム『WE ARE GUILD9』(世良公則のセルフカヴァー集)をリリースした。

  • ?あ°SISTER (あにまるシスター)
      メンバーは野村義男(ギター)、元クリスタルキングの田中昌之(ボーカル)、バーベQ和佐田(ベース)。 XYZレコードより、2001年7月25日にCDアルバム『ダイエットうまくいってる?』をリリースした。

  • The Chargebacks
      2003年に、浜崎あゆみのバックバンドのメンバーを中心に結成。 当初は「The Chargebacks featuring 野村義男」と名乗っていた。  コンセプトは“日本一稼いでいるアマチュアバンド”。
      メンバーは、野村義男(ボーカル、ギター)、江口信夫(ドラム)、小林信吾(キーボード)、元「井上堯之バンド(1997年)」の友成好宏(キーボード)、エンリケ(ベース)、濱田“peco”美和子(ゲストボーカル)。

  • U_WAVE
      U_WAVE(ユー・ウェイヴ)は、宇都宮隆が2005年に始動したバンド形態のプロジェクト。 ネット配信を積極的に使った活動を行い、ライブでは、ポエトリーリーディング(詩の朗読)やコントなども有り、演劇色が強い。 当初のメンバーは、ボーカル:宇都宮隆、キーボード:土橋安騎夫、ギター:野村義男、コーラス&パフォーマンス:日永沙絵子、ベース:石井妥師、ドラムス:小林香織、Lyrics(作詞):森雪之丞の計7名。 2009年に石井妥師が脱退し、新たに岡本崇志が「U_WAVE新ベーシストオーディション」により加入。 その他、パフォーマンスにエディー、森雪之丞の後任としてRevo(Sound Horizon)と田中花乃も参加。

  • 五野姫
      ごのひめ。 2005年7月3日に江古田マーキーでライブを行った。 メンバーは、野村義男(ボーカル、ギター)、渡辺英樹(ボーカル、ベース)、加賀八郎(ボーカル、ギター)、衛藤浩一(ボーカル)、力石理江(キーボード)。

  • 音屋吉右衛門
      おとやきちえもん。 2006年の春に、世良公則と2人だけでアコースティック演奏を行うライヴユニットとして結成。  ライヴでは演奏の合間に爆笑トークがふんだんに盛り込まれるのが特徴で、野村自身が歌うシーンも定例的に用意されていた。
      2008年1月に『ヤッターマンの歌』でCDデビューするが、元の楽曲のイメージとはかなり違うアレンジであること、加えて、 作曲者の山本正之が所属事務所のホームページにて公開した(現在は削除)製作スタッフへの苦言の中に「デモテープレベル」との表現もあり、ヤッターマンファンからの批判が集中した。
      その一方で、そういった話題性が追い風となったのか、CD発売に先かげて開始された「着うた」や「iTunes Store」などの配信系販売ルートでのダウンロード数は3万曲以上を記録し、オリコンシングルCDランキング週間チャートにも第38位に初登場。  配信開始1ヶ月、CD発売10日前後の時点で通算5万枚のセールスを記録するスマッシュヒットシングルとなった(BARKS記事)。

  • 鳥尾バンド
      とりおバンド。 2007年10月結成の3ピースバンド。
      メンバーは、野村義男(ボーカル&ギター)、エンリケ(ボーカル&ベース)、江口信夫(ドラム)。

  • ON & OFF
      2006年結成。 曾我泰久とのアコースティック・ユニット。 THE GOOD-BYEの楽曲の内、作詞・作曲が二人の名義になっている作品と、 曾我のソロ曲の内、作詞を野村が行っている作品を中心にアコースティックで演奏。

  • 話音 (Wa-ON)
      わおん。 2010年に結成された、力石理江蔵(力石理江)との“読み聞かせユニット”。 読み手:野村よちを、ピアノ:力石理江蔵。  読み聞かせライブを開催する他、2013年1月15日発売の爆風スランプのトリビュートアルバム『爆風トリビュートComplete』にも、『美人天国』のカバーで参加した。

  • sho-ta with TENPACK RIVERSIDE ROCK'N ROLL BAND
      ショータ ウィズ テンパック リバーサイド ロックンロールバンド。
      2013年1月20日、田村直美の25周年ライブのバックを担当したメンバーが、ライブの最中に「バンドにします」と宣言して結成。 バンド名の由来は、田村の地元・名古屋市に流れる「天白川」から。 メンバーは、田村“SHO-TA”直美(ボーカル)、野村義男(ギター)、土橋安騎夫(キーボード。元・レベッカ)、石川俊介(ベース。元・聖飢魔U)、長谷川浩二(ドラム)。
      まず、 2014年9月24日にGARDEN SHIMOKITAZAWAで行われたライブを収録したDVD『sho-ta with TENPACK RIVERSIDE ROCK'N ROLL BAND LIVE ! !』を2015年1月27日に発売。 更に2015年2月28日、1stアルバム『sho-ta with TENPACK RIVERSIDE ROCK'N ROLL BAND』をリリースした。


来歴

  • 姉の影響で小学校5年時からフォークギターを始める。
  • 1977年2月、小学校6年の3学期に、代々木公園の向かいにあったゴーカート乗り場で遊んでいた際、川ア麻世曽我泰久田原俊彦らを連れて歩いていたジャニー喜多川に英語で話しかけられてスカウトされ、ジャニーズ事務所に入る。
  • 同年、ジャニーズJr.の古川清隆らと「ジャニーズ少年団」を結成。 『小さなスーパーマン ガンバロン』の主題歌をリリースした。
    尚、野村はガンバロンの出演者オーディションも受けているが、落ちてしまったため、主題歌への参加のみとなった。
  • 1983年6月1日、アルバム『待たせてSORRY』でソロレコードデビュー。
  • 同年、バンドグループ「THE GOOD-BYE」を結成。  TBS『ザ・ベストテン』には、20位以内にランキングしたことで「今週のスポットライト」として初登場した。  その際、近藤真彦から「これが最初で最後の出演」と言われてしまい、事実、その後一度もランキングされなかったというエピソードがある。  一方、日本テレビ『ザ・トップテン』では、シングル『YOU惑−MAY惑』がトップテン内にランクインされた他、ラジオ番組などでもランキングされていた。  尚、1983年の各音楽賞レースでは最優秀新人賞を受賞している。
    この頃からギター好きが高じ、トーク番組出演時など、どこへ行くにもギターを持っていくようになった。
  • 1990年3月31日で「THE GOOD-BYE」の活動を休止。 その後、あるテレビ番組に無断出演したことがきっかけとなり、ジャニーズ事務所を引責退社。系列子会社の「ジャニーズ出版」に移籍するも、間もなく退社し、「コンポジラ」(1987年10月設立の会社)へと移籍した。
    以降はギタリストとして作曲・編曲・プロデューサーなどを務める一方、“音楽抜きでのタレント”としての活動はほとんど見られなくなった。
  • 1996年2月21日に、かつての盟友・近藤真彦がシングル『ミッドナイト・シャッフル』を発表した際、野村がリーダーを務めたバンド「Yoshio Band」が、各歌番組でバックを務めた。 同年冬、夏の近藤のコンサートツアーにも帯同。 同年末の『NHK紅白歌合戦』でも共演を果たした。
    野村の場合は田原俊彦と違ってジャニーズ事務所と喧嘩別れした訳では無く、更に野村本人の人柄の良さも手伝い、ジャニーズ事務所との関係は良好であった。  同じ1996年からは、KinKi Kidsが司会の音楽バラエティ番組『LOVE LOVEあいしてる』(フジテレビ)にもギタリストとしてレギュラー出演開始。
  • 1997年〜1998年頃には、KATSUMIのバックを担当。
  • 1998年より、浜崎あゆみのバックギタリストを開始。
  • 2000年より、女性アイドルバンド「chee's」にサポート参加。
  • 2001年より、世良公則との活動を開始(バンド「GUILD9」、アコースティックユニット「音屋吉衛門」)。
  • 2003年より、「THE GOOD-BYE」としての活動を再開。 2003年と2007年にはツアーも敢行。  そして、2008年9月1日でTHE GOOD-BYEのデビュー25周年を迎え、同年10月12日、東京・渋谷C.C. Lemonホール(渋谷公会堂)にて、25周年記念のスペシャルコンサートを行なった。
  • 2004年夏と2005年夏に、ブルースのギタリストのデヴィッド・ラルストンのアメリカツアーに参加。 2005年9月10日には、アメリカのTerre Hauteで開催された「Blues at the Crossroads Festival」にも参加し、4万人の観客の前でクリームの楽曲『Crossroads』をカバーして歌った。

  • 2004年10月8日より、ヤフーオークションユーザー向けに開設された音楽サイト「Guitar Labo」にて、ギターに関する様々に質問に答える人気連載「野村義男の『めざせ!エレキソムリエ』」をスタート。 [1]

  • 2006年より、加藤タクヤと組んでシルバーアクセサリーの販売を開始。 尚、加藤は曾我泰久とも2010年よりコラボアクセサリーを製作・販売している。


人物・エピソード

  • 初めて組んだバンドでは、ギターではなくベースを担当していた。プロデビューしてからも、レコーディングやライブでベースを弾くことがたまにある。
  • 中学時代、学校帰りに近所のレコード店に寄ってはレコードを万引きしまくっていたことを、自身のラジオ番組『野村義男のフィーリングナイト』にて告白している。
  • The Good-Byeとしてデビューした頃から、左手の親指の爪だけを長く伸ばしている。  また、右手の甲の親指の付け根には、小さなピースマークのタトゥーも入れている。
  • 1986年、音楽雑誌『ロッキンf』誌にて、当時「ANTHEM」のギタリストだった福田洋也と対談し、聴いている音楽が似ている事から非常に意気投合。 以後はお互いのコンサートに足を運び合うなどして、親交を深めている。  1999年にカーマイン・アピスがリリースした『GUITAR ZEUS』でも福田と共演した。 尚、福田洋也と共に「和製エドワード・ヴァン・ヘイレン」と言われることが多い。
  • 1980年代後半から人気が一時低迷し、『4時ですよーだ』(毎日放送)や、『ざまぁKANKAN!』(読売テレビ)といった関西ローカルの番組において、
    「うちのテレビ、10チャン8チャン6チャン映るのに、ヨッちゃん映らへん」、
    というハガキネタが投稿されたり、
    「コンビニエンスストアやファーストフード店などでバイトしているのを目撃した」、
    光GENJIのローラースケート磨きをやっている」、
    といった都市伝説(本人はキッパリと否定)が語られたりもした。
    また、同じく毎日放送の深夜番組『働けダウンタウン』に出演した際には、新聞のテレビ欄で「働け 野村義男」と短縮されて表記されたことが、面白おかしく語られたりもしている。
  • 1992年発表のアルバム『440Hz with 〈Band of Joy〉』のジャケットで共演した元人気AV女優の野坂なつみと、1995年に結婚。  2005年11月1日には、第二子(女児)も誕生した。  夫人が元AV女優と云う事で、マスコミから興味本位で取材されたが、夫人の過去をしっかり受け止め、その対応の良さから好印象で迎えられた。
    尚、野坂との交際が発覚当時、マスコミへ「たのきんトリオの中で最初に結婚することになるでしょう」とコメントを出していたが、1994年に田原俊彦と近藤真彦の両方が結婚したため、結局最後に結婚する形となった。
    結婚の発表は1995年1月17日に行われたが、この日はちょうど阪神大震災が起きた日でもあり、 世間からほとんど注目を浴びることが無かったばかりか、一部では「よりによってこのような日に」との批判の声もあった。
  • 1996年の暮れに登場しブームになったコンセプト「アニメタル」、更には「メタルフォーク」といったネーミングを発案・命名したのは、 野村と、音楽プロデューサーの久武頼正(1971年1月生まれ)である。  尚、このプロジェクトに関わる際は「ダンダン野村」という名義で活動していた。
  • 1990年当時、ジョン・レノンの息子のショーン・レノンが出ていたSEIKOの腕時計のCMについて野村は、
    「実はあれ、僕なんです。ショーン君のスケジュールが合わなかったため、 見た目が似ているということで急遽僕が呼ばれて、遠くからのショットならバレないだろうということで、ショーン君の影武者をやらされました」
    と、自身のラジオ番組『野村義男のフィーリングナイト』にて告白。 しかし実際は、野村お得意の冗談に過ぎなかった。
  • 相当のギターマニアであり、電話越しにギターの簡単なスペックを聞いただけでも、そのギターの大体の製作年や値段は分かってしまう。 またギターの改造やリペアなども自分で行う。 塗装を塗り替えるのみならず、ギターの指板のポジションマークのインレイまで変えられる高度な技術を持つ。 野口五郎から貰ったフェンダー・ムスタングをペイズリー柄の紙を貼ってリフィニッシュしてしまったのがバレて、野口に怒られたというエピソードもある。
  • ギターのみならずウクレレにも造詣が深く、1996年11月にはウクレレのみで構成したインストアルバム『Ukulele for Christmas』も発表している。
  • 自らを「エアギター撲滅委員会」の委員長だとし、「空気を弾くな! ギターを弾け!」と語っている。


主な出演作品

バラエティ番組

  • ピンキーパンチ大逆転 (1982年4月1日、TBS)
  • 桜中学大音楽会 〜 金八新八仙八貫八と138名の卒業生達 (1983年4月1日、TBS)
  • 笑ってポン! (1983年7月6日 - 9月28日、TBS)
  • 森田一義アワー 笑っていいとも! 「テレフォンショッキング」ゲスト
      (1983年10月25日・1991年2月8日・1993年10月26日・2006年1月23日〔高嶋ちさ子からの紹介〕、フジテレビ)
  • ロック鳴缶 (1991年、日本テレビ)
  • LOVE LOVEあいしてる (1996年 - 、フジテレビ)
  • トレ・ボン (1997年、テレビ朝日)
  • 放送禁止06ライブ (1992年4月10日、毎日放送)
      関西ローカル特番。 ライブだけでなく、『アップダウンクイズ』の再現コーナーも行われた。
  • 天才てれびくん (1997年、NHK教育)
  • とんねるずの生でダラダラいかせて ! ! (1997年、日本テレビ)
  • ROCKET (1997年10月 - 1998年9月、名古屋テレビ)
      本上まなみと共に司会をしていた音楽トーク番組。
  • ふぞろいの天使達 (1998年、フジテレビ)
  • Music Performer's TV (1999年、スカイパーフェクTV!・271ch)パーソナリティー
  • digimart TV (2000年、スカイパーフェクTV!・271ch)パーソナリティー
  • KING OF INDIES 〜 侍デリカテッセン (後に「KING OF INDIES 〜 侍食堂」)
      (2000年 - 、CBCテレビ) 司会
  • 帰ってきた!ウラまるカフェ (2001年10月25日、TBS)
       渡辺英樹と共にゲスト出演。 薬丸裕英と共演。
  • クイズ赤恥、青恥 (2002年、テレビ東京) オープニングでなぞなぞを出題
  • Char meets ???? 〜TALKING GUITARS〜
       (2005年2月27日、フジテレビ721) ゲスト出演、Charとの対談
  • ヘビメタさん (2005年5月3日、テレビ東京) ゲスト出演
  • ROCK FUJIYAMA (2006年5月1日・12月11日、テレビ東京) ゲスト出演
  • 野村義男ギタースタジオ 匠 〜たくみ〜
      (2008年10月 - 、スカイパーフェクTV!・STAR karaoke) トーク&ギターセッション番組
  • 関ジャニ∞のジャニ勉 (2009年11月11日、関西テレビ)
       ゲスト出演。 関ジャニ∞と共演。
  • チャレンジ!ホビー 「めざせ!ロック・ギタリスト」 (2010年3月29日 - 5月31日、全10回、NHK教育)
       「ますだおかだ」の増田英彦にギターを指導する講師役
  • ワールド・スーパー・ライブ 伝説のギタリストスペシャル! (2010年9月12日、NHK-BShi)
       Char、村上由利子と共演。
  • ワールド・スーパー・ライブ 完全保存版!伝説のギタリスト (2010年9月13日 - 16日、全4回、NHK-BShi)
       Char、村上由利子と共演。
  • GUITAR STORIES 〜情熱のスーパーギタリスト列伝〜 (2011年6月11日、BS12・TwellV) 第20回のゲスト
       同年5月16日に下高井戸G-ROKSにて収録。
  • AKBINGO! サマースペシャル 第1回全力バンド選手権
       (2012年8月15日&22日、日本テレビ) 飛び入りゲスト出演
  • SMAP×SMAP (2012年11月12日、フジテレビ) 近藤真彦とのWゲスト出演
  • ショナイの話 (2012年12月4日&11日、テレビ朝日) フットボールアワーの後藤輝基との対談
  • マツコの知らない世界 (2016年1月19日、TBS)

テレビドラマ

連続ドラマ
  • 3年B組金八先生 (1979年10月26日 - 1980年3月28日、TBS) 梶浦裕二役
  • ただいま放課後 (1980年5月26日 - 9月22日、フジテレビ) 杉原忠雄役。 第15話まで出演。
  • お化けのサンバ (1980年5月1日 - 1981年3月26日、テレビ東京) 柳下良太役
  • 土曜ナナハン学園危機一髪 「ふんどしとスニーカー」 (1980年5月31日、フジテレビ)
  • 竹とんぼ (1980年11月10日 - 1981年5月4日、日本テレビ) 仁役。 井上純一と共演。
  • 3年B組金八先生 (第2シリーズ) (1980年12月26日 TBS)
       第13話「同窓会・贈る言葉」にゲスト出演。 梶浦裕二役。
  • 峠の群像 (1982年、NHK総合・大河ドラマ) 矢頭右衛門七役
  • 太閤記 (1983年4月20日 - 6月29日、TBS『突撃HOTスタジオ!』内ドラマ)
  • セーラー服通り (1986年1月10日 - 3月28日、TBS) 羽鳥遼二役
  • はねっかえり純情派 (1987年4月6日 - 5月1日、NHK総合・銀河テレビ小説)
  • ハロー!グッバイ (1989年、日本テレビ) 第13話にゲスト出演
  • 世にも奇妙な物語 『廃校七番目の不思議』 (1991年2月14日、フジテレビ)
単発ドラマ
  • それからの武蔵 (1981年1月2日、テレビ東京) 内藤長十郎役
  • 爆笑ヤンヤン時代劇 「幕末 花の美剣士たち」 (1981年1月4日、テレビ東京)
  • リターンマッチ (1981年3月28日、フジテレビ)
  • 父さんからの贈りもの (1981年9月26日、フジテレビ) 車椅子の青年役
  • サザエさん II 〜 秋ですネ、サザエさん (1981年9月30日、フジテレビ)
  • 続 生きてん母ちゃん (1982年5月13日、日本テレビ)
  • 少年刑務所 〜 母と子の遠い道程 (1982年5月27日、日本テレビ)
  • 秋祭りだよ!サザエさん (1982年9月29日、フジテレビ)
  • 3年B組金八先生スペシャル (1982年10月8日、TBS) 梶浦裕二役
  • ああ定年! 今朝からは… (1982年10月8日、フジテレビ)
  • ボクの音楽武者修行 〜 ’82指揮者・小澤征爾の世界
       (1982年10月14日、テレビ朝日) 小沢征爾役
  • 3年B組金八先生スペシャルV (1984年10月5日、TBS) 梶浦裕二役
  • 3年B組金八先生スペシャル5 (1986年12月26日、TBS) 梶浦裕二役
  • 3年B組金八先生スペシャル6 (1987年12月25日、TBS) 梶浦裕二役
  • 3年B組金八先生スペシャル9 (1998年4月2日、TBS) 梶浦裕二役
  • 浅草キッドの「浅草キッド」 (2002年4月26日、スカイパーフェクTV!) 北野武の友人役

映画

  • 東宝映画 たのきんスーパーヒットシリーズ
    1. 青春グラフィティ スニーカーぶる〜す (1981年) 準主演
    2. ブルージーンズ メモリー (1981年) 準主演
    3. グッドラックLOVE (1981年) 準主演
    4. ハイティーン・ブギ (1982年8月7日) 準主演
    5. ウィーン物語 ジェミニ・YとS (1982年) 準主演
    6. 嵐を呼ぶ男 (1983年) 準主演

  • 三等高校生 (1982年) 主演・高校3年の杉田透役
  • TOSHI in TAKARAZUKA Love Forever (1983年) 友情出演
  • 劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4 (2001年9月22日、東映) ※ 声の出演 (RIDER CHIPSのメンバーとして)
  • 劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE (2004年9月11日、東映) ハカランダで演奏する男役 (RIDER CHIPSのメンバーとして)
  • TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ (2016年6月25日、東宝、アスミック・エース、監督・脚本:宮藤官九郎)
       ジゴロック挑戦者役。 長瀬智也と共演。

舞台

  • ラ・ボエーム ’85 ミュージカル 「原宿物語」 (1985年11月16日 - 24日、中野サンプラザ) ケイ役

ラジオ

  • 野村義男 ヨッちゃんの青春ド真ん中 (文化放送『吉田照美のてるてるワイド』内)
  • いくぜ近藤 マッチとデート
       (1982年6月、文化放送『吉田照美のてるてるワイド』内) ゲスト出演
  • ラジオドラマ 「わんぱくサムの二都物語」 (1983年4月4日 - 15日、全10話、NHK-FM『ふたりの部屋』内)
       主演・都倉俊一役。 原作は都倉俊一の同名自伝小説。
  • 野村義男のオールナイトニッポン (ニッポン放送、水曜・第1部)
  • ヨッちゃん・志穂のレブコスーパーサンデー (若林志穂との共演番組。文化放送)
  • ヨッちゃんのサンデーパラダイス (文化放送)
  • 野村義男の若葉女子高〜〜〜〜?? (文化放送)
  • 野村義男のフィーリングナイト ( - 1990年5月26日、ABCラジオ)
  • 野村義男のNOW HITS! BEST20 (FM新潟)
  • Staturday Hot Request (1996年、NHK-FM大阪)
  • USEN☆BEST HITSステーション 「野村義男のフレッシュミュージシャン」 (2001年 - 2015年4月5日、USEN)
       曾我泰久や衛藤浩一もゲスト出演。
  • スーパーミュージック 野村義男のワンダフルマイウェイ (2004年 - 、SBSラジオ他)
  • くにまるジャパン 「ラジオバイオグラフィー 5冊のアルバム」 (2012年12月10日 - 14日、文化放送)
  • RIDER CHIPS ベタつかナイト (2015年4月2日 - 、FM横浜)
  • 岡本マサヨシのココロヒーリング (2015年4月5日&12日、FM横浜) 田村直美と共にゲスト出演
  • MUSIC&TALK WAGON 〜音バナ〜 「野村義男のおなか(ま)いっぱいラジオ」 (2015年4月6日 - 、USEN)
  • 書籍『野村義男の“足の踏み場もない”エフェクター・コレクション』発売記念特番 「YOSHIO NOMURA EFFECTOR COLLECTION SPECIAL ! !」 (2016年2月29日、InterFM897)
      同年2月21日にHMV&BOOKS TOKYO 7Fイベントスペースにて公開収録。

CM

   1998年以前

  • ライオン 「旅行セット エルパック」
  • 味の素 「マリーナ ソフトマーガリン」 (The Good-Byeの4名で出演したバージョンも有り)
  • JCB (ナレーション)
  • ピザーラ (CMソング作曲/演奏/唄)
  • カネボウ 「つるるんローション」 (ナレーション)
  • キリン 「キャディ」 (ナレーション)
  • 三菱自動車 「サウンドロゴ」 (ナレーション)
   1999年
  • 三菱自動車 「ディンゴ」 (ナレーション)
  • 味の素 「クノール北海道ポタージュ」 (ナレーション)

   2000年

  • ワコール 「ナチュラルアップブラ」 (CMソング作曲)
  • 三菱自動車 「ワゴン」 (CMソング作曲)

   2001年

  • Apple computer 「Power Book G4(チタン)」 (ナレーション)
  • Apple computer 「iDVD」 (ナレーション)
  • カゴメ 「トマトジュース」 (ナレーション)
  • クレアラシル (ナレーション)
  • HONDA (ラジオCM)

   2003年

  • HONDA 「オデッセイ」 (TVCMナレーション)

   2004年

  • TAKARA 「We Love Guitar」 (イメージキャラクター)
  • サントリー 「マグナムドライ」 (TVCMナレーション)
  • JT (TVCMナレーション)
  • 資生堂 「スーパーマイルドシャンプー」 (TVCMナレーション)

   2006年 〜

  • 楽器ランド ロッキン (東海地方でのみOA)

   2012年 〜

  • 楽器ランド ロッキン浜松店 / ピアノランド ロッキン浜松店 (静岡県でのみOA)

ミュージカル

  • ガールズ・タイム (1995年、演出:宮本亜門) バンドリーダーとして参加

WEB

  • 野村義男の『めざせ!エレキソムリエ』
       (2004年10月8日 - 、Yahoo!オークション・Guitar Labo)
  • GyaO FUJIYAMA (2006年5月・12月、GyaO)
       ゲスト出演。 テレビ東京『ROCK FUJIYAMA』との連動番組。
  • 野村ギター商会 (通称:野ギ商会。 - 2007年12月28日。iiV Channel) 
       野村が司会を務めたギターセッション&トーク番組。


ディスコグラフィ

「野村義男」名義作品

シングル

  • TOKYO c/w 君だけを (1993年10月21日)

非売品プロモシングル

  • 待たせてSORRY c/w めちゃめちゃロックンロール 〜 トラブル (1983年)

アルバム

  • 待たせてSORRY (全9曲。1983年6月1日)
    • 待たせてSorry Complete (CD。全12曲。1986年5月21日)
    • 待たせてSORRY 〜 FINAL edition (CD。全17曲。2004年10月27日)

       

  • 440Hz with <Band of Joy> (1992年7月25日)
  • 1993 (1993年11月21日)
  • ELECTRIC GYPSY (1995年3月10日)
  • ELECTRIC GYPSY U (1995年3月10日)
  • LIVE at live (1995年11月26日)
  • Still Wood (1996年8月12日)
  • Ukulele for Christmas (1996年11月26日)
       ウクレレのみで構成したインストアルバム。
  • RARE TRACKS (1997年5月17日)


「Funk Rocket」名義作品

カセットテープ

  • Funk Rocket (1999年6月)
      500本限定の3曲入りカセット。手売りのみで完売。 収録曲は、A面に「I need...」と「Draw the line」、B面に「大阪 Funky Night」。 全て後にCD化。

CDミニアルバム

  • Turbulence-1 (2001年3月31日)
  • Turbulence-2 (2001年3月31日)

1曲入りCD

  • Turbulence-3 “Re-construct Sessions” (小山雄士によるRemix盤。2002年10月28日)

オムニバスアルバム

  • ジャパニーズ・ヘビィー・メタル・トリビュートオムニバス『魂(スピリット)2』
      レイジーのラストアルバム曲『Dreamer』のカバーで参加。


「JARGON」名義作品

アルバム

  • JARGON (1999年7月23日)


「BOAT / 野村義男」名義作品

7インチアナログ

  • BOAT vs 野村義男 (2000年4月3日)
      (※ 「BOAT」は日本のロックバンド。1998年結成、2001年解散)


「RIDER CHIPS」名義作品

シングル

  • Power Child feat, ROLLY c/w レッツゴー ! ! ライダーキック 〜2000 ver.〜 feat, 藤岡弘 c/w 君と共にライダーはいる feat, 藤岡弘 (2000年11月30日)
  • DEEP BREATH feat, ROLLY c/w Sitting On Dynamite feat, 橋本仁 c/w Touch feat, ROLLY+橋本仁 (2001年8月18日)
  • 果てしない炎の中へ feat, 寺田恵子 (限定版のc/w「Fire Bird feat, 寺田恵子」、通常版のc/w「Gravitation feat, 寺田恵子」。2002年6月19日)
  • We gotta fight feat, DIAMOND☆YUKAI c/w Hard knock life feat, DIAMOND☆YUKAI (2003年1月29日)
  • The people with no name feat, m.c.A・T (限定版のc/w「All eyes on me feat, 加藤夏希」、通常版のc/w「鞄 feat, 大槻ケンヂ」。2003年7月24日)
  • 仮面ライダーのうた feat, m.c.A・T c/w The Last Card feat, m.c.A・T (2004年1月21日)
  • ELEMENTS feat, Ricky c/w 熱風Rider feat, Ricky (2004年9月28日)
  • FULL FORCE c/w Bang!Bang!Revolution (2006年4月5日)
  • LORD OF THE SPEED feat, 加賀美新こと佐藤祐基 c/w LORD OF THE SPEED・Re-Mix feat, 加賀美新こと佐藤祐基 (2006年11月1日)
  • 孤独をふみつぶせ c/w 花唄 (2008年8月1日)
  • Ride a firstway c/w Dreamer (2009年9月16日)
  • Blessed wind c/w Strength of the Earth (2012年11月21日)
  • BEASTBITE c/w Perfect Game(C&G MUSIC MAGIC) c/w Perfect Game(RIDER CHIPS) (2013年2月27日)
  • The Finale Of The Finale c/w The Finale Of The Finale feat, Yoshio Nomura Guitar with orchestra (2013年8月7日)

アルバム

  • Masked Rider LIVE 2000 (LIVE盤。2001年2月21日)
  • Masked Rider LIVE 2004 〜仮面ライダー・ザ・ベストヒッツ〜 (LIVE盤。2004年4月21日)
  • おとな買い (2005年3月16日)
  • まじめまして。 (2006年1月25日)
  • これでよろしかったでしょうか。 (2009年11月11日)
  • オドレナリン (2011年11月22日)

ビデオ・DVD

  • Masked Rider LIVE 2000 (ビデオ。2001年4月21日)
  • Masked Rider LIVE 2004 (DVD。2004年4月21日。同年1月23日の中野サンプラザでのLIVEを収録)
  • おとなかい?TOUR 2005 (DVD。2006年6月21日)
  • この前のライブ (DVD。2010年10月10日)


「?あ°SISTER (あにまるシスター)」名義作品

アルバム

  • ダイエットうまくいってる? (2001年7月25日)


「三喜屋・野村モーター'S BAND」名義作品

アルバム

  • WORKS (2005年9月21日、フルカヴァーアルバム) 世良公則も参加
  • ROOTS (2006年12月20日、邦楽フルカヴァーアルバム) 鮎川誠、鮎貝健らも参加
  • ウルトラ・バラエティ・ムービー『監督・ばんざい!』オリジナル・サウンドトラック
        (2007年5月23日) 演奏のみ

シングル

  • 青い牛乳 (c/w 「my love for you」、「ピンポン・ダッシュ」、「風にのって」。 2007年11月1日)


「U_WAVE」名義作品

シングル

  • Daydream Tripper (2006年4月26日)
      日本テレビ系アニメ『エンジェル・ハート』のエンディングテーマ。
      ミニドラマ「XYZ Ryo's Bar Reserved for Two」も収録。
  • In This World c/w Love & Peace & Doubt 〜Second Theme of U_WAVE〜 (2006年9月6日)
  • Beat call the moment c/w 12個のkeynote (2009年10月21日)
      プロモDVD付き。 A面曲はテレビドラマ『俺たちは天使だ!』のエンディングテーマ。

アルバム

  • U_WAVE (2006年9月6日)


「三野姫」名義作品

  • 個人で楽しむ 〜お茶の間〜 (2006年7月9日)
      ライヴでのトーク集CD。 他に『泳ぐナイフ』、『Romanticが止まらない』の2曲を収録。
      ライヴ会場のみで限定発売。後に数量限定で通信販売され、2011年にもライヴ会場にて再販された。 企画・制作・編集・ジャケットイラスト:野村義男。 ジャケット画像に使われている浮世絵のTシャツも販売された。
  • ハッピー!クラッピー ハッピー!ソング ベスト (DVD。2008年3月19日)
      CS放送「KIDS STATION」での番組『ハッピー!クラッピー』の2007年8月挿入歌として提供した楽曲『太陽パンチ』を収録。 三野姫ではなく「渡辺英樹と野村義男」名義で提供。 尚、映像には本人たちは出てこない。
  • わすれもの (2011年5月5日)
      1992年の結成から20年目にして初のオリジナルアルバム。ジャケット写真の夜の東京タワーは野村義男が撮影。 CDの盤面には、野村の娘が自宅近所のマンホールにチョークで描いた落書きの写真をプリント。 通販購入者には特典として、直径9cmの円形ステッカーが付いた。
  • わすれもの2 (2012年6月6日)
  • わすれもの3 (2013年7月7日)
  • わすれもの4 (2014年5月5日)


「GUILD9」名義作品

アルバム

  • WE ARE GUILD9 (2007年8月15日)
      世良公則のセルフカバー集。 野村はギター演奏での参加。


「ON & OFF」名義作品

アルバム

  • Hello to Good-bye (2010年10月22日)

DVD

  • ON STAGE & OFF SHOT - ON & OFF TOUR 2006 〜 2007 (2007年2月14日)
  • ON & OFF LIVE TOUR 2010 FINAL (2011年2月1日)


その他の参加・提供作品

  • 男闘呼組の『誠 ほれたぜ』 (作詞:野村義男&荒木とよひさ、作曲:曽我泰久) (1985年)
  • 少年隊の『日本よいとこ摩訶不思議』の作詞・作曲 (1985年12月12日)
  • 水谷麻里のアルバム『なかよし』 (1986年)
    1. 『愛こがれる50's』(作詞:野村義男、作曲:曽我泰久、編曲:小林信吾)
    2. 『I Still Love You』 (作詞:野村義男、編曲:小林信吾)
  • Peanut Boyのデビューシングル『八月のナイアガラ』の作曲
       (1986年9月。編曲は「THE GOOD-BYE」の3代目キーボーディスト・小野澤篤)
  • 小泉今日子のシングル『キスを止めないで』の作曲 (1987年10月21日)
  • 小暮伝衛門(デーモン小暮)のアルバム『好色萬声男』(1990年)
  • 少年忍者の『FAIRY TALE いまむかし』の作詞・作曲
  • 楠桂原作の『ぶちかまし眠り姫』のイメージCDアルバム (1992年2月21日)
  • 見良津健雄&おたっしゃCLUBのCDアルバム『幸福の雅楽』 (1992年3月25日)
      この中で野村は『スーパーギターファイティング』という曲を発表。
  • 『心のプロレス 〜 輝ける美麗の格闘戦士達へ捧ぐ』 (1993年12月15日)
      『レオの太陽 〜 レオ北村へ捧ぐ』という曲を作曲。
  • ribbonの『メリハリで愛して』(作詞:山本秀行、作曲・編曲:野村義男)
       シングル『夜明けなんていらない』のカップリング曲 (1993年10月6日)
  • むしまるQゴールド 〜いのちのかね〜 (2000年4月21日)
      NHK教育のクイズバラエティ番組『なんでもQ 〜むしまるQゴールド〜』の1999年度のサントラアルバム。 この中で野村は、金子マリ、おおたか静流、GENKIと共に、楽曲『いのちのかね』で参加。
  • 18禁ラブストーリー・アドベンチャーゲーム『星空☆ぷらねっと』のサウンドトラックCD-ROM (2000年12月8日)
  • ROCK FUJIYAMA BANDのアルバム『ROCK FUJIYAMA』 (2007年1月24日)
      プロデュースはマーティ・フリードマン。 この中で野村は、ジミ・ヘンドリックスの『PURPLE HAZE』をカバーしている。

   他多数…



ビデオ

  • ザ・ギター・メンテナンス 〜 ストラト・タイプ編 (1990年、リットーミュージック)
      ストラトキャスターのメンテナンスを解説したビデオ。 雑誌『ギターマガジン』監修。 インストラクター:椎葉宏和。 コメンテーター:野村義男。 協力:ジャニーズ出版、ビクター。
  • 江戸屋画報 六之巻 (1992年、江戸屋レコード)
      1991年のバラエティ番組『ロック鳴缶』の最終回の模様を数分収録。ひな壇でわいわい騒ぐ野村の姿が一瞬映っている。
  • 野村義男 ベーシック・ロックギター・セミナー (1996年、59分、アトスインターナショナル)
      2006年7月22日にベストプライス版として再発され、同時にDVD版も発売された。
  • Amazing Sustainer World 〜 ZAKK WYLDE (1999年、フェルナンデス、非売品ビデオ)


書籍

  • ボクの大冒険 〜 夢をめざして (1981年3月15日、ワニブックス・青春ベストセラーズ)
  • バンド・スコア 「待たせてSORRY」 (1983年6月25日、東京楽譜出版社)
      野村義男の1stソロアルバム『待たせてSORRY』に収録された全9曲の楽譜集。
  • 野村義男のロックギター教室 (2000年10月26日、ヤマハミュージックメディア)
      月刊エレクトーン2000年11月号別冊。 野村がギター演奏とナレーションを務める教則CD付き。
  • 野村義男が弾いて教える10日間エレキギター塾 (ヤマハミュージックメディア)
      野村がギター演奏とナレーションを務める教則CD付き。
    • 『Go!Go!GUITAR』2005年3月号増刊版、2005年2月23日。
    • 復刊版、2006年4月14日。 対談とギターコレクションがカットされた教則本のみの構成。CDの内容も一新。
    • 再復刊版、2012年3月20日。 対談とギターコレクションを再び掲載。CDの内容が更に一新。
  • 大人の科学マガジン Vol.26 (2009年12月、学研教育出版)
  • NHKテレビテキスト 趣味工房シリーズ チャレンジ!ホビー
        「めざせ!ロック・ギタリスト」 (2010年3月25日、NHK出版)
  • YOSHIO NOMURA GUITAR COLLECTION 〜 野村義男の“思わず検索したくなる”ギター・コレクション (2015年6月、リットーミュージック)
  • YOSHIO NOMURA EFFECTOR COLLECTION 〜 野村義男の“足の踏み場もない”エフェクター・コレクション (2016年1月、リットーミュージック)

雑誌連載

  • Go!Go!GUITAR (1999年11月号 - 、ヤマハミュージックメディア)
      連載のタイトルは1年おきに変更。
    • 「野村義男のロックギター講座」
    • ビギナーのためのエレキギター講座 「野村義男のエレキ戦隊!ギタレンジャー」
    • ビギナーのためのエレキギター講座 「野村義男の放課後エレキング」
    • ビギナーのためのエレキギター講座 「野村義男のおはよう!エレキング」  他…


ジグソーパズル

  • YOSHIO NOMURA GUITAR COLLECTION (500ピース、38×53cm、2015年9月、リットーミュージック)


外部リンク








出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system