松原康行 - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

松原康行

松原 康行(まつばら やすゆき 、1967年3月4日生まれ)は、かつてジャニーズ事務所に所属していた男性アイドル。 少年隊の前身グループ「ジャニーズ少年隊」の結成メンバー。
東京都大田区雑色出身。 愛称:やっちゃん。


目次



ジャニーズ時代の参加ユニット



人物・来歴

  • 東京都大田区の雑色で中華料理店「味好 (あじよし)」を営む家族に生まれる。 この店は『月刊明星』の1982年5月号でも紹介され、錦織一清植草克秀も訪れている。 2000年代後半に閉店。

  • 小学生の時は町の少年野球チームに所属。 中学ではバスケットボール部に1年、サッカー部に1年半所属した。

  • 中学生の時に、4歳上の姉が履歴書を送ったことで、ジャニーズ事務所に入所した。

  • 1981年の夏(当時中学3年)、少年隊の前身グループである「ジャニーズ少年隊」の結成メンバーに選抜される(錦織、植草、松原、東山紀之)。 この4名で、同年8月に行われた「たのきんファミリー・バカンス ハローツアー」(『月刊明星』で参加者を募集したファンツアー。 行き先はハワイとロサンゼルス。主催:小西六写真工業)に、たのきんトリオひかる一平と共に同行した。

  • 帰国後、同い年である東山が高校受験のために活動を一時休止。残りの3名でテレビ東京のバラエティ番組『ザ・ヤングベストテン』に「Bチーム」というグループ名でレギュラー出演を開始。(グループ名は途中から元の「ジャニーズ少年隊」へと戻された)
    以後、映画やCM、雑誌などで活躍していたが、松原は1982年3月に「ジャニーズ少年隊」を脱退し、ジャニーズJr.に戻る。同じ時期に都立の定時制高校へと進学。  そして松原と入れ替わりで、高校受験を終えて戻ってきた同い年の東山紀之が、再び「ジャニーズ少年隊」のメンバーとして復帰した。
    この松原の脱退劇について、表向きには、1982年春より松原が連続ドラマ『3年B組貫八先生』への出演が決定し、一方ではジャニーズ少年隊がTBSのバラエティ番組『ピンキーパンチ大逆転』へのレギュラー出演も決まったため、双方共に忙しくなり、松原だけがグループのスケジュールと合いづらくなるからとされていたが、 実際は単に事務所の社長・ジャニー喜多川による「松原よりも東山を入れたい」という意向に過ぎなかった。

  • 松原は貫八先生のオーディションに受かった際、事務所の先輩たち(『金八先生』での田原俊彦、『仙八先生』での薬丸裕英)が演じてきたようなツッパリ役が貰えると期待していた。 しかし実際に回ってきたのは優等生の役で、非常に落ち込んだと当時の雑誌インタビューで語っている。 それでもどうしても不良役にこだわり、制服の第一ボタンを外して撮影に出た所、スタッフに注意されてしまったとのこと。 なお、不良役はジャニーズ事務所のタレントではない辻野幸一が演じた。

  • TBSドラマ『3年B組貫八先生』の出演終了と共に芸能界を引退。 その理由として、表向きには「病気のため」などとされていたが、実際は『貫八先生』で共演したアイドル候補の屋木里美(秋田令子役。1966年5月6日生まれ。川越市出身 )と恋仲になり、駆け落ち騒動を起こして、ジャニー喜多川社長に「仕事か?女か?」と問われて「女」と答えたのが引退の理由だった。
    『貫八先生』の劇中でも、松原が使用していた学生カバンには、「ENDLESS LOVE SY MY LOVE」や「SATOMI」などの落書きが堂々とされているほどだった。

  • しかしその後、屋木とは破局。 松原はファンの女性と結婚し、横浜にて会社を経営。(一部ではコンビニの店長とも言われている)
    なお、『貫八先生』でも共演していた元ジャニーズJr.の友人・阿部順一から、1989年に「SHADOW」のメンバーに入らないかと誘われている。 しかし、たまたま松原の都合が合わなかったために不参加となった。
    また、元ジャニーズJr.の平本淳也が松原と再会した際、「ジャニーさんから迫られた選択で女を選んだことについて、今でも後悔はない?」と訊ねた所、松原は「辞めて良かったよ。自由になれた気がした」と答えている。(日刊ナックルズでの平本淳也のコラムより)


主な出演作品

バラエティ番組

テレビドラマ

  • マッチの燃えろ!青春 PART2
      (1981年11月29日 - 、テレビ東京『ヤンヤン歌うスタジオ』内の5分枠ドラマ)
  • 3年B組貫八先生 (1982年4月 - 1983年3月、TBS) 優等生でクラス一のモテ男・阿部誠役

映画

  • 胸さわぎの放課後 (1982年、東映)

CM

  • ハウス食品 「ロッカッキー」
    • 第1弾バージョン (1980年10月 - )
    • 第2弾バージョン (1981年)
        チーズ味新発売篇。 同じく近藤真彦のバックで、 錦織、東山、植草の3名と共に「ジャニーズ少年隊」として出演。
        なお、第3弾(近藤のソロバージョン)を挟んで、 同じ1981年に「ロッカッキー」の第4弾バージョンとなるサイクリング篇も作られた。(少年隊のメンバーが参加しているかは不明。錦織らしき人物の姿は映っている) その際のCMソングは、 近藤のシングル『ギンギラギンにさりげなく』のカップリング曲『恋のNON STOP ツーリング・ロード』だった。
  • 小西六写真工業 「サクラカラー カラーフィルム」 (マンガスキッパー篇。1981年)
      田原俊彦のバックで、植草克秀、東山紀之、鈴木則行、浜中隆らと共にジャニーズJr.6名で出演。
  • ハウス食品 「ククレカレー」 (1981年10月 - )
      錦織、植草、松原の3名で近藤真彦と共演。


外部リンク








出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system