リトル・ギャング - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

リトル・ギャング

   


リトル・ギャングとは、ジャニーズ事務所において最初デュオグループ。 1974年10月結成。 1976年解散。
略称:L・G。 旧名:ヒデキ&ヤッチン。 「リトル・リーブス」の後身であり、「ギャングス」の前身。


目次



メンバー

  • 松原秀樹 (まつばら ひでき、愛称:ヒデキ、1961年11月2日生まれ)
      大阪市住吉区出身。 当時中学2年生、身長:155cm、体重:38kg。

  • 曽我泰久 (そが やすひさ、愛称:ヤッチン、1963年1月7日生まれ)
      東京都北区赤羽出身。 当時中学1年生、身長:138cm、体重:28kg。


概要

  • 4人グループ「リトル・リーブス」のメンバーだった松原秀樹と曽我泰久の2名が、1974年10月よりテレビ東京『歌えヤン!ヤン ! !』に「ヒデキ&ヤッチン」としてレギュラー出演開始。

  • 1975年7月25日、RCAビクターよりシングル『アイ・ラブ・ユー』でレコードデビュー。 その際、コンビ名が「リトル・ギャング」に改称された。
    「リトル・リーブス」の方は残りのメンバー2人だけでしばらく存続させていたが、1975年の秋頃に消滅。

  • 1976年1月、アメリカから来日していたソウルグループ「ザ・スタイリスティックス」のステージで共演を果たす。 (1976年1月13日&14日に中野サンプラザ、そして1月19日にはJJSと日本武道館で)

  • リトル・ギャングはボーイ・ソプラノが売りだったが、松原が半年も経たずに変声期になってしまい、シングル2枚、アルバム1枚を残しただけで、1976年に解散。 その後、「ギャングス」へと発展していった。


主な出演作品

バラエティ番組

  • 歌えヤン!ヤン ! ! (1974年10月 - 1975年3月27日、テレビ東京) レギュラー
  • ぎんざNOW! (TBS) 火曜レギュラー
  • 金曜10時!うわさのチャンネル ! ! (日本テレビ) レギュラー
  • ベスト30歌謡曲 (1975年、テレビ朝日)
      リトル・リーブス時代にはレギュラー出演もしていた番組。 司会はおりも政夫、井上順、サミー。
  • ヒット ’75 (1975年4月13日 - 9月28日、日本テレビ) レギュラー
  • ドカドカ大爆笑 (1975年5月 - 9月25日、テレビ朝日) レギュラー
       番組自体は4月3日からスタートしていた。
  • レッツゴーヤング (NHK)
  • おはよう!こどもショー (日本テレビ)

CM

  • 日清食品・カップラーメン 「ジョイカップ101(いちまるいち)・みそ味」
        (1975年9月。 販売価格は当時100円。 CMソングも歌っていた)

ミュージカル

  • ライブ・ミュージカル 『少年たち 〜フォーリーブス・不朽の名作〜』
       (1975年4月5日&6日:東京、5月3日:名古屋、4日&5日:大阪)
  • フォーリーブス結成10周年記念リサイタルVol.1
    ライブ・ミュージカル 『少年たちパートU 〜 青春の光と影 / フォーリーブス・ダイナマイトステージ』 (1976年3月31日 - 4月7日)

ステージ

  • ジャニーズ・ジュニア ファーストコンサート
       (1975年4月5日&6日:中野サンプラザ、ほか5月5日まで)
  • ’75 サマーキャラバン ジャニーズ・ジュニア・コンサート
        (1975年7月25日 - 8月16日) ゲストとしての出演
  • 第54回 日劇ウエスタン・カーニバル 〜 ジャニーズ・ファミリー・フェスティバル
       (1975年8月27日、日本劇場)
  • 第55回 日劇ウエスタン・カーニバル (1976年3月24日 - 28日、日本劇場) 3月26日のみ不参加
  • 緑の森のウエスタンカーニバル (1976年6月27日、日比谷野外音楽堂)
       JJS、川ア麻世、あいざき進也、レモンパイらと共演。
  • 第56回 日劇ウエスタン・カーニバル (1976年8月24日 - 28日、日本劇場)


ディスコグラフィ

シングル

  • アイ・ラブ・ユー c/w 幼な友だち (1975年7月25日)
  • 恋はチクチク c/w 愛の挑戦者 (チャレンジャー) (1975年12月25日)
       A面曲のメロディーは、ヴァン・マッコイの『ハッスル』のパクリ。

アルバム

  • アイ・ラブ・ユー (1975年8月25日、RVH-7001)

       

レコード化されていない楽曲

  • 恋のウンブギラー
      1976年6月、「第5回 東京音楽祭 国内新人大会 (シルバーカナリー賞選出大会)」出場のために結成されたJJSとのジョイントユニット「ジャニーズ・ジュニア・ファミリー」で歌った曲。 TBS『ぎんざNOW!』でも何度か披露した。
      「可愛い子猫ちゃん踊ろうよ」という歌詞で始まる曲で、首の周りにヒラヒラが付いたピエロのような衣装で歌われた。 曽我の高音のソロ部分があったり、曲がスローテンポになる箇所ではJJSの林正明が曽我を肩車する演出もあった。 ファンの間では名曲と評されるほどに人気が高かったにも関らず、レコード化も著作権登録さえもされていない幻の楽曲。


外部リンク








出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system