リトル・リーブス - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

リトル・リーブス



リトル・リーブスとは、かつてジャニーズ事務所に在籍していたアイドルグループである。
その名の通り、フォーリーブスの弟分的存在。  「ジャニーズ・ジュニア 第2期生」のメンバーによって結成された。  また、「リトル・ギャング」の前身に当たる「ヒデキ&ヤッチン」という内部ユニットも存在した。
1974年4月結成。 1975年秋頃に消滅。 略称:リトル、L・L。


目次



メンバー

  • 原川吉臣 (リーダー)

       

  • 森谷泰章

       


脱退メンバー

  • 曽我泰久
      愛称:ヤッチン (当初の愛称はオサム)。1963年1月7日生まれ。東京都北区赤羽出身。  途中、「そが泰久」という芸名表記で活動していた時期もある。  後に松原と共に「リトル・ギャング」へ異動。

  • 松原秀樹
      愛称:ヒデキ。1961年11月2日生まれ。大阪市住吉区出身。
      松原だけ一人遅れて加入。 その後、曽我と共に「リトル・ギャング」へと異動。


メンバー変遷

  • 第1期
    • 森谷、原川(当時高校1年)、曽我(当時小学6年)

  • 第2期
    • 森谷、原川、曽我、松原

  • 第3期
    • 森谷、原川


概要

  • 1974年4月に、森谷、原川、曽我の3名で結成。 同月7日からスタートしたNHK『レッツゴーヤング』にレギュラー出演し、フォーリーブスのバックで弟分的存在として踊っていた。 当時の平均年齢が12.75歳と低く、「ジュニアに入れるには若すぎるが将来性は抜群の子どもたち」という触れ込みのグループだった。

  • 同年10月に松原秀樹が遅れて加入。 同時に松原と曽我の2人による内部ユニット「ヒデキ&ヤッチン」(「ヒデキ・ヤッチン」という表記の場合もあり)が生まれ、2人だけで10月よりテレビ東京『歌えヤン!ヤン ! !』にレギュラー出演開始。

  • 1975年7月、内部ユニット「ヒデキ&ヤッチン」が「リトル・ギャング」の名でデュオとしてレコードデビューを果たす。これに伴い、2名はリトル・リーブスから脱退。
    しばらくの間は、残った森谷と原川の2名だけで「リトル・リーブス」を存続させていたが、同年の秋頃には消滅してしまった。

  • 翌1976年1月には、森谷も晴れてソロレコードデビューを果たした。


主な出演作品

バラエティ番組

  • レッツゴーヤング (1974年4月7日 - 、NHK) レギュラー
  • ベスト30歌謡曲 (1974年9月、10月 - 1975年3月26日、テレビ朝日)
      1974年9月に一度ゲスト出演し、フィンガー5の『個人授業』を歌う。そして翌10月からレギュラー出演。
  • 歌えヤン!ヤン ! ! (1974年10月 - 、テレビ東京)
       内部ユニット「ヒデキ&ヤッチン」がレギュラー
  • 出没 ! ! おもしろMAP (1978年、テレビ朝日)
      リトル・リーブス消滅後の番組だが、森谷と松原が「エンゼルトリオ」で出演。

テレビドラマ (森谷泰章)

  • ひまわりの詩 (1975年11月10日 - 1976年5月3日、日本テレビ)
  • 桃太郎侍 (1979年9月9日、日本テレビ) 第151話 「白い肌に御用心」

映画 (森谷泰章)

  • わが青春のイレブン (1979年7月21日、東映)
       サッカー部員の谷川文夫役。 川ア麻世橋本美砂子と共演。
       主題歌・挿入歌は青山孝が担当。

舞台

  • ライブ・ミュージカル 『少年たち 〜フォーリーブス・不朽の名作〜』
       (1975年4月5日&6日:東京、5月3日:名古屋、4日&5日:大阪) 第2期メンバー
  • オリジナルミュージカルプレイ 『友情』
      (「フォーリーブスリサイタル ’75」の中でのミュージカル、1975年1月4日・7日) 第2期メンバー
  • オイディプス王 (1976年5月4日 - 28日、日生劇場、演出:蜷川幸雄)
       リトル・リーブス消滅後の舞台作品だが、4人全員が出演。

ステージ

  • フォーリーブス・郷ひろみ ジョイントリサイタル
       (1974年5月3日・4日・19日) 第1期メンバー
  • 第53回 日劇ウエスタン・カーニバル 〜 ばらとみかんとバイオリンと
       (1975年3月28日 - 31日、日本劇場) 第2期メンバー
  • ジャニーズ・ジュニア ファーストコンサート
       (1975年4月5日&6日:中野サンプラザ、ほか5月5日まで) 第2期メンバー
  • ’75 サマーキャラバン ジャニーズ・ジュニア・コンサート
       (1975年7月25日 - 8月16日) 第3期メンバー
  • 第54回 日劇ウエスタン・カーニバル 〜 ジャニーズ・ファミリー・フェスティバル
       (1975年8月27日、日本劇場) 第3期メンバー


ディスコグラフィ

森谷泰章ソロシングル

  • とまどい c/w 蟬時雨
      (「森谷泰章」名義。 1976年1月25日、エレックレコード。2曲とも作詞・作曲:さだまさし
       A面曲は日本テレビのドラマ『ひまわりの詩』の挿入歌)
  • ありがとうグッバイ c/w 青春のページ
      (「森谷あきら」名義。 1976年12月20日、東芝レコード。A面のみ森谷本人が作詞。 A面曲のタイトルは当初『虹色はさよならのしるし』だったが、発売前に改題された)


外部リンク








出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system