小坂まさる - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

小坂まさる



小坂 まさる(こさか まさる、本名:小坂 勝秀、1957年9月27日生まれ)は、経営コンサルタント、法務省人権擁護委員。 元・タレント、歌手、俳優。
大阪市天王寺区生まれ、大阪府河内市 → 4歳から大阪市住吉区育ち。 ジャニーズJr.を経て、「メッツ」を結成した。
愛称は、ジャニーズ事務所内では「ヒデ坊」、ファンからは「マチャル」。
尚、次男の小坂真郷も元ジャニーズJr.で、「M.A.D.」のメンバーだった。


目次



所属事務所

  1. ジャニーズ事務所
  2. バーニングプロダクション
  3. カワダブラザースカンパニー
  4. プラスワン

ジャニーズ時代の参加ユニット


その後の参加ユニット


学歴

  1. 万代幼稚園 (大阪市住吉区)
  2. 大阪市立住吉小学校
  3. 大阪市立住吉中学校 (器械体操部所属)
  4. 堀越中学校
  5. 堀越高等学校
  6. 日本大学高等学校 (通称:日大日吉、日大横浜学園)


来歴

  • 1972年6月、大阪市立住吉中学校3年生の時に、よみうりテレビの新番組『GO!GO!ヤング』の公開収録を友達と豊中市民会館に観に行き、一般参加のリンボーダンス大会に飛び入りで参加した所、それまでの最高記録であった45cmをクリアして見事に優勝した。 優勝賞品はグアム旅行だった。
    それから半月後、東京でその様子をたまたまテレビで観ていたフォーリーブス北公次が、小坂のことを気に入り、社長のジャニー喜多川に推薦。 そしてジャニーが小坂宅の電話番号を調べて電話し、大阪フェスティバルホールでのフォーリーブスのコンサート、及び食事に招待する。 その結果、小坂は同年9月21日に上京してジャニーズ事務所に入所することとなった。

  • 当初は事務所期待の有望株として、ソロで売り出されていたが、1973年半ば頃より「ジャニーズ・ジュニア第1期生」の枠組に入れられる。  それでも尚、雑誌のピンナップでは「小坂まさる & ジャニーズJr.」と紹介されたり、小坂だけがテレビドラマに多数出演したり、1974年4月よりフジテレビ『君こそスターだ!』にソロでレギュラー出演するなどの厚遇を得ていた。

  • 1974年夏、「ジャニーズ・ジュニア 第1期生」が、2つのグループに分割された。 一つはフォーリーブスのコンサートのバックダンサーチームとして作られた3人組で、「ジュニア・スペシャル」という新たなグループ名が与えられた。  残りの6名は、特に新しいグループ名は与えられず、元の「ジャニーズ・ジュニア」名義のままで郷ひろみのコンサートのバックを務めた。
    小坂は郷ひろみの方のバックに付いていたが、「“ジュニア・スペシャル”の方が選び抜かれたメンバーの様に聞こえる」とか、フォーリーブスの北公次を尊敬していたために「フォーリーブスのバックで踊りたかった」などの不満を抱くようになっていた。
    そして、夏のコンサートを終えた1974年9月、ついに小坂はジュニア1期生の近藤純市と共にジャニーズ事務所からの退社を宣言し、それまで住んでいたジャニーズの合宿所からも飛び出した。 2ヶ月後の同年11月には、同じくジュニア1期生の山縣孝良、鈴木寛、吉田義久、柏木孝夫らも後に続き、一斉にバーニングプロダクションへと移籍した。 バーニングは、翌1976年3月に先輩の郷ひろみが移籍することが既に決定しているプロダクションだった。

  • バーニングへ移籍後、元ジュニアたち6名は新グループ「メッツ」を結成。 1975年2月23日に大阪の枚方市民会館にてステージデビュー。 その後、レコードデビューを飾った。

  • 1977年にメッツを一時解散。 「カワダブラザースカンパニー」に移籍し、1978年にメッツを復活させるも、2枚のシングルレコードをリリースしたのみで、1979年には再び解散。
    その後、カワダブラザースカンパニーから「プラスワン」に移籍。1980年のNHK大河ドラマ『獅子の時代』に書生役で出演した。

  • 芸能界を引退後は、1980年代に新宿二丁目でパブスナックを開店。 また、東京都港区の区議会議員選挙に幾度も出馬したが、全て落選した。
        
    その後、地元の大阪でナイトクラブを経営。  週刊誌の「あの人は今」の記事では、女性ホステスに囲まれながらハーレム王の様なポーズをとっている姿が紹介された。
    更にその後は、都内で会社役員(経営コンサルタント)に。  WEB制作会社「アンビーマテリアル株式会社」(2008年4月創業、2011年4月設立)などをコンサルティングしている。


人物

  • 「メッツ」時代から、髪型をパンチパーマのリーゼントにしたり、当時の男性アイドルとしては珍しく耳たぶ(左側)にピアスの穴を開けるなど、不良性を前面に押し出していた。

  • 1975年9月15日、東京郵便貯金会館で行われた男性アイドルグループ「フレンズ」の解散公演に、ジャニーズ時代の仲間・葵テルヨシと共にゲスト出演。

  • 政治への関心が非常に強く、自ら区議会議員選挙に何度も出馬した他、「自由民主党同志会」や、中曾根康弘が最高顧問を務める「一般社団法人 春風の会(しゅんぷうのかい)」に所属し、鈴木宗男の資金管理団体「21世紀政策研究会」や、野田聖子の資金管理団体「二十一世紀の会」に対し、寄附活動を行っている。  また、「佐藤ゆかり出版記念パーティー」や、「野田聖子さんのさらなる飛躍を期待する会」、政治団体「良知会(りょうちかい)」主催の「道州制で日本を拓く会」など、数々の政治資金パーティーにも出席し、やはり寄附を行なっている。
    この他にも、法務省「東京人権擁護委員協議会」に所属する人権擁護委員の肩書きを持ち、差別やいじめに関する相談をボランティアで受けている。

  • 政治に携わる際、一時、「小坂勝 (まさる)」、「小坂健 (まさる)」の別名を使用していた。

  • 政治を通し、森田健作との親交が非常に深い。

  • 小坂家は代々全員「金光教」の信徒。 また、父親はかつて、大阪市住吉区で不動産会社「伸興開発」を営んでいた。

  • 兄弟は弟が2人(4歳下と5歳下)。 4歳下の弟(1961年生まれ)は、五木ひろしの付き人を経て俳優となった小坂正道


主な出演作品

バラエティ番組

ジャニーズJr.時代

  • 君こそスターだ! (1974年4月 - 、フジテレビ) レギュラー

バーニング時代

  • 金曜10時!うわさのチャンネル ! ! (1977年4月 - 、日本テレビ) レギュラー
       小坂は当番組の中で、バリカンで丸坊主にされてしまった。
  • 東海テレビのバラエティ番組にて司会者 (1977年4月 - )

テレビドラマ

ジャニーズJr.時代

  • 木下恵介アワー 『おやじ山脈』 (1973年、TBS)
  • ぼくは叔父さん (1973年10月 - 1974年3月、日本テレビ)
  • ボクは女学生 (1973年10月5日 - 1974年3月29日、フジテレビ)
  • ボクは恋人 (1974年4月5日 - 9月27日、フジテレビ) 小坂は7月からの出演

バーニング時代

  • 元禄太平記 (1975年、NHK総合・大河ドラマ) 矢頭右衛門七役

プラスワン時代

  • 獅子の時代 (1980年、NHK総合・大河ドラマ) 書生役
  • 特撮野郎アクションシリーズ! ぼくら野球探偵団 (1980年8月11日、テレビ東京)
       第14話「珍ロボット ウルトラ28号の秘密」にて店員役
  • ウルトラマン80 (1980年9月24日、TBS)
       第26話「タイムトンネルの影武者たち」にて小太郎役

映画

ジャニーズJr.時代

  • 急げ!若者 TOMORROW NEVER WAITS (1974年7月、東宝)
      孤児院の子供役で出演。 舞台挨拶にも参加した。

ミュージカル

ジャニーズJr.時代

  • フォーリーブス イン クリスマス (1972年12月24日&25日、名古屋・御園座)
      「ジューク・ボックス・ジュニア」のメンバーとして出演。
      第1部・『ミュージカル フォーリーブス物語 〜 星に帰った若者』
         (作・構成・演出:ジャニー喜多川、振付:小井戸秀宅)
      第2部・『ヒット・ヒット・ヒット ゴールデンステージ』
  • フォーリーブス物語 〜 星に帰った若者 (1973年1月)
      「ジューク・ボックス・ジュニア」のメンバーとして出演。
  • 郷ひろみヤングミュージカル 『走れ あしたに ! !』
      1974年夏の郷ひろみのコンサート内でのミュージカル。

ステージ

ジャニーズ時代

  • フォーリーブス エキサイティングショー (1973年4月)
       ジューク・ボックスのサポートメンバーとして出演。
  • 第49回 日劇ウエスタン・カーニバル 「フォーリーブスショー」 (1973年5月4日、日本劇場)
      小井戸秀宅と共に北公次が振付を担当。 音楽担当は高橋洋一
  • 第49回 日劇ウエスタン・カーニバル 「郷ひろみショー」 (1973年5月5日 & 6日、日本劇場)
  • フォーリーブスの各コンサート(1973年 - 1974年)
  • 郷ひろみの各コンサート (1973年 - 1974年)

バーニング時代のソロステージ

  • 1時間のワンマンショー (1977年2月12日、大阪千日前・ユニバース)



次男の小坂真郷

小坂 真郷(こさか まさと、1988年8月29日 - )は、小坂まさるの次男。  秋田県生まれ、東京都江東区育ち。 身長:166cm。 血液型:O型。
「真郷」という名は、小坂まさるの「」と、郷ひろみの「」を足して名付けられた。
真郷も、父親と同じくジャニーズ事務所に入所。 入所日は2001年9月23日で、同期生は薮宏太、伊野尾慧、山本亮太ら。
B'z稲葉浩志を尊敬している。(ジャニーズJr.の頃は「尊敬している人は堂本剛君」と公言)
影響を受けたアーティストは、マイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダー、エリック・クラプトン、ステイシー・オリコ、ブリトニー・スピアーズ、久保田利伸、宇多田ヒカルなど。 マイケル・ジャクソンと誕生日が同じことが自慢。
  • 2005年に不祥事(傷害での刑事事件:本人談)を起こし、ジャニーズ事務所を一時退社。

  • その間、2005年に行われた『第18回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』に応募。 ノミネート50名を発表する前の事前予告では真郷も誌面で紹介されたが、結果的にノミネートメンバーには入れなかった。(グランプリは中村蒼
    続いて翌2006年の『第19回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』にも応募。この時は、ベスト10まで進出した。(グランプリは溝端淳平
    他にも、新潮社のローティーン向けファッション雑誌『nicola』に登場したり、TBS『徳光和夫の感動再会!“逢いたい”』の再現VTRに、主人公役として出演したりもした。 更にホラー映画『こわい童謡 裏の章』(2007年7月28日公開)の一般公募オーディションにも合格し、奈良本茂役で出演した。

  • その一方でパソコンのオンラインゲームにハマり、韓国のゲーム会社「グラビティ」が運営するMMORPG(マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲーム)「Ragnarok Online (ラグナロクオンライン)」のエミュレーターサーバーを真郷の自宅サーバーにて開設し、「Romalia Online (ロマリアオンライン)」として公開していた。(真郷は「ロマリア」〔愛称:ロマ様〕と名乗り、管理人として活動)
    当初「ロマリア」は自身の写真や父親の店をブログなどで掲載していたが、真郷自身の知名度が一般層にはほぼ皆無だったこともあり、「そこそこのイケメンの写真をどこかから拝借して掲載しているのだろう」と、Romalia Onlineのユーザーたちからは認識されていた。  しかし、エミュレーターサーバー管理者同士のOFF会の際に撮影された写真と、真郷が掲載していた自身の写真の人物とが見事に一致したため、Romalia Onlineユーザーたちの間に激震が走る。
    また、Romalia Online内で使用されているキャラクターの画像、構成マップ画像はRagnarok Onlineの物そのものであったため、著作権法違反に当たった。  更に、元のRagnarok Online内でもGM(ゲームマスター=管理者)を名乗り、一般ユーザーからアカウントIDとパスワードを聞き出したりという不正行為が非常に目立った。 しかもそのことを、証拠となる画像と共にブログ上で公表してしまう。
    その直後、Ragnarok Online公式ページにて運営側から注意を呼びかける告知があり、あわや「元ジャニーズJr.の逮捕か?」と大騒ぎになるが、イメージダウンを恐れた運営側が通報・起訴を見送り、違法行為ではあるが、ID削除だけでお咎めは済んでいる。
    Ragnarok Onlineの他のエミュレーターサーバーへの陰湿的な荒らし行為や不正アタックも発覚したが、ISPが揉み消したため、こちらもやはりお咎めは無かった。
    この他、ファイル共有ソフト「Winny」を頻繁に使用していたことも、Romalia Onlineユーザーの手により調査され、明らかになっている。 また、自サイトの掲示板や2ちゃんねるに書き込む際は、「◆T4uo4K72iY」というトリップまで使用していた。
    Romalia Onlineは過剰なまでの宣伝により、接続者数を1,000名以上も集めていたが、真郷が引退して別のユーザーへ管理権を譲渡したことで急速に求心力を落とし、閉鎖となった。

  • 2007年3月、単位制・通信制高校の、私立わせがく高等学校・東京キャンパスを卒業。 そして同年、ジャニーズ事務所に復帰することをエミュレーターサーバー上で告知。 ジャニーズ事務所脱退者が再び事務所に戻り、活動を再開することは異例であり、しかも真郷はこれを3回ほど繰り返している。 暫くは管理人とジャニーズJr.を両立させていたが、活動が忙しくなったことを理由に、エミュレーターサーバー名を他人に譲渡し、引退した。
    尚、復帰後にアイドル誌で答えたインタビューにて、Ragnarok Onlineの著作物を無断転用して作成したRomalia Onlineのことを、「趣味でネットゲームを作成している」などと発言している。

  • 事務所復帰後は、「M.A.D.」に加入。 専門学校「総合学園ヒューマンアカデミー パフォーミングアーツカレッジ」渋谷校・アニメソングシンガー専攻(2年制)にも通うようになり、声楽を学んだ。 ビブラートやロングトーンの効いた歌唱力に定評があり、『もう君以外愛せない』、『ひとりぼっちのハブラシ』、『君を想うとき』、『ミソスープ』、『誓いの空 (作詞:薮宏太)』といった楽曲を、テレビやコンサートでソロで披露させて貰うという破格の扱いを受けた。 かなりの高音を出すことが出来、最高音はA5(hihiA)程度にまで達した。

  • 一時は、飲酒事件で謹慎中だった内博貴に代わって「NEWS」に加入するのではないかという噂まであったものの、2009年にジャニーズ事務所を正式に退社した。
    同年5月、ポップ・ロックバンド「PRISTAR (プリスター)」を結成し、ボーカルとして活動(所属事務所は株式会社サイファー)。
    同年7月にはアメーバブログにてオフィシャルブログ「ゆるい感じ。」も開設(途中から「オレラノ オンガク」に改題。2011年に閉鎖)。
    PRISTARは2010年にメジャーデビューする予定だったが、2010年9月、真郷が方向性の違いを理由に脱退。これにより、バンドは解散。 他のメンバーは、新たなボーカルを入れた新バンド「enblinds (エンブラインズ)」を結成した。

  • 芸能活動の傍ら、ヒューマンアカデミーの講師だったボイストレーナー・野見山正貴に弟子入りし、ブラックミュージックを学びながら、真郷自身もボイストレーナーとして、素人を相手に個人ボーカルトレーニングを行うようになる。

  • 2011年、新たに株式会社スパイクエンタテインメントへ所属。(同年9月1日より株式会社サラエンターテイメントと合併し、「株式会社サラエンタテインメント」に社名変更)
    続いて、作曲家・川村駿介との2ピースバンド「ATHENA (アテナ)」も結成した(プロダクションへの所属者は真郷のみ)。真郷はボーカルを担当。  同年5月16日〜22日には、朝倉薫演劇団創立20周年記念・東日本大震災復興チャリティ公演『スタント』(池袋・シアターKASSAI)に西条俊彦役で出演するなどしたが、真郷は同年中に早くもサラエンタテインメントを退社してしまった。
    また、同年8月19日より、アメーバブログにて新オフィシャルブログ「正直、ぷよぷよは負けたことないっすね」を開設。 更にTwitterアカウントを取ってツイート活動も行なっていたが、どちらも翌2012年6月をもって突然閉鎖してしまった。

      ブログ閉鎖、及びTwitter削除への背景
      2011年前後より、MMORPGの「LINEAGE 2」をプレイ。 当時はそれが真郷であることはまだ知られていなかった。  まずエリカサーバーにて、キャラ名「ザケンですが何か」でPK(プレイヤー・キラー)として嫌がらせ行為、不正行為を重ねてBAN(キャラ凍結)。
      続いてジグハルトサーバーにて、キャラ名「フリンテッサです」でプレイし、ここでもPKとしての嫌がらせ行為や、キャラ共有などの不正ギリギリの行為を繰り返した。[1]
      2012年6月、ゲーム内ブログ(既に削除済み)で真郷が自身の顔を晒したことにより個人特定される。  それまでの嫌がらせ行為、不正行為などから、ゲーム外部のインターネット掲示板にて炎上が起こり、真郷のオフィシャルブログやTwitterアカウントが晒された。
      この状況を受け、真郷は6月中に即座にブログを閉鎖し、Twitterアカウントも削除。 そして翌7月、ゲーム公式BBSにて引退宣言をした。

  • 2015年1月、ヴィジュアル系バンド「DELUHIセッション」のボーカル「masato」として、浦和のライブハウス「ナルシス」にて活動開始。
    同年4月29日より、バンド名を「EREMES (エレメス)」に改めて再始動。 同年8月15日にはファーストミニアルバム『METEMPSYCHOSIS (メテムサイコシス)』もリリースしたが、活動は1年と持たず、2016年1月19日に解散した。

  • 2016年2月25日、ヴィジュアル系2ピースバンド「怪盗少年」のボーカル「まさと」として活動開始。 ファンのことを「怪盗少女」と呼ぶ。
    同年8月、バンド名を「怪盗戦隊-A-」、個人名も「すかいらーくまさと」に改名。 [1][2][3][4][5][6]


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system