ジューク・ボックス - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

ジューク・ボックス



ジューク・ボックスとは、過去にジャニーズ事務所に所属していた1970年代の男性アイドルグループである。 略称:ジュークJ・B。 1969年末結成。 1974年消滅。
メンバーの脱退・加入が非常に激しく、メンバー構成は実に10期に分かれる。
弟分ユニットは「ジューク・ボックス・ジュニア」(正確にはユニットではなく、当時のジャニーズJr.全体を指す別称)。


目次



メンバー

  • 小谷典由 (こたに つねよし。途中から小谷純。 1期〜10期)

       

  • 風間忠芳 (かざま ただよし。 6期〜10期)

       


脱退メンバー

  • 吉本暁弘 (よしもと あきひろ。途中から吉本あき弘。 2期〜7期)

       

  • 円谷弘之 (つぶらや ひろゆき。 1期〜6期。 後の本多貴之本田貴之

       

  • 岡典雄 (おか のりお。途中から岡のりお。 1期と5期)

       

  • やなせ かおる (1期と4期)

       

  • 近藤昌 (こんどう まさる。 1期〜3期)

       

  • 行田和彦 (ぎょうだ かずひこ。 2期のみ)

       

  • 村田勝美 (むらた かつみ。 1期のみ)

サポートメンバー

  • 亜井じょう (あい じょう。 8期のみ)
      1972年12月〜1973年1月の『ミュージカル フォーリーブス物語 〜 星に帰った若者』にて参加。

  • 浅井あきら (8期〜9期)
      後の「葵テルヨシ」。 1972年12月〜1973年1月の『ミュージカル フォーリーブス物語 〜 星に帰った若者』、1973年4月『フォーリーブス エキサイティングショー』にて参加。

  • 小坂まさる (9期のみ)
      1973年4月『フォーリーブス エキサイティングショー』にて参加。

候補メンバー



メンバー変遷

メンバーの脱退、加入が非常に激しく、メンバー構成は実に10期に分かれる。

  • 第1期 (1969年末〜)
    • 円谷、小谷、近藤、柳瀬(後のやなせ)、岡、村田

  • 第2期 (1970年前半)
    • 円谷、小谷、近藤、吉本、行田
        

  • 第3期 (1970年夏)
    • 円谷、小谷、近藤、吉本

  • 第4期 (1970年10月のレコードデビュー時)
    • 円谷、小谷、吉本、やなせ
        

  • 第5期 (1971年春〜)
    • 円谷、小谷、吉本、岡

  • 第6期 (1972年1月〜)
    • 円谷、小谷、吉本、風間
       

  • 第7期 (1972年5月〜)
    • 小谷、吉本、風間

  • 第8期 (1972年12月〜1973年1月)
    • 小谷、風間、亜井、浅井

  • 第9期 (1973年4月)
    • 小谷、風間、浅井、小坂

  • 第10期 (1973年〜1974年)
    • 小谷、風間


概要

  • ジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川は、ジューク・ボックスを作るに当たり、名前のイニシャルがAからZまで全て揃った26人のメンバーを集め、ミュージカルを上演できるようなグループを作りたいという構想を練っていた。 しかし実際にはアルファベット全26文字に見合う名前の人間を揃えることは難しく、1969年末に、当時のジャニーズJr.の人気投票上位6名だけで結成することとなった。
    その6名で、同年12月にフォーリーブス主演のミュージカルイベント『レッツ・ゴー フォーリーブス』(第2幕「オオ・マイ・ママ」)に出演。 その後、メンバーを大幅に入れ替え、日本テレビ『プラチナゴールデンショー』へのレギュラー出演も開始し、フォーリーブスのバックを務めた。

  • 更にメンバーの入れ替えを経て4名となり、1970年10月10日にキャニオンレコード(後のポニーキャニオン)の第一号アーティストとして、両A面シングル『さよならの祈り c/w 海に沈めて』でレコードデビュー。

  • その後も更にメンバーチェンジや脱退者が有り、最終的には小谷と風間の2名だけとなった。  1974年にグループが消滅するまでに、シングルレコードを4枚、アルバムを2枚、クリスマスEPを1枚リリースした。


主な出演作品

テレビドラマ

 ジューク・ボックスとしての出演作
  • おれは男だ! (1971年9月26日、日本テレビ)
      第23話「ナツコ・オン・ステージ!」に、第5期メンバーでゲスト出演。
      このドラマの中でジューク・ボックスは、楽器を持ってバンドスタイルで登場するシーンもあったが、実際には演奏はしておらず、ただの当て振りだった。
      ちなみに当ドラマの第1話と第2話には、事務所の先輩のフォーリーブスも同じくゲスト出演している。
 円谷弘之ソロ出演作
  • 緊急指令10-4・10-10(テンフォーテンテン)
       (1972年7月3日 - 12月25日、テレビ朝日) 戸川修役

バラエティ番組

 ジューク・ボックスとしての出演
  • ヒット歌謡No.1 (TBS) 坂上二郎と共にレギュラー司会
  • プラチナゴールデンショー (1970年 - 、日本テレビ) レギュラー
  • 第2回 全国ヤング歌謡フェスティバル
       (1970年 - 1971年、TBSテレビ & TBSラジオ、主催:渡辺プロダクション)
  • ぎんざNOW! (TBS) レギュラー
 円谷弘之ソロ出演
  • 夜のヒットスタジオ (1974年4月8日、フジテレビ)
       坂口良子とのデュエットで『青い山脈』を披露。
 近藤昌ソロ出演
  • ほぼほぼ 〜真夜中のツギクルモノ探し〜 (2016年11月26日、テレビ東京)

ラジオ

  • 歌え!ジューク・ボックス (ニッポン放送) レギュラー
  • 第2回 全国ヤング歌謡フェスティバル
       (1970年 - 1971年、TBSテレビ & TBSラジオ、主催:渡辺プロダクション)
  • 集まれ歌謡曲 (ニッポン放送、司会:藤村有弘)
      全国各地での公開録音番組。フォーリーブス、永田英二と共演。
  • 平凡アワー スターハイライト・ショー (ニッポン放送)
      全国各地での公開録音番組。1970年12月13日(日):犬山市民文化会館で公録、他。 1972年2月19日(土)の群馬音楽センターの公録では、ハイ・ソサエティー、永田英二、郷ひろみと共演。
  • 円谷弘之が30歳の時にパーソナリティーを務めたラジオ日本の深夜番組。 タイトル不明。
  • 同じく円谷弘之が30歳の時にパーソナリティーを務めた文化放送の深夜番組。 タイトル不明。

ミュージカル

  • レッツ・ゴー フォーリーブス (1969年12月、大阪フェスティバルホール、日生劇場) 第1期メンバー
      第2幕 ミュージカル 「オオ・マイ・ママ」。
  • 少年たちシリーズ第2作 〜 ミュージカル’70 「少年たち 〜完結篇〜」
      (1970年5月30日&6月1日、日生劇場) 第2期メンバー
  • 少年たちシリーズ第3作 〜 フォーリーブス・ミュージカル 「素足で駆けるとき」
      (1971年、企画・構成・演出:フォーリーブス、文化庁芸術祭参加作品ミュージカル) 第5期メンバー
  • 少年たちシリーズ第4作 〜 フォーリーブス・ミュージカル 「太陽からの少年」
       (1971年4月) 第5期メンバー
  • 少年たちシリーズ第5作 〜 フォーリーブス・ミュージカル 「明日なき友情」
       (1971年8月) 第5期メンバー
  • 少年たちシリーズ第6作 〜 フォーリーブス・ライブ・ミュージカル
      「生きていくのは僕たちだ!」
      (昭和46年度文化庁芸術祭参加作品ミュージカル。 原作:大森晶子『十七歳の絶唱』。
      1971年10月29日&31日:帝国劇場。大阪、名古屋公演も有り) 第5期メンバー
  • ミュージカル・コメディー 「おかしな童話」 (1972年3月) 第6期メンバー
  • ミュージカル 「僕がうたうとき!」 (1972年8月) 第7期メンバー
       最初の脱退メンバーである行田和彦もソロ名義で出演。
  • フォーリーブス イン クリスマス (1972年12月24日&25日、名古屋・御園座) 第8期メンバー
      第1部・『ミュージカル フォーリーブス物語 〜 星に帰った若者』
         (作・構成・演出:ジャニー喜多川、振付:小井戸秀宅)
      第2部・『ヒット・ヒット・ヒット ゴールデンステージ』
  • フォーリーブス物語 〜 星に帰った若者 (1973年1月) 第8期メンバー

ステージ

  • 第42回 日劇ウエスタン・カーニバル (1970年8月25日 - 9月1日、日本劇場)
  • 第43回 新春日劇ウエスタン・カーニバル (1971年1月15日 - 22日、日本劇場) 第4期メンバー
  • 第44回 日劇ウエスタン・カーニバル 〜 みんなで踊ろう! (1971年4月23日 - 29日、日本劇場) 第5期メンバー
  • 第45回 日劇ウエスタン・カーニバル (1971年8月27日 - 9月2日、日本劇場) 第5期メンバー
  • 第46回 新春日劇ウエスタン・カーニバル (1972年1月15日 - 22日、日本劇場) 第6期メンバー
  • 第49回 日劇ウエスタン・カーニバル 「フォーリーブスショー」
       (1973年5月4日、日本劇場。振付:北公次、小井戸秀宅。舞台装置:引田天功)
  • 郷ひろみ サマードリームヤングフェスティバル (1973年8月3日&4日、名古屋・御園座) ゲスト出演
  • 他…


ディスコグラフィ

シングル

  • さよならの祈り c/w 海に沈めて (1970年10月10日、両A面シングル) 第4期メンバー
  • 愛で胸はいっぱい c/w 朝に夕べに (1971年) 第4期メンバー
  • 君にいかれて c/w なぜに君は生きる (1971年6月、両A面シングル) 第5期メンバー
      『なぜに君は生きる』は、雑誌『週刊セブンティーン』にてファンから詞を一般公募し、
      その詞を元に作詞家・山上路夫が補作詞したもの。
  • 若者の四重奏 c/w ほほの涙を虹にして (1971年7月、両A面シングル) 第5期メンバー

6曲入りEP

  • メリー・クリスマス / ジューク・ボックス! (1971年11月) 第5期メンバー

アルバム

  • はじめまして ジューク・ボックスです (1970年12月25日) 第4期メンバー

       

  • 若者の四重奏 (1971年) 第5期メンバー

       

客演アルバム

  • 世界へジャンプ! ハイソサエティ・サプライズ・プレゼント (1970年11月21日)
  • フォーリーブス・ライブ・ミュージカル 生きていくのは僕たちだ!
       (1972年2月21日。フォーリーブスのアルバム) 第5期メンバー
  • We're the JOHNNYS (全13曲、1989年12月10日、インディーズ発売)
      北公次、中谷良、SHADOWら「北公次FAMILY」によるオムニバスCD。 小谷純、やなせかおるのソロ曲がそれぞれ1曲ずつ収録されている。 河口湖のキャメロットスタジオにて、1989年10月10日〜12日の3日間でレコーディングされた。

       

円谷弘之ソロシングル

  • さよならの瞬間 c/w 君への誓い (1972年11月)
  • 純愛 c/w 死んだ君のために (1973年)
       A面曲のタイトルは当初、『愛は思い出の中に』になる予定だった。
  • 季節はずれの海で c/w さびしがりや (1973年10月)
  • 青い山脈 c/w 若い日は二度とない
       (1974年4月。 坂口良子との共演盤。 B面曲は坂口のソロ)
  • 横須賀ラスト・ナイト c/w 枯葉が似合う店 (1984年4月21日) 「本多貴之」名義


ビデオ

  • We're the JOHNNYS (1989年12月10日、「北公次FAMILY」による限定版ビデオ)
       小谷純、やなせかおるが出演。


著書

  • さらば ! ! 光GENJIへ (北公次 著、1989年9月、データハウス)
       小谷純、やなせかおるの告白文を掲載。


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system