ジャPAニーズ - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

ジャPAニーズ

  


ジャPAニーズ (ジャパニーズ)とは、かつてジャニーズ事務所に所属していたバックダンスグループである。 結成当初のグループ名表記は普通に「ジャパニーズ」。 「ジャPAニーズ」に表記を変更した後も、やはり「ジャパニーズ」と表記されてしまうことが度々あった。
愛称:ジャPA。 1978年1月結成。 1982年5月18日解散。  旧名:「インフォメーションズ」 → 「ディスコ・メイツ」。

尚、ジャPAニーズの後には「ジャPAニーズ・ジュニア」や、「ジャPAニーズHi!」といった派生グループが誕生している。


目次



メンバー

  • 細野謙治 (リーダー 兼 マネージャー。振付担当)

       

  • 吉野明男 (同じく振付担当)

       

  • 乃生佳之

       

  • 板野俊雄 (1980年6月1日から加入)

       


脱退メンバー

  • デビッド・宮原 (板野と交替でグループ脱退)
  • 舟喜豊 (愛称:ゆたか。板野と交替でグループ脱退)
  • 他1名 (グループがジャニーズ事務所に所属してすぐに脱退)

サポートメンバー



概要

  • 1976年、ディスコの全盛期に、美容師志望の少年・吉野明男(ボビー)を含むソウルダンスグループ「ファンキードールズ」(リーダーはジョニー)が、ダンスコンテストの優勝を軒並み奪い、話題となる。 ボビーはファンキーを踊るとカミソリのようなキレがあったことから、“カミソリボビー”とまで呼ばれていた。 実力を認められたボビーは、六本木の某ディスコでショーの構成を始める。 このディスコによく通っていたのが、当時大学生で役者志望だった細野謙治(トミー)だった。

  • 1978年1月、トミーがリーダーとなり、ボビーを含めた5人組のソウルダンスグループ「インフォメーションズ」を結成。 ほぼ毎日4時間のレッスンを経て、同年2月より活動開始し、関東のあらゆるディスコに出演する。 そしてインフォメーションズのステージに魅了された乃生佳之(ノオチン)が「僕も入りたい!」と頼み込んで加入し、6人組となった。
    そんなある日、アイドル寄り、色物寄りの軟派な全国ダンスコンテストにも出場したが、「インフォメーションズ」はあまりにも本格派過ぎて選外となった。 しかし、そのコンテストを見に来ていたジャニーズ事務所のスタッフによってスカウトされる。 その上でジャニー喜多川とメリー喜多川にもダンスを見せに行き、認められて事務所入りした。
      (ネット上などでは、「リーダーの細野謙治が、よりメジャーな活動を目指し、インフォメーションズを率いて自らジャニーズ事務所に売り込みに行く。 そしてダンスの実力を見せた所、ジャニー喜多川とメリー喜多川の両名に認められ、事務所入りを果たした」とされているが、これは正確には誤り。 最初のきっかけはジャニーズ側からのスカウトだったし、本格派のソウルダンサーを自負していたメンバーたちはジャニーズのアイドル系の仕事に対して常に葛藤し悩んでいた。後に半分のメンバーが辞めて行くこととなる)

  • ジャニーズ事務所に所属した際、グループ名を「ディスコ・メイツ」に改名。 この段階でメンバーが1名脱退し、5人組となる。 1978年夏、フォーリーブスの解散コンサートツアーに帯同。

  • 同年秋より、“世界に通用するように”と、更にグループ名が「ジャパニーズ」に改名され、川ア麻世の専属バックダンスグループとなった。(グループ名表記はその後「ジャPAニーズ」に)

  • 1979年4月15日〜6月24日、日本テレビのダンス番組『ミュージック・ボンボン』に「ピラミッド」と共にレギュラー出演。 この番組でテディ団(本名:団忠昭。1978年12月開催の東芝EMI主催「第1回 世界ディスコダンス選手権大会」優勝者)と出会い、ボビー吉野がテディの全国パフォーマンスショーの振り付けを手掛けた。
    また、1979年4月からはNHK『レッツゴーヤング』にもバックダンサーとしてレギュラー出演。 以後、1982年3月まで、松田聖子の『裸足の季節』など、様々なアイドル歌手のバックを務めた。

  • 1980年、デビッド・宮原と舟喜豊が脱退。 入れ替わりで、同年6月1日より元「JJS」の板野俊雄が加入した。 3オクターブ半の高さの歌声を持つ板野は、ジャPAニーズに入る前に、まだ結成前だったロックバンド「LOUDNESS (ラウドネス)」の初代ボーカルにも誘われていたが、それを断わってジャPAニーズの方を選んだ。
    板野が加入した時期はちょうど田原俊彦の歌手デビューの時期でもあり、ジャPAニーズは田原の専属バックダンスグループとなった。 また、歌唱力のある板野が入ったことで、ダンスだけでなくバックコーラスでも活躍した。
    尚、ジャPAニーズは田原俊彦だけでなく、近藤真彦のコンサートのバックや、ひかる一平の歌番組出演時のバックにも付いたことがあった。

  • メンバー間での価値観の相違が絶えず、1982年5月18日、渋谷公会堂での田原俊彦のコンサートにて解散した。(田原のシングル『君に薔薇薔薇・・・という感じ』までバックに付いていた)


エピソード

  • 田原俊彦の『恋=Do!』のバックでの、女の子の着ぐるみ「チャチャ人形」の役は、乃生佳之が担当。

  • 某メンバーがアムウェイをやっていた。

  • ジャPAニーズの派生グループとして、1982年に「ジャPAニーズ・ジュニア」、更に2010年には「ジャPAニーズHi!」が誕生している。


主な出演作品

テレビドラマ

細野謙治 (トミー)

乃生佳之

  • おにいちゃん (1982年7月27日 - 10月26日、TBS) 川ア麻世と共演
  • 年ごろ家族 (1984年1月10日 - 3月27日、TBS) 滝井亮一役
  • 大型時代劇スペシャル 「霧の橋の決闘! 〜 みちのく紅花女と必殺男・江戸の中小企業がんばる!」 (1999年7月6日、テレビ朝日。原作は乙川優三郎の第7回時代小説大賞受賞作品)

バラエティ番組

  • ミュージック・ボンボン (1979年4月15日 - 6月24日、日本テレビ)
      毎週日曜夜7時から30分間放送していたダンス番組で、「ピラミッド」と共に出演していた。
  • レッツゴーヤング (1979年4月 - 1982年3月、NHK総合) レギュラーバックダンサー
  • ヤンヤン歌うスタジオ (テレビ東京) レギュラーバックダンサー
  • たのきん全力投球! (1980年10月9日 - 1983年3月27日、TBS)

乃生佳之

  • アップルシティ500 (ファイブオーオー)
       (1982年10月7日 - 1983年5月5日、TBS) 小森まなみと共に毎週木曜日の司会
  • 夜のヒットスタジオ (1983年4月4日、フジテレビ)
       自身のソロ曲『だいじょうぶマイ・フレンド』を加藤和彦&広田レオナとの共演で披露。
  • 欽ちゃんの週刊欽曜日 (1984年11月9日 - 、TBS)
  • アイドル共和国 (1990年、テレビ朝日)
  • 桜っ子クラブ (1991年4月20日 - 8月26日、テレビ朝日)
       「桜っ子クラブさくら組」のオーディションの審査員として出演。
  • 1億人のラブコール 感動!あの人に逢いたい ’91 (1991年12月、TBS)

細野謙治 (トミー)

  • さんまのまんま (1989年6月29日、フジテレビ) 大倉利晴と共にゲスト出演
  • 明石家さんまの5時間くらいテレビ 「生きとる」 (2005年8月27日、CSフジ) ゲスト出演

ボビー吉野

  • スッキリ ! ! 特別版 (2013年4月13日、日本テレビ) 「アニー2013 オーディション密着!少女たちの涙」
  • 関ジャム 完全燃SHOW (2015年5月31日、テレビ朝日)
  • 出没!アド街ック天国 「京成高砂」 (2017年2月25日、テレビ東京)

映画

  • ブルージーンズ メモリー (1981年7月11日)

乃生佳之

  • ハイティーン・ブギ (1982年8月7日)
  • TOSHI in TAKARAZUKA Love Forever (1983年8月4日)
  • だいじょうぶマイ・フレンド (1983年4月29日) モニカ役
  • 虹の橋 (1993年10月9日) 彦十役

舞台

乃生佳之

  • 劇団四季公演 「CATS」 (1984年、西新宿キャッツ・シアター)
  • ラ・ボエーム ’85 ミュージカル 「原宿物語」 (1985年11月16日 - 24日、中野サンプラザ) サブ役
  • 日清食品ミュージカル 「シンデレラ」 (1986年3月21日 - 4月6日:シアターアプル、その後全国公演) 王子役
      ※ 当初はひかる一平が王子役を務める予定で、ひかるの顔写真が入ったチラシも配布されていた。
  • KEI ONO DANCE NUTS公演 「躍らせて 鳥のように」
      (1990年3月、新宿シアターサンモール、作/演出:森泉博行、演出:小野恵子)
       小野恵子は、名倉加代子の弟子で、ジャズダンスの振付師。
  • マランドロ 〜 チ・ン・ピ・ラ・オ・ペ・ラ
      (1990年7月6日 - 28日、日生劇場、主演:田原俊彦、演出:宮本亜門、振付:前田清実・ボビー吉野)
  • 少年隊ミュージカル PLAYZONE ’91 「SHOCK」
      (1991年、青山劇場・大阪フェスティバルホール) 「NOCHIN」名義で出演
  • KEI ONO DANCE NUTS公演 「躍らせて 鳥のようにU」
      (1994年、新宿シアターサンモール、作/演出:森泉博行、演出:小野恵子)
  • 音楽劇 「ご親切は半分に…」
      (1997年3月20日 - 29日、東京国際フォーラム) 唐津トミオ役

ラジオ

細野謙治 (トミー)

  • 明石家さんまのおしゃべりツバメ返し
      (さんまとトミー以外のレギュラー陣:大倉利晴、伊藤加奈子、奥貫薫)
      (1988年10月 - 1991年3月、TBSラジオ、JRN系)
  • 明石家さんま・トミー・大岩賞介・藤沢めぐみのヤングタウン日曜日
      (通称:『ヤンタンスペシャルサンデー 明石家さんまの何でもこい!』)
      (1992年1月 - 9月、MBSラジオ)
  • 明石家さんま・玉井健二・加藤紀子のヤンタン土曜日
      (1992年10月 - 1995年) 不定期でゲスト参加

乃生佳之

  • モアーズミュージックワイド (ニッポン放送) ゲスト出演
  • のおちんのミッドナイト・デイト
  • 理佐とノオチンのDOKIDOKIトーク1.5
       (1988年、文化放送『15はドキドキ ピンクコング ’88』内) 立花理佐との共演番組
  • ナヴィとノオチンの今夜もグラッチェ
      (1989年、文化放送『15はドキドキ ピンクコング 3』内)
       「ナヴィ」こと細川直美との共演番組。
  • 明星 ノオチンと太田さんのピンコン二人旅 (1989年、文化放送)
      太田英明アナウンサーとの共演番組。 CHA-CHAの西尾拓美がよくゲスト出演していた。
  • さだまさしのセイ!ヤング (1989年 - 、文化放送)
       西村知美や西尾拓美と共に度々ゲスト出演していた。
  • 放送作家だよ!全員集合 (文化放送) 小森まなみと共にパーソナリティを務めた1日だけの特番

CM

乃生佳之

  • 江崎グリコ 「アーモンドチョコレート」 (田原俊彦と)

イベント

乃生佳之

  • のおちんのALTAサンデー情報局 (1992年 - 1995年、新宿アルタ・バルコニーステージ)

ステージ

  • 頑張れ!ニューヤンキース (1978年8月12日&13日、浅草国際劇場)
  • ヤング!ロックン・ロール・フィーバー
      (1978年10月27日:「ギャングス」のバックダンサーとして「ジャパニーズ」名義で出演。10月28日&29日:川ア麻世とギャングスのバックダンサーとして出演。日本劇場)
  • サヨナラ日劇FESTIVAL (1981年2月11日、日本劇場)
       たのきんトリオ、ジャニーズJr.と共に出演。

乃生佳之

  • 夏 長崎から さだまさし (1990年 - 1996年、さだまさしの恒例野外コンサート)


ディスコグラフィ

乃生佳之・シングル

  • だいじょうぶ マイ・フレンド (1983年3月21日)
       映画『だいじょうぶ マイ・フレンド』エンディングテーマ。
  • さだまさしのシングル 『“長崎から雲仙へ” c/w SMILE AGAIN』 (1992年9月25日)
      乃生はB面曲の「SMILE AGAIN」に、都はるみ、小田和正、TSU-BA-SA、バンド「135」、佐田玲子、栗山英樹、田尾安志、西尾拓美、西村知美、いまむら瞭、姫野真也と共にゲスト参加した。

乃生佳之・アルバム

  • 世にも素敵な物語 〜ミステリー・トレインに乗って〜 (1995年11月21日)
       声優・深見梨加とのデュエット作品。

ビデオ

  • 田原俊彦 7 Years' Memory (1986年6月19日)
       ジャPAニーズの4人が、田原を囲んでの懐かしトークゲストとして出演。


写真集

  • ミステリー・トレインに乗って 世にも素敵な物語 〜 深見梨加写真集
       (1995年10月、キネマ旬報社) 乃生佳之が共演掲載


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system