飯野おさみ - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

飯野おさみ



飯野 おさみ(いいの おさみ、本名:飯野修實〔読み同じ〕、1946年8月23日 - )は、愛知県渥美郡(後の田原市)出身、東京都渋谷区幡ヶ谷育ちの俳優。 1974年には「飯野修実」名義でも活動。 「劇団四季」所属。 愛称:オチャミ、チャミ、イノちん。 身長:167cm、体重:60kg、血液型:A型。 8人兄弟の末っ子(兄4人、姉3人)。
渋谷区立代々木中学校 → 東京都立農業高等学校 → 日本大学芸術学部演劇学科。
また、生年月日を公表しているジャニーズ事務所在籍経験者(タレント)の中では、最も早くに生まれた人物。


目次



所属事務所

  1. ジャニーズ事務所
  2. 渡辺プロダクション
  3. 劇団四季 (1977年には雪村いづみが代表を務める芸能事務所「リボンミュージックオフィス」にも並行して所属)


来歴

  • 1962年4月、ジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川によって結成された男性アイドルグループ「ジャニーズ」のメンバーになる。 1964年12月にレコードデビュー。 1967年11月20日にグループ解散。

  • その後は渡辺プロダクションに移籍し、1968年、木の実ナナとのデュオ「ナナとおさみ」で再レコードデビュー。 シングル『最高なのさ c/w サマー・アフタヌーン』(1968年)、『メケメケ波止場 c/w ピロピロ天国』(1969年9月)をリリースした。

  • 1970年よりアメリカのロサンゼルスに留学し、毎日4つのレッスンを受けてミュージカルを学ぶ。 そして1971年4月1日から1972年1月10日まで、ダンスのインストラクターも務めた。

  • 1972年に帰国。 同年に劇団四季のミュージカル『アプローズ』のオーディションに合格し、同劇団に入団。ミュージカル俳優へと転向した。  なお、この『アプローズ』で共演した雪村いづみと恋仲になり、同棲生活を送っていた時期もあったが、後に劇団四季の元女優・末次美紗緒と結婚。 子供をもうけるものの、その後離婚し、一般女性と再婚した。


人物・エピソード

  • 代々木中学校時代はマラソンの選手で、渋谷区の大会で3位になった。

  • 後輩グループのフォーリーブスとの仲が非常に良く、再結成後のフォーリーブスのコンサートにも度々駆けつけていた。

  • 長女は「劇団四季研究所」出身のタレント・飯野めぐみ(本名:飯野愛)。 次女は「劇団四季」出身の歌手で、バンド「AWA」のメンバー、更に日本エステティック協会認定エステティシャン、メイクアップアドバイザーでもある飯野歩(あゆみ)。 いずれも末次美沙緒との間にもうけた子供。  また、甥は音楽アーティストの山口裕介


主な出演作品

バラエティ番組

  • ワンツー・どん (1974年4月10日 - 1975年3月、NHK教育、小学校1年生向けの学校放送、教科:音楽)
      歌のお兄さんとして 「飯野修実」 名義で出演。 途中から 「飯野おさみ」 名義に変更。
  • 森田一義アワー 笑っていいとも! (1987年5月11日、フジテレビ) 「テレフォンショッキング」ゲスト

テレビドラマ

連続ドラマ

  • 若い季節 (1962年 - 1964年、NHK総合)
  • 残像 (1973年10月1日 - 12月28日、TBS)

単発ドラマ

  • へそまがりに突撃! (1965年7月3日、日本テレビ・日産スター劇場)

ステージ

  • 日劇 夏のおどり (1968年6月30日 - 8月25日、日本劇場) 木の実ナナとの共演
  • 日劇 夏のおどり (1969年7月2日 - 8月24日、日本劇場) 再び木の実ナナとの共演

舞台

  • スカーレット 風と共に去りぬ (1970年1月2日 - 3月29日、帝国劇場)

  以下は劇団四季作品

  • アプローズ (1972年 - 1973年、1982年) ドゥエインフォックス役。 雪村いづみと共演。
  • ロック・オペラ イエス・キリスト=スーパースター
      (1973年6月19日 - 7月6日、中野サンプラザホールのこけら落とし公演、訳詞:岩谷時子) イスカリオテのユダ役
  • 王様の耳はロバの耳
      (1973年:主演・王様役、1977年:床屋役、1978年:床屋役、作:寺山修司、音楽:いずみたく、振付:山田卓)
        1973年にNHKホールで「夏休みこどもミュージカル」として公開収録された公演が同年8月11日に、そして、1978年にNHKホールで「NHKこどもミュージカル」として公開収録された公演が同年8月12日&13日に、それぞれNHK総合にて放送された。
  • ウエストサイド物語 (1974年、1977年9月、1978年 - 1979年、1986年、1994年 - 1995年) リフ役
  • 青い鳥 (1976年) 犬のチロー役
  • 冒険者たち 〜 ガンバとその仲間 (1976年、日生劇場、振付:山田卓) 主演・ガンバ役
  • ユタと不思議な仲間たち (1977年:主演・ユタ役、1990年:ゴンゾ役)
  • カッコーの巣をこえて (1978年)
  • モモと時間泥棒 (1978年) ジジ役
  • コーラスライン
      (1979年 - 1982年:マイク役、 1985年、1987年、1991年、1993年:マイク & 演出家・ザックの2役、 1995年、1999年、2000年、2004年 - 2006年、2010年:演出家のザック役)
  • 人魚姫 (1979年) 王子役
  • 赤毛のアン (1980年) ギルバート役
  • オリバー (1981年) ドジャー役
  • 小公子 (1981年)
  • 嵐の中の子供たち (1981年)
  • エビータ
      (1982年、1983年、1987年、1988年:チェ・ゲバラ役、 2006年8月24日 - 9月18日:四季劇場「秋」にてマガルディ役)
  • 魔法をすてたマジョリン (1982年)
  • CATS
      (1983年 - 1985年:ミストフェリーズ役、1986年 - 1999年:マンカストラップ役、2001年:スキンブルシャンクス役)
  • ドリーミング (1985年11月15日 - 1986年2月28日、青山劇場のこけら落とし公演、振付:山田卓)
      ミュージカル『青い鳥』を改題したもの。 犬のチロー役。 畠山昌久と共演。
  • 35ステップス
  • ジーザス・クライスト=スーパースター (イスカリオテのユダ役)
  • ジョン万次郎の夢
  • マイ・フェア・レディ
  • マンマ・ミーア (ハリー・ブライト役)
  • 夢から醒めた夢 (アンサンブル役)
  • 王子とこじき (2002年、2007年) 2002年:ジョン・キャンティ役、2007年:ユーゴー/ヘンリー八世役
  • ハムレット (ストレートプレイ。2003年) オズリック/劇王役。 末次美紗緒と共演。
  • アイーダ (2003年 - ) ゾーザー役
  • ウィキッド (2007年) オズの魔法使い役
  • リトルマーメイド (2013年4月7日 - ) 宮廷音楽家でカニのセバスチャン役


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system