藤島泰輔 (ポール・ボネ) - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

藤島泰輔

藤島 泰輔(ふじしま たいすけ、1933年1月9日 - 1997年6月28日)は、日本の小説家、評論家、日本中央競馬会(JRA)の馬主であり、ジャニーズ事務所の副社長・メリー喜多川の夫。 別筆名:ポール・ボネ。 学習院大学 政経学部 政治学科卒業。 明仁天皇の御学友。 日本文藝家協会、日本ペンクラブ、日本放送作家協会、アメリカ学会各会員。
英文学者の藤島昌平は叔父(父の弟)。


目次



来歴

  • 東京府東京市の資産家の家庭に生まれる。父は財界の名士で、日本銀行の監事・藤島敏男。母は孝子。 生母・孝子の死後、継母・紀子(父・敏男の後妻)に育てられる。

  • 初等科から大学までを、学習院に学ぶ。

  • 1956年、学習院大学 政経学部 政治学科を卒業し、東京新聞に入社。社会部記者となる。

  • 同年、明仁天皇(当時は皇太子)を始めとする学習院時代の御学友たちを題材にした小説『孤獨の人』で作家デビュー。 同作には三島由紀夫が序文を寄せ、「うますぎて心配なほど」と評価した。 同作は映画化もされて話題となった。

  • 東京新聞を退社後は作家専業となる。 フランス・パリでの生活体験を元に、在日フランス人という設定の「ポール・ボネ」名義で著した『不思議の国ニッポン』シリーズ、海外生活を題材にしたエッセー、旅行記など、多数の著作を発表した。

  • 1977年、第11回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で全国区に立候補。 新日本宗教団体連合会関連諸団体の推薦を取り付けるなどして188,387票を獲得。 法定得票数に達したものの66位で落選した。

  • 1992年、今上天皇の中国訪問に反対する小田村四郎、大原康男、小堀桂一郎、中村粲らによる「ご訪中問題懇話会」が組織されると、谷沢永一、古山高麗雄らと共に賛同。訪中反対の意見広告に名を連ねる。

  • 1996年に食道癌の告知を受け、翌1997年6月28日に都内の病院で逝去。 最後まで娘・ジュリーのことを気にしており、最期の言葉は「早く結婚するよう言ってくれ」であった。
    尚、泰輔の著作の権利は、娘のジュリーが継承した。


人物

  • 明仁天皇は学習院時代の御学友。共にヴァイニング夫人ことエリザベス・グレイ・ヴァイニングの教育を受けた。但し大学卒業後は明仁天皇とは疎遠となった。

  • 学習院の先輩で兄貴分だった三島由紀夫と親しくしていた。 三島からは、「君は皇太子の友達なんだから直接意見してきたらどうか」と度々からかわれていた。

  • 三島の自決以後は、藤島も民族主義的意識を強めた。保守系の評論家としても活動し、月刊誌『文藝春秋』や『諸君!』などに論考を寄稿した。

  • 藤島には“韓国ロビイスト”と呼ばれる一面もあった。 1974年に「日本ペンクラブ」を代表する形で白井浩司と共に韓国を訪問。 朴正煕大統領の独裁政権を鋭く批判していた韓国の詩人・思想家の金芝河(キム・ジハ)への死刑判決に対し、「金芝河の有罪は文学活動ではなく政治活動によるもの。 よって言論弾圧ではない」と発言して物議を醸す。 これにより、ペンクラブからは有吉佐和子、司馬遼太郎、立原正秋などが脱会し、理事だった安岡章太郎や阿川弘之が辞意を表明するなど、運営に混乱をきたした。  尚、金芝河の投獄に対しては、サルトルや大江健三郎、鶴見俊輔などによる国際的釈放要求の声が沸きあがり、1980年12月に釈放されている。

  • 4億円稼いだ競走馬「ランニングフリー」を始め、数々の馬を所有した馬主、長者番付の常連で、資産家としても知られた。 所有馬の中には、ジャニーズ事務所のアイドルグループ「光GENJI」から引用した「ヒカルゲンジ」という名前の馬もあった。

  • 通常は妻子と共に六本木鳥居坂の高級マンション(正確には芋洗坂のふもと通り沿い。同マンション内に部屋を3つ保有)で暮らしていたが、アメリカ、フランスなどにも別宅を持っていた。

  • 頻繁に海外旅行をした旅行家であり、訪問国は実に80ヶ国を越える。1970年にはエベレスト・スキー隊総本部長としてヒマラヤにも遠征。 翌1971年9月からの2年間は、アメリカ・フロリダ州に移住していた。


家族

  • 2度結婚している。 まず、藤島の母親が星野立子(高浜虚子の次女)の門下生だったという縁から、 朝日放送東京支社の編成局で働いていた高浜虚子の孫娘・朋子を紹介され、1962年に見合い結婚。 当初は夫婦円満であったが、アバンチュール好きの青年・藤島と、 万事堅実派の才媛・朋子は、次第に性格的な食い違いが目立ち始める。 そんな折、以前からの友人であった、6歳年上でジャニーズ事務所の副社長を務める日系二世、メリー喜多川と1964年に再会し、交際を開始(当時、藤島は31歳、メリーは37歳)。 そして1966年7月20日、メリーとの間に娘・藤島ジュリー景子が産まれる。1972年、長かった夫婦別居生活の末、朋子と正式離婚。 その後、メリーと再婚し、作家仲間の間ではおしどり夫婦として知られた。
    メリーは元々、1950年代から四谷三丁目の円通寺坂入口右手の角にあったカウンターバー「スポット」を経営。 藤島はそのバーの馴染み客であった(当時は東京新聞記者)。  藤島がメリーと交際していた時期は、まだ藤島が前妻との結婚状態にあったことから、 その不倫問題をマスコミに報じられたりもした(『週刊新潮』1974年9月5日号、他)。

  • ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川は義弟に当たる。 藤島は草創期のジャニーズ事務所を経済的にバックアップし、マスコミ・政財界関係者など自身の知己も紹介、ジャニー社長の業界関係者への人脈拡大を手助けしたと言われる。

  • 長女はジャニーズ事務所副社長、兼ジェイ・ストーム社長の藤島ジュリー景子(1966年7月20日生まれ)。  景子のアメリカ留学に同行し、一時アメリカで一緒に生活していた。
    尚、景子は母親のメリー喜多川の考えにより、少年隊東山紀之と婚約させられていた時期があったが、2004年に芸能界とは無関係の一般男性と結婚。男性は婿養子として藤島家に入った。 そして景子は同年の暮れに、泰輔・メリー夫妻の孫となる女児を出産している。


ジャニーズ事務所の後見人・小佐野英子

  • 田中角栄の刎頚の友と呼ばれ、「国際興業」創業者でもある実業家の小佐野賢治の妻・小佐野英子は「ジャニーズ事務所の後見人」として知られ、事務所に巨額の融資をし続けていた人物。 英子は旧伯爵家の令嬢(旧下総佐倉藩主・堀田家出身。堀田正恒の長女)で、女子学習院(後の学習院女子高等科)を卒業しており、元々藤島の知人であった。


ポール・ボネ (Paul Bonet)

  • 『不思議の国ニッポン』(角川書店・角川文庫)をはじめとする数十冊の著作がある。“在日フランス人”という触れ込みだったが、 その正体は藤島泰輔の筆名である。

  • 1980年代の日本国内、或いは海外の事件・風潮について、歯に衣着せぬ筆致で論じる一方、極端な「東京至上主義」と指摘される声もあった。 月刊誌『正論』などにも論考を寄稿している。

  • 1996年刊行の『さよなら、不思議の国ニッポン 在日フランス人の眼』 (ダイヤモンド社)を最後に、フランスに帰国した事になっている。


著書

  • 孤獨の人 (1956年:三笠書房) デビュー作
    • 孤独の人 (1989年2月、ネスコ・文藝春秋、再刊)
    • 孤独の人 (1997年3月、読売新聞社「戦後ニッポンを読む」、再々刊)
    • 孤獨の人 (2012年5月、岩波現代文庫、再々々刊)
  • 真紅の人 (1957年、三笠書房)
  • 黒の魅惑 (1957年、大日本雄弁会講談社「ロマン・ブックス」)
  • アフリカ紀行 (1958年、小山書店新社)
  • アンコールの帝王 − クメール文化の謎 (1960年、展望社)
  • ヘソまがり太平記 (1964年、読売新聞社「サラリーマン・ブックス」)
  • (続)ヘソまがり太平記 (1965年、読売新聞社「サラリーマン・ブックス」)
  • 日本の上流社会 − 高貴なる秘境を探検する (1965年、光文社「カッパ・ブックス」)
  • (続々)ヘソまがり太平記 (1966年、読売新聞社「サラリーマン・ブックス」)
  • ホラふき太平記 (1966年、読売新聞社「サラリーマン・ブックス」)
  • ヘソまがり太平記 − 決定版 (1966年、読売新聞社)
  • 男の契約 (1966年、秋田書店「サンデー新書」)
  • 忠誠登録 (1967年、読売新聞社)
  • 心臓英語のすすめ (1969年、文芸春秋「文春ビジネス」)
  • 上流夫人 − 皇室をいろどった女性 (1969年、サンケイ新聞社出版局)
  • 白い日本人 (1969年、講談社)
  • 青い群島 (1969年、報知新聞社)
  • ピガールの恋人 (集英社、1970年)
  • 上流社会 − 小説 (1970年、講談社)
  • 青春の座標 (1972年、PHP研究所「PHP青春の本;6」)
  • よくも悪くも日本人 (1972年、実業之日本社)
  • 天皇・青年・死 − 三島由紀夫をめぐって (1973年、日本教文社)
  • もとのもくあみ (1973年、白馬出版)
  • 男性的旅行論 (1975年、日本交通公社出版事業局)
  • ハローアメリカ (1976年、国際商業出版)
  • 藤島泰輔大冒険 − ロマンを求めてヒマラヤ・アメリカ (1977年5月、鷹書房)
  • 戦後とは何だ − 日本の選択すべき道 (1981年6月、マネジメント社)
  • ヘソまがり親父に乾杯! (1982年1月、三天書房)
  • 中流からの脱出 − 新しいステータスを求めて (1986年3月、ダイヤモンド社)
  • 東京山の手の人々 (1987年6月、サンケイ新聞社)
  • クロス・カルチャーの時代 − 異文化交流を事業化する男・山内庸生
       (1987年9月、IN通信社)
  • 馬主の愉しみ − ランニングフリーと私 (1991年10月、草思社)

共著・編著・共編著

  • 『世界の旅』第3巻 「猛獣と草原の国を行く」
       (大宅壮一・桑原武夫・阿川弘之編、1962年、中央公論社)
  • 『世界の旅』第8巻 「アンコール」 (大宅壮一・桑原武夫・阿川弘之編、1962年、中央公論社)
  • 結婚と家庭 (石井好子との共著、1969年、雄鶏社「幸福への対話 第4巻」)
  • 日々を新たに − 松下幸之助,藤島泰輔・対談 (松下幸之助との共著、1970年、文藝春秋)
  • 日本人の失ったもの − 対談集 (1975年、日新報道)
  • 忠誠登録 (依光隆との共著、1976年3月、国土社・ノンフィクション全集 11)

翻訳

  • ウルトラ・リッチ 超富豪たちの素顔・価値観・役割
       (V・パッカード著、1990年1月、ダイヤモンド社)
  • 名画の経済学 美術市場を支配する経済原理
       (ウィリアム・D・グランプ著、1991年9月、ダイヤモンド社)

「ポール・ボネ」名義の著書

  • 『不思議の国ニッポン』シリーズ Vol.1 - Vol.22 (1975年 - 1996年、ダイヤモンド社)
    • 『不思議の国ニッポン』シリーズ Vol.1 - Vol.21
         (1982年 - 1996年、角川書店「角川文庫」、再刊)
  • だから日本は叩かれる (角川書店「Kadokawa books」、1987年10月)
    • だから日本は叩かれる (角川書店「角川文庫」、1989年5月、再刊)
  • 沈まぬ太陽ニッポン 豊かさとの闘い (角川書店、1990年8月)
    • 沈まぬ太陽ニッポン 豊かさとの闘い (角川書店「角川文庫」、1992年12月、再刊)


参考文献

  • 「検証と総括」天皇陛下ご訪中問題
      (ご訪中問題懇話会編、1992年12月、展転社 「てんでんブックレット1」)
  • 三島由紀夫全集 27 「藤島泰輔 著 「孤独の人」 序」 (三島由紀夫 著、1975年、新潮社)
  • 三島由紀夫全集 35 「うますぎて心配 (藤島泰輔 著 「孤独の人」)」
       (三島由紀夫著、1975年、新潮社)
  • 三島由紀夫「以後」 日本が「日本でなくなる日」 (宮崎正弘 著、1999年10月、並木書房)


外部リンク








出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system