穂口雄右 - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

穂口雄右

穂口 雄右(ほぐち ゆうすけ、本名:同じ、1948年1月24日 - )は、日本の作曲家。東京都杉並区出身。  日本大学芸術学部文芸学科中退。 愛称:ベートーベン。  妻はアメリカで活動する歌手・神田広美

  • 日本作詞作曲家協会 理事 および 事務局長
      通称:J-scat。 1997年9月創立。 日本音楽著作権協会(JASRAC)の理事たちによる公金不正流用事件を機に、永六輔小林亜星野坂昭如を中心に結束。 JASRACの不正、暴挙を監視是正し、音楽文化の普及と発展に寄与する事を目的とするオンブズマン的団体。
  • 株式会社 アムバックス・エデュケイト 代表取締役会長
  • 株式会社 アムバックス音楽出版 代表取締役社長
  • 株式会社 ミュージックゲート 代表取締役社長
  • 元 ・ 一般社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC) 正会員 および 評議員



目次



ジャニーズ時代の参加バンド


その他の参加バンド

  • アウト・キャスト
  • 津々美洋とオールスターズ・ワゴン
  • 猪俣猛とサウンドリミテッド
  • ピープル (幼馴染み&ジャニーズ時代の盟友・田中清司も参加)
      バンドと言っても、スタジオ・ミュージシャンたちが集ってシングルを一枚レコーディングしただけの活動。
  • 稲垣次郎とソウル・メディア (同じく田中清司も参加)


人物・来歴

  • 杉並区西荻窪3丁目生まれ。杉並区立桃井第三小学校に入学し、5年生の時に同区荻窪に転居して同区立西田小学校に転校し、卒業。 同区立松溪中学校に入学すると、水泳部に所属。平泳ぎの速さは、学校内でトップ、杉並区内で三位だったが、 都大会で予選落ちした。 なお、田中清司せんだみつお(本名:中野光男)とは同じ中学の同級生で、当時よく一緒に遊んでいた。

  • 14歳でウクレレを始め、15歳でギターとピアノも同時に始める。 そして、寺尾聡(後の「サベージ」、俳優)、大野良治(後の「アウト・キャスト」)らと共に、 アマチュアバンド「テディーボーイズ」を結成。穂口はリードギターを担当した。
    1963年、15歳の時に、ジャニーズのバックバンド「ジャニーズ・ジュニア」でドラムをしていた友人の田中清司に誘われ、穂口もオルガンで一時参加。
    なお、穂口はジャニーズ入りの経緯について、2012年5月15日に自身のTwitter上で次のように述べている。
    「16才の時(← 正確には15歳の間違い)、田中清司が出ている日劇(「ウエスタンカーニバル」にジャニーズのバックバンドとして出演)に遊びに行った。 休憩中に袖のピアノで覚えたての『モーニン』(Art Blakey & The Jazz Messengersの曲『Moanin'』)を一人で弾いた。夢中になった時、後ろから突然、
    “You、オルガン弾いてくれる?”
    翌日からジャニーズのバックで弾いた。48年前はジャニーさんも30代。 今やジャニー喜多川大社長。流石に目利きが鋭い」

  • 1964年、16歳の時に父・穂口重雄の会社が倒産。 一家は埼玉県北越谷に転居。

  • 高校生だった1966年6月、水谷淳(後の水谷公生)に誘われ、轟健二(後の松崎澄夫、アミューズ副会長)らと共に、 伝説のGSバンド「アウト・キャスト」を結成。 渡辺プロダクションに所属。 オルガニスト、キーボーディストとして活動した。 当時のマスターテープがほとんど紛失している中、 アナログ盤から音源が起こされてCDが再販売されるなど、マニアに根強い人気を持つ。

  • 1967年秋に「アウト・キャスト」を脱退し、江藤勲(ベース)に誘われて「津々美洋とオールスターズ・ワゴン」に途中から加入した。

  • 日本大学芸術学部在学中に編曲家の森岡賢一郎に抜擢され、19才で当時最年少のスタジオ・ミュージシャンとなり、 多くのレコーディングセッションに参加。 水谷公生、武部秀明(元「アダムス」の千原秀明、愛称:チー坊、2002年没)、戸叶京助(後の大文字京介、2006年1月24日没)による洋楽コピーバンド「オールド・グランド・ダッド」を始め、 数え切れないほど多くのスタジオワーク、およびアレンジャーサポート活動を行った。

  • 23才からは編曲家に転向。更に25歳からは、作曲家としての活動も開始した。

  • 1982年の34歳の時に、原宿に音楽学校『プロフェッショナルミュージックスクール AMVOX(アムバックス)』を設立(その後、世田谷区用賀駅下車すぐの地に移転)。自身も講師を務めていた。


代表作『春一番』について

  • 作詞、作曲、編曲を担当した代表作『春一番』(1976年、キャンディーズ)はテレビCMなどで繰り返し放送され国民的歌謡曲となっている。 元々はアルバムに収録された一楽曲にすぎなかったがファンクラブからの意見で後にシングルカットされたという逸話がある。

  • 1996年12月に発生した「ペルー日本大使公邸占拠事件」では、「ラジオアメリカ」が『春一番』(他に「上を向いて歩こう(SUKIYAKI)」、「コンドルは飛んでいく(ペルー民謡)」、「ラジオ体操」)を日本語放送して当時人質となっていた方たちを励ました。


音楽著作権問題の活動

  • 旧態依然とする音楽業界に対してインターネット時代の音楽や著作権のあり方について具体的な提言を行える数少ない日本音楽著作権協会(JASRAC)評議員として十数年間活躍した。

  • 「テレビ朝日ミュージック」の著作権管理の問題点をホームページ上で指摘をした所、記事の削除と金1,000万円の損害賠償の支払いを求めて提訴された事がある。 しかしこれは、自作品の出版管理をめぐって行った至極当然な主張であったため、裁判長の勧告によって和解となり、テレビ朝日ミュージックに関する記述も削除された。 なお、ホームページ上で指摘したという問題点の詳細については、和解条項により現在では公表出来ない事になっている。

  • 2012年3月31日、約40年間在籍していた日本音楽著作権協会(JASRAC)を退会。 退会について、「このことは大きなリスクを伴いますが、重いコートは脱ぐことにしました」と、自身のTwitterで発言した。
    穂口が作詞・作曲した『春一番』と『夏が来た!』は、JASRACの管理下から離れ、穂口自身の管理楽曲となった。穂口は、代表取締役を務める法人のウェブサイトにて『春一番』と『夏が来た!』について、引き続き同一条件にての使用許諾を表明したが、一部の音楽配信事業者は両曲の音楽配信を停止した。 日本放送協会(NHK)は穂口との年間契約に合意したが、通信カラオケ事業者の大手二社は、両曲のカラオケ配信を停止した。
    穂口が『春一番』と『夏が来た!』という極めて知名度の高い往年の大ヒット曲の著作権をJASRACの信託から引き上げ、自己管理下に置いた事には理由があった。 穂口は、放送局および広告代理店系列の音楽出版社が著作権および著作隣接権(原盤権)を掌握しているという現状の構図に対して、疑義を呈する意思があったからであると述べた。
    そもそも、穂口と音楽業界との関係がこじれたのは、これが発端ではない。 穂口は、自身が経営するミュージックゲート社が提供していた、ファイル変換サービス「TUBEFIRE」(YouTubeからの動画ダウンロード支援サイト)の違法性を問われ、『春一番』と『夏が来た!』の著作隣接権(原盤権)を保有するソニー・ミュージックエンタテインメントと始めとする日本レコード協会の31社から、約2億3000万円もの賠償金を求められ提訴された。 この民事事件を各レコード会社から受任したのは、司法官僚の天下り先であるTMI総合法律事務所に所属する弁護士を中心とした弁護団である。
    音楽業界は、この半世紀に至るまで、放送局と一蓮托生の関係にあった。 しかし、CD不況のみならず、音楽配信の売り上げもまた低迷する中、音楽業界にとって命綱ともいうべき存在であった放送局の大衆への影響力が低下した事が、音楽業界を更に窮地へと追いやった。 音楽業界にとって絶頂期であった1998年のレコード生産金額は4,924億円。 しかし2010年には、それが1,874億円にまで減少した。減少率は62%にまで達してしまった。
    それでもなお、音楽業界は自らを省みる行動に出ないばかりか、キャンディーズの一員であった田中好子の没後、彼女を偲ぶコメントが多く寄せられていたYouTubeの動画を、ソニー・ミュージックエンタテインメントの代理人である日本レコード協会は、ソニー・ミュージックエンタテインメントが保有する著作隣接権(原盤権)を根拠に削除した。 穂口はこれらの行為を、YouTubeが提供する「収益化」という機能を利用すれば「著作隣接権者として収益を得ながら、ファンの皆様のために動画を掲載し続ける選択肢もあった」にもかかわらず、「ファンの皆様のコメントもろとも削除するという血も涙もない行動を、たかだか自分達の金銭的利益のために行った」として、「レコード協会の行動は著作権法の立法の精神を踏みにじる暴挙」と批判した。
    2012年9月3日のTwitterでは、次のような思いを綴っている。
    「メディアの問題です。メディアには、幼年期、少年期、青年期の国民が良質な音楽に触るチャンスを積極的に提供する責任があります。金銭的利益目的の選曲姿勢は早急に止めるべきです。 メディアが著作権収入を目的にすると、結果として国民の感性が劣化します」


主な出演

テレビドラマ

  • ザ・ガードマン (1967年1月20日、TBS)
      第94話「美しいスパイたち」に、バンド「アウト・キャスト」として木の実ナナと共にゲスト出演。 仮装パーティーのシーンで『気ままなシェリー』を演奏。

ラジオ

  • 電撃わいどウルトラ放送局 (1978年3月7日、ラジオ関東)
       キャンディーズがパーソナリティの回にゲスト出演。


主な提供作品

  • フレンズ
    • ふたりの朝 (作曲/編曲)
  • キャンディーズ
    • そよ風のくちづけ (編曲)
    • なみだの季節 (作曲/編曲)
    • 年下の男の子 (作曲/編曲)
    • 内気なあいつ (作曲/編曲)
    • その気にさせないで (作曲/編曲)
    • 春一番 (作詞/作曲/編曲)
    • 夏が来た! (作詞/作曲/編曲)
    • わな (作曲/編曲)
    • 微笑がえし (作曲/編曲)
  • 和泉友子
    • 青い水平線 (作曲)
  • 郷ひろみ
    • 林檎殺人事件 (1978年、TBS『ムー一族』挿入歌) (作曲/編曲)
  • 岩崎宏美
    • 二十才前 (作曲/編曲)
  • 林寛子・小泉今日子
    • 素敵なラブリーボーイ (作曲)
  • アグネス・チャン
    • ポケットいっぱいの秘密 (作曲)
  • 山口百恵
    • 潮騒のテーマ (作曲/編曲)
    • 夏ひらく青春 (編曲)
  • RCサクセション
    • ぼくの好きな先生 (編曲)
  • 持田真樹
    • そのままでいいわ 〜フィールドの砂〜 (作詞/作曲/編曲)

主なCMソング

  • 日本通運 - 『微笑がえし』
  • 佐川急便 - 『年下の男の子』
  • KDDI・au沖縄 - 『春一番』
  • トヨタ自動車 - 『春一番』
  • サントリー - 『微笑がえし』、『春一番』




アウト・キャスト

1966年

  • 穂口雄右:オルガン
  • 轟健二(後の松崎澄夫):ボーカル
  • 水谷淳(後の水谷公生):リードギター
  • 片桐周一:リズムギター
  • 大野良二:ベース
  • 中沢啓光:ドラムス

1966年 - 1967年夏

  • 穂口雄右:オルガン
  • 轟健二:ボーカル
  • 水谷淳(水谷公生):リードギター
  • 藤田浩一:リズムギター
  • 大野良二:ベース
  • 中沢啓光:ドラムス

1967年夏 - 1967年秋

  • 穂口雄右:オルガン
  • 轟健二:ボーカル
  • 水谷淳(水谷公生):リードギター
  • 大野良二:ベース
  • 中沢啓光:ドラムス

1967年秋 - 1968年3月の解散まで

  • 轟健二:ボーカル
  • 水谷淳(水谷公生):リードギター
  • 大野良二:ベース
  • 中沢啓光:ドラムス

1968年6月の再デビュー - 1969年


  • 大野良二:ベース
  • 岡本修:ボーカル
  • 谷かつみ:リードギター (後にジャニーズ事務所へ移籍し、ハイ・ソサエティーに加入。トニー谷の次男)
  • 菅野吉治:ベース
  • 朝倉幸夫:ドラムス

     ※ 前期メンバーだった轟、水谷はバンド「アダムス」へ。

出演

映画

  • クレージーの怪盗ジバコ (1967年10月28日、東宝)
       ※ シングル『一日だけの恋』をインストゥルメンタルで演奏した。

ディスコグラフィ

シングル

  1. 友達になろう c/w 気ままなシェリー (1967年1月25日)
  2. 愛することは誰でもできる c/w 電話でいいから (1967年4月10日)
  3. レッツ・ゴー・オン・ザ・ビーチ c/w エンピツが一本 (1967年7月10日)
  4. 一日だけの恋 c/w 僕のそばから (1967年10月15日)
  5. 愛なき夜明け c/w ふたりの秘密 (1968年1月10日)
  6. 空に書いたラブレター c/w 君を慕いて (1968年6月5日) ※ 新生メンバー

アルバム

  1. 君も僕も友達になろう (1967年11月10日)



外部リンク








出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system