畠山久 - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

畠山久

    
    


畠山 久(はたけやま ひさし、本名&旧芸名:畠山 昌久〔はたけやま まさひさ〕、1958年2月9日 - 2003年5月31日)は、東京都立川市出身の元俳優、タレント、歌手。
身長:175cm、体重:65kg、血液型:A型。 愛称:チャーリー、チャリ坊。
立川市のセントメリー保育園を、NHKのテレビ番組『ブーフーウー』が観たくてわずか3日で中途退園。 立川市立第三小学校、同市立立川第三中学校、堀越高等学校卒業。 特技はギターと乗馬。 父・正道と母・麗子は共にスパニッシュダンスの講師で、「畠山舞踏研究所」を営んでいた。 兄弟は6歳下の妹が一人。


目次



改名歴

  1. 畠山 昌久 (1972年 or 1973年 - 1979年5月)
  2. 畠 真之 (はた まさゆき。1980年)
  3. 畠山 昌久 (1984年 - 1986年)
  4. 畠山 久 (1987年 - 2003年)

所属事務所

  1. ジャニーズ事務所 (1972年 or 1973年 - 1979年5月)
  2. 渡辺プロダクション (1980年)
  3. 劇団四季 (1984年 - 1986年)
  4. インターナショナルカルチャー (1987年 - )
  5. 三木プロダクション

ジャニーズ時代の参加ユニット



来歴

  • 1958年2月9日、東京都立川市の永井産婦人科病院で産まれる。 両親がスパニッシュダンスの講師だったため、畠山は0歳の時から父親のショーについて各地を回っていた。

  • 1973年3月、中学卒業を控えていた時に「ミュージカルタレントになりたい」と決意。 舞踏家の父の賛成を得て、中学卒業の2日前に、両親と共にジャニー喜多川を訪ねて相談した結果、「僕の所にいらっしゃい」と受け入れて貰う。

  • 1973年当時、25人くらい居たジャニーズJr.の中から、1軍メンバーとして選び出された6名(小坂まさる、板野俊雄、山縣孝良、鈴木寛、林正明、畠山昌久)で、同年5月5日 - 6日に日本劇場で行われた『第46回ウエスタン・カーニバル 郷ひろみショー』にて、「ジャニーズ・ジュニア」としてデビューした。

  • 1974年10月、「ジャニーズ・ジュニア・エース」に参加。 しかし翌11月にエースが早くも崩壊したため、「JOHNNYS' ジュニア・スペシャル」の前身グループである「ジュニア・スペシャル」に異動。

  • 1975年2月21日、「JOHNNYS' ジュニア・スペシャル」(通称:JJS)のメンバーとして、『ベルサイユのばら』でレコードデビュー。

  • 1978年にJJS解散。 同年7月21日、新たに「VIP」のメンバーとして再びレコードデビュー。

  • 1979年5月13日にVIPを脱退。 その後、渡辺プロダクションに移籍して、1980年に「畠 真之(はた まさゆき)」の芸名で短期間だけ俳優活動を行なった。

  • 4年ぶりに俳優に復帰すべく、1984年に劇団四季へ入団(研究所 21期生)。 再び「畠山 昌久」の名に戻して活動し、1986年一杯で退団した。

  • 1987年より「畠山 久(はたけやま ひさし)」に改名。 以後、数多くのテレビドラマやミュージカルで活躍した。

  • 2003年5月31日、転移性胆管癌のため逝去。 45歳没。


人物

  • 小学4年から、立川市の少年野球チーム「ハリケーン」に所属。 ポジションは6番ショート。 中学校でも野球部に所属した。

  • TM NETWORK」の宇都宮隆木根尚登は、立川市立第三中学校の同級生。


主な出演作品

※ ソロ出演作のみを記載。

テレビドラマ

連続ドラマ

  • 志都という女 (1977年、フジテレビ) ゲスト出演
  • 独眼竜政宗 (1987年9月6日 - 27日、NHK総合・大河ドラマ)
      第36、37、39話にて最上義康役。 同役の少年時代は大沢秀高が演じた。
  • 青春家族 (1989年、NHK総合・連続テレビ小説) 稲垣吾郎と共演
  • 暴れん坊将軍V (1989年8月12日、テレビ朝日) 第76話「さらば!愛しき人よ」
  • 愛しあってるかい! (1989年12月11日、フジテレビ)
       第9話「感激!今夜は美女とお見合だ」
  • さすらい刑事旅情編U (1990年3月14日、テレビ朝日)
       第22話「湯けむり別府・女風呂に消えた共犯者」。 布川敏和と共演。
  • 刑事貴族 (1990年10月26日、日本テレビ)
       第1シリーズ・第19話「女、男、そして刑事」。 郷ひろみ、布川敏和と共演。
  • 逢いたい時にあなたはいない… (1991年11月18日、フジテレビ) 第7話「傷心の旅」
  • 必殺仕事人・激突! (1991年11月26日、テレビ朝日) 第7話「江戸繁盛の裏の顔」
  • 金田一少年の事件簿 (第1シリーズ) (1995年7月22日、日本テレビ)
       第2話「悲恋湖殺人事件」にてツアーコンダクター・九条章太郎役。 堂本剛と共演。
  • 金田一少年の事件簿 (第2シリーズ) (1996年、日本テレビ) 堂本剛と共演
  • 水戸黄門 (1997年10月27日、TBS)
      第25部・第43話「世直し旅は日本晴れ」にて幡谷荘之助役。 あおい輝彦と共演
  • さむらい探偵事件簿 (1997年3月4日、日本テレビ) 第14話「洒落にならない男」

単発ドラマ

  • 女の坂道 (1980年7月27日、TBS・東芝日曜劇場) 「畠 真之」名義
  • 田原坂 (1987年12月30日&31日、日本テレビ)
       島津家・中山尚之助役。 あおい輝彦と共演。
  • 八百八町夢日記スペシャル 〜 おりん無惨!今蘇る関ヶ原の戦い
       (1990年10月2日、日本テレビ、第1シリーズの最終回スペシャル)
  • 土曜ワイド劇場 (テレビ朝日)
    • 宮部みゆきサスペンス 「火車 〜 カード破産の女!」 (1994年2月5日) 片瀬秀樹役
    • 「厄除け商売繁盛殺人事件 (1) 〜 浅草ほおずき市の夜から始まる恐怖の連鎖!」 (1994年3月26日)
    • 「旅役者 葵長五郎 〜 殺意のめぐり逢い」 (1995年1月7日) 島津役
  • 山村美紗サスペンス 京都百人一首殺人事件 (1995年1月13日、フジテレビ)
  • 腕まくり看護婦物語 4 〜慕情編〜 (1995年9月8日、フジテレビ)
  • 伊香保殺人事件 (1995年12月8日、フジテレビ)
  • 腕まくり看護婦物語 5 熱情編 (1996年4月19日、フジテレビ)
  • 横浜殺人事件 (1996年5月17日、フジテレビ)
  • 検事霧島三郎 4 (1997年4月29日、日本テレビ)

舞台

  • 桜花を胸に (1980年8月28日 - 9月2日、砂防会館ホール) 「畠 真之」名義
  • 劇団四季公演 (全て「畠山昌久」名義)
    • エルリック・コスモスの239時間 (1984年6月4日 - 10月23日)
    • コーラスライン
        (1985年3月9日 - 5月28日:日生劇場、6月3日 - 9月28日:全国公演〔全ての日程に出演した訳ではない〕、10月4日 - 27日:日生劇場) ダン役。 マイク&ザック役の飯野おさみと共演。
    • 冒険者たち 〜ガンバとその仲間〜
        (1985年6月4日 - 10月4日〔全ての日程に出演した訳ではない〕) 主演・ガンバ役
    • ドリーミング
        (1985年11月15日 - 1986年2月28日、青山劇場こけら落しロングラン公演) チルチルと火の2役。 イヌのチロー役の飯野おさみと共演。
    • ウエストサイド物語
        (1986年4月4日 - 5月28日、31日 - 9月29日:全国公演 43ヶ所50回〔このカウント以外に、6月4日〜7月15日は大阪近鉄劇場でも公演〕、10月4日 - 26日:日生劇場、31日 - 11月29日:全国公演 24ヶ所25回)
        チノ役。 飯野おさみ(リフ役)、荒川務と共演。 下記の『CATS』とスケジュールが重なるため、『ウエストサイド物語』は後半の日程には出演していない可能性がある。
    • CATS
        (1986年10月10日 - 1987年5月31日〔全ての日程に出演した訳ではない〕、南新宿キャッツ・シアター) 飯野おさみ、荒川務と共演。
  • ブロードウェイ・ミュージカル 「スウィート・チャリティ」
  • テンペスト (嵐) 〜佐渡の能舞台でのリハーサル〜
      (1987年3月5日 - 28日:日生劇場、1988年8月:ロンドンのロイヤル・ナショナル・シアター、12月3日 - 28日:帝国劇場、演出:蜷川幸雄、音楽:宇崎竜童) ファーディナンド役。 1988年度文化庁派遣・エジンバラ国際フェスティバル招待作品。
  • NINAGAWA・マクベス
      (1987年9月:ロンドンのロイヤル・ナショナル・シアター、12月4日 - 28日、帝国劇場、演出:蜷川幸雄) 小姓・シートン役
  • ハムレット 1988
      (1988年5月28日 - 6月4日:南青山・スパイラルホール、14日 - 29日:恵比寿第2ファクトリー、演出:蜷川幸雄)
  • 賢者の贈り物 (木山事務所公演、1988年11月1日 - 6日、本多劇場)
  • 天下御免 (1989年8月3日 - 8月26日、新橋演舞場)
  • THE LOVER in ME (1989年11月14日 - 19日、PARCO劇場) 河合奈保子と共に主演
  • THE LOVER in ME 2 (1990年12月19日 - 25日、PARCO劇場) 河合奈保子と共に主演
      畠山の歌声も入ったサントラCD『NAOKO KAWAI in THE LOVER in ME 〜first Christmas〜』(1990年12月8日発売)が会場で販売された。
  • 公園の木々の向こうに (本多座組公演、1991年7月24日 - 28日、ザ・スズナリ) 主演
  • ブロードウェイ・ミュージカル 「アプローズ」
       (1991年4月1日 - 28日、梅田コマ劇場最終公演) ドゥエイン・フォックス役
  • ZEAMI (1991年9月6日 - 23日、青山劇場)
  • THE LOVER in ME 〜ALONE AGAIN〜
       (1991年12月14日 - 20日、PARCO劇場) 河合奈保子と共に主演
  • ロマンチックミュージカルコメディ 「TOP HAT」
       (1992年3月8日 - 4月5日、博品館劇場) ビル・オブライエン役
  • ブロードウェイ・ミュージカル 「その男ゾルバ」
      (1993年4月1日 - 27日:新宿コマ劇場にて44回公演、5月1日 - 28日:劇場飛天にて44回公演、9月10日 - 10月20日:名鉄ホールにて61回公演) ニコ役
  • ROCK OPERA HAMLET 〜To Be or Not to be〜
      (中野サンプラザ開館20周年 & ニッポン放送開局40周年記念公演、1993年11月12日 - 21日、中野サンプラザホール)
      レアティーズ役。 X JAPANのToshlやデーモン閣下などと共演。 後に11月19日の公演分がNHK-BS2にて放映された。
  • 松竹ミュージカル 「ジャスト・フォー・キックス 〜BODY (からだ) を鳴らせ!〜」
       (1994年9月9日 - 25日、サンシャイン劇場) 忍者高木延秀と共演
  • スクルージ 〜クリスマス・キャロル〜
      (劇団ひまわり公演、1994年12月11日 - 27日:東京芸術劇場・中ホール、1995年1月13日 - 22日:新神戸オリエンタル劇場、1995年10月27日 - 11月17日:青山劇場) ハリー & 若き日のスクルージの2役
  • ミュージカル さぶ (劇団ing (イング) 公演、1996年5月2日 - 6日の9回公演、本多劇場)
  • Freddie 〜少年フレディの物語〜
      (K-LINKS公演、2000年8月17日 - 27日:東京グローブ座、2001年3月23日 - 4月6日:アートスフィア)
      ダニエル役。 畠山の歌声も入った2000年8月26日&27日公演分のサントラCDが『ミュージカル 葉っぱのフレディ』のタイトルで2001年3月23日にリリースされた。 また、2001年の再演分は同じく『ミュージカル 葉っぱのフレディ』のタイトルでビデオ化もされている。

ラジオ

  • FMナイトストリート・第2部 「PAJAMA PRESS」 水曜日 (1988年4月 - 9月、JFN系)


外部リンク








ブログパーツUL5

作成日:2008年10月30日      

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system