遠藤直人 - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

遠藤直人

     


遠藤 直人(えんどう なおと、1969年4月20日 - )は、1980年代から1990年代にかけて活躍した、東京都足立区出身の元・男性アイドル歌手、俳優である。 愛称:えんちゃん。 兄弟は姉が一人。
東京都立青井高校 → 東京都立日比谷高校定時制中退。(高校1年生を延べ3回繰り返しての中退)


目次



過去の参加ユニット



来歴

  • 1980年代前半にジャニーズ事務所に入所。

  • 1984年、『週刊セブンティーン』(1984年3月6日号、集英社)にて雑誌に初掲載される。

       
       (上段は中山秀征。 下段左から、山岸正和、遠藤直人、柳沢超

  • 男闘呼組の結成メンバー(リズムギター担当)になるが、「やはりダンスがしたい」と社長に頼んで脱退。

  • 忍者のメンバーとして、1990年8月にCDデビュー。

  • 1997年を最後に忍者が自然消滅。 その後は、少しだけテレビドラマで俳優活動をしていたが、1998年でタレント活動を引退。 そして後輩グループ・TOKIOの現場マネージャーを経て、ジャニーズ事務所の関連企業「ヤングコミュニケーション」に入社して役員(制作部チーフ)となり、ジャニー喜多川社長の専属運転手を務めたり、少年隊ミュージカル「PLAYZONE」や、TOKIO、V6、嵐、今井翼などのコンサートのプロデュースも行うようになった。


人物

  • 趣味は野球、トランプ。

  • 好きな女性有名人は石川秀美。

  • 中学3年生の時に、矢沢永吉の著書『成りあがり』を読んで感銘を受ける。 そしてその本を、1989年にテレビドラマ『ゴメンドーかけます』と『明日に向かって走れ!』で共演して仲良くなった後輩の城島茂に貸してあげたが、その後、本は戻ってこなかった。 なお、城島はその本を更に山口達也に又貸ししている。

  • 1990年代に、地元の友人たちと『劇男遠藤組』なるプライベート集団を作っていた。

  • テレビ東京のバラエティ番組『歌え!アイドルど〜む』にて東都観光のバスが使用されており、遠藤はそのバスでガイドをしていた女性と結婚。 挙式は玉姫殿にて行われた。

  • 野球のユニフォームを着た2002年6月時の遠藤の写真が、中村由真の2002年6月27日付けのブログにて長らく掲載されていた(ブログは既に閉鎖)。

  • かつての芸能界での友人、生稲晃子が乳がんであることを公表した際、遠藤は生稲を心配し、生稲が経営する六本木の鉄板焼店「佐吉」を2015年12月8日に訪問。約20年ぶりとなる再会を果たした。 そしてその時の2人の写真が、生稲の同日付のブログに載せられた。

  • 2016年7月14日と12月26日、元ジャニーズJr.武口明が店長を務めていた「鯛めし 魚然 自由が丘店」にランチを食べに行き、実に32年ぶりとなる再会を果たした。


主な出演作品

バラエティ番組

  • 欽ちゃんのどこまでやるの!? (1985年4月、テレビ朝日) 「男闘呼組」時代に出演
  • ねるとん紅鯨団 (1993年12月25日、フジテレビ)
      プロ野球選手の片岡篤史と共に中條かな子(後の緒方かな子)にアタックしたが、中條は片岡を選んだ。

テレビドラマ

連続ドラマ

  • ゴメンドーかけます (1989年8月3日 - 9月28日、フジテレビ)
       新納昭介役。 高橋一也、城島茂、木暮毅と共演。
  • 明日に向かって走れ! (1989年10月16日 - 1990年3月19日、フジテレビ)
       海津謙介役。 再び城島茂と共演。
  • ピアスの女 (全4話。1993年7月26日 - 29日、テレビ朝日・ネオドラマ) 主演
  • エトロフ遥かなり
      (全4話。1993年8月8日 - 11日:NHK-BS2、11月13日 - 12月4日:NHK総合)
  • これで家族 (1997年12月1日 - 1998年1月30日、TBS) 鈴村夏彦役

単発ドラマ

  • 殺人記念写真 〜 和田アキ子のDPE屋シリーズ 2 危険フォーカス少年
        (1987年4月21日、日本テレビ) フォーカス少年の重夫役
  • かあちゃん頑張れ ! ! U (1988年9月1日、日本テレビ)
  • ダンナ様は18歳 (1990年8月4日、TBS) 諸星和己と共演
  • 森村誠一サスペンス 暗黒凶像 (1998年8月24日、TBS) 刑事役

映画

  • あいつとララバイ (1983年) 生徒役
  • 少年武道館 (1988年)
  • トイ・ソルジャー (1992年。日本語吹き替え版ビデオにて声優出演)
  • 天使のウィンク 日光猿軍団 (1995年) 友情出演
       当初の仮題は『モンキートーク 天使のウィンク』。

Vシネマ

  • バトル・チャレンジャー / 激走 (1993年5月14日)
  • どチンピラ 20 〜 魅惑のコギャル天国 (1997年9月2日)

ラジオ

  • 少年忍者のMidnight War (文化放送)
  • 忍者、ナン者、モン者 ! ! (ABCラジオ)
  • 忍者の今夜もお祭り (文化放送)
  • 忍者のハート・ロック 三十分一本勝負 (文化放送)

舞台・ミュージカル

  • ミュージカルアドベンチャー 『ザ・サスケ』 (1985年4月 - 5月、梅田コマ劇場)
  • 「少年隊ミュージカルPLAYZONE」シリーズ
      1. PLAYZONE MYSTERY (1986年)
      2. PLAYZONE ’87 TIME-19 (1987年)
      3. PLAYZONE ’88 カプリッチョ 〜天使と悪魔の狂想曲〜 (1988年)
      4. PLAYZONE ’89 Again (1989年) 古川栄司とのWキャスト
      5. PLAYZONE ’90 MASK (1990年)
      6. PLAYZONE 10Yrs King & Joker (1995年)
  • ABCミュージカル 『阿国』 (1990年11月3日 - 28日、近鉄劇場) 一蔵役
  • 砂の上のサンバ
       (1993年3月5日 - 14日:青山劇場、19日 - 31日:池袋サンシャイン劇場) パコ役
  • スサノオ 〜古事記・生命と炎のロマン〜
      (1994年7月5日 - 31日:サンシャイン劇場、8月5日 - 28日:中日劇場、9月2日 - 25日:京都・南座) 荒魂・須佐之男命〔あらみたま・スサノオノミコト〕役
      当ミュージカルは1995年1月3日にNHK教育テレビで放送された。
  • 魔女の宅急便 (1995年3月3日 - 31日、中日劇場。演出:蜷川幸雄、脚本:横内謙介、音楽:宇崎竜童)
      坂本昌行とのWキャストでトンボ役。 なお、5月3日〜7日の広島郵便貯金ホールでの公演は、坂本昌行が一人でトンボ役を務めた。
  • 浪花恋ごよみ (1996年1月2日 - 29日、帝国劇場) 生稲晃子と共演
       
  • 波の鼓 (1996年10月3日 - 29日:帝国劇場、11月:劇場飛天、演出:石井ふく子) 角蔵役
  • 宝田明プロデュース公演 「ONE STEP TO MUSICAL」
      (1997年5月11日 - 6月8日、全国11ケ所)
      鏡の世界の住人・ジョー役。1999年12月の再演時では、同役を正木慎也が演じている)
  • KYO TO KYO ’97秋公演 (1997年11月9日、京都・シアター1200)
      同日に行われた公演の内、2公演に忍者のメンバーと共に4人揃ってゲスト出演。
      「忍者」としてのグループでの活動は、この日が事実上最後となった。

CM

  • 明治製菓 「アーモンドゴールド」
       (1985年2月 - 、「東京」時代と「男闘呼組」時代にそれぞれ出演)
  • 日清シスコ 「シスコーン・Cupフレーク」 (単独出演)







出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system