イーグルス - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

イーグルス

イーグルスは、かつてジャニーズ事務所に所属していた男性アイドルグループ。
1982年夏結成。 1985年春に自然消滅。
グループ名変遷は、「ジャニーズ幼年隊」 → 「ジャニーズ少年隊ジュニア」 → 「少年隊ジュニア」 → 「イーグルス」。


目次



メンバー

  • 中村成幸 (後の中村繁之
       (なかむら しげゆき。1967年9月1日生まれ。愛称:シゲ) リーダー

  • 宇治正高 (うじ まさたか。1967年11月21日生まれ。愛称:マーチン)

  • 内海光司 (うちうみ こうじ。1968年1月11日生まれ。愛称:キノッピー、コッコ)

  • 大沢樹生 (おおさわ みきお。1969年4月20日生まれ。愛称:ミッキー、ケロヨン)

脱退メンバー

  • 石川博文 (いしかわ ひろふみ。1969年1月20日生まれ。愛称:イシ)
         
      レコードデビュー直後に脱退。川崎市生まれ、世田谷区育ち。裕福な家庭に育ったおぼっちゃま&優等生だった。 血液型:B型。 特技:剣道。 趣味:昼寝。 「どうも」が口癖。 ジャニーズJr.時代に、日本テレビ開局30周年記念ミュージカル・ドラマ『夏の王様』(1982年10月16日・土曜日放送)に、内海、大沢と共にウィズの子どもたち役で出演した。  また、2人いる弟もジャニーズJr.だったため、「石川三兄弟」の通称で呼ばれていた。 3人とも、ジャニーズに所属していた期間は短かった。

  • 五十嵐
      グループ名が「イーグルス」となる以前の結成初期に、短期間だけ参加していたジャニーズJr.。

サポートメンバー

以下の4名は、イーグルスが1983年春〜夏にかけて、ジャニーズ少年隊の曲『君の瞳に恋してる』のバックに付く際に、同じくイーグルス名義で参加していたメンバー。(『夜のヒットスタジオ』、『カックラキン大放送 ! !』など)
  • 鈴木則行
      鈴木は、イーグルスがレコードデビューする前の「少年隊ジュニア」時代にも、バラエティ番組『レッツGOアイドル』にて欠席した中村成幸の代役としてサポート参加している。
  • 柳沢超
  • 吉田一寿
  • 前田直樹


概要

  • 1982年夏、「ジャPAニーズ・ジュニア」の中から、中村、宇治、内海、大沢、五十嵐の5名で「ジャニーズ幼年隊」として結成し、テレビ東京『ザ・ヤングベストテン』に出演 (途中から「ジャニーズ少年隊ジュニア」に改名)。 間もなくして五十嵐が脱退。

  • 同年10月16日にスタートしたバラエティ番組『レッツGOアイドル』(通称:レッツアイ。テレビ東京)に「少年隊ジュニア」として登場。シブがき隊のバックダンサーとして活動した。
    続いて、石川が加わって5人組となり、『月刊平凡』(翌1983年3月号)に「少年隊ジュニア」名義で登場したり、
         
    1982年12月にデビューシングルのレコーディングも行なった。

  • 翌1983年3月25日、新たなグループ名「イーグルス」として、ロサンゼルスオリンピックの宣伝アニメ『イーグルサム』のエンディングテーマ『走れ!ゴーインBOY』にてレコードデビュー。 この時の平均年齢は14.4歳で、キャッチフレーズは「ジャニーズ事務所の秘蔵っ子」だった。
    同年4月24日(日曜)には、東京・池袋の東武デパートの屋上にてデビュー発表会を開催。  しかし、デビュー直後に石川が脱退。 石川は後から遅れて参加したため、うまくグループに馴染めなかったのが脱退の原因で、メンバーからは「ネクラ」と呼ばれていた。

  • レコードデビュー後も、シブがき隊や少年隊のバックダンサーを務め続けた。  雑誌『週刊セブンティーン』へは1983年4月5日号で初登場。 『マイアイドル』へは1983年5月号が初登場で、同年7月号からレギュラー掲載。1984年4月号では同誌の表紙も飾った。(イーグルスが表紙を飾った雑誌はこの一冊のみ)

  • マーチングマーチ隊」など、いくつかの親衛隊も存在した。 また当時、ファンによるステージ用の応援コールとして「〜〜〜〜イーグルス、好き好き大好きだから好き、あなたのハートをいただきよ!」というコールが作られた。

  • グループの中で最も人気が高く、ダンスも一番上手かった中心メンバーの中村が、1984年4月からTBSの連続ドラマ『シンデレラの財布』や、NHK『レッツゴーヤング』にソロでレギュラー出演を開始すると、 中村を除いた3人だけで活動する場面などもあり、翌1985年春の少年隊のコンサートツアーへの出演を最後に、グループは自然消滅してしまった。

  • 1985年末に発売されたアイドル雑誌『ザ・ベスト・ワン』(1986年1月号、学研)にてメンバーが一度だけ再集結し、「お久しぶり対談」のタイトルで「イーグルス」名義で掲載された。

グループ消滅後

  • 中村繁之は1985年7月24日にソロレコードデビュー。

  • 内海光司と大沢樹生は「光GENJI」として1987年8月19日にレコードデビュー。

  • 宇治正高はしばらく俳優として活動していたが、1988年に芸能界を引退。

  • ファン達の強い要望により、1991年5月10日に過去の2枚のシングル曲がCD化された。


主な出演作品

バラエティ番組

  • ザ・ヤングベストテン (1982年夏、テレビ東京)
  • レッツGOアイドル (1982年10月16日 - 1984年、テレビ東京)
  • パリンコ学園No.1 (1982年 - 1983年、TBS) ジャニーズ少年隊の代役として出演
  • アップルシティ500(ファイブオーオー) (1983年4月7日、TBS)
       新宿NSビル1F広場にて5人で『走れ!ゴーインBOY』を披露。
  • ぶったま!ピープー (テレビ朝日)
  • 第34回 NHK紅白歌合戦 (1983年12月31日、NHK総合)
      近藤真彦の『ためいきロ・カ・ビ・リ・ー』のバックダンサー。
  • レッツゴーヤング (1984年4月 - 、NHK総合) 中村のソロレギュラー
  • 第15回 オールスター紅白水泳大会 (1984年8月10日、フジテレビ)
       『虹色I LOVE YOU』を披露。 収録日は同年7月3日。
  • 第9回 ABCヤングアイドル野球大会 (1984年7月、ABCテレビ)
  • 第35回 NHK紅白歌合戦 (1984年12月31日、NHK総合)
      近藤真彦の『ケジメなさい』のバックダンサーとして、「イーグルス」ではなく「ジャニーズ・ジュニア」名義で出演。
  • 他…

テレビドラマ

単発ドラマ
  • 日本テレビ開局30周年記念ミュージカル・ドラマ 『夏の王様』
      (1982年10月16日、日本テレビ) 内海、大沢、石川、鈴木が出演
  • 月曜ドラマランドどっきり双子先生 乙女学園男子部
      (シリーズ全8話、1983年11月14日 - 1984年3月19日、フジテレビ)
  • 月曜ドラマランド 「乙女学園すみれ寮
      (シリーズ全4話、1984年4月23日 - 9月10日、フジテレビ)
      放送前の仮タイトルは「それゆけ天馬! 乙女学園すみれ寮」。

      上記2つの月曜ドラマランドシリーズには、イーグルスと共に当時ジャニーズJr.だった江端郁己(テロップでは「江端郁巳」と誤植)、江端郁世阿部順一小沢通可の4名も出演していた。  更に「どっきり双子先生」の第5話にはJr.の正垣吉朗(テロップでは「正垣教」と誤植)、第8話にもJr.の木暮毅(テロップでは「木暮敦」と誤植)が出演している。
      また、シリーズの舞台となった乙女学園は、神奈川県伊勢原市の産業能率大学・湘南キャンパスや、厚木市の東京工芸大学・厚木キャンパスがロケ地として使用され、セット撮影は渋谷ビデオスタジオで行われた。
      両シリーズの主題歌は、簔谷雅彦(後の「みのや雅彦」)の『笑えないピエロ』。

テレビアニメ

  • イーグルサム (1983年4月7日 - 11月10日、TBS)
      毎週木曜日に放送。 アニメ自体は1984年3月27日まで、全51話放送された。
      前期エンディングテーマ(第1話 〜 第32話)の際、番組クレジットと共に、石川博文も含めた5人時代のイーグルスが『走れ!ゴーインBOY』を歌い踊る貴重な映像が毎回流されていた。 (1983年11月17日放送の第33話より始まった後期エンディングテーマ『虹色I LOVE YOU』には、イーグルスの出演映像は無し)
      このため、ジャニーズファンからは当作品のソフト化が切望されているが、ジャニーズ事務所特有の厳格な肖像権問題もあり、再放送やソフト化は一切できない状態となっており、当作品自体を愛するアニメファンからも不満の声が多い。

映画

CM

  • ハウス食品 「ククレカレー」 (1983年、近藤真彦との共演)

イベント

  • デビュー発表会 (1983年4月24日〔日曜〕12時〜14時、池袋の東武百貨店屋上)
        この時の模様は後に『weekly oricon』(1983年5月13日号)などに掲載。
  • 歌とサインと握手会
       (1983年7月10日〔日曜〕、静岡・伊勢丹屋上。静岡すみや本店主催)
  • 他・・・


ディスコグラフィ

シングルレコード

  • 走れ!ゴーインBOY c/w イーグルサムのマーチ (1983年3月25日)
      オリコンでは一度も100位以内に入らず、データ圏外。
      (※ 大沢の著書『硬派』に書かれている「オリコン初登場73位」は誤り。ミュージック・リサーチ、ミュージック・ラボなど、他社のチャートの記録と思われる)
      A面曲のリードボーカルは中村。 メンバーの中で唯一変声期前だった大沢の声のみ、収録するレベルに達していないとして全カットされてしまった。
  • 虹色I LOVE YOU c/w 情熱forever (1983年11月28日)
      石川は既に脱退しており不参加。オリコン最高99位。 売上数:約0.4万枚。
      (※ 大沢の著書『硬派』に書かれている「オリコン初登場34位」は誤りで、やはり他社チャートの記録と思われる)

      以上の4曲は、いずれもTBSのアニメ『イーグルサム』で使用された曲であるが、ヒットチャートのランキングは中位に顔を出すのが精一杯といった所であった。

CDミニアルバム

  • イーグルス・メモリアル・ベスト (1991年5月10日)
      上記2枚のシングルレコードのA・B面、計4曲を収録したもの。

レコード化されなかった楽曲

  • カリフォルニア・フィーバー
      月曜ドラマランド『どっきり双子先生 乙女学園男子部』内でも披露された。
  • (A+B)×C = LOVE
      読み方は「ABCがエル・オー・ブイ・イー」。 作詞:伊達歩、作曲:滝沢洋一郎。
      元々は、中村成幸が1984年にNHK『レッツゴーヤング』にてソロで歌っていた番組オリジナルソング。


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system