デビー&ルーベン - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

デビー&ルーベン

デビー&ルーベン」とは、かつてジャニーズ事務所に在籍したバンドグループである。
1975年8月に、兄弟2人によって結成された。 父親がイギリス人、母親が日本人のハーフ。


目次



メンバー

  • デビッド辻野。愛称:デビー。ギター担当)

       

  • ルーベン辻野。ドラム担当)

       


概要

  • 2人は元々、「辻野デビット」 と 「辻野リューベン」 の名で渡辺プロダクションに所属しており、伊丹幸雄のバックバンド「フレンズ」(1972年結成。渡辺茂樹がリーダー。 同年に「ロックンロールサーカス」に改名。略称:RRC)のメンバーとして、1974年まで「日劇ウエスタン・カーニバル」などに出演していた。 リューベンは結成時から参加。 デビットはバンド名の改名後に加入。
       
       (ロックンロールサーカス。 まだデビットが居ない1973年時)

  • その後、バンド「クリスタルボール」にも同じく兄弟で一緒に参加し、ライブ活動を行う。

  • 1975年5月、2人揃ってジャニーズ事務所に移籍し、バンド「スーパーエイジス」に加入。 そして、スーパーエイジスと並行して、当バンド「デビー&ルーベン」も結成し、同年8月27日の「第54回 日劇ウエスタン・カーニバル」にてお披露目された。

ステージ

  • 第54回 日劇ウエスタン・カーニバル 〜 ジャニーズ・ファミリー・フェスティバル
      (1975年8月27日、日本劇場) 3人編成の「スーパーエイジス」と共に出演





リューベン & カンパニー

1978年結成。 ホリプロ所属のツインドラムロックバンド。 愛称:リューカン。 略称:R&C。
まず同年8月にリューベンがソロ名義のシングル『薔薇の嵐』でデビュー。 続いて同年11月5日に、「リューベン&カンパニー」名義のシングル『ブッシュ・パイロット』をリリースした。 [1]

メンバー

  • リューベン (1955年生まれ。ボーカル、ドラム)
  • 杉征夫 (すぎ ゆきお。1953年生まれ。ベース。愛称:杉ちゃん。元「ハイ・ソサエティー」)
  • 遠山裕 (とおやま ゆたか。ピアノ、キーボード)
      1957年12月2日生まれ。東京都出身。A型。愛称:金ちゃん。 元「ローズマリー」のメンバー。都立駒場高校、東洋大学卒業。「有限会社ワイティーエム」所属。
      後に「To-Da FIVE」、「森本タローとスーパースター」に参加。
  • 多田勇 (ただ いさむ。ギター)
      本名:多田清春。1953年生まれ。元「ハリマオ」のメンバー。 後に「EASTERN ORBIT」に加入)[1]
  • 下谷一夫 (したや かずお。1954年生まれ。ドラム。愛称:カズ)

脱退 or サポートメンバー

  • デイブ伊藤
      リューベン&カンパニーに参加した人物だと言われているが、その参加時期や担当楽器など、詳細は不明。
      1959年9月14日生まれ。東京都出身。父親は歌手・俳優のジェリー伊藤(1927年7月12日 - 2007年7月8日)。 アメリカンスクール出身。愛称:ヤッくん。
      1974年〜1975年に、Charとのアマチュアバンド「Charlie Funk Party」でベースを担当。
      1975年、2歳下の妹・ミッシェル伊藤とのデュオ「デビッド&ミッシェル」として、 シングル『菩提樹の丘』でレコードデビュー。同年12月には2ndシングル『いま何時?』をリリースした。
      その後は原田真二のバックでのパーカションを経て、1978年春〜7月まではCharのバックで同じくパーカションを担当。
      1981年にバンド「RADIX」を結成し、ベースを担当。
      1982年、多田勇と共に「EASTERN ORBIT」にベースで加入。(デイブと多田が加入する以前のバンド名は「HEAVY METAL ARMY」)

主な出演作品

バラエティ番組
  • ぎんざNOW! (TBSテレビ)
  • NTVザ・ヒット! ピンク百発百中 (1978年10月11日 - 1979年9月26日、日本テレビ)
       レギュラー出演。 ピンク・レディーのバラエティ番組。

ラジオ
  • リューベン&カンパニーのスーパーゲストどんとこいハウス (1979年前後、ニッポン放送)

CM
  • 森永製菓 「ハイキャミン」

ステージ
  • リューベン & カンパニー・スプリング・フェスティバル・イン日劇
       (1979年3月29日&30日、日本劇場)
  • 解散コンサートツアー (日本劇場、保土ヶ谷公会堂、ほか)

ディスコグラフィ

シングル
  • 薔薇の嵐 c/w ロリポップ・ベイビー (1978年8月。リューベンのソロ名義)
       B面曲の作曲は浜田省吾。 ステッカー付き。
  • ブッシュ・パイロット c/w フェアウェル・バースデー (1978年11月5日)
       B面曲の作曲は浜田省吾
  • ドロップ・アウト c/w チェンジ (1979年)
  • 聖少女 (ショッキング・レディ) c/w 貿易風 (1979年)
  • サンチャゴ・ラヴァー c/w SEXY MAKO (1979年)

アルバム
  • フォー・ユー (1978年12月。カラーピクチャーレコード)

       

  • 黄金郷(エルドラド)への道 (1979年)

       

  • Myこれ!Lite リューベン&カンパニー (2010年5月19日。解散後のベスト盤。全12曲)
      これ以前にも、2003年8月20日発売の3枚組コンピレーションアルバム『株式会社NAVレコードヒストリー 3』にて、 全シングルのA・B面曲が収められている。

       




EAST LORD

1981年結成のブルースロックバンド。

正式メンバー

  • 辻野リューベン (ボーカル、ドラム)
  • 中島正雄 (ボーカル、ギター)
  • 北島健二 (ボーカル、ギター)
  • 入江純 (コーラス、ベース)
  • 和泉宏隆 (コーラス、キーボード)

サポートメンバー

  • 難波弘之 (キーボード。「難波函長」名義でアルバムのみに参加)
  • 清水信之 (キーボード。アルバムのみに参加)
  • 織田哲郎 (ボーカル。シングルのみに参加)

アルバム

  • NEO BLUES (1981年4月21日、キングレコード、プロデュース:長戸大幸)

シングル

  • 愛のゲーム c/w オン・ザ・ロード (1982年3月21日、日本コロムビア)
      同年4月17日公開の映画『オン・ザ・ロード』の主題歌と挿入歌。



TAO

タオ。 バンド名の由来は、メンバーの関根が、“TAOイズム (道教)”について書かれた書籍の電車内吊り広告を見たことから発案。
1970年代後半に、前身となるバンドを結成。3年のライブ活動の後、自らの実力を試すべく渡米。
帰国後の1983年、新たなバンド名「TAO」として、ワーナー・パイオニア(後のワーナーミュージック・ジャパン)より、シングル『Azur (アジュール)』でデビュー。 延べ、4枚のシングルと1枚のアルバムをリリースした。
1984年に、関根、岡野、野澤の3名が脱退し、新たなメンバーを加えた新バンド「EUROX」を結成。  一方、一人残ったDavidは、宮沢を新たに迎えてTAOの活動を継続(弟のリューベンもサポートで参加)。 レコード会社を移籍し、ミニアルバム1枚をリリースした。

メンバー

 ワーナー・パイオニア時代
  • David Mann (ボーカル、ギター)
  • 関根安里 (せきね あんり。男性。キーボード、ヴァイオリン)
  • 岡野治雄 (ベース。「EUROX」の後に「Deafening Daphne」を結成)
  • 野澤竜郎 (のざわ たつお。ドラム)
 ジプシーレコード時代
  • David Mann (ボーカル、ギター)
  • 宮沢章 (ベース)
  • 辻野リューベン (サポートドラム)
 PinkLips69 Records時代
  • David Mann (ギター)
  • Reuben Mann (ドラム)

ディスコグラフィ

 ワーナー・パイオニア時代
  • Azur c/w Do You Remember (シングル。1983年)
       A面曲はキユーピーマヨネーズのCMソング。
  • Nobody Knows c/w Minor Miracle (シングル。1983年)
       A面曲はブリヂストン・ゴルフボールのCMソング。
  • Hello, Vifam 〜Single Mix〜 c/w Never Give Up (シングル。1983年)
      A面曲はTBSのアニメ『銀河漂流バイファム』のオープニングテーマで、B面曲はエンディング・テーマ。日本語詞。アルバム未収録。
  • 遊室民 (ジプシー) c/w Tell Me (シングル。1983年)
       A面曲はパイオニアのコンポ「プライベート」のCMソング。
  • Far East (アルバム。1983年。全曲英語詞。 2010年4月22日にCD化)

       

 ジプシーレコード時代
  • Alive & Well (4曲入りミニアルバム。1986年1月1日)

       

 PinkLips69 Records時代
  • mr. mann (13曲入り。全曲インスト。2009年1月25日。iTunes Storeにて配信)[1]

       

ゲーム音楽

  • アーケードゲーム『サンダーストーム』のBGM (1984年、制作・発売:データイースト)

雑誌連載

  • 吹奏楽専門誌『Band People』 (ジプシーレコード時代にDavid Mannがコラム連載)



NAZCA

ナスカ。 1983年結成のバンド。

メンバー

  • 笹路正徳 (キーボード)
  • 土方隆行 (ギター)
  • 坂井紀雄 (ボーカル、ベース)
  • 藤井章司 (二代目ドラム。1984年に加入)

脱退メンバー

  • 辻野リュウベン (初代ドラム)

アルバム

  • ワーズ・オブ・ラヴ (1983年)
  • ナスカU (1984年)
  • サマルカンド (1987年)



FLYING SKY

フライング・スカイ。 1992年結成のバンド。 1993年3月20日にアルバム『FLYING SKY』をリリースした。

メンバー

  • 辻野リューベン (ドラム)
  • 杉征夫 (ベース)
  • つのごうじ (シンセサイザー。元「ダブルス」)
  • 下谷一夫 (ドラム)
  • 中上和司 (ボーカル)
  • 松澤浩明 (ギター)
  • 小西一弘 (コーラス)
  • 村本まり子 (コーラス)
  • 小山秀樹 (ピアノ、オルガン)



Club HENDRIXX

クラブ・ヘンドリックス。 2002年9月結成。 翌年に活動休止。

メンバー

  • 辻野リューベン (ドラム)
  • JEFF SATO (ギター)
  • 佐々木握 (ささき あつし。別名:GOLDMAN SASAKI。ベース)
       元「ZAZOU (ザズー。クレイジーケンバンドの前身)」のメンバー。



PinkLips69

ピンク・リップス・シックスティーナイン。 2006年2月にアメリカのロサンゼルス・サンタモニカで結成。

メンバー

  • 翔 (Sho)デビッド辻野の別名。ギター、ボーカル、作曲、プロデューサー)
  • 愛 ( i ) (女性。ボーカル、キーボード、作詞)
  • Yutaka Ando (ベース)
  • Kunio Iwata (サックス)
  • Alan Nakagawa (ドラム)



リューベン & フレンズ

リューベン&カンパニーのベストCD『Myこれ!Lite リューベン&カンパニー』(2010年5月19日、ポニーキャニオン)が発売されたのを機に結成。 同年8月17日に水道橋のジャズクラブ「東京倶楽部」にてLIVEを行なった。

メンバー

  • リューベン (ボーカル&ドラム)
  • 加茂フミヨシ (ギター)
  • 広瀬眞之 (ベース)



外部リンク








出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system