安達明 - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典
BACK

安達明

    


安達 明(あだち あきら、本名:長田晴夫、1948年9月4日 - 2011年5月20日)は、福岡県北九州市八幡西区本城出身の元・歌手。 愛称:アキ。 62歳没。
あまり知られてはいないが、初代ジャニーズのメンバーであった。


目次



来歴

  • 1962年3月1日、中学1年の終わりに、TBSテレビ『10人抜きのど自慢』の初回放送にて、初代チャンピオンとなる。 その後、破れてチャンピオンの座は降りたが、間もなくしてジャニー喜多川より、
    「長田くん、君の歌をきいて、すばらしい才能に驚きました。私は日本に立派なミュージカル・チームを作るため少年達を集めて養成しています。是非、遊びにいらっしゃい。もし良かったら、君も仲間に入りませんか」
    と書かれた手紙を貰い、スカウトされる。 そして「芸研」にて、ジャニーズのメンバーと一緒にレッスンを受けるようになった。

  • 1963年1月、中学2年の終わりに長田もジャニーズのメンバーとなり、5名で「日劇ウエスタン・カーニバル」に出演。 しかしその後、長田はグループを抜け、ジャニー喜多川の下からも離れ、歌謡曲の歌手を目指す。

  • 高校1年だった1964年5月、晴れて「安達 明」の芸名で、遠藤実の作曲によるシングル『潮風を待つ少女』にて日本コロムビアよりレコードデビューを果たす。  続いて同年8月に発売された2ndシングル『女学生』が大ヒットとなった。  芸名の由来は、雑誌『女学生の友』に連載されていたジュニア小説『潮風を待つ少女』(佐伯千秋 著、集英社)の登場人物“安達明”から。 デビュー曲のタイトルも同小説と同じ名前。
    橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦の「御三家」に続く歌手「二代目 御三家」(安達明、梶光夫、久保浩)として女学生たちの間で人気があり、7枚目のシングル『昭和少年ぶし』の頃までは勢いもあったが、その後徐々に低迷し始め、 デビューからわずか3年半、19歳で芸能界を引退した(最後の1年間はブランクのため、実質2年半の活動)。  所属していた日本コロムビアでは、未発表曲を含めて計37曲の録音を残した。

  • 芸能界引退後は、本名の「長田晴夫」名義でエレクトーン奏者として活動。 その後、銀座でクラブ「みづき」を経営。同時に兄の建設会社で役員もしていた。
    更にその後は、千葉県市川市に住みながら、銀座のスナック等で弾き語りをしていた。 また、しばしばテレビ番組に招かれ、歌を披露することもあった。

  • 晩年の2000年代は大阪に移り住み、ゲイバー「Member's いまむら」(大阪市北区曽根崎新地1-2-12 タチバナビル2F → 大阪市中央区難波4-5-7 PLAZAレスパル内)を経営。 「普ちゃん」の名でバーのママをしていた。  また、ゲイバーと併行し、厚塗りの化粧に小林幸子の様な派手な衣装に身を包んで、大阪を拠点に歌手活動も行なっていた。
      
    尚、グラフィックデザイナーに転身して広告代理店を設立したという情報がネット上に存在するが、それは同姓同名の別人である。

  • 2011年5月20日に逝去。 62歳没。 しかしその訃報は、芸能ニュースやワイドショーで報道されることは無かった。
    墓石には、自身最大のヒット曲である2ndシングル『女学生』の冒頭部分の歌詞「うすむらさきの 藤棚の 下で歌った アベ・マリア」の文字が彫られた。


人物

  • かつて杉並区にあった私立高千穂高等学校出身。高校の同級生にはトニー谷の長男も居た。

  • 北海道出身の女性と結婚し、息子をもうけた。 息子は、埼玉県吉川市にてイタリアンレストラン「ピッツァ&パスタ affetto (アフェット)」を経営。  同店では、亡き安達を偲んでファンの集い「青春歌謡を聴きながらイタリアンを楽しむ夕べ」が2012年3月23日に開催された。


主な出演作品

映画

  • われら劣等生 (1965年3月13日、松竹) 清水哲夫役
  • 馬鹿っちょ出船 (1965年8月21日、松竹) 三郎役


ディスコグラフィ

シングル

  1. 潮風を待つ少女 c/w 海の虹 (1964年5月)
  2. 女学生 c/w 夕焼けの丘 (1964年8月)
  3. 友情 c/w 赤いカンナが咲いていた (1964年10月)
  4. 春を待つ少女 c/w エミーの肖像 (1964年12月)
  5. 僕のカーネーション c/w 明日と握手 (1965年2月)
      B面曲は、ABCラジオの音楽番組『クレハ・ホームソング』内で制作された楽曲。
  6. 学園のハムレット c/w 君の涙を忘れない (1965年)
  7. 昭和少年ぶし c/w さよならは美しく (1965年)
  8. さんざしの花咲けば c/w 夕焼け雲と母とぼく (1965年)
      舟木一夫が1967年8月にシングル『夕笛』のB面曲としてリリースした『さんざしの花咲けば』は同名異曲。
  9. 初恋 c/w コバルトの海 (1965年10月)
  10. 十七才のブルース c/w 風の町かど (1966年2月)
  11. 涙のむこうに c/w 夕顔の人 (1966年6月)
  12. 蒼いカシオペア c/w 仲間に会うまで (1966年9月) 「安達明 with ザ・フェニックス」名義
        
  13. 悲恋 c/w あの娘の名前はしあわせクン (1967年10月)
      A面曲は、設定、歌詞、イントロの曲調とも、美樹克彦『花はおそかった』(1967年3月発売)のパクリ、歌唱法も、布施明『霧の摩周湖』(1966年12月発売)の模倣だと言われている。

4曲入りEP

  1. 安達明と僕のカーネーション (1965年)
       僕のカーネーション / 春を待つ少女 / 学園のハムレット / 昭和少年ぶし

10インチレコード

  1. 安達明のヒット・ショー (1964年)

       

ソノシート

  1. アンコ椿は恋の花 c/w 女学生
      非売品ソノシート。『アンコ椿は恋の花』は都はるみの曲。 『女学生』が安達の曲。 共に本人による挨拶コメント入り。
         
  2. アキのヒットソング 安達明特集 (1965年春、4枚組)
    • 女学生 c/w 潮風を待つ少女
    • 友情 c/w 赤いカンナが咲いていた
    • 僕のカーネーション c/w 春を待つ少女
    • 明日と握手 c/w 夕焼けの丘

レコーディングしたが発売されなかった楽曲

  • 僕のこと愛してごらん
      安達の代わりに有田弘二がシングルとしてリリースした。
  • 赤いリンゴの並木路
      安達の代わりに有田弘二がシングル『僕のこと愛してごらん』のB面曲としてリリースした。
  • 星を下さいこの僕に
    以下の6曲に限り、2011年2月10日発売の通販限定7枚組CD-BOX『コロムビア 青春スター 梶光夫・安達明・有田弘二』(15,000円)にてCD化された。
  • 銀座の少女 (録音:1965年2月)
  • 父母よ (録音:1965年5月)
  • 真白き富士の根 (七里ヶ浜の哀歌)
  • 僕の両手にさあおいで
  • 恋の貝がら
  • 君がいなければ


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under
ブログパーツUL5

  

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences(c)Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.

inserted by FC2 system